000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

続々・絨毯屋へようこそ トルコの絨毯屋のお仕事記

続々・絨毯屋へようこそ トルコの絨毯屋のお仕事記

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Profile

mihri-kilim

mihri-kilim

Calendar

Category

Recent Posts

Keyword Search

▼キーワード検索

November 10, 2021
XML
カテゴリ:絨毯屋のお仕事
相手がいるとちゃんとやらなきゃと思うものの、自分だけのことだといつも適当、いい加減なミフリ社長です。

最近、時々覚えたてのインスタライブをやっているのですが、予告なしの突然ライブな上に、操作が不慣れなものでアーカイブを残せないこと多々あり。
結果、ご覧になっている人が3人だったり5人だったり、幻の回になるわけです。ぽっぽっぽっ

で、今日はちゃんと予告をしたいと思います。
実際はオンタイムで入られないであとでアーカイブをご覧になる方も多いと思いますが、アーカイブが残るかどうかは運次第ですので、時間の都合がつきましたらぜひオンタイムでどうぞ~。



というのも今日はトルコ絨毯の中でもおそらく実際にご覧になったことが少ないだろう、中央アナトリアのカラプナール限定の「トゥル」をご紹介したいと思っているからです。

トゥルは市場に広く出回らなかった織物のひとつです。
その理由は自分たちだけのために作られたものだから・・・。

本来のイランのギャッベが作られた背景と似ています。
先日のインスタライブでイランの20世紀半ばに作られたシンプルなギャッベをご紹介しました。ギャッベはブランド化され、日本ではその名が知られていますが、なぜ他の多くのイランの織物がモチーフや色柄が凝っているのに対して、あんなにもシンプルな織物なのか。

今回はそれを踏まえてカラプナールのトゥルをその背景とともにご覧いただきたいと思います。
本日、日本時間20時頃です。

インスタグラムのアカウントは @mihri193 です。お間違えのないようにお入りください。

お見逃した方や興味のある方はアーカイブをYoutubeで公開しましたので、よかったらご覧ください。

↓↓↓↓↓
カラプナールのトゥルのお話
------------------------------------------------------------------
YouTubeに「ikumi nonaka」チャンネルを開設しました。
トルコの伝統手工芸、食文化、生活、牧畜などをご紹介していきます。
新着のお知らせがいくように、チャンネル登録をぜひお願いします❤

ikumi nonaka チャンネル

------------------------------------------------------------------

ミフリのショッピングサイトはコチラ↓
20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


その他・全般ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  November 12, 2021 03:39:45 PM
[絨毯屋のお仕事] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.