941464 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

続々・絨毯屋へようこそ トルコの絨毯屋のお仕事記

PR

Profile


mihri-kilim

Calendar

Category

Recent Posts

Keyword Search

▼キーワード検索

December 2, 2021
XML
カテゴリ:トルコの手工芸
イーネオヤがシルク糸で作られていた時代が終わったきっかけは、1970年代にナイロンのボビン糸が市販、流通されるようになったことでした。



それまでのシルク糸は基本的に自分で蚕を育て繭から糸を引き、紡ぎ、染色してこそ、使えたのです。
手間もかかり面倒な作業。
そこに色数も豊富で面倒のないナイロン糸が売られるようになったのです。
女性たちが飛びつかないわけはありませんよね。
そしてトゥーオヤ全盛の時代に突入したわけです。
それは同時にイーネオヤ衰退の理由でもありました。



その頃にシルク糸が手に入りにくくなったことは確かですが、まだ刺繍などにシルク糸が使われることもあり、多少の需要はあったので糸メーカーの一部がシルク糸を生産して販売していました。

特にシルク関連の工場があったブルサではシルク糸を生産していたメーカーもあり、それがどんな形で店頭で販売されていたのか、わかる資料となる在庫品が残されていたのです。



写真のものは実はコットン糸ですが、シルク糸も同様の形式で20色ほどあります。
店頭で売り出される形で箱ごとに同じ色が入っています。
同じ色だけあっても困るし、どうせなら箱ごとコレクションしたいですよね・・・!?

…といわけで、色をミックスさせたらお披露目、販売したいと思っています。
このメーカーは40年ほど前に廃業した糸専門の会社で、この箱入り糸たちは20世紀半ばの頃のもの。

気になる方もいらっしゃると思います。また実際に使用していただけるもので、当時のシルク糸でイーネオヤや刺繍をしてみたいと思われる方もいるかと想像します。
どうぞ、わくわくドキドキしながら下にあるリンクのショッピングサイトに掲載されるのをお待ちくださいね。

------------------------------------------------------------------
YouTubeに「ikumi nonaka」チャンネルを開設しました。
トルコの伝統手工芸、食文化、生活、牧畜などをご紹介していきます。
新着のお知らせがいくように、チャンネル登録をぜひお願いします❤

ikumi nonaka チャンネル

------------------------------------------------------------------

ミフリのショッピングサイトはコチラ↓
20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


その他・全般ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  December 2, 2021 05:39:48 PM
[トルコの手工芸] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.