905037 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

kororin日記

PR

楽天プロフィール


kororin912さん

好きなことは、とことん、やります。

フォローする

カテゴリ

お気に入りブログ

トイレットペーパー… New! にととらさん

ちょっと悩んでいる… New! たくちゃん9000さん

コウリンタンポポの… New! しろうと自然科学者さん

9歳のマッサージ師 New! ごねあさん

佐用町 ひまわり畑… New! かねやん0701さん

苦労も楽しみにして… New! nik-oさん

朝の幼虫たち( ^)o(^… New! ドクターT9323さん

松山英樹くん、楽し… New! scotchケンさん

ふるさとのお盆に高… New! himawari6017さん

万田酵素の効果が凄… ペン7181さん

キーワードサーチ

▼キーワード検索

全2340件 (2340件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2017年07月23日
XML
カテゴリ:手芸・工作など
今日は、本当に暑かった・・・

こんな日にも、外で働いている人やボランティアで活動されている方がたくさん。また、スポーツや用事での外出をされている方も多いことでしょう。くれぐれも、熱中症にはお気を付けくださいね。

さて、さっき管理画面を見てびっくりしたのですが、なんか、お休みしているのに、アクセス数が増えています。なんでかな?
不思議です。

なんか、申し訳ない気分になったので、ちょっとだけ近況報告をさせていただきます。

〇 あまりの暑さに、母が7月と8月はプールを休むことにしたので、私の草取りも中止。するとしても、母が病院とか郵便局などに行っている隙にするしかありません。

〇 オカリナの先生が体調を崩されて、今度の火曜日で別の先生と交代されます。だから、お別れ会を少しだけする予定。

〇 何個もあるのに、またマグボトルカバーを編んでしまった。
   
ブルー系にしました。
   

   

〇 「かな書」では、ますます筆文字で書くのが楽しくなり、作ったノートにどんどん書いています。小さな文字を中心に練習したいので、次からは中筆で書く条幅はやめようと思っています。最終目的は、巻紙にさらさらと筆でお手紙を書くことで、展覧会に出したり、書道家になったりするつもりはないので、小さな文字を中心に練習することにしました。


最後に、お花の写真を。

   



長くお付き合いしていただいた方たちに、何となく不義理をしているようで、心苦しく思っております。ただ、ブログの記事を書いたり、訪問させていただいてコメントを書いたりすることで一日の半分くらいは費やしておりましたので、ちょっとくたびれた・・・というのが本音です。

つい、コメントを書きたくなる気持ちをぐぐっと押さえて、ご訪問だけはさせていただいております。

私のところのコメント欄は、まだしばらく閉じたままにさせていただきたいと思います。本当にすみません。






最終更新日  2017年07月23日 23時30分14秒
2017年07月19日
カテゴリ:日記
突然のお休み宣言で、びっくりされた方もあったかもしれませんので、ちょっとだけ理由を書いておきます。
私は、この楽天でブログを書くのが三回目。

一回目のは、理科・文学ブログみたいになって、仕事をしているのに、毎日毎日いろんなことを調べ、それに関連する文学の話なんかものせて、すっかりくたびれてしまったので、おしまいにしました。

しばらくしてから、また始めたのですが、その時にはあっさりと、画像を加工して面白いきれいな画像を載せることを目的にしました。だけど、それはなんか行き詰ってしまい、またおしまいに。

その後しばらくしてから、気分を取り直して始めたのが、今の「Kororin日記」です。
忙しいときには無理をしないで、ぽつりぽつりと書いていく・・・ということにしていたのに、退職したものだから、時間がたっぷりあって、そのおかげで、ほとんど毎日のように日記を書くようになっていきました。

特に最近は、自分の好きなことは、遠慮せずに書こう、と決めたものだから、ますます熱が入って、またくたびれてきたのでした。

日記をアップすると、すぐに次の日記の内容を考えて、画像を準備したり、いろいろ調べて資料をそろえたり。

アップしてからも、どんなコメントを頂いているのか、気になって、何度も何度も確認したり。

それで、とうとう苦しくなり、お休みすることにしました。

それで、失礼かと思ったのですが、コメント欄も閉じさせて頂いています。どうもすみません。

お休みを宣言したあとの解放感。のんびりと過ごさせていただきました。

これからも、マイペースで、時々変な日記を載せるかもしれませんが、どうぞ読み飛ばしてくださいね。
それでは、皆様のご多幸をお祈りしております。






最終更新日  2017年07月19日 20時33分39秒
2017年07月17日
カテゴリ:日記
今日、無事に旦那がかえってきました。上位に入り、嬉しそうでした。今までで最高のようです。結果はまだネットには出ていないようですね。商品は天草航空のチケットだったそうですよ。

さて、実はしばらくこのブログをお休みすることにしました。

別に誰も体調を崩したわけではないし、何かに不満があるわけでもありません。
でも、ちょっとマンネリ化してきた気がするので、ひとまず休憩します。

そのうちまた、書き始めるかもしれませんが、このブログは閉じないで、このままにしておきます。これまでご訪問くださいましたたくさんの皆様、どうもありがとうございました。

私は今まで以上に家事や趣味に時間を割いていくつもりです。またお会いできる日を楽しみにしております。
では、ひとまずさようなら。






最終更新日  2017年07月17日 23時20分30秒
2017年07月16日
カテゴリ:歴史・文学など
scotchケンさんのところで、朝ドラの「ひよっこ」がなかなか良いという文を読んだあと、あの島谷さんのことが気になり、調べ始めました。
だいたい、佐賀の製薬会社といえば、あそこしかない!!

それで、「ひよっこ」のWikipediaを見ていたら、下のほうに、「この人物設定は、久〇製薬現会長・中冨博隆氏の青年時代と全く同一で、地元佐賀県では「モデルは中冨会長では」と話題になっている。」
と、書いてありました。
やっぱりね。

   

この方です。元慶応ボーイなんでしょうね。(会社のHPに紹介されている写真です。)


さてここから、私のネットの旅が始まりました。
この会社の本社のHPにアクセスしたら、元の名前が「三養基製薬」だったって・・・

佐賀県の三養基郡といえば、私の母の実家があるところ。つまり、子供時代のほとんどの夏を過ごした場所なんです。今でも本家と母の姉の家があります。

「三養基」は「みやき」と読み、「三根(みね)」と「養父(やぶ)」と「基肄(きい)」の三つが合わさってできた郡であることを表しています。
私は長いこと、「基山」の基だと思っていました。

ならば、「基肄」って、何? と思ったら、古代七世紀終わりに中大兄皇子が唐・新羅軍の侵攻に備えて大宰府警護のために作らせた山城の名前だったのですね。これは知りませんでした。

基山は、福岡に住む人にとっては、遠足で行くところ、草スキーをしにいくところ、として有名です。
そういえば、私も行ったことがあったよなー、と古いアルバムの写真を見ていたら、
   
ありました。

ここからまた、思考が飛んで、ハイキングの思い出が・・・


これは、仲良しだった高校二年生の時のクラスで、休みの日にハイキングに行ったときの写真。
   
この中に、私も、付き合っていた人も、写っています。

これは、誰が撮ってくれたのかわからないけど、みんなで遊んでいるところ。
   

学校でもよくやっていた鬼ごっこの写真です。
クラスでもやりましたし、ブラスバンドの仲間たちとも、しょっちゅうやっていた遊び「のがし」です。

要するに助け鬼で、鬼につかまった人たちは手をつないで一列に長く伸びていく。それを助けに来た人が、手のつなぎ目をカットすると、そこから先の人は逃げることができる。全員捕まったらおしまいで次の鬼を決める。というルールでした。
これを男女交じってやると、思わぬ人と公然と手をつなぐことができるので、楽しかった・・・。

フォークダンスもいろんな人と手をつなぐことができるけど、休み時間に楽しむには不向き。この鬼ごっこが手っ取り早く、いろんなチャンスも生まれてドキドキわくわく楽しいのです。



中学生の頃にも、よく男女まじったグループで遊びに行っていましたが、これは筑紫耶馬渓。
   

自転車がない人たちはバスで行きました。このバス停から少し歩いて川に降りると、大きな岩がごろごろしているとても楽しい場所に行けるのですよ。

福岡市内から、バスでどれくらい行ったところだったかわかりませんが、けっこう遠かったです。私が当時住んでいたのは博多区ですから、地図を見ると、14kmくらいかな?
それにしても、休みの日に遊びに来ているのに、学生帽をかぶっている人が三人いますね。中学一年までは全員丸刈りだったのが、二年生になって耳にかからないなら長髪もOKになったのでした。これは季節は秋だから、坊主頭の人たちは、野球部ですね。

小学生の頃には、近所の人たちとわいわい草で遊んだり、蜜を吸ったりしながら男女まじって登下校していたし、中学生になったら、スケートとかプール、映画などにも、男女交じったグループで行っていました。高校生になったら、今度は大濠公園にボートを乗りに行ったり、大宰府園に行って、ゴーカートに乗ったり、ハイキングに行ったり。

振り返ってみると、受験で忙しいはずの中学・高校時代も、こまめに遊んで、本も読み、音楽も楽しんで、あまり追い詰められるような生活はしていなかったみたいです。

勉強して、重要事項をまとめたノートが増えたり、問題を解いたノートがたまっていくのが、とても楽しみでしたし、何かを暗記するのも面白かった。覚え方を工夫するのが楽しかったのです。


ケンさんのところで「ひよっこ」の話題に触れてから、どんどん自分自身の青春時代まで思いが続いていって、あっという間に夕方になってしまいました。

ここには書きませんでしたが、ほかにも、遠足でよく行った宝満山、背振、九千部、四王寺山、大宰府政庁跡、油山、雷山など、いろんな場所についてもネットの記事を読んでいたのですよ。たぶん、もう山登りはしないと思うので、ネットで見るばかりです。あとは車で行けるところくらいでしょうが、遠出をするのが苦手だし、人の車に乗せてもらうのも苦手なので、公共交通機関で行けるところくらいのものでしょう。
ま、いっかー。






最終更新日  2017年07月16日 18時12分06秒
2017年07月15日
カテゴリ:手芸・工作など
前回の日記に書いたように、MicrosoftとWordのサインインをしようとがんばったおかげで、つい徹夜をしてしまった私。その後ちゃんとベッドで寝ました。

だから、目覚めたのは11時過ぎ。6時間くらい寝ていたことになりますね。

それからまた、例のごとく、その気になったことの続き。
   
あと50枚、同じ半懐紙があったので、それも簡単ノートにしてしまいました。

あっという間にできたので、その後また練習。
   

普段は、お手本を見て、どんな雰囲気になるのか確かめてから、自分なりの工夫をして書いています。古典の臨書では、まったくそっくりになるように書きます。

でも、私は筆文字を実生活に生かしたいので、お手本なしで書く練習を楽しんでいます。これを先生に持っていくのですが、こんな生徒さんはなかなかいないそうです。

   

さて、あまりに暑いので、庭の写真も二階のベランダから・・・
キキョウの花数が増えています。
   

   

   

私のクローバーも、順調に育っています。
   

   

二階からも、四つ葉が見えるって、嬉しいですね。

ギャー、ギャー と、濁った声のカラス。
   

      

   

   

   

   

カラスが茂みに入り込むと、あせったようなセミの鳴き声が聞こえ、2、3匹飛び回っていたから、カラスがセミ狩りをしていたのだと思います。

   

おでこが盛り上がっていないし、クチバシが細いので、ハシボソガラスです。また、鳴き声がギャーギャーと濁っていたのも、ハシボソガラスの特徴。

「権兵衛が種まきゃ、カラスがほじくる」というのは、このハシボソガラス。クルミの実を食べるために、車の通るところにクルミの実を置いて、割ってもらって食べたりするそうです。



さて、こんな時間に日記を書いていますが、実は夕方突然眠くなり、どうしようもなくなって、7時過ぎにベッドに行きました。これは昼寝というのでしょうか。
で、ぱっと目覚めたら、夜中の12時半でした。
十分に寝たので、今はとても快適なのだけど、このまま起きていていいのだろうか・・・

旦那がXアスロンに行ってしまい、月曜日にしか戻らないので、途端に生活のリズムが乱れてしまいました。なんか眠くなる本でも読んで、もう一度寝たほうがいいかもしれません。






最終更新日  2017年07月15日 01時23分44秒
2017年07月13日
カテゴリ:手芸・工作など
昨日は、絵ではなくて、工作をしていました。

   

以前、かな書サークルのみんなに、書道用の料紙という良い紙で和綴じノートを作ったものをプレゼントしたら、材料費が高すぎるということで、お金を払われてしまったので、今回は、中の用紙を100均のものに。

   

表紙に使った友禅和紙と、表紙の裏に貼った厚紙は、上等のものですが、書くのにつかうところは100均。
中表で折った紙を、両側で糊付けしていますので、一枚の紙はきれいに全開になりますよ。
   

これなら、「お金を払う」とは言われないでしょう。お中元にします。

まだたくさん材料も作りかけの紙(二つ折りしただけの紙)もあるので、作ろうかな・・・と思ったら、久しぶりに、このノートを発見しました。

   

これは、この大きさに切った料紙を、なんとホチキス止めし、そのホチキスのところにマスキングテープを貼っただけのシンプルなもの。

退職後の最初の夏から、練習しました。

   

ハガキに筆文字でメッセージを書きたくて、小さな筆文字の練習をしていたのです。

   
お手本があるわけではないハガキやお手紙の練習には、活字の詩集や小説を見ながら、それを自分で考えながら筆文字にしていくのが良いと思われました。


このとき使っていた筆ペンは、この写真の左側2本。書く速さを変えると、太く濃くしたり薄くかすれさせたりもできるんですよ。
   


この日記を書いているうちに、むらむらっとノートを作りたい気分が沸き起こってきました。

簡単ノートを、良い紙で作って練習しよう!!
   
1枚、2枚くらいなら、ハサミやカッターで切りますが、10枚ずつとか、大量に切る場合には、このようなカッターを使うのが便利です。刃を受けるところのカッターマットの替えを、二年前に5本買っていたので、どんどん使わなくちゃ。
   

あまり分厚いノートにすると、ホチキスの針が通らないので、20枚ずつにしました。
   

そして、だいたい、一時間くらいで完成。
   

昔から、きれいな便箋を見かけると、必要でなくてもつい買ってしまっていたので、今回は表紙に使ってみました。

   

また、たくさん練習しようっと!!!

今回使った紙は、これです。
   
ここに書いてある「半懐紙判」というのは、25.2×36.3cmくらい。
それに対して、作品提出に使う半紙は、24.2×33.4cmくらいです。
微妙ですが、半懐紙の方が一回り大きいの。かな書道には、この半懐紙サイズや懐紙がよくつかわれますが、作品提出は半紙サイズと決まっているの。不思議です。

それと、「雁皮」と書いてあるのは、沈丁花科の植物「雁皮」の繊維で作られているということ。表面につやがあり、紙質がなめらかなのが特徴です。

その昔、遣唐使と一緒に唐に渡った最澄さんが、わざわざお土産として、筑紫の国でできた雁皮紙を唐にもっていったくらいの自信作だったらしいですよ。一番上等のものは、「鳥の子紙」という名前がついていて、「紙の王」とも呼ばれるそうです。


さて、では今から少しだけ、かなの練習をします。


   

ここから、追加記事です。

今7月14日の朝4時40分ですが、実はまだ昨夜の続きなんです。つまりまだ寝てないの。
えっ? 徹夜しちゃった? 眠いから、この後寝ちゃうかも。

何をしていたかというと、まずは夕食の後、文鳥といつものように遊んでいたのだけど、今日はなぜか白文鳥の「もち」がなかなか鳥かごに戻らなくて、「もち、おうち」と声をかけても知らんふり。

10分、20分とたつうちに、待ちきれなくなって捕まえようとしたのだけど、これがまた、うまいこと私の手をかわすの。いろいろ作戦を変えながら、なんとかしてつかまえてかごに戻そうとしていたのですが、ようやく成功したのは、もう10時を過ぎたころ。部屋に戻るともう部屋が暗くなっていて、旦那は寝ていました。
それから、パソコンでhuluの動画をつけて声だけ聴きながら、今日作ったノートに極細の筆ペンでかな書のおけいこ。

はっと気づくと1時半になっていたので、寝なくっちゃ!! それから寝る準備をしてちゃんとベッドにいって転がった・・・・


それで寝るつもりだったんですよ。
だけどね、ふと、思いついたことがあって、どうしても確かめたくなりました。それが3時頃。

パソコン横のスタンドをつけて、思いついた場所を探したら、
「あった!! これだ。」

見つけたのは、先週修理が終わって、まっさらな状態になって戻ってきたパソコンのofficeのプロダクトキーが書いてある紙。
こんな時のために、昔のパソコンには、すでにインストールされているにもかかわらず、オフィスのCD-ROMがついていたんですよね。それが、だんだんシンプルになってきて、確か薄っぺらい紙の袋みたいなのに入ってた・・・ と思って探したら、なんと、たて12.5cm、横9cmの二つ折りになった黄緑の厚紙一つになっていました。開くとちゃんとプロダクトキーが書いてある。

やったー、これでまたWordが使える。

となると、気分が乗っている今のうちにちゃんとログインしておきたい。


張り切って、長いキーを打ち込んで、今度はMicrosoftのアカウントを入れようとしたら、パスワードが受け付けてもらえません。そんなことはないはず、と思ってやり直してもだめ。

あきらめて寝るか、と思ったけど、半分意地になって、MicrosoftのHPへ。

そちらから、サインインしようとしたら、どうも、先週スタートした時に何か不具合があったため、電話番号を入れないといけないらしい。
そしたら、電話にサインイン用のアカウントをテキストで送ってくれるらしい。

ふむふむ、家の電話番号を入れて送信したら、「この電話には送ることができません。」ですって。
そりゃあそうよね。固定電話だもの。どうやってテキストを送るのか、私も不思議だった。
あ、ひょっとしたら、スマホならいいのかな?

スマホの電話番号を入れて送信したら、あ、なんかスマホに反応がありました。テキストが送られてきたようです。

でも、そこからが長かったのです。

スマホの電話のところを開けても、どうやったらテキストを見ることができるのかわからなかったのです。だって、電話ってしゃべるためのものなのに、どうやったら、文字が見えるの?

ひょっとしてメールが届いているのかな? と思ってメールを見るけど、違う。

一度閉じたけど、やっぱり気になり、MicrosoftのHPへ。

10分間でその番号は無効になるらしいから、早くその番号を見る方法を調べなくては・・・

この時、旦那が起きてきて、
「おはようございます。早いですね。」
と言うので、事情を説明していたら、もう出かけていきました。実は明日から4種目のX-アスロンに参加するので、今夜はもう帰ってこないのです。(帰宅は月曜日)



旦那を送り出した後、パソコンで「スマホ 電話 テキスト」と入れて検索しました。
スマホで電話をかけるのは年に一度くらい、メールもめったなことでは送らない私ですから、SNSとかまったく興味がないので、本当にわからないのです。

調べたら、スマホの上のところに、何か送信されたらマークが出るので、指でしゅっとして開くと見ることができるようになる、と書いてあったので、さっそくやってみました。
そしたら、ありました。嬉しい!! 確かに4桁の番号が届いています。
でも、また10分経過してしまっていたので、またサインイン。
で、スマホの電話番号を入れて、テキストを送ってもらい、その番号を入力したら、やったー、無事サインインできました。

でも、これで終わりではありませんよ。Wordです。スタート画面からWordを開き、最初のログインからやり直し。あの長いプロダクトキーを入れて、Microsoftのサインイン画面でメールアドレスとパスワードを入れたら、

やったー!! 今度こそ、OKです。ようやくWordが使えるようになりました。


というわけで、目は眠りたがっているけど、脳の方が一部覚醒しているみたいで、変な感じ。せっかくだから、日記に書き加えておこうと、今こうして書いていたのでした。

睡眠不足は体に悪いから、少しでも寝ようかな。 (今、5時13分みたい)






最終更新日  2017年07月14日 18時30分36秒
2017年07月12日
カテゴリ:絵を描いてみた
せっかくなら、実際に見たことのある風景から選んで描こうと思い、ツアーで行ったときの写真を探してみました。
お寺や神社は、なかなか難しいので、なるべく自然がたくさん写っているものを。

そしたら、沖縄で、たくさんの城(ぐすく)を見て回ったときのことを思い出しました。

はい、これは、最初に見学して感激した中城城址(なかぐすくじょうし)
   

お城に向かう途中の茂みには、たくさんのツワブキの花(チィパッパ)が咲いていたの。雨で地面が濡れていたので、転ばないように、気をつけて見学したのでした。

もとにした写真は、これ。
   
絵に描くときには、ちょっと空の色を青くしたんですよ。それと、水たまりは難しいので省略。

もっと石垣に近寄ったところも素晴らしかったのですが、石垣をこまかに描くのも難しそうなので、まだ中に入る前のこの景色。

よかったら、2016年2月6日の日記をご覧ください。もっともっと素敵な景色がいっぱいだったんですよ。



あ、今回の絵は、この絵の具を使いました。
   
持ち歩くのに最適なセットです。
そのうち、これとスケッチブックを手提げに入れて、お散歩に行くのも良さそうですね。でも、これからはとても暑そうだもんなぁ・・・


では、最後に現在の私のおやつケースの中身。
   

当然ですが、これは一日分ではありません。時々ふたを開けて、何個か、ぱくっと食べておしまい。
書き忘れましたが、ドライフルーツも入っています。塩味のものと甘いものが交じっているけれど、それぞれが違う味を引き立てているようで、気に入っています。

次第に減ってきたら、また次のつまみ系おやつをつぎ足します。






最終更新日  2017年07月12日 16時32分32秒
2017年07月11日
カテゴリ:習い事
今日は、オカリナの日。
さて出かけようとしたら、いつもの「かな書」の冊子が届いていました。すぐに同封されているバーコードを見たら、なんか、昇級しているような・・・

冊子を開けて確かめたら、やったー!!
この間は、なんと六種類の作品を提出していたのだけど、そのうち三種目が昇級していました。
それに・・・・

   
初めて提出した「かな古典」の作品が、昇級だけでなく、写真掲載もされていたの。
   

小さな小さな写真だけど、うれしかったです。
(真ん中あたりの、短いところは、「きのつらゆき」と書いています。)

だから、というわけではありませんが、昨日は水彩画は描かず、和風ノート作りをしていたのですよ。

   
この二冊です。
糸で綴じる「和綴じノート」は好きだけど、開いたときに、真ん中に綴じ目があるから、きちんと開きません。
   
ノリで貼り合わせて作ると、このように、きれいに開くから、書きやすいのですよ。

これは、すでに文字を書いたものですが、
   

お手本を置いて、それを見ながら書くのに、ばっちりなんです。
   

今回二冊作ったので、作り置きのノートが10冊になりました。
   
いっぱい練習しようっと!!


   

それからね、今日オカリナサークルに、この間のアメを入れた小さな紙袋の折り方の説明用具をもっていったら、終わったあとで、折り紙サークルみたいになったんです。

みんなに折り方説明図と、折りかけの見本四種類、紐の切ったの、ボンドとかハサミとか、いろいろもっていっていたけど、やっぱり目の前で教えてほしいとのことでした。
だから、一つひとつ順番に説明して、チェックして、わいわい言いながら楽しく折り紙教室をしました。

そこは練習した教室のすぐそばの喫茶室だったので、一通り折ったあとでコーヒーを頂いたのですが、なんと私のコーヒー代は、みんなで割り勘にして払ってくれました。今日の折り紙の準備と教えたののご褒美だそうです。ありがたく、おごっていただきましたよ。嬉しかったです。


一時間半くらい、そこでわいわい話したのですが、一人朝倉出身の人がいて、今回の被害の話にもなりましたよ。みんないろんな地方の人から心配しての電話がかかってきたけど、こちらは何ともなくて気の毒かった、ということでした。

本当に静かな雨が少し降ったくらいだったのですよ。近いのに、筑後の方とはえらい違いです。

今年はもう柿はダメやろうねー、とか、あの美味しい梨は、もう無理やろうねー、気の毒やねー、とか、これ以上降らんどってほしいねー、とかいろいろ話しました。



では、最後に、この写真を。

   
ごねあさんが作ってらっしゃったので、マーラーカオをいつものスーパーで買ってきました。似たような蒸しパンと食べ比べてみようと思ったのですが、マーラーカオ1個を食べただけでおなか一杯になったので、わからないまま。ミルクキャラメル蒸しパンは、確かにミルクキャラメルの香りがしたけど・・・

ちなみに、いつも買う蒸しパンはこれです。

   

やっぱり、蒸しパンには、レーズンが乗ってなくっちゃ!!

自分で作る時も、レーズンを入れますよ。ホットケーキにもね。






最終更新日  2017年07月11日 19時06分57秒
2017年07月10日
カテゴリ:絵を描いてみた
昨夜、なんか調子づいて、また過去画像から探した写真を見ながら絵を描いた。

   
これは、2012年の5月に、このブログに載せた写真です。
プリンターのインクが減ってきたとの警告があったので、今回はパソコンのモニターに表示して、それを見ながらスケッチして描きました。

ちょっと幼稚になったのだけど、のせます。

   

紫のチリアヤメだけでは画面が寂しいかと思って、イモカタバミも少しだけ入れてみたけど、どうもいけませんねー。

ちょっとPhotoshopElementsで加工して、チリアヤメだけにしてみると、
   
ずいぶんと、すっきりします。

写真を見て描くと、どうも周りの様子が気になって、描きすぎになるようですね。何を描きたいのかはっきりさせて、それだけ描くようにしたほうがよさそうです。

確か、水彩画の本も持っていたはず、と探してきました。

   

   

   

   

   


これらの本は、もっと詳しくついています。
   

   

   


気軽に水彩を楽しむためのヒント集のような本もあります。これはちょこちょこ見ていた本です。
   

   

   

一番小さな本には、ふせんをつけていたし、練習した紙もはさんでいました。

   

メッセージカードの周りをチャチャッと描くのも楽しそうです。
   


この本のお道具の説明のところに、透明水彩絵の具のことが紹介されているけれど、
   
それも、私はちゃんと買っていたのです。

木に着色したり、昔紙粘土でいろんなブローチとかを作っていた頃に使っていたので、アクリル絵の具は昔からもっていました。
   

   
右上の、小さなチューブの絵の具が、透明水彩絵の具です。何が透明かというと、重ね塗りしたときに、下の色が透けてみえるということで、混色の美しさを楽しむことができるんです。

あと、アクリル絵の具とポスターカラーの違いは、
   
箱の裏の説明を比べたら、こうなっています。

一番の違いは、「アクリル絵の具は、乾いたら耐水性になって溶けない」ということです。
だから、日常手でさわる小物などの着色には、アクリル絵の具を使っていました。
こてこてに、盛り上がるように描けば、油絵のようになるそうですけど、そういう使い方をしたことはありません。

母が以前、水墨画、日本画、油絵、エッチング、木版画などをやっていたので、それこそいろんな道具がありますが、借りたことはないですね。

たぶんもう描かないでしょうから、もらってもいいのでしょうが、置き場所に困るから、今のまま、一階に保管しておきましょう。



さて、気分は水彩画に傾いてきましたよ。
このあと、何をしたくなるのか・・・






最終更新日  2017年07月10日 14時07分27秒
2017年07月09日
カテゴリ:絵を描いてみた
持っていたけど、ほとんど使っていなかった水彩色鉛筆。
今日は、思い切って使ってみることにした。

まずは、塗り絵から。

   
私は水筆が好きなので、この水色の軸の水筆を用意しました。

グラデーションをつけて、水筆で伸ばして・・・
   
適当に塗っていても、水で伸ばせば溶けて伸びます。
   

この塗り絵は、以前からもっていた本で、お花が曼荼羅になっているもの。
   

   

   

   

私が塗ったのは、中級の図案です。

こまかく区割りされている図案も塗ってみたけど、やっぱり水彩色鉛筆は広い面積を塗るのに適していますね。(小さいと、あまり意味がない)
   

本棚に、なんか参考になる本がないか見に行くと、こんな本を発見。
   
あら、きっと水彩色鉛筆を買ったときに、一緒に買っていたのでしょう。
   

   
くわしく説明がついていました。

これなんか、どうかなぁ・・・
   

   

   
   


でもね、塗り絵はさっきやっちゃったので、昔撮った写真から選びました。
   
2008年に、植物園で撮った写真です。水彩画風に加工したら、こんな感じ。(あまり変わってないかな)
   

パソコンの画面を見ながら描くのは難しいので、印刷しました。
   
がんばって、スケッチして、塗りましたよ。

   
私の買っていた色鉛筆には、紫っぽいピンクしかなかったので、こんな色になってしまいましたけど、ま、いっかー。

では、今から晩御飯ですよ。手羽元のうま煮と、サラダです。






最終更新日  2017年07月09日 19時55分50秒
このブログでよく読まれている記事

全2340件 (2340件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.