1966164 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

偐万葉田舎家持歌集

ご訪問有難うございます。  
 このブログは、けん家持が自転車(銀輪)であちらこちらを気ままに散歩し、万葉調の歌などを作って掲載しています。
 記事ジャンル別に見る場合は、下記のヤフー版偐万葉田舎家持歌集をクリックしてご覧いただくのが便利です。
<参考>ヤフー版偐万葉田舎家持歌集
2019.02.23
XML
カテゴリ:近隣散歩
​​​​ 先日(2月20日)天王寺方面に出掛ける用向きがあったので、銀輪散歩を兼ねて行って参りました。
 美術館の前を通りかかるとフェルメール展が開催中で、多くの人の姿がありました。​

(大阪市立美術館)
 隣の茶臼山公園へ。
 落ち椿に迎えられながら山頂(?)へ。​

(落ち椿)
 山頂からぐるりとパノラマ撮影すると、こんな眺め。​

(東から南方向)

(西から北方向)
 椿の木が結構多く植えられていたが、中にこんな珍しい花をつけている椿もありました。​

(変わり種の椿)
※追記=この椿は「卜伴椿」という名だそうです。詳しくは、下記コメント欄のひろみちゃん8021さんのコメント及びこれに対するけん家持の返事コメントをご参照下さい。(2019.2.23.21時3分)

 普通の椿は芯の部分が黄色であるが、これは先端が白く、付け根部分が赤い。雄蕊が花弁に変異しかかっている、八重椿へと変異する途中の中間的な段階で、変異を止めてしまった特異な種類なんだろうか。
 ならば、ヤエツバキならぬヤメツバキである。
 南西側斜面にはイヌホウズキが群生。​

(イヌホオズキの群生)
 イヌホオズキとワルナスビはよく似ている。
 棘のあるのがワルナスビ。これは棘が無いからイヌホオズキだろう。​

(イヌホオズキの花)

(同上)

(イヌホオズキの実)
 既に実をつけているものもある。まだ若く青い実である。
 夏には黒く熟してイヌホオズキの実らしくなるのだろう。
 茶臼山へは何度も来ているが、上の変わり種の椿とイヌホオズキの群生は新発見。馴染みの場所でもなにがしかの新発見はあるというものである。
 ということで、ことのついでと、これも何度も訪れている四天王寺に立ち寄ってみることにしました。​

(四天王寺・石鳥居)
 この石鳥居も馴染みであるが、説明碑をじっくり読んだのは初めてかも。​

(同上・説明碑)
 当初は木造の鳥居であったが、永仁2年(1294年)に忍性さんによって石造に改められたとのこと。
 忍性上人と言えば、来月30日に中学時代のクラスメイト数人でのウオークで訪問を予定している、奈良市の北山十八間戸である。彼はこの施設に癩患者を収容してその面倒をみたという僧。墓は生駒市の竹林寺にある。どちらも以前訪ねて、ブログに記事を掲載している。
<参考>​叡尊墓と北山十八間戸​ 2017.8.29.
    ​行基墓&忍性墓​ 2017.7.29.

 そして、門を入った先にあったのが「義経よろい掛け松」。
 これも何度も目にしているが、ブログには取り上げていないので、写真を掲載して置きます。​

(義経よろい掛け松)
 そして、五重塔にご挨拶。​

(五重塔)
 五重塔の堂内に入ると、らせん階段があって、最上部まで上ることができる。靴を脱ぎ、備え付けのビニール袋に入れて上るようになっていて、土足厳禁の表示。狭いらせん階段を上る。手すりや階段の床面が結露によるものか濡れていて、往復しただけで靴下がそこそこ濡れてしまったのでありました。これも初体験にてあれば亦よしである。​

(坂田藤十郎の墓)
 そして、これは新発見。
 以前、芭蕉墓を訪ねた際に、この前を通っているのですが、この墓には気づきませんでした。坂田藤十郎の墓です。​元三大師堂の南西脇にあります。
<参考>​芭蕉墓など銀輪散歩​ 2017.9.28.​​

(同上・説明文)
 菊池寛の小説「藤十郎の恋」が評判となったことなどが契機となって、大正8年(1919年)に松竹の社長・白井松次郎氏らが発起人となって建てられた供養塔とのこと。傍らの石碑は木谷蓮吟の顕彰碑。
 菊池寛の「藤十郎の恋」をヤカモチが読んだのは小学校4年生か5年生の頃かと思う。小学校の図書室に菊池寛の小説集の本があったのを見つけて、借りて読んだのか、昼休みのたびに図書室に入って読んだのかは定かではないのだが、「父帰る」や「恩讐の彼方に」や「忠直卿行状記」などと一緒に読んだのは確かなのである。しかし、その内容についての記憶が全く無いのは、10歳そこそこのヤカモチには「藤十郎の恋」は理解できなかったのでしょう(笑)。
 その藤十郎さんの供養塔にたまたま出くわしたのも、思えば奇妙なご縁でありますな(笑)。​

(安政地震津波之碑)
 もう一つの発見は、この安政地震津波之碑である。
 こんな石碑の山が東西に二つ並んでいるのだから、「新発見」などとは「今更何を」でありますが、何度も目にしていても、それと意識して見ない限りは「見えていない」のと同じ。「藤十郎墓」に刺激されてか、この碑にも気が付いたという次第。​

(同上・説明碑)
 本日は、天王寺界隈銀輪徘徊の記事でありました。​​​​​​​​​​​​​​​​
​​
​​






最終更新日  2019.02.23 21:03:34
コメント(2) | コメントを書く

PR

カレンダー

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

バックナンバー

プロフィール


けん家持

コメント新着

けん家持@ ひろみちゃん8021さんへ New!  卜伴椿ですか。卜伴椿の中でも、雄蕊の…
ひろみちゃん8021@ Re:ぶらり天王寺(02/23) New! こんばんは(^^) 椿は種類が多いですね。 …
けん家持@ 小万知さんへ New!   >家近先生、グランプリ受賞おめでと…
小万知@ Re:家近健二氏グランプリ(02/22) New! 家近先生、グランプリ受賞おめでとうござ…
けん家持@ ひろみちゃん8021さんへ New!   >家近健二氏のグランプリ受賞    …
ひろみちゃん8021@ Re:家近健二氏グランプリ(02/22) New! おはようございます。 家近健二氏のグラ…
岬麻呂@ Re[1]:岬麻呂旅便り233・紋別、網走の流氷(02/17) ビッグジョン7777さんへ いつもコメントあ…
岬麻呂@ Re[3]:岬麻呂旅便り233・紋別、網走の流氷(02/17) ☆もも☆どんぶらこ☆さんへ 何時も家持さん…
ビッグジョン7777@ Re:岬麻呂旅便り233・紋別、網走の流氷(02/17) 旅の回数が多いだけに、わが行きたき所を…
☆もも☆どんぶらこ☆@ Re[2]:岬麻呂旅便り233・紋別、網走の流氷(02/17) 岬麻呂さんへ こんばんは。 お返事ありが…

日記/記事の投稿

フリーページ

お気に入りブログ

祇園のこと New! ビッグジョン7777さん

C'mon Everybody/Som… New! sakamoto119さん

2/20 當麻寺周辺で… New! ひろみちゃん8021さん

今年初めての登山は… New! ふろう閑人さん

犬の旅支度 New! cementman77さん

J1開幕 New! lavien10さん

ホカホカご飯。 New! ☆もも☆どんぶらこ☆さん

三寒四温 幸達爺さん

確定申告 英坊3さん

龍の恩返し・・・ ふぁみり〜キャンパーさん


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.