984612 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

ワインヲタ入門生のチラシの裏

2017年07月12日
XML
前回からの続きです。

  • KIMG2417.JPG

さて、今回はディナーについてです。和らくさんは和食ベース乍ら、フレンチなど洋の要素も取り入れたお料理をご提供くださいます。今回は、この会のために特別にご用意いただきましたお料理5品と甘味を頂きつつ、シャトー・ラグランジュのワイン4種類を頂くことが出来ました。

飲んだワインは以下の通りです。また個別記事にしたいと思います。

1、レ・ザルム・ド・ラグランジュ2015
基本赤を作っているラグランジュですが、一部白ワイン用の畑もあります。なんでも、AOCは名乗れないものの、ラグランジュでは昔からワイナリーでのもてなし用に白を作っていたという歴史があるそうです。フルーティで厚みもある1本でした。

2、ル・オー・メドック・ド・ラグランジュ2013
近年どんどん価格の高騰するボルドーですが、ラグランジュとしてはセカンドまで値上がりしてきている状況を踏まえ、2012年から、より気軽に楽しんでもらえるラグランジュをとこのル・オー・メドックを手がけているそうです。2013は非常に難しい年だったそうで、かなり軽めのワインになっていました。

3、シャトー・ラグランジュ2013
上記オー・メドックだけでなく、サン・ジュリアンも厳しかった2013。流石にトップキュヴェという事で、オー・メドックと比べますと密度や豊潤さを感じられましたが、やはりかなり繊細な印象を受けるワインではありました。ただ、その分、和食ベースのお料理には合わせやすかったかも。

4、シャトー・ラグランジュ2011
4種類目は8月9月に雨こそ降ったものの、2013ほど厳しい年にはならなかったという2011年のラグランジュ。やはり、2013と比べますと色合いから香りからボディ感から一回り違う印象。それでも、ゴツすぎるとか濃すぎるという事は無く、あくまでエレガントなスタイル。

赤3種の飲み比べは興味深かったです。非常に極端なヴィンテージである2013と、2011の味わいの差ははっきりと感じられましたし、その2013同士の飲み比べもまた、トップキュヴェとお手頃レンジの差を如実に感じられました。
2013に関しては、白と比べても度数が低いくらいでしたからね。ただ、その白、思った以上に好印象で、フルーティさの中に厚み、樽の気配が程々に感じられ、食事との相性の幅も広く、ちょっとワイン会で使ってみたいところです。
普段あまり飲まないボルドーですが、こうして改めて飲ませて頂いて、その楽しさを再認識させて頂けました。今回もありがとうございました!

  • KIMG2438.JPG

ここからはお料理です。先付は毛ガニの冷たい茶碗蒸し、甲殻のソースです。毛ガニは石巻産。茶わん蒸しの中にはたっぷり毛ガニが使われており、ソースはその殻を使ったビスクのような濃厚なものでした。茶わん蒸しのプルプル感とよく合います。しっかりした味わいのお料理ですが、これがなんと、レ・ザルムとよく合うのです。

  • KIMG2439.JPG

お椀替わりは鱧の葛打ち、トウモロコシのすり流し添え、柚子、梅肉。鱧はなんと岡山産との事!下津井辺りでしょうか^^鱧の穏やかな味わいに対し、梅肉はまさに定番の、旨みを引き出してくれる組み合わせに。トウモロコシのすり流しは、そのコクや甘味が、ソース的に合わさって面白かったです。柚子の風味がふわっとアクセントにあるのも、暑い夜によかったですね。

  • KIMG2441.JPG

冷菜はカツオの藁焼きサラダ添え、赤タマネギのドレッシングで。カツオは定番の高知産です。藁焼きの香ばしさとカツオの香りのバランスがよく、味もしっかりしていました。カツオの叩きと言いますと、ポン酢や塩が定番ですが、クリーミーさのある赤タマネギのソースとの相性も非常に良かったです。タマネギと合うのは勿論ですが、クリーミーなコクが違和感なくカツオにハマるのは発見でした。ちょっと自宅でのレシピにも生かしたいところ^^

  • KIMG2450.JPG

魚料理はアイナメのポワレ、江戸味噌クリームソースです。アイナメはやはり石巻産との事。パリッとした外側の焼き目と身のふわっと感はまさに「ポワレ」。味噌クリームソースは、塩気やコク、香りで魚を引き立ててくれる感じ。この一皿は、まさにフレンチという印象でしたね。付けあわせの夏野菜も、イカなどを使った一品料理で出せそうな面白いものでした。

  • KIMG2455.JPG

肉料理はイベリコ豚のスモークソテー、醤油を利かせたシャリアピンソースです。イベリコ豚、しかもスモークという事で洋ど真ん中、と思いきや、醤油を使ったソースの味わいが結構和な印象に。魚料理より和食寄りの印象かも。肉はモチモチで噛むほどに旨みと脂が拡がり、そこに醤油の利いたソースの香りと味わいがよく馴染みました。

  • KIMG2457.JPG

甘味はマンゴープリンと小玉スイカとキウイです。このマンゴープリンが、ル・オー・メドックと意外と合ったのは驚きでした!

和と洋の融合という事で、素材の味を感じさせる穏やかな味わい乍らも、メリハリの利いたところは利いているといった印象のお料理で、ワインをしっかり頂けたというのもありますが、しっかり満足感を得られました。また、面白いマリアージュもいくつかありましたので、その辺は個別記事でよりしっかり書ければなと。
かなりの隠れ家なお店ですが、場所はもう覚えましたし^^;、またお邪魔させて頂ければと思います!

  • KIMG2451.JPG

今回のワイン4種です。左からレ・ザルム、ル・オー・メドック、ラグランジュ2011、2013.赤3種の色合いの違い、特に、2011と2013の2種類の差は明らかかなと。

  • KIMG2459.JPG

こちらはボトル。上と同じ順に並んでいます。ル・オー・メドックは、畑の位置が違いますし、下のレンジという事で、エチケットにシャトーのイラストを使っていませんね。

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村






最終更新日  2017年07月12日 23時54分44秒
コメント(0) | コメントを書く
[ワインイベントに参加しました] カテゴリの最新記事

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール


ぱんだしゅりけんさん

岡山在住のワイン好きです。飲むことも食べることも好きです!

フォローする


■ 趣味・関心キーワード
ワイン  グルメ  岡山  徳島  レシピ  ブログ  料理 

カレンダー

日記/記事の投稿

カテゴリ

お気に入りブログ

コメント新着

うさこさん@ Re:鳴門のエルムンドさんをお迎えしてのドイツワイン会をしました!(10/08) 選りすぐられた素敵なワインと料理の数々……
うさこさん@ Re:ニューカレドニア産のハチミツは興味深いです(04/15) 先日は楽しい時間を有り難う御座いました…

フリーページ

ランキング市場

サイド自由欄


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.