2371421 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2005/04/13
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
今日はブログ開設296日目だそうです。300日目の大台、
そして記念すべき1周年も見えてきました。
さぼっていたりするせいで日記記入率は70%台ですが、
それでもこれだけ石の話を続けてくると、
「えーっと、この石は登場させたっけ?」と、悩むこともしばしばです。

今日の石も悩みました。
確か話題にはしたものの、写真は登場させていなかったと思うのですが……。

えーっと……確認しました。
2004年9月26日27日28日の雑記に、長石……ラブラドライトについて書いていますが、
写真は登場しておりませんでした。

……というわけで、初登場!

rabu

ピンク色のラブラドライトです。
ラブラドライトについて書いていた時点では、この石はまだ手元にありませんでした。
たしか、その後10月に開催されたミネラルショー「IMAGE2004」で手に入れたのだったと思います。

以前の雑記の繰り返しになってしまいますが、
ラブラドライトといえば、右のような青~緑の光が浮かぶものを思い浮かべます。
中には、金色だったりオレンジがかっていたりするものもあります。
しかし、ピンク色~紫のものは少ないです。

珍しいとなると欲しくなるのが困ったところ。
磨きのコーナーで探して見つからず、
ペンダントヘッドをまとめ売りしている中から探し出しました。

ラブラドライトの輝きのメカニズムは、シャボン玉の虹色と同じ。
石の層状構造によって光の干渉がおこり、
層の厚みによって光の波長が異なり、色が変化するのだそうです。

青とピンクでは層の厚さがどのように違うのかはわかりませんが、
ピンク系の色は、青系にくらべて暗くなることが多いです。
ピンクは少なく、あったとしても美しく輝くのは少ない……。

その点、写真のペンダントヘッドは色の範囲も大きく、色も明るめで
かなりいい線を行っているのですが、
ただひとつの難点は、首からかけて真正面から見ると、
思うように光が現れず、単なる渋い色の石になってしまうこと。
写真のようにちょっと下から見上げ気味に見るのがベストポイントなのです。
ラブラドライトのアクセサリーを選ぶときは、
色が現れる角度にも気をつけましょう!

最近、真正面から見て紫がかったピンクに見える、
美しいラブラドライトのペンダントヘッドを見かけたのですが、
さすがのお値段でした……。


※ここでちょっととほほな余談です。

アクセサリーで、「ロイヤルブルームーンストーン」などの名前が付けられている、
ものすごく青い光を放つムーンストーンがありますが、
中には石の背後に青いシートを挟んで発色させているものがあるそうです。

あの青い光はとても神秘的ですが、個人的には石そのものの輝きであって欲しいです……。





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2005/04/14 04:34:34 PM
コメント(10) | コメントを書く


PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Comments

フォレスト@ Re:”メタ”からアゼツを考える。(09/28) アゼツライトは水晶にもならないただの石…
スターブラリー@ Re:名前を使う、意味を使う(10/08) この写真に掲載されている水晶は、販売予…
spiranthes@ Re:Vサイン!(11/15) 55度24分のベローダ(Belowda)式双晶かもし…
販売者@ Re:分りやすいです。(09/30) スーパーセブンが、過去くず石だったとい…
通さん@ Re[4]:深紅であるはずの石(12/10) わ!わ!こちらにお返事をありがとうござ…

Recent Posts

Favorite Blog

石ころ館雑記帳 石ころ館店主さん
めいの一日 咲月さん
風の石達、花達、光達 coron2003さん
Rutile Cat The Twin Rutile-Catさん
まーの石と日々の色々 @まー@さん

Freepage List

Profile

KURO−M

KURO−M


© Rakuten Group, Inc.