650927 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

一語楽天・美は乱調の蟻

全622件 (622件中 11-20件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 ... 63 >

カテゴリ未分類

2020.12.27
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
筒美京平ベスト5(その3)

迷いに迷って、平山三紀(現在は、平山みき)を第3位に持ってくることにした。彼女のどの曲をというのではなく、筒美京平がその声に惚れ、彼女の為にはだれにも負けないいい曲を作る、と人に言っていた「平山三紀」とのコラボに対して敬意を表したい。もちろん作詞家の橋本淳もコラボの一人として入れるべきだと思う。

1970年前半に筒美・橋本 … [続きを読む >>]





最終更新日  2020.12.27 09:40:59
コメント(0) | コメントを書く


2020.12.22
カテゴリ:カテゴリ未分類
作品の良し悪しとはなんだろう。京平さんは作曲家・編曲家なのだから、そこを重視して選ばなきゃ意味がないんじゃないか、と漠然と思っていたが、いざ実際に選ぶとなると、他の要素を切り捨てることは僕のような素人にとってはほぼ不可能だと分かった。歌詞との重なり具合、歌手の声質や歌い方、加えて自分の好き嫌いなどが意識しようがしまいが介入してくる。

たとえば、先 … [続きを読む >>]





最終更新日  2020.12.22 09:36:48
コメント(0) | コメントを書く
2020.12.18
カテゴリ:カテゴリ未分類
10月7日に作曲家・筒美京平さんが亡くなった。京平さんとは長い付き合いで(もちろんリスナーとしての一方通行の付き合い)、はじまりはビレッジ・シンガーズの「バラ色の雲」(1967年)、オックスの「ガール・フレンド」や「スワンの涙」(1968年)などのグループサウンズのものだった。日本の歌謡曲に60、70年代の洋楽を取り入れた京平さんのメロディは、折衷文化で育った団 … [続きを読む >>]





最終更新日  2020.12.18 06:09:10
コメント(2) | コメントを書く
2020.10.22
カテゴリ:カテゴリ未分類
アメリカでの超過死亡とCOVID-19の関連についてCDCのレポートが出ているので、要約してみる。( CDCのレポートのリンク)

「超過死亡(excess death)」とは、歴史的平均に基づく死亡者数に比べて何らかの事情(現在の文脈ではCOVID-19の影響)で死亡者数が増加した度合いを表す数値。どのように算出するか、その方法については本稿の最後にまとめる。

レポートを発表し … [続きを読む >>]





最終更新日  2020.10.22 20:42:41
コメント(0) | コメントを書く
2020.07.28
カテゴリ:カテゴリ未分類
前回、他者をモノと見る例をいくつか見た。そこで共通していたのは、他者がその全体性・個別性・独立性を失って捉えられていることだった。今回は、どうして人間の心がそういう方向に向かってしまうのか、考えてみたい。

まず注目したいのは、心あるいは意識が自分の外にある対象を捉える時、それは対象そのものではなく対象の像だということ。対象が人間である場合、その内 … [続きを読む >>]





最終更新日  2020.07.28 06:04:38
コメント(2) | コメントを書く
2020.07.22
カテゴリ:カテゴリ未分類
その人と僕はただのテニス友達だったが、二人は仕事帰りのシングルスで死闘を演じた後、時に車の中で話し込むこともあり、ある時その人が「男の人は、女をobjectifyするのよね」と、腹立たしそうに呟いた、ことが記憶に残っている。文脈はまるで覚えていないが、男女関係の一つの問題点に不平を唱えていたのだった。

Objectifyという言葉、対象化するとか客体として捉える、 … [続きを読む >>]





最終更新日  2020.07.27 05:59:21
コメント(2) | コメントを書く
2020.07.11
カテゴリ:カテゴリ未分類
アメリカ時間7月9日、米最高裁(Supreme Court of the United State, 略してSCOTUS)が、トランプ氏(一部は彼の家族の財務情報も含む)の財務情報開示に関して二つの重要な判断を下した。

たとえ大統領であろうと財務情報開示を拒否することはできないとする、一つは民主党多数の議会そしてもう一つは連邦地検ニューヨーク郡の検事たちの要求に対して、裁判という手段で抵 … [続きを読む >>]





最終更新日  2020.07.11 05:34:54
コメント(0) | コメントを書く
2020.06.09
カテゴリ:カテゴリ未分類
Black Lives Matter運動はアメリカの社会問題だと思っていたら、この2日ほどで世界中に広がっているようだ。ニュースで見る限り、参加者の多くは20代から30代の若者、多様な人種から構成されている。なぜ突然世界中に広がったのか、よくわからない。たとえば、アジアの国々で人種差別の軋轢が社会問題になっているとは思えないのだが・・・。

運動のグローバル化の原因はさ … [続きを読む >>]





最終更新日  2020.06.09 05:26:28
コメント(9) | コメントを書く
2020.05.31
カテゴリ:カテゴリ未分類
「凡人」とは、自分も含めて、世界の80から90パーセントがそうではないかと想像する普通の人間のことである。何が限界かというと、知見の狭さ、それに伴って幅広く物事を受け入れ比較判断する姿勢・能力に欠けることだ。

僕自身の場合でいうと、本を読んだりビデオで話・講演を聴いたりすることでしか世界について知ることができないし、言語は日本語とせいぜい英語に限られ … [続きを読む >>]





最終更新日  2020.05.31 06:11:12
コメント(0) | コメントを書く
2020.05.16
カテゴリ:カテゴリ未分類
戦争映画でよく描かれる行動倫理、戦友が傷を負った時にはできるだけ見捨ててはならない。アメリカのプロスポーツで、チーム・メイトが相手チームに傷つけられたら(たとえば、野球の死球やバスケのハード・ファウル)、そのチーム・メイトを守る、これも同じものだ。同胞は守らなければならない、という行動倫理は、多分古代の共同体を維持するために築きあげられた規範で、そ … [続きを読む >>]





最終更新日  2020.05.16 17:26:40
コメント(6) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全622件 (622件中 11-20件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 ... 63 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.