494481 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

一語楽天・美は乱調の蟻

全581件 (581件中 11-20件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 ... 59 >

カテゴリ未分類

2018.12.25
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
「近代の超克」と名付けられた会議が、戦前・戦中期にあったことは漠然と知っていた。その会議で何が語られどうしてこの会議のことが、あるいは「近代の超克」という概念が、そんなに否定的に言及されるのか、についてははっきり知らなかった。批判的な例を一つ上げよう。当時「思想戦」を呼号していた一層粗暴な軍国主義者たち(文壇の中にも少なからずいた)の活動にたいして … [続きを読む >>]





最終更新日  2018.12.25 14:11:59
コメント(0) | コメントを書く
2018.12.11
カテゴリ:カテゴリ未分類
トランプが違法行為を犯したことはほぼ間違いないとして、現職大統領を起訴できるかどうかについては、法曹界では必ずしも全面的に合意していない。確かに、司法省(Department of Justice、DOJ)のOffice of Legal Counsel(法務局?)は過去二度、この件に関して見解を出している。最初は1973年9月、ウォーターゲート問題のさなか、二度目は2000年10月、クリントン大統領の虚 … [続きを読む >>]





最終更新日  2018.12.11 14:45:57
コメント(0) | コメントを書く
2018.12.09
カテゴリ:カテゴリ未分類
ここのところ特別検察官モラーの動きが活発だ。前司法長官が罷免され(辞任に追い込まれたんだったか?)、代理に任命された非常にトランプに近いマシュー・ウィテカーが特別検察官の妨害をしてくるのが予想される、特に最終報告書を提出した際にもみ消す(公開しない)可能性もあるため、今のうちに知り得た情報を、裁判所への文書を通じてできるだけ流しておこうという作戦か … [続きを読む >>]





最終更新日  2018.12.09 05:05:09
コメント(0) | コメントを書く
2018.12.01
カテゴリ:カテゴリ未分類
どこで買ったのかよく覚えてない、多分岐阜市に行った時に立ち寄った古本屋の徒然舎か鯨書房かのどちらかだと思う。徒然舎の店員さんには、近くにある手頃な食堂も教えてもらったので、そこで手に入れたということにしておこう。広松渉の「<近代の超克>論」(講談社学術文庫、1989年)という文庫本で、以来もう二ヶ月ほど経ったが、結構難解なのでいまだにあちこち読み返して … [続きを読む >>]





最終更新日  2018.12.01 17:19:36
コメント(4) | コメントを書く
2018.11.26
カテゴリ:カテゴリ未分類
NHKスペシャルの「ゴーン・ショック逮捕の舞台裏で何が」で、「不正」という言葉が何度も使われていたが、どこの部分が不正なのか、よくわからなかった。ゴーン氏の役員報酬を実際より大きく下回った額で記載した、つまり有価証券報告書虚偽記載が不正だと主張するのなら、実際にどの額を役員報酬として損金処理していたのかを証明する必要があるのでは?番組ではそこが明確で … [続きを読む >>]





最終更新日  2018.11.26 15:33:23
コメント(2) | コメントを書く
2018.09.23
カテゴリ:カテゴリ未分類
オーギュスト・コントの唱導した「実証主義」は、もとのフランス語ではpositivisme(英positivism)とある。日常使われるpositiveはnegativeの反意語で、陰に対する陽、負に対する正、あるいはポジティブ思考などと使われる時の肯定的、積極的という意味が普通だ。それがどうして実証的という訳になったのか、この点を知りたくてネットをあれこれ探したが、どうにも決定打が見 … [続きを読む >>]





最終更新日  2018.09.24 05:25:50
コメント(2) | コメントを書く
2018.09.09
カテゴリ:カテゴリ未分類
セリーナ・ウィリアムズあるいは大坂なおみ、どちらの選手を応援するにせよ、これでは納得がいかないな。全米オープン女子単決勝は、審判が勝負に影響するという後味の悪いシナリオになってしまった。負けた方は、まだチャンスがあったのにモメンタムを削がれたという思いが残るだろうし、勝った方も、実力で勝利したという達成感が満タンにならないんじゃないだろうか。主審の … [続きを読む >>]





最終更新日  2018.09.09 18:31:00
コメント(2) | コメントを書く
2018.08.26
カテゴリ:カテゴリ未分類
去年の7月にオバマケアのskinny repealがトランプと共和党指導層の企みで可決されそうになった時に、病床から急遽駆け付けたジョン・マケインが決定的な一票を投じてオバマケアを一時的に救った(「オバマケアの命運」)。あれから1年、ヒーローは逝ってしまった。トランプと彼に阿る共和党議員たちによってずたずたに分断されてしまったアメリカに、今一番必要なのはマケイン … [続きを読む >>]





最終更新日  2018.08.26 15:01:49
コメント(2) | コメントを書く
2018.08.13
カテゴリ:カテゴリ未分類
Science Fridayのポッドキャスト(8月10日)に、ビートルズのIn My Lifeは誰が作ったか?というエピソードがあった。(ポッドキャストの頁)作曲者はジョンなのかポールなのか、確率統計の手法を使って推定したとかで、ビートルズ・ファンの一人としては聴き逃せない。

In My Lifeは、1965年発売のアルバムRubber Soul(日本では1966年発売)に収録されていたバラードで、オ … [続きを読む >>]





最終更新日  2018.08.13 12:42:06
コメント(0) | コメントを書く
2018.08.02
カテゴリ:カテゴリ未分類
「Collusionは犯罪ではない」というトランプ氏の自己弁護がニュースで頻りに取り上げられている。共謀、通謀、談合などがcollusionの訳語で、一般的には悪事を企んだり実行する時に使われる。もちろん文脈によっては罪になる。一番身近な例では、共謀して物品価格や入札価格を設定したら独占禁止法に触れる罪になる。要は共謀の内容が問題だ。もしも外国政府がアメリカの選挙の … [続きを読む >>]





最終更新日  2018.08.02 15:17:50
コメント(4) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全581件 (581件中 11-20件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 ... 59 >

PR

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

cozycoach@ Re[1]:音物語、イエスのラウンドアバウト(06/24) JAWS49さんへ 読んでいただき感謝です。 …
JAWS49@ Re:音物語、イエスのラウンドアバウト(06/24) さすが!! 音楽ができる人の洞察の深さって…
cozycoach@ Re[1]:専門書のリストラ(06/01) JAWS49さんへ 海女損ね、なんのことかと…
JAWS49@ Re:専門書のリストラ(06/01) 読書人ならではの奇譚ですね。 偽善者の最…
cozycoach@ Re[1]:古文読解(06/09) alex99さんへ 外国語に比べて日本の古文…

バックナンバー

日記/記事の投稿


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.