000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2004/07/30
XML
カテゴリ:ブラジル産
好きなのだけれども、なかなか出会えない水晶があります。
たとえば、スペイン産の青水晶は、
あまり産出しないことから、まだ実物を見たことさえありません。
(ネットでは見たことがありますが……。少ないということと、
きれいな物が少ないために、石屋さんが仕入れないという話もあります)

みかけることは見かけるのだけれども、
これぞというものに出会えない石もあります。
値段のハードルもあるのですが、ロシレム。
正しくは(?)ロシアン・レムリアンという、
ウラルのブルーエンジェル鉱山で産出する水晶です。
欠けていたり、表面がこすれて曇っていたりと、
見かけがちょっと……というのは、
私にとって支障とはならないはずなのですが、
いまだこれぞを言うものには出会えません。

値段はお手頃なのがあり、見かける機会も多い。
写真に撮りたい見どころも多い。
……と三拍子そろっているのに、なぜか数が増えない石。

それがガーデンクォーツです。

水晶の中に緑泥石(クローライト)などの他の鉱物が内包され、
水晶の中に庭園があるように見えることからガーデンクォーツという……
と、そういう説明があちらこちらで見られます。

でも、ちょっと調べようとすると、やおらそこで立ちすくむことになります。

中に入っているのは何だろう?
緑泥石くらいは簡単に出てくるのですが、
実物を見ていると、それだけではないようです。
(緑泥というだけに緑色が多いですが、他の色もあるようです)
ルチルも入っていることがあります(ガーデンルチルとして区別されることもあります)。
たまにパイライトなども入っています。
にぎやかなものだと、そのほかにもごちゃごちゃ入っていますが、
これは何なんでしょう? わかりません。

中の様子もさまざまです。
緑泥がぱらぱら散っているような状態でもガーデンと言われることもあります。
それがファントム状になっていればガーデンファントムです。

個人的にはちょっと庭園(ガーデン)とは言えないんじゃないの? 
と思っているのですが……。

では、緑泥石が固まって入っていればガーデンクォーツかというと、
これもちょっと疑問です。
ヒマラヤ水晶などは、部分的に緑泥石が入っているものをよく見かけますが、
あまり「ガーデン」と言われることはないような気がします。

要するに、中に何かが内包されている水晶のうち、
ヒマラヤ水晶やルチル入りやファントムなど、名称がはっきりしているものを除いた、
「名称未定」の水晶を、適当に「ガーデンクォーツ」という名前でくくっているわけです。

それがどうした、と思われるかもしれませんが、
これはちょっと大変なことです。
なんでもかんでもちょっともこもこしたものが入っていれば
ガーデンクォーツだと言えてしまう反面、
ガーデンクォーツだと見なければ、
ガーデンクォーツではなくなってしまうということです。

少なくとも、私にとっては、ガーデンクォーツとして売られていても、
その中に「庭園」が見えなければその石はガーデンクォーツではなくなってしまうのです。

「庭園」といっても、それは森のように見えるかもしれないし、
「山」のようかもしれません。(ファントムではなく)

自然界に通じるひとつの世界を閉じこめた石。

そんな石は、なかなか手に届くところには現れてくれません。
大きすぎたり、値段が高すぎたり(←実に多い)。

それでもあきらめずに探し続けて、
ひとつの石を見つけました。


↑の左の石です。(ブラジル産)
これは、ガーデンとしていくつも並んでいる中から選び出しました。
……というより、一瞬で「これだ!」とつかみ取りました。

時々聞く、「その石だけが輝いて見えた」というのに
近かったかもしれません。

実は、この石、右上のように横に寝かせた状態で置いてあったのです。
「山や谷がほんとにあるよ」と、感心しきりで手に入れ、
以来、石はずっと寝ころんだまま。
左のように石が立つこと、一応ポイントの形をしているのだと
気が付いたのは、何と最近です(笑)

立てて置いて撮った写真の中で、
石は「深山幽谷」の表情を見せてくれました。
なかなか石の中にピントが合わなかっただけに、
撮れた時の喜びもひとしおです。

ちなみに右下の3つの石は、
縦に並んでいる2つがヒマラヤ水晶(上・インド・クル産、下、ガネーシュヒマール産)
右がブラジル産。
ガーデンぽいかな、と思っているのですが、
「ガーデン」とは言い切れません。
(便宜上「ガーデンです」と説明はしますが)

見る人が認めなければ存在しない石。
それがガーデンクォーツなのだ……と言ったらおかしいでしょうか?






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2007/12/01 12:50:48 AM
コメント(4) | コメントを書く
[ブラジル産] カテゴリの最新記事


PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Comments

フォレスト@ Re:”メタ”からアゼツを考える。(09/28) アゼツライトは水晶にもならないただの石…
スターブラリー@ Re:名前を使う、意味を使う(10/08) この写真に掲載されている水晶は、販売予…
spiranthes@ Re:Vサイン!(11/15) 55度24分のベローダ(Belowda)式双晶かもし…
販売者@ Re:分りやすいです。(09/30) スーパーセブンが、過去くず石だったとい…
通さん@ Re[4]:深紅であるはずの石(12/10) わ!わ!こちらにお返事をありがとうござ…

Recent Posts

Favorite Blog

石ころ館雑記帳 石ころ館店主さん
めいの一日 咲月さん
風の石達、花達、光達 coron2003さん
Rutile Cat The Twin Rutile-Catさん
まーの石と日々の色々 @まー@さん

Freepage List

Profile

KURO−M

KURO−M


© Rakuten Group, Inc.