000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

からだと宇宙とヒーリングと

PR

楽天プロフィール

バックナンバー

カテゴリ

カレンダー

コメント新着

norico1@ Yoichiroさん コメント残してくださって、ありがとうご…
Yoichiro@ Re:キネシオロジーの感想から  シリウスと女性性(08/12) シリウスが強く出てしまっているいまの私…
norico1@ Akikoさん そうなんです、そうなんです! 宇宙人云々…
norico1@ あやこさん はい、それが1番のテーマですね! どこか…
Akiko@ Re:最近のセッションのあれこれ(08/07) norico1さんへ セロトニンの他には有害物…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

全78件 (78件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >

レイキ

2014年06月21日
XML
カテゴリ:レイキ

いつのまにか、久々のアップです~。
みなさま初夏をいかがお過ごしかしら~?

このところ、書きたいテーマはいろいろあるものの
なかなかブログをアップする時間が取れないでいます。
最近、何人かの方から「ブログをアップしていないので、お忙しいのでしょうね」
と言われたのですが
ブログをアップする時間がないというと
まるで朝から晩まで動いているみたいですが
実際は、セッションの後は、毎日のように近くのサンセットパークに行って
草の上で夕日をボーっと眺めたり、おさむと一緒に夜空を眺めたり
おさむのギターに合わせて歌ったりする時間もあって
それほど忙しい~という感覚ではないのです。
ただ最近は、日々コンピューターの前にいる時間を
ある程度(感覚的に)決めているので
メールのお返事だけで、けっこう時間がなくなって
今日のコンピューター時間は終了、となって
ブログまで行き着かない感じなのですよね〜。
(と、まだメールのお返事をしていない方はごめんなさい〜〜)

1日の中で、ヒーリングの仕事以外の時間にやりたいことは
山ほどあって、ブログもそうだし、ピアノも歌も絵もヨガも
身体についての勉強ももっとしたいし、教えるためのキネシの資料もまとめたいし
最近は作曲も再び始めたので、それももっとやりたい。
ああ、そして夜にはおいしいもの食べて、ワインも飲みたい♪

と、もちろん一度にすべてのことはできないわけで
少しでも頭で「やらなければならない」と思っていることがあったら
それは排除して、本当に心からやりたいと感じることのみにしぼってゆく
そしてその中でも、今はこれが一番やりたい(=それをやることが必要)
という直感に従っていくと
やりたいことをするための時間が足りないという感覚はなくなるのですよね。
とりあえず、このところのNYは、最高のお天気が続いていることもあって
サンセットパークでの夕涼みは、身体も心も喜んでいるので
最近の私とおさむの優先項目になっています。

さて、昨日は夏至の日でした。
夏至のお祝いをされた方もけっこういらっしゃるかしら?

ご存知ように、太陽の光が一番長い日、一番強くなる日である夏至の日には
古代から様々な祈りやセレモニーが行われてきました。
イギルスのストーンヘンジやペルーのマチュピチュなど
古代遺跡やパワースポットには、夏至や冬至を知らせるような作りが多く見られますが
自然と調和して生きる古代の人たちにとっては
この日は特別な日だったのでしょうね。
私とおさむが2009年に初めてペルーを訪れたのも
この夏至の日に行われるインティライミのお祭りの時期でした。

昨日は、レイキのレベル3のクラスだったので
クラスの中でスマッジングや太陽、地球とつながる瞑想をしたり
おさむのサウンドヒーリングを行って
参加者と一緒に夏至を祝いました。
最近は、レベル3はグループのみにしていますが
レイキだけでなく、いろんなヒーリングを取り入れるようにしてから
さらにおもしろいです。

ということで、昨日のレイキのクラスを受けた方から頂いた感想の中で
お一人紹介させてくださいね。

昨日はどうもありがとうございました。
やさしいけどパワフルなレイキをあらためて感じました。
本当にクラスを受けてよかったです♪
自分の心がやりたいと思ったことをやるというのはこういうことなんですね。
満ち足りた気持ちです。
留守番してくれた次女にも感謝です。
先ほどレイキをして、すぐに眠りに落ちました。

クラスの途中でもデトックスであろう咳がでましたが
おさむさんのサウンドヒーリング中も咳が出ました。
以前のサウンドヒーリングでは
始まるとすぐに無意識状態に入ったのですが、
今回はしばら〜くいろんな楽器の旋律を聴いていて
なんでこんなクリアな感じでいるんだろうなぁと思っていました。
銅鑼の音がなり始めた時、のどのあたりがむずむずし始め、咳が。。。
その時に何か出さなきゃいけないなにかがあったんでしょう。
そこまで寝てはいけなかったのでしょう。。。
そのあとはふわふわと聴いていたと思います。
ほんとうにおもしろいですね。

ハイヤーセルフと繋がる練習、グラウンディングも
ヨガ自主練の前後に少しずつでもしていきたいです。
クリスタルも欲しいなぁ。
でも焦ることなく、ビビビっときたものを買いたいと思います。

のりこさん、おさむさん
一緒にクラスを受けたみなさん、次女、ベビーシッターさん、そして自分にも感謝です。
幸せな時間をありがとうございました!


自分が本当にやりたいことをやる、このシンプルなことを
防いでいるのが思考(マインド)ですが
そのマインドに気づくことが第一歩なんですね。
自分ではやりたいことだと思っていたのだけど
それはマインドの「やらねばならない」であって
本当の自分はやりたいわけではなかったというのはよくあることで
反対に、自分ではそれに対して情熱がない、今はやりたいとは感じない
と思っていたことが、実はマインドのブロックで
本当の自分はそれがやりたいと感じている
というのもよくあることなのです。
本当の自分がやりたいことをやっている時には
ストン、と腹に落ちている感じがするので
あ〜これだったんだ〜とわかるのですよね。

さて、昨日が夏至の当日でしたが、一夜明けて今日は
夏至の祝いと称して、NYのアップステートにある
キャッツキルマウンテンに来ています。

今回初めて、普通のレンタル会社ではなく、ジップカーを利用してみたのですが
とっても手軽だし、楽でした。
これなら、月に1、2度ぐらい、郊外にドライブするのもいいね〜
なんて、またやりたいことが増えてゆくわけですがウィンク

今夜はキャッツキルに宿泊して、明日には家に戻ります。
案外、旅先では、夜にブログを書いたりする時間があるのですね。

ということで、続きはまた〜〜♪






最終更新日  2014年06月23日 13時36分01秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年05月28日
カテゴリ:レイキ

昨日、今日とレイキのクラスでした。
昨日は日本人の方のレベル2、今日はアメリカ人のレベル1のクラス。
最近は、レベル1&2は、2~4人のグループでのクラスを行うことが多いです。
2、3年前までは、一人一人に対応できるプライベートクラスにこだわっていて
週に4、5日はレイキのクラスをやっていましたが
最近はキネシオロジーの方で予約が一杯になって
なかなかクラスを入れれないこともあって
できるかぎり、グループでのクラスで行っています。
でも、実際にやってみると、2、3人でのクラスというのは、プライベートとはまた
違ったよさがあって、一人より他の人がいた方が
より理解が深まるところもあるなあと。
レイキ交流会のように、最初にスマッジングしたり、レイキサークルをやったりと
日によって変化があると、クラスがさらに楽しめますし。

さて、今日はアメリカ人とヨーロッパ人のお二人のクラスだったのですが
ヨーロッパの方って、何も言わなくても伝わるようなところがあって
日本人と気質が合うというか、とても楽なのですが
アメリカ人の方は、はっきりと説明を求められることが多くて
お国柄の違いを感じることがよくあります。

今日も「1920年代に日本で始められたレイキが
その当時に果たした役割が、この現代において
どのような形で生かされてくるのですか?』
「伝統レイキを行う方にとって、
西洋レイキの発展はどのように捉えられているのですか?」
など、アメリカ人ならではだなあ、と思うような質問をされたので
当時の日本の時代背景なども含めながら、いろいろと説明したのですが
日本語でも即答できないような質問を
英語で答えるのは、私にとっては、かなり頭を使います泣き笑い
普段のレイキのクラスの中では、頭はほとんど使っていないので
英語のクラスを行った後は、いつも
あ~~終わった~~ハート(手書き)と開放感。

でも、実は昨日の夜中に
「的確な言葉で話すこと」に関するテーマで
私のIHキネシオロジーの調整をしたのですが
さっそく、その効果が出ていたようで、普段よりも
言葉がスムーズに出てくる感じがしました。
自分の感覚を的確な言葉にする能力は、コミュニケーションにおいて
本当に大切だなあと感じます。

それにしても、今日はまるで真夏のような暑くて
昼間は30度Cを越えていました。
レイキをやっているとエネルギーが全身に溢れてきて、
さらに身体が暑くなるので、お二人とも汗だらだらでレイキを行っていました。
また、少しは気温が下がって、落ち着くのでしょうが
これからの季節のクラスは大変そうです。

今日はクラスの後、サンセットパークで美しい夕日も見ることができて
とってもラッキーでした晴れ

本当はもっと書きたいこともあったのですが
今日は頭使いすぎたらしく、もう働いていない感があるので、このあたりでひよこ

CSC_0236.JPG
@Mexico
 






最終更新日  2012年05月29日 14時31分04秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年01月20日
カテゴリ:レイキ
 
先週は3日連続でレイキのレベル2とレベル1のクラス
今日はレベル3のクラスでした。
レイキやっぱり最高~ハート(手書き)とクラスが終了する度に思います。
最近の私にとって、レイキのヒーリングやクラスは、憩いの時間。
私のすべての細胞をクライアントさんの意識に集中している
キネシオロジーのセッションと比較すると
レイキは、何も意識を向けなくていいので、ヒーリングしていても
こちらもまったりと癒されます。
クラスは、ほぼプライベートクラスですから
受けられる方によって、いろんなスピリチュアルな話に発展したり
(というか、脱線したりウィンク
一緒にヒーリングしたり、送り合ったりするので、
教えながら私も癒されるし、クラスは毎回とても楽しいです。
特に最後の実践のヒーリングセッションで、ヒーリングを受ける立場になると
この極楽感はたまらない。
今日も最後は天国でした~晴れ

でも、クラスの中で行うアチューメント(伝授)の時間だけは
毎回、身が引き締まる思いがします。
アチューメントというのは、レイキのエネルギーを受け取るための回路を
開くためのプロセスで、クラスの中でレベルによって、3、4回ほど行います。
1回のアチューメントは5分ぐらいで終了しますが、
このアチューメントが一番大切ですから
その時間だけは、しっかりと意識を今に集中します。

私にとって、アチューメントを行っている時の感覚は、
まるで神社の中の神主しか入れない、最も聖なる場所に入ることを許されて、
神に直接、捧げものをする大切なお役目を与えられたかのような感じです。
そんな大切なお役目を与えられたことに、感謝で一杯になりますし、
毎回、その祝福を味わいながら、聖なるセレモニーに全神経を向けます。
聖なる領域に静かに入ってゆくその間は
アチューメントを受けられている人の印象も、
その人の素の部分が出てくるようで、いつもとは違うのを感じます。

アチューメントのやり方は、たぶんレイキマスターによって様々だと思いますが
私のアチューメントも少しずつ変化、進化しています。
アチューメント自体のプロセスはほとんど変わっていないのですが
アチューメントに入る直前でのやり方が変わってきたり
自分の意識状態が変わってきました。
以前から、アチューメントの前にクラウンチャクラ対応のクリスタルボールを
使ってから行ったりしていましたが
最近は、アチューメントに入る直前の一瞬に、マトリックスエナジェティクスを使って
生徒さんとの共鳴を高めてから、アチューメントを行うことが多いです。
アチューメントを行う時に高次元の存在にサポートを頼むこともあります。
私はサナートクマラとつながって、サポートをお願いすることが多いですが
去年のセドナから戻ってきてから、アチューメントの間
あのマリアさまのハートの石が目の前に見える位置に置いてあるので
それを見た瞬間、ハートに意識が戻るのを感じます。
意識がハートにあれば、あれこれと考えることは全くなくなるので
ただ純粋にアチューメントを行うことができます。

そして、アチューメントは、それを行う私の意識だけでなく
その場所のエネルギーも大切だなあと感じます。
私の家、特にリビングとセッションルームは、私にとっては神殿。
ここ場所で行うアチューメントは
たくさんの天使やアセンテッドマスターに見守られている感じがするのです。

エネルギーに敏感な方は、ここに来られると
よく「すごくいいエネルギーの部屋ですね」と
言ってくださる方が多いです。
先日も、場所や人のエネルギーにとても敏感な方が来られて
『最初ここに来た時、あまりにもエネルギーがクリーンなので驚きました。
これは毎日、床拭きされているのですか?」
などと聞かれたのですが
実際は、床拭きはクラスの前などには必ず行いますが、
毎日やっているわけではなく、目についたら行うぐらいです。
その場所のエネルギーを高めるのは、掃除やいらないものを処分することもありますが
家自体の作りや環境、クリスタルや植物や置いている物たちの影響もありますし
また何よりもそこにいる人のエネルギーかなあと。
ここは、以前住んでいた私たちのアパートより、ずっといいエネルギーなので
このアパートの一階に住んでいる大家さんのエネルギーがいいことも
この家のエネルギーが高い要因なのかも?と思ったりします。

もちろん、ここには毎日いろんな方が来られるので
アロマやセージ、お香、フラワーエッセンスなどでの浄化はよく行いますし
毎日、今日は何を処分できるかしら?と意識を向けています。
あれば少しでもエネルギーレベルが下がるような物たち
(使っていないもの、もう必要ないものなど)
そして、私の中のいらないものも、見つかり次第、手放します。
「不要な感情や思いを見つけたら、次の日まで持ち越さないで
その日のうちにヒーリングすること」
これは、以前、バハマのセミナーで
ホリスティック医療の先生が言われていたことです。
場所のクレンジングも、自分の中のクレンジングもつながっていますね。

ということで、これからのテーマは、
コンピューターの置いてある小さな部屋を何とかすること。
どうしても書類や資料などは、たまってしまって
なかなか処分が進まなないのです。
アチューメントやセッションを行う部屋だけでなくて
この家全体を神殿にしていきたいなあと。
まだまだデトックスは続きます~ひよこ






最終更新日  2012年01月21日 11時22分22秒
コメント(2) | コメントを書く
2011年10月26日
カテゴリ:レイキ

 
今日は新月ですね月

こちらは、ipadのアプリ、Living Earth からの今、現在の地球です。
東京を中心に撮影しています。
NYは今、夜中の12時すぎですが日本は昼間ですね。

Image 3.jpg

ipad2を購入してからというもの、気がつけば
宇宙系アプリばかり入れていて、惑星や星々や地球を眺めて楽しんでいますウィンク
例えば「マーカスチャウンの太陽系」アプリは、
とてもよくできていて、実際にNASAが撮影した惑星の写真が動いたり
様々なエピソードが盛り込まれていたり、太陽系のことについて、
詳しくよくわかります。
また、STAR WALKアプリは、今住んでいるところの実際の星空がGPSを使って
出てきますので、NYのネオンではよく見えない星空がどうなっているのか
わかりますし、星座の情報も詳しく載っています。
また、実際の写真と、このアプリの上での星座の写真と
重ね合わせて撮影することも可能。
Living Earthアプリは、世界中どこでも、気候や日の出、日の入りの時間や
すぐにわかりますし、上のように都市を設定して、そこからの現在の地球の写真を
撮ることができます。
その他、場所ごとの月齢や次の月の満月や新月なども一目でわかるアプリなども
いろいろ出ているので、地球や月や宇宙がより身近に感じられますね。

私たちにとっては、地球もまだまだ未知なる世界が山ほどあって、
とてつもなく広いわけですが
この地球を含む太陽系、そして、それを取り囲む銀河系、
そしてその銀河系だって、宇宙の広さからすれば、まだまだ小さいわけですよね。
それを思うと、一体、私たちの存在って何なんだろう、
と思ってしまいがちになりますが
「ハートの聖なる空間」のCDの中で、ドランヴァロ本人のナレーションで

「あなたは父なる宇宙の息子であり娘なのです。
父なる宇宙は、あなたのためにこの宇宙を創造したのです。
(たとえ) あなたに、理解できなかったとしても。」


というところがあって、その部分がとっても好きなのです。
この広大な宇宙の中の「全く意味のない存在の私」ではなく、
この宇宙は私の父であって、無限の愛で守られている、
そう思うだけで、ハートが暖かくなってきます。

先日、愛されることを受け入れる、という日記を書きましたが
「人から愛されること」というだけでなく
この宇宙から愛されていることを感じれたなら、もし、今、周りに自分のことを
理解してくれる人が誰もいないように感じていたとしても
愛とともに生きてゆくことができます。
私は以前、とても孤独を感じていた時期があったのですが
この宇宙からの愛は、いつも意識のどこかで感じていたのだなあと。
だから今、こんなにも多くの人とのつながりを感じながら、
生きることができるようになったのでしょう。

 

さて、今夜は、新月の遠隔レイキの会を行いました。
おさむが先日
「のりこはすぐに興味の対象が移ってしまって、何でも長く続かないのに、
この遠隔レイキの会だけはよく続くよなあ」
と言うので、それもそうだと、今日、過去の記録を調べてみると
私が毎月の遠隔レイキの会をスタートしたのが
2006年の10月23日。
今日で丸5年続いたわけです。

過去のメールはほとんど削除していますが
この遠隔レイキの会に参加された方たちの記録だけは毎月残していて、
それを見ると、どんどん参加メンバーは変わっているのですが、
その当時から、今も参加し続けてくれている方たちもいます。

ずっと月2回、満月と新月の日はかかさず続けてきたのですが
その度に、遠くに引っ越してしまった方が近況を知らせてくれたり
とてもうれしい反面、そのお返事もままならず
今年に入ってからは、ほとんど満月のみ行うようになりましたが
それでもこうして、みなさんと満月の日に
宇宙のエネルギー、レイキを通じてつながることができるのは
まるで遠く離れた家族が、たくさんいるような気持ちになるのです。

もともとこの遠隔レイキの会を始めたのは、
忙しい日々を送っていると、月も見ないでいることも多いですし
満月や新月の時ぐらい、月のサイクルを意識するということと
レイキも日々の忙しさで、ついヒーリングを忘れがちな方もいるかもしれないし
そんな方でも、満月や新月の時間はゆっくり座って
レイキを楽しんでもらえたらいいなあと思っていたからで
始めは、クラスを受けた方のサポートのためにやっているつもりだったのですが
こうして振り返ってみると、サポートされていたのは私の方だったのだなあと。
ほんとうにありがたいです。

つながってくれている人たちに(例え、直接的でなくても)
生き物たちに
母なる地球に
父なる宇宙に

心からの愛と感謝をこめてハート(手書き)







最終更新日  2011年10月27日 21時23分48秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年09月15日
カテゴリ:レイキ
 
久々にレイキの話題をウィンク

先日、また新しいレイキマスターが誕生したのですが
私がレイキマスターになる方にお伝えしているのは、
私が教えたことにこだわらず、自分自身の感覚を大事にしてゆくということ。
ティーチャーが教えていることがすべてだとは限らないのです。
何にしても、本当にそうかしら?と、自分で試していって、
経験を積んで、学んだことが自分にとっては違うと感じたなら、
それはそれで自分なりの感じ方を伝えていってもいいのです。

私自身はレイキを3人のレイキマスターから学んだのですが
あれこれやってきた中で、今、教えていることの多くは
私がマスターから学んだやり方や考え方とは、かなり違ったものになっています。

例えば、レイキではけして邪気は受けません、と一般的には教えられているのですが
必ずしもそうではないことは、たぶん多くのレイキプラクテショナーが
感じていることだと思います。

それは、プラクティショナーの意識(多くは無意識レベルでの)に関係しています。
「私は邪気を受けません」と意図すれば大丈夫になることもありますが
やはり、人の気を潜在的に受けやすい人というのはいて
その人がいくら頭で意図してみても、
無意識レベルで受けることを選択していたら、受けてしまいます。
これに関しては、随分前から感じていたのですが、
キネシオロジーで何人もその問題を調整してきて、よりクリアになってきました。
(この原因はサバイバルプログラムに関連していることが多いです)
ただ、邪気を受けるかもしれない、などという恐れを持っていたら
間違いなく受けてしまうので、私は生徒さんが受けやすい人ではないと感じたら
レイキで邪気を受けるようなことはあまりありません、と
レベル1の段階ではお伝えすることがほとんどです。
でも、それがティーチャーになって人を指導してゆく方なら
それだけではないことも知る必要があるということ。

また、例えば、臼井先生が唱えたレイキの五戒

今日だけは
怒るな
心配すな
感謝して
業をはげめ
人に親切に

私は、最初は伝統レイキのやり方に従って、唱えるように教えていたのですが
様々なヒーリングを行い、潜在意識の働きを知ってからは
この言葉は、むしろ、潜在意識に怒りを溜め込ませてしまうものだと感じるので
現在は、臼井先生はこういうものを創られたということを
ただお伝えするのみにしています。
ヒーリングはそれが生まれた時代背景もあり、
今の時代とは必要なことが違うこともあると感じるのです。
でも、私から学んだおさむは、クラスの中で、発霊法の中で五戒を唱える
というように教えていて、それはそれでいいと私は思っています。

もちろん、自分はこれは必要ないと感じるからといって、
たんにそれを削除するのではなく
一般的にはこう教えられている、他のレイキマスターはこう教えているところもある
ということも含めて、自分の感じ方を伝えていくこと。
これはこうです、という決めつけではなく
ティーチャーは、様々な捉え方や考え方を指し示してゆくことが大切だと感じます。

レイキの捉え方が、レイキマスターによって違うことはよくあって
例えば、麻酔を使う手術の時にレイキを併用してはいけない、とか
抗がん剤とレイキは相反する働きをするから使わない、など
医療におけるレイキの注意点を言われている方もいますが
その逆のことを言われている方もいます。
そういう場合、自分としては、どちらの立場を取るのか、そして、その理由は?
そういった質問に対する答えを
レイキマスターとして求められることもあります。
それらの答えは、単にレイキの知識だけではみえてこないですから
エネルギーのこと、抗がん剤のこと、身体の仕組みのこと
様々なことを知った上で、自分なりの考えを伝え
わからないことはわからないと伝えてゆくことも大切なこと。

そして、一つのところにとどまらず、どんどん広げ、発展させてゆくこと。
そのためには、レイキマスターが
レイキだけをやっていたのでは、限界があると私は思っています。
例え、マトリックスエナジェテイクスが意識の変容のテクニックであっても
それだけで、その人の中のすべてのトラウマや感情を
変容させることができるわけではないように
一つのヒーリング方法で、行き着けるところには限界があります。
(これはそのヒーリング自体に限界があるということではなく
その人にとって、必要なものが、
そのヒーリングだけではない可能性があるということです)
なので、レイキマスターに限らず、ヒーラーやセラピストは
常に自分の意識を広げてゆくことを求められると思います。

さて、私はレイキのレベル2の中で、自己実現、自分の夢や目標を叶えることや、
その方法についてお伝えしてきたのですが
先日、ハートの聖なる空間へ、のクラスを受けてから
これから、さらにそれが発展してゆくことを感じています。
例え、シンボルを使って自分の目標や夢にレイキをしても
それがマインドから導きだされた目標へのレイキだったら
必ず2面性、つまり影の部分も作ってしまうということが、
クリアになってきました。
これについては、またここでお伝えできたらと思います~。

何だか今日は固い内容だったかしら~←根がまじめなものでうっしっし
(ここで書いていることも、一つの次元からの見方でしかないわけですけれどね)






最終更新日  2011年09月16日 16時14分46秒
コメント(4) | コメントを書く
2011年06月26日
カテゴリ:レイキ
 
遠隔レイキのことで、ご質問があったのですが
他にも同じような質問を頂いたことがあったので、
この機会に私が感じていることを書いてみようと思います。

質問の内容は、
「遠隔レイキの際に相手の詳しい住所があった方が
よりエネルギーが届きますか?」というもの。

教えるレイキマスターによって、遠隔のやり方は違いますし
いろんなやり方があるので、どれが正しいというのはないと思っていますが
私自身の正直な実感で言うと、住所のあるなしが遠隔の効果を左右するとは感じていません。

一応、一般的なレイキのクラスでは、住所や生年月日を書いて送るとなっていて
私も、直接知らない方に送る場合は、相手をイメージしにくいこともあって
写真や住所や生年月日を用意するようにお伝えしていますが
よく知っている方に送る場合には、相手をイメージできるわけですし
住所書こうが書くまいが関係ないように感じます。
もちろん、住所があってもいいですから
念のために書いておきたい人は書けばいいと思います。

エネルギーを送るのに住所が必要だというのは、
非常に3次元的な捉え方だなあと思います。
まるで、天に「エネルギー配達人」がいて、
住所が書かれた紙を見て
「これは詳しい住所があるから、ちゃんとエネルギーを届かせてあげよう」
なんてやっているみたいですよねウィンク

実際は、エネルギー配達人がいるわけでなく
私たちが意識でつながれば、エネルギーは一瞬で届きます。

もしエネルギーを送るのに住所が必要だったら、
亡くなった人へのレイキなんていうのも、あり得ないわけですよね。
私たちの意識は、3次元的な時間や空間の制約を越えるので
相手がどこにいようとも関係ないのです。

誰でも、その相手のことをふと思い出した直後に
久々にその人から連絡があった、
なんていうことが起こったことは、一度や2度はあると思います。
意識を向ければ、エネルギーは届くので、そういうことも起こっても
不思議ではありません。

レイキのクラスで、遠隔のやり方を教えておいて何なのですが
本当はやり方なんて、それほど重要ではないように感じます。
例えて言うなら、初めて料理をする時に
手順をきちんと知ってから料理をした方がスムーズにいくから
学ぶのであって、何度もやって慣れてくれば、その手順通りにやらなくても
全体像がわかっているので、問題なくできるというようなことかしら。
どんなことでも、基本的なことを学ぶことは大切ですが
それにとらわれないことも大切なこと。

私が遠隔を送る時に大切にしているのは
住所より何より、送る際の自分の状態。
遠隔レイキにおいて、受け手にどれだけのレイキエネルギーが流れるかどうか?は
受けた人のエネルギーを受け取る力(これはレイキのハンドヒーリングでも同じ)
そして、送り手の状態であり、波動の高さだなあと感じています。
送り手の状態というのは、完全に宇宙にゆだねている状態であるということ。
結局、自分の力なんて、何一つないのですから。
伝統レイキでも、シンボルは最終的には必要なくなると言われているように
レイキのシンボルは、宇宙と共鳴するために自分の波動を高めるためのものですから
最終的には、シンボルを使わなくても、遠隔を送れます。

こういったことは、何度も遠隔やヒーリングセッション重ねてきた結果
今、私が実感していることですが
他の方は別の体験があるでしょうから、それぞれの感じ方があっていいですし
どれが正しいというのはないのではないなあと。

時々、質問として
例えば何か試験の合格へ向けてのエネルギーを送りたい場合
1日前に送った方がいいですか?それとも2週間前から送った方がいいですが
送るタイミングはいつですか?何回送ればいいですか?
などと質問して来られる方がいますが、
それぞれが、自分で感じたままにやればいいことなのです。
祈りに正しいやり方も間違ったやり方もないですから。
自分が感じるままというのが、一番大切なこと。
感じる力がない、イメージできない、創造力がないということが問題であって
それは、意識が頭にあってハートにないということ。
マトリックス エナジェティクスでも、遠隔でも対面であっても
プラクテショナーの「感じるまま」に行うことがすべてで
これが正しいというやり方は、一つもありません。

これも余談なのですが、先日、マトリックスエナジェティクスの
グループ練習会におさむと参加したのですが
その時に、参加者から「テンプレートとモジュールと
ウインドウの関係性がわかりません」
などという質問がありました。

その質問に対して、主催された方がお答えしていたのですが
少し前までは、テンプレートなんて存在してなかったとのこと。
また他のモジュールに対しての説明も、テキストも
以前と今とでは違っていて
リチャード博士は、セミナーを重ねるごとに
マトリックスを進化させているので、説明が毎回変化するとのことでした。
例え、ある一つのヒーリング法の創始者であっても、
宇宙のすべてがわかっているわけではないですし
やっていくにつれて、常に変化していくのは自然なことだと思います。
だからこそ、信頼できるのです。

これは、レイキに限らず何でもだと思うのですが
どんなことでも、こういうやり方が正しいやり方だ、
それに従わないと効果がない
と制限された捉え方をしていると
何一つ、自分自身でクリエイトしてゆくことはできなくなります。
例え、自分が学んだレイキマスターが住所が必要ない、と言ったとしても
自分が住所があった方がいいと感じているならばば、そうやればいいし
どんなことでも、自分であれこれやってみること。
そして、その中から、自分にとっての真実を見つけてゆくことが
大切なことだなあと。

私がはっきりと確信しているのは、
自分が完全に愛の状態であって、その波動を送るのならば、
どんな方法であったとしても、必ず相手に届くということ。

私たちは意識の力は、想像以上にすごい力を持っています。
遠く離れていても、私たちは意識でつながることができるのです。

らぶ☆






最終更新日  2011年06月27日 14時44分06秒
コメント(3) | コメントを書く
2011年02月19日
カテゴリ:レイキ
 
レイキのレベル1のクラスを受けてくださった方から
感想を頂きました~
了承を得たので、シェアさせてくださいね。
ありがとうございます♪

昨日の遠隔レイキすごかったです。
なんと言うか、、、ぶっ飛びました。
とにかく気持ちよかったです。

レイキ習ってから毎日、寝る前自分にレイキしてますが、
いつも気持ちよくて途中で寝てしまいます。
あんまりイライラとかする事も減ったように思います。

こないだはじめて友達にレイキさせてもらいましたが
すっごい気持ちよかった!すぐにでもヒーラーになってほしい
とか言われて超嬉しかったです。
手は前までと変わらないのに不思議です。
これからもどんどんやっていこうと思います。

また近々レイキ2受けに行こうと思ってるんでその時はお願いします。
レイキ習えてハッピーです。
ほんとにどうもありがとうございます。


この方は、クラスを受けたばかりで、遠隔の会に参加されたのですが
その気持ちよさを早速実感されたとのこと。
「ぶっ飛びました」というのが、ほんとよくわかります。
レイキの時間は、常にあれこれと忙しい思考の動きをとめて、
今、この瞬間の感覚だけを感じている時間。

つい先日、久々におさむに肩や腰にレイキをしてもらいながら
眠りにつくという超贅沢な時間があったのですが
このまま天国に行ってしまう~~という至福感でしたハート(手書き)

こうして、クラスを受けてくださった方が、
自分もヒーリングができることに気づき、
レイキの素晴らしさを知ったことの喜びを分かち合えるのは
レイキマスターとして最高の幸せです。

さて、今日はアメリカ人のレイキのレベル1のクラスでした。
クラスは英語で行いましたが、彼女は日本にも住んでいたことがあり
旦那様も日本人だそうで、
こういう方は、日本人慣れしているので、とっても楽。
日本人の英語の発音にも慣れているのですよね~
最後に私に行ってくれた1時間のレイキヒーリングも気持ちよくて
やっぱり私はぶっ飛んでいました。
彼女は
「自分が1時間もヒーリングできるなんて、想像もしていなかったわ~」
と言われていましたが
ほんとクラスを受けたばかりでも
不思議とすぐにできるようになるのですよね。

来週には、アメリカ人のレベル3のクラスが入っています。
アメリカ人と日本人に対しては、若干教える内容を変えていて
アメリカ人の方がよりシンプルな内容にしています。

少し前に、英語のテキストのレベル1と2を改訂したので
それにともなって、レベル3のテキストも改訂する必要があるのですが
まだ、できておらず、果たして来週に終了できるかどうか。
(その割には、こうしてブログをアップしているわけだけれどあっかんべー
特にレイキのレベル3は、
臼井先生の唱えたレイキの真髄を伝えるレベル。
英語で伝えてゆくのは難しい~泣き笑い

英語のテキスト作りって、やっぱり私にとっては大変。
英語のレイキの本をいろいろ読んでみても、
私が伝えたい部分というのは、載っていないので
自分の日本語のテキストを英語に訳しているわけですが
きっと、アメリカ人が読んだら、変な言い回しとかたくさんあるだろうなあと雫
それは、わかってはいるものの、ゆっくり英文を検討している時間もないので、
内容が伝わりさえすればいいか~と適当に作ってしまってわけですが。
(こういうところは、昔からけっこういいかがげんウィンク

今はとにかく目の前にあるものに全力をかけてゆきたいです~






最終更新日  2011年02月20日 15時38分30秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年02月17日
カテゴリ:レイキ
 
今夜は満月です。

今日は、レイキマスターコースでした。
この満月の日にまた素敵なレイキマスターが誕生したことの喜びを
しみじみと噛み締めています。

今日マスターコースを受けられた方は、
レイキも、また他のヒーリングも学ばれていて
ヒーリングの力もその人柄も素晴らしく
また、私の交流会にも毎回参加されて、学んでゆく意欲もすごいですし
以前から
「こんな方がレイキマスターとしてやっていったら本当に多くの方の
助けになるのになあ」
と思っていたのですが
これは何よりも、本人のやりたいという意志が大事ですから
私からはお勧めすることはありませんでした。

でも、この方が、1ヶ月ぐらい前に
IHキネシオロジーのセッションに来られた時に
進路の調整を行ったのですが、
その時に、この方の選んだ魂の目標は
「レイキマスターとしての自信を持ちます」ひらめき

伺ってみると、レイキマスターとしての仕事をやってみたいとは
どこかで思っていたものの
自分にはまだその力はないと思っていたとのこと。
でも、魂は、もうその準備ができていることを知らせてくれたのです。

そうして、レイキマスターとしての自信のための
潜在意識の調整を行い、それから約1ヶ月、
マスターコースを受けるための勉強や準備をしてもらって
晴れて今日のクラスが終了しました。

レイキマスターコースを、終了してから
実際にレイキのクラスを始めるまでには、
自分でテキストを作ったり、伝授の練習をしたり、修了証を準備したりといろいろ大変ですが
その分、自分にとっても大きな学びになります。
これは、どんなことでもそうだと思いますが
自分が知っている、自分ができるということと
人に教えるということとは違うこと。
相手ができるように教えていくためには、
自分自身がより理解していく必要があるので
さらに深い学びになってきますね。

リチャードバックの『イリュージョン』の中から。

『最も学ぶべきこと、それを君は最も上手く教えることができるだろう』


これからきっと、彼女は多くの方にこの素晴らしいレイキを伝えてゆくでしょうし
多くの人をサポートしていくことでしょう。
私もまた彼女の新たなる旅立ちをサポートする機会を
与えてもらって、感謝です♪

さて、来月にはまた新たなレイキマスターが誕生する予定です。

それは、私の夫、おさむウィンク

これまでおさむには、レイキレベル3までは伝授していたのですが
マスターコースは、私はおさむには行わない、と伝えていました。
レイキのマスターコースは、やはり、
それなりの覚悟を持ってやってもらいたいなあと。
マスターコースだけ、料金が高いのは、それだけの料金を払ってでも
やりたいという覚悟のためのものですから。
それを、私から受ければ、甘えが出てくるし
そうなれば、マスターとしての仕事は難しくなります。

ところが、彼は、最近、ティーチャーとしての調整を
IHキネシオロジーで行って、
その後、私がいない場でグループでのサウンドヒーリングを
ガイドし、それから先生としてやってゆく自信も出てきて
レイキマスターの仕事をしたい、と思い始めたとのこと。
それで、マスターコース前の準備や勉強を行うことや
私にクラスの料金も全額支払うことや、
終了後も自分自身でテキストも用意することなど約束し、
かなり覚悟もあるとのことなので、
とうとう来月に彼へのレイキマスターコースを行うことになりました。

彼はエネルギーレベルで言えば、たぶん私以上のものがあるので
伝授自体は問題ないでしょうが、後はクラスの教え方の問題だけ。
それさえ自分である程度、練習したり、学んでゆけば大丈夫でしょう。
最近、私の方が、全く休みが取れない状態になっているので
近い将来、レイキのレベル1、2のクラスは、
基本的におさむに任せるようになるといいなあと。
すべてはベストのタイミングでやってくるのでしょうね。

今夜はこれからもうすぐ遠隔レイキの会です。

どうぞみなさま、素敵な満月の日をお過ごしくださいますように☆

CSC_0267 のコピー.JPG








最終更新日  2011年02月18日 09時43分16秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年01月22日
カテゴリ:レイキ
 
最近は、よくIH キネシオロジーの感想を掲載していますが
今日は、レイキのクラスの感想のご紹介です~
シェアしてくださって、感謝音符

先日は、レイキレベル2のクラス
ありがとうございました。
レベル2のクラスは、楽しかったです。

早速、家に帰ってからレベル1を復習して、
なるべく多く、レイキを生活の中で活用したいと思い
部屋の浄化、観葉植物、ペットたち、料理(食べ物)、
飲み物、シンボルを使ってレイキしています。
シンボルを使う事で、時間も短縮できるし、なにより
家族に怪しまれずに済む事が、とても嬉しい。

自己ヒーリングも、なるべく毎日プラス暇を見つけては
身体のどこかに手を当てています。
先週、ドイツにいる娘が、身体の調子が悪いと言うので
早速、遠隔ヒーリング初体験しました。
その後の連絡はありませんが、きっと、ちゃんと届いたと思います。
なんせ、レイキは、光ファイバー並の早さ(いや、もっと早いかな?)だし、
嬉しいのは、これからは、遠いドイツにいる娘に、実家の両親に、
必要なとき、レイキを送ってヘルプできると思うと何だか安心できます。
あとは、明日ヴァイオリンのコンサートがある
下の娘のヴァイオリンにも、”いつも ありがとう!
もっと素敵な音奏でてね”って,心の中で声かけながら
シンボルをつかって、レイキを送ったり、
いろいろな場面に、楽しみながらレイキを活用しています。
ほんと、レイキに出逢えてよかった。


とってもフレッシュな感想だなあと
私もレイキを学んだばかりの頃を思い出しました晴れ
最初にレベル2でシンボルを学んだ時って
まるで魔法の呪文を知ったかのようで
世界が違って見えたのを覚えています。

この遠隔レイキですが、
人それぞれ感じ方は違います。
ものすごく眠くなったり、重くなったり、ぼ~っとしたり
身体が暖かくなったり、逆に気分がすっきりしたり。
でも、何も感じないと言われる方もけっこういます。
感じなくても、ちゃんと届いているのですけれどね。

動物はハンドヒーリングにも敏感ですが、
遠隔レイキも敏感に感じるようです。
私の遠隔レイキの会では、病気や調子の悪い家族や
ペットの名前も入れてよいことになっているので
時々、ベットのお名前も入っているのですが
先日、猫ちゃんが具合が悪くて、遠隔レイキを受けている方からお話を伺ったら、
毎回、遠隔が始まった途端、その猫ちゃんは、
空中をくるくるとひっかくような喜びの仕草をするのだそうです。
その仕草で彼女は、
「ああ、今、遠隔レイキが始まったのだなあ」とわかるのだそう。
想像するだけで、かわいいなあハート(手書き)

レベル2で学ぶシンボルを、生活のあらゆる場で使えば使うほど
自分自身の波動が上がってきますから
最終的にはシンボルを使わなくても、遠隔もできるようになりますし
浄化もできます。

レイキができる方は、人に対してだけでなく
ペットにも植物にも大切な物たちにも空間にも
どんどんレイキをしてくださいね。






最終更新日  2011年01月24日 08時51分40秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年01月03日
カテゴリ:レイキ
 
今日は今年最初のレイキのクラスでした。

ここ最近、レイキのクラスやヒーリングを行う度に
ああ、やっぱりこれが私の原点だなあ、と感じることがあります。
全てをゆだねて、レイキのアチューメントを行っている時間
静かに自分の中心に戻ってゆくヒーリングの時間
そういった時間が以前にも増して、愛おしく、大切なものに感じられます。

ここ半年の私の仕事は、はるかにキネシオロジーの方が多くなっていて
去年の今頃は、レイキ10に対して、キネシオロジー1、2ぐらいの割合だったのが、
今や、キネシオロジー10に対して、レイキ2か3ぐらいにまでなって
去年の今頃には考えられなかった変化がありました。
これは、キネシオロジーを受けてくださる方が増えたということだけでなく
私自身の様々な変化に伴っていて
例えば「キネシオロジーとレイキ、どちらを受けたらいいですか~」
という質問が時々あるのですが
そういうご質問には
「レイキのクラスではなく、とりあえずセッションだけを考えていらっしゃるのでしたら
キネシオロジーの方がお勧めです」
とお答えすることが多くなりました。

レイキの場合は、やはり、クラス(アチューメント)を受けて、
日々の生活の中で自己を癒し、
自分自身の波動を高めていくところに意味があると私は思っているので
1回だけのセッションとしたら、具体的に何が潜在意識の中の問題なのか
その問題に対して、どうしたらいいのか?がはっきりと出てくる
キネシオロジーの方が、効果がわかりやすく
一回の気づきがとても大きいからです。
(もちろん、違うものなので、けして比較はできないのですが)

それで、去年の後半、一時は
「私はこのままレイキからキネシオロジーの方に移行してゆくのかも」
と思うこともありました。

ですが、このレイキの時間があるからこそ
私の中のバランスが取れているんだなあと。
レイキヒーリングを行う度に、ヒーリングの原点に戻ってゆく感覚があります。

先日、幅広くヒーリング法を学ぶと書きましたが
これが今できるのは、これまで、一つのヒーリング法に
深く関わってきたからなのだということに、あらためて気づきました。
ヒーラーやセラピストにとって
様々な方法を幅広く学んでゆくことも、大切と言えるかもしれませんが
一方で、完全に自分のものだと言えるようなヒーリング法を
一つでも見つけることも大切なのでしょうね。
それがヒーラーやセラピストとしての
自信にもつながりますし、いつでも原点に戻ることができますから。

これはヒーリングの世界に限らず
他の世界でも言えることかもしれません。
先日、ある音楽家の方とお話したのですが
その方は、それまでは、何年もある一つのジャンルを
深く追求されてきたそうですが
去年あたりから、その他のジャンルにも目を向けるようになり
自然と様々な道が開かれてきたとのこと。
おさむも、これまでずっとギターを深く追求してきたからこそ、
今、フルートやドラムなど新たな楽器や音楽を
探求することができているのしょう。

今、自分の原点が何なのか、模索している方もいるでしょうし
また、一つのことを追求しながら
それを深めていっている方もいるでしょうし
また、すでに自分にとっての原点を持ち、
さらに新たな可能性を見つけてゆこうとしている方もいることでしょう。
(もちろん、一旦立ち止まって、しばらくの間
エネルギーを充電してゆく必要がある方もグッド

レイキは私にとってのヒーリングの原点ですが
その原点に辿り着くまでの道のりも、また私にとって必要なものでしたから。
(え~つまりは、何が言いたいかというと、
例え今、どんな道を歩いていてもオッケーという話なんですがウィンク

そして、このレイキの素晴らしさを、今年もまた
いろんな方々に伝えてゆけたらいいなあと思います。

うさぎ のコピー.jpg
今年も新たな冒険の旅に出発しよう~♪







最終更新日  2011年01月04日 12時29分41秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全78件 (78件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.