2387683 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2008/10/09
XML
カテゴリ:ブラジル産
友人を待ちつつ、つい探してしまった「ちり積も」戦利品第2弾!

ルチルと言えば金!とおっしゃる方も多いかと思われますが、
私は、鮮やかな赤もなかなかいいぞと思います。
特に、こういう赤ならば。

あでやかルチル

2.5センチほどの小さな磨きポイントですが、
磨いた結晶面から結晶内部に向かって吹き出すように「生えた」ルチル。
しかも鮮やかな赤。
写真で白く見えている部分は、色変わりしているのではなくて、
赤いルチルが、ルチルの特徴である金属光沢を示して銀色に輝いているからです。
赤いルチルが角度によってちらちらと銀色に輝く様は、
まるで火の粉が舞い散っているよう。

おまけに、結晶の形がしっかりわかる貫入つき。

ルチルの色合いだけでもかなりの高得点石ですが、
どのように成長したのかわからないルチルの形状、貫入つきとくれば、見所満載。
10個ほどの石を籠(皿)に入れ、
「減らさなきゃ~、どれを残すか、あきらめるか」と、
取捨選択をしていたときに、真っ先にお買いあげ決定組に入りました。

ルチルかほかの鉱物かを見分ける際、
個人的にルチルならではの強い金属光沢を、目印の一つにしています。
赤ルチルは、赤とは正反対の銀色に輝くので、
金属光沢の表れがひときわよくわかり、
この石のような鮮やかな赤では、魅力の一つとなっています。






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2008/10/09 06:52:09 PM
コメント(0) | コメントを書く
[ブラジル産] カテゴリの最新記事


PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Comments

フォレスト@ Re:”メタ”からアゼツを考える。(09/28) アゼツライトは水晶にもならないただの石…
スターブラリー@ Re:名前を使う、意味を使う(10/08) この写真に掲載されている水晶は、販売予…
spiranthes@ Re:Vサイン!(11/15) 55度24分のベローダ(Belowda)式双晶かもし…
販売者@ Re:分りやすいです。(09/30) スーパーセブンが、過去くず石だったとい…
通さん@ Re[4]:深紅であるはずの石(12/10) わ!わ!こちらにお返事をありがとうござ…

Recent Posts

Favorite Blog

石ころ館雑記帳 石ころ館店主さん
めいの一日 咲月さん
風の石達、花達、光達 coron2003さん
Rutile Cat The Twin Rutile-Catさん
まーの石と日々の色々 @まー@さん

Freepage List

Profile

KURO−M

KURO−M


© Rakuten Group, Inc.
X