【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

フリーページ

2007年05月05日
XML
4日の日記で「善き人のためのソナタ」のラストにおけるヴィースラー
の態度について書いた。
今、思い返せば、「白バラの祈り-ゾフィー・ショル、最期の日々」の
主人公ゾフィーにもこれと同じことが言える。
圧倒的な国家権力に対して、全くの無力な存在ともみえるゾフィーは
モーア尋問官の巧みな誘導にも堂々として、むしろ、彼をたじろがせる。
そして裁判所長官ローラント・フライスラーの狂気の裁判にも全く
屈することなく堂々としている。
観客にはモーアやフライスラーが何と卑小な存在に見えることか。
それは彼らが立っているのが国家権力に拠ることしかないからで
あろう。それに対してゾフィーが立っているのは自己である。

ヴィースラーとゾフィーの二人から学ぶことは実に多い






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2007年05月06日 09時22分26秒
コメント(0) | コメントを書く


PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール

哲0701

哲0701

日記/記事の投稿

コメント新着

 リボン@ Re:原田芳雄と深作欣二は、何故、本格的にタッグを組まなかったのか?(07/25) 原田芳雄さんはヤクザ映画は嫌いだったみ…
 国民洗脳から目を覚ませ!@ Re:メンフィスに行く日本人(07/02) 馬鹿メディアである、テレビ、新聞、週刊…
 背番号のないエース0829@ まず、木村拓哉 「マスカレード・ナイト」に、上記の内容…
 王島将春@ Re:「ディア・ハンター」はお嫌い?(11/06) はじめまして。福井市在住の王島将春(お…
 http://buycialisky.com/@ Re:映画しりとり遊びをやってみた!(03/15) mix cialis and viagraviagra cialis levi…

お気に入りブログ

たつ年ですから:龍… New! 天地 はるなさん

息つく間 New! k-nanaさん

絵本71 「森が海をつ… New! みらい0614さん

SNOWDEN スノーデン… ポンボさん

2270. 春の兆し カズ姫1さん


© Rakuten Group, Inc.