000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

こちらは 映画や小説などの感想文(レビュー)です。

2015.03.25
XML
カテゴリ:レビュー 感想

ショーシャンクの空に
ショーシャンクの空に [DVD]
出演 ティム・ロビンス モーガン・フリーマン
監督 フランク・ダラボン


例えばですが、あなたが終身刑の判決を受けて、一生、刑務所の暮らしになるとします。
例えばの話ですが・・・。
終身刑なわけですから、何をどうしようと日々をどう生きようと、死ぬまで塀の外に出る事は出来ない、だから幸福は得られないと感じてしまうかもしれません。
今さら、希望を持っても空しいだけだと思い込むかもしれません。

ショーシャンク刑務所の多くの受刑者たちは、そういう風に思って何十年も暮らしています。
しかし、この映画の主人公であるアンディーは、不幸という天災に負けることなく、長い月日を掛けて夢を成したのです。

世の中には、娑婆(しゃば)であるのもかかわらず、夢も希望も無いと思っている人が居ます。
才能が無いからとか、資金が無いからとか、学が無いからとか、生まれがとか女だからとか年寄りだからとか、障害が肌の色が出身が性格が親が・・・。

しかし、アンディーは気付いたのです。
自分の環境を悪くしているのは「自分の思い方」だということに。
どんな時でも、状況は選択できるのです。
そして、思いは成る ということを この映画から気づきたいのです。

大切な あなたが 幸せでありますように。
横尾けいすけ


ブログランキングに参加しています。
よろしければ クリックして下さい。

にほんブログ村 映画ブログへ
ありがとうございます !!






最終更新日  2015.03.29 17:04:13
コメント(0) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


PR

サイド自由欄

s262609_185459404964715_882752542_n.JPG

フリーページ

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.