069496 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

天才、成功する育児・子育て、ハシレ、コンフィーベビー

PR

X

全133件 (133件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 14 >

2009/06/20
XML
カテゴリ:育児、子育て
サイトをようやく開始しました。
http://giftedjapanese.com/
ギフティッドについて正しい知識を持てば、子供を育てるうえで子供を理解しやすくなるし、また子育ての指南、指針になるのではと思います。

すでにギフティッドの情報をお持ちの方、ぜひサイトに情報提供してください。
ギフティッドの子供は、どんなことでも優れている子供、特定の分野だけ優れている子供、アスペルガー、注意欠陥障害(ADD、ADHD)、失読症などの学習障害を併せ持っている子供などさまざまです。

自分の子供と絆を深める上で、よりギフティッドの子供たちを理解する情報提供したいと思っています。






Last updated  2009/06/20 05:42:15 PM


2008/10/22
カテゴリ:育児、子育て
ベビースリング、アタッチメント育児のブロガー募集しています。
1歳以下のお子さんをお持ちで、これからブログを書いて見たい方、すでに書いていて、宣伝したい方、ぜひご応募ください。

コンフィーベビー(月間100万人の訪問者があります。)では、赤ちゃんと絆を結ぶために役立つコミュニケーション方法として、布おむつ、EC(早期トイレトレーニング、おむつなし育児)、ベビースリング、ベビーサイン、ベビーマッサージ、アタッチメント育児を紹介しています。


コミュニティブログ新着より
ECブログ:トイレトレに焦りは禁物

3歳になったゆうたです。
2歳の夏におむつを卒業しました。
・・・といっても
「卒業」というのは本人の気持ちのことかしら?
「もうボクおむつは履かない!」と宣言したのが2歳の夏という意味で
完璧にトイレでできるようになったという意味では
あり…


ベビーマッサージブログ:うちの子寝る子


今回は、ベビービクスに行った時の話をしたいと思います。
ベビービクスは(ベビーマッサージもですが)毎回30数人のお母さんと赤ちゃんが集結します。泣く子、きょろきょろする子、色々です。この前行った時は珍しくおりひめは泣いてしまいました。どうもうつぶ…


布おむつブログ:おむつはずし

先日の「敏感な赤ちゃんは生まれつき?」に関連して、上の娘のおむつはずしのお話です。ここにはECに関するブログもあって、私も勉強がてら読ませていただいてますが、娘のおむつはずしはある意味失敗例かもしれません。ECのように先を見据えて何もしてこなかったう…

不定期ですが、新着ブログをこのブログでもお届けしています。






Last updated  2008/10/22 12:50:21 PM
2008/10/10
カテゴリ:育児、子育て
布おむつ、ベビースリング、ベビーサイン、ベビーマッサージ、EC、アタッチメント育児のライター大募集。(もちろん、未経験でOK)
育児者、または関連した職業の方、興味がある方ぜひ、ご応募ください。

1. コンフィーベビーブロガー募集

パパ大歓迎!コミュニティーブログでは、ベビースリングまたは、アタッチメント育児に関するブログを書いてくださる方を募集。
契約期間は6ヶ月。あなたのお子さんとの経験、体験を共有・情報提供しませんか?薄謝アリ。

ブログは、携帯から、メールでも投稿が可能。楽天なみに簡単とはいいませんが、ブログなど書いたことがなくても大丈夫。メールぐらいしか書けない・・・なんて方でもOKですよ。

条件は、

a. 1週間に1回は、更新できる方

b. 現在12ヶ月才未満のお子様をお持ちか、またはこれらの講師など
関連した職業についている方

方法は

ブログカテゴリー名、本名、お子さんの年齢を書いてメールをください。

メルアドはinfoアットcomfybaby.com (アットを@に変えてください。)
または、お問い合わせよりお願いします。

2.関連記事、関連商品レビューの投稿者募集

すでに布おむつ、ベビースリング、ベビーサイン、ベビーマッサージ、EC(早期トイレトレーニング)、アタッチメント育児に関するブログをすでに書いている、または、関連したサイトを運営されている方、無料で当サイトにて宣伝しませんか?

サイトは持っていないけれど、関連した記事を投稿されたい方、ライター志望、ライターの方、ぜひ、関連記事、商品レビューの投稿をしてみませんか?

薄謝進呈

方法は

メールに、本名、あればURLを書いて送信審査後48時間以内にIDとパスワードをメールでお知らせします。(サイトがない方は、記事を直接送ってください。すでにサイトに掲載している内容でもOKです)

ご自身で布おむつ、ベビースリング、ベビーサイン、ベビーマッサージ、
EC(早期トイレトレーニング)、アタッチメント育児に関する記事を投稿。
(もしくは、代行で投稿します。)

記事にURLをリンクしたり、著者について宣伝したり、

自由に後から編集もできますよ。

メルアドはinfoアットcomfybaby.com (アットを@に変えてください。)
または、お問い合わせよりお願いします。






Last updated  2008/10/11 03:57:35 AM
2008/09/19
カテゴリ:育児、子育て
現在サイトをリニューアル中です。

1. コンフィーベビーブロガー募集(10月開始)

コミュニティーブログではベビースリング、
ベビーマッサージのブログを書いてくださる方を募集。

契約期間は6ヶ月。あなたのお子さんとの経験、

体験を共有・情報提供しませんか?薄謝アリ。

ブログは、現在のブログからスタイルが少し変わります。

また、投稿される方は携帯からも投稿できるようになります。

ブログなど書いたことがなくても大丈夫。使い方はとてもカンタンで、

メールぐらいしか書けない・・・なんて方でもOKですよ。

条件は、

a. 1週間に1回は、更新できる方

b. 現在1歳以下のお子さんをお持ちか、またはこれらの講師など
関連した職業についている方

2.関連記事の投稿、商品レビューライター募集


布おむつ、ベビースリング、ベビーサイン、ベビーマッサージ、EC

(早期トイレトレーニング)、アタッチメント育児に関する

記事を投稿されたい方を募集しています。記事内容により、薄謝アリ。

すでに他のサイトやブログで掲載したものでも結構です。

方法は

問い合わせフォームよりご自身のサイトURL、名前を書いて

送信。48時間以内に審査後、IDとパスワードをメールでお知らせします。

ご自身で布おむつ、ベビースリング、ベビーサイン、ベビーマッサージ、

EC(早期トイレトレーニング)、アタッチメント育児に関する記事を投稿。

(すでにサイトに掲載している内容でもOKです。)

記事にURLをリンクしたり、著者について宣伝したり、

自由に後から編集もできますよ。

もちろん、ブロガーさんがライターとして記事の投稿もできます!

お問い合わせは、info アット comfybaby.com までお願いします。
(アットを@に変更してください。)






Last updated  2008/09/19 06:56:32 PM
2008/08/21
カテゴリ:育児、子育て
息子の睡眠時間が短くなってきました。

5歳で9時間。

娘、1才4ヶ月は11時間+お昼寝が2時間。
でも、お昼寝は30分なんて恐ろしいことも・・・。

寝る子は育つといいますから、

ちょっと彼らは不足しているかもしれません。

寝れないとハイパーになって、手に負えないこともしばしば。

「寝ない・泣き止まない」娘にはとても気を使い、睡眠スケジュールをきちんとこなし、かつホメオパシーリメディーを飲ませています。

でも、特に睡眠問題がなかった息子は放ったらかし。

9時間なんて短すぎる・・・と思っていると、

旅行帰りの今日は、さすがに昼寝をしていました。

そうやってバランスをとっているのだと思います。

あなたのお子さんは、一日何時間寝ますか?

大人でも最低8時間は、寝ないといけないようです。

今日の私は3時間。カフェインの取りすぎは要注意です。






Last updated  2008/08/21 05:54:52 PM
カテゴリ:ビジネス
それは、<font >日本語で書かれたブログです。


知ってました?

英語ではようやくワードプレスが携帯対応になったぐらいで。

ということは、ビジネスをしている人はブログマーケティングがいかに重要かわかりますね。(こういうサイトがあります。http://blog-marketing.jp/)

アメリカではまだまだEmailマーケティング(メルマガ)が、一番利益率の高い効果のある手法みたいですが。






Last updated  2008/08/21 05:43:47 PM
2008/08/08
カテゴリ:育児、子育て
私は母親を10歳のときに亡くした。

いまでも覚えているのだけれど、

冬に北海道に家族で旅行に行き、京都に戻ってから

母親が具合が悪くなり入院した。

私は6歳で、母は28歳かな。

写真を整理しないと、と眺めていて、

北海道旅行の家族写真を見つけ、他の写真とともに

次の日息子(5歳)に「これが私のママ、あなたのおばあちゃんよ」

と言ったら涙が出てきた。

このあと何を言ったか覚えていないのだけれど、

息子も涙ぐんでいた。

常日頃はクソガキの息子でも、

こういう息子を見ると、

ちゃんとココロが育っていることがわかって安心する。

どんなに頭がよくても、人の心の痛みのわからない

人間にはなってほしくない。

道徳がわかる人になってほしい。







Last updated  2008/08/08 01:05:55 PM
2008/07/01
カテゴリ:過去ブログ
布おむつを販売する、ということから始まって私の人生は思いもよらぬ方向へ行っています。

現在の私の目標は小児心理学について、博士号を取ること(自慢ではありませんが大学は出ていませんから先の長い話です。でも、おばあさんでアメリカの有名大学で医学博士号を取得した人をテレビで見て以来、自分でもできると信じています・・・。なので、まあ100歳までには・・・。)

そして、最近つとに思うのが日本においてギフティッドの子供のための学校の設立です。

現在そのような学校はあるのかな?とグーグルで検索してみたら、下記の学校?が出てきました。
http://www.team-gifted.org
でも、これはどうやら学習障害があってギフティッドの子供のための、留学システムなようです。

そして、次にギフティッドで調べます。そうすると、なんだか日本の方々はギフティッドを「障害者」だと勘違いされているような・・・???

何がどうしてgifted=障害者、障害のある人間

になってしまっているのかわかりません。

gifted(ギフティッド)の子供は、確かに注意欠陥障害があったり、失語症があったり、さまざまな障害がある子供もいます。

でも、だからイコールギフティッドではありません。


ギフティッドの中には、そういう障害を持っている子供もいる。そうでない子供もいます。

あなたは、タイガー・ウッズやヤンキースの松井選手(誕生日に満塁本塁打なんて・・・信じられないですよ・・・)をどう呼びますか?

私たちが天才と呼んだりする人は、たいてい「特別」ではないでしょうか?

だから、もしあなたがギフティッドをどうしても訳したいなら「特別な」とでもしたらどうですか?

そうすれば、gifted child (ギフティッドの子供)は、「特別な子供」です。

私は翻訳家でもないし、教養もありませんから偉そうなことはいえませんが、日本のサイトを見ていると、ギフティッドに関して何か誤解して受け止めているような気がして、ちょっと爆発してみました。

多少なりとも英語がわかるのであれば、または子供のためになんとか情報を得たいのであれば、このサイトで左から2番目のメニューArticle Libraryを参考にしてください。http://www.gt-cybersource.org/
検索したい単語を入れれば記事が出てきます。(ADHDなど。)

また、そういった障害を持っていてギフティッドの子供をtwice exceptional childrenといいます。(日本語で言えば「特例の子供」「特別な上に特別な子供」)http://www.gt-cybersource.org/Record.aspx?NavID=2_0&rid=11330

アスペルガーでギフティッドについては
http://www.gt-cybersource.org/Record.aspx?NavID=2_0&rid=11381

失語症(ディズレクシアなど)でギフティッドについては
http://www.gt-cybersource.org/Record.aspx?NavID=2_0&rid=14140

ADHDなどは多いので、ADHDで検索してみてください。

日本語で学校がないというのは、事実かもしれませんが、個人的には七田眞博士がされている、七田教育は日本のギフティッドスクールだと思いますよ。でも、間違っても、「七田チャイルドアカデミーに入ればイコール、ギフティッドになれる、天才になれる」と思わないでくださいね。

見ないで言葉で伝えるのって、本当に難しいです。









Last updated  2008/07/01 01:51:29 PM
カテゴリ:育児、子育て
天才が天才になれる理由

1.自力
2.自力+他力
3.他力

当たり前ですが、答えは2ですね。
1でもかなりいい線にいくとは思うんですが。

ギフティッドの子供について学んでいくうちにわかったのですが、やはりどんなに才能がある子供でも、正しく導かれないと生かされない、ということです。

たとえば、Aさん。Aさんのお父さんは大手メーカーの管理職で、出張も多く家にあまりいません。でも、お母さんは専業主婦でAさんを育てます。東京生まれのAさんは、お母さんの導きで有名大学付属私立幼稚園に入学。温和で教養もあるお母さんですが、Aさんが小さいころから夢中になっていたイマジネーションプレイは理解ができず、中学生になってドラマ(お芝居)を本格的に勉強したいと主張し始めてからは、親子間に溝ができるようになりました。

Aさんは、高校生になってからも夢があきらめられず、親に内緒でオーディションを受けて合格をしますが、両親に猛反対をされてしまいます。その後Aさんは、エスカレーターであがってきた私立大学に入学。運悪くAさんを心底理解する人はあらわれず、Aさんはどんどん精神的に追い詰められていきます。

こういう話聞いたことありませんか?
(ワタシ、ワタシ、と思った人もいるでしょう・・・。)

ギフティッドの子供と言うのは、年々増えていると思うんですよ。

だって、親自体が50年前とは違うわけです。

でも、その子供を理解する情報というのが不足していると思います。

そして、正しく認識されずに病名を与えられ、薬を投与されたら?

心身ともに廃人になってしまうのではないでしょうか。

天才が天才になれるのは、親や周りの人間のサポートがあってこそだと思います。

「落ち着きがない」「変わっている」「字がろくにかけない」など、学習障害を持っている場合などは特にその才能に気づかないことが多いのです。

私は関西人です。(京都人です。)大きなことを言うのが大好き。

自分の子供は「イチバン」だし「天才」だと信じているからこそ、息子の落ち着きのなさよりも、本当は類まれな集中力を持っていて、類まれな絵の才能に固執した結果、ギフティッドという、言葉を知るにいたりました。

なので、やっぱり子供の才能を伸ばしてあげる、一番最初のサポートは親であると私は思うのでした。

でも、上記のような障害を持っているから必ずしもギフティッドであるとは限りませんので・・・(本当に脳に障害がある場合もあるでしょうし。)これについては別途書きます。











Last updated  2008/07/01 01:03:12 PM
カテゴリ:育児、子育て
先日、ギフティッドのセミナーに参加してきました。(でも、どんなお子さんのご両親にでも知ってほしい・・・。)

これは、自分の子供への理解を深めるためと、今後の教育の指針になればという願いからでした。

ベーシックな講義のあとに、興味のある講義が受けられたので「ストレス:ギフティッドのためのコーピング方法」に参加しました。

ギフティッドは特に、そうでない子供でもやはり学校や友人、親からのプレッシャーなどでストレスがたまりがちな昨今。

そのストレス解消の一つとして、本読みというのがあげられたのには驚きました。

リラクゼーションといえば、やっぱりヨガやエクササイズが一番だと思うのですが、本を一緒に読んで、キャラクターについて話し合ったり、ストーリーについて話し合ったりするそうです。

絵本を子供に読んで絆を深めるだけでなく、ストレス解消ができるなんて不思議ですね。

でも、この話し合いをしているときに、口論してはいけないですよ。「その解釈は間違っている!」とか・・・。

あくまで、自分のお子さんがどのようにとらえたかを知ることが大切なようです。







Last updated  2008/07/01 12:19:24 PM

全133件 (133件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 14 >


© Rakuten Group, Inc.