000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

こちらは 映画や小説などの感想文(レビュー)です。

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2012.01.07
XML
カテゴリ:お薦めの本
火の鳥(2)
火の鳥 (2) 未来編 (角川文庫) 手塚 治虫作

 私が子どもの頃、子どもが漫画を読むことは、教育上良くない事だとされていました。しかし、手塚治虫の作品、特に火の鳥シリーズは、うるさいPTAも黙認したものです。
 当時、火の鳥の未来編を何度も繰り返し読んだ記憶があります。その壮大なスケールに引き込まれたのでしょう。物語りの始まりが西暦3404年、それだけでも驚いたものですが、人間の進化のお話だと思っていたら、それ以上のスケールだったことに感動したものです。
 35年ぶりに読んでみました。ここ数年、生命について考えているからです。「何のために生きているのか」「この人生で何をすべきか」そして「死の恐怖を払拭すること」そのヒントが、火の鳥シリーズには描かれています。

横尾けいすけ Yokoo Keisuke
mail to keisuke450@gmail.com







お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2012.01.07 07:36:26
コメント(3) | コメントを書く


PR

サイド自由欄

s262609_185459404964715_882752542_n.JPG

フリーページ

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索


© Rakuten Group, Inc.