516531 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

一語楽天・美は乱調の蟻

全586件 (586件中 11-20件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 ... 59 >

カテゴリ未分類

2019.04.19
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
特別検察官ロバート・モラー(Robert Mueller)の報告書は、3月22日に司法長官に提出され、3月24日には司法長官ウィリアム・バー(William Barr)が自身の要約を発表し、大統領に対する疑いは証明されなかったとした。つまり嫌疑は晴れたと主張したのだ。司法長官バーは、ほぼ間違いなく政治的な任命なので(つまり、トランプ氏を守るために選ばれた)、彼の要約が必ずしもモラ … [続きを読む >>]





最終更新日  2019.04.19 17:34:49
コメント(0) | コメントを書く
2019.03.23
カテゴリ:カテゴリ未分類
1930年代から40年代の初め頃、<近代の超克>というムードが一部で拡散して、雑誌「文学界」と「中央公論」で、文芸評論家や学者たちが座談会を開いた。「文学界」の座談会については連載2.で概観した。今度は、「中央公論」の座談会を、というより、座談会に参加した京都学派の思想を、座談会ばかりでなく他の論文も参照しながら見てみよう。

こちらの座談会に参加したの … [続きを読む >>]





最終更新日  2019.03.24 11:38:48
コメント(0) | コメントを書く
2019.03.06
カテゴリ:カテゴリ未分類
「文学界」の「近代の超克」座談会について書いてから三か月近くたってしまった。根っからの怠け癖に老いが追い重なって旅の足取りも儘ならくなったものか。それでも頭の中では、もう一つの「近代の超克」座談会のことを、時折考えていた。もう一つのとは、雑誌「中央公論」誌上で行われた京都学派4人の「世界史的立場と日本」座談会のことで、「文学界」のそれが大人数に過ぎ … [続きを読む >>]





最終更新日  2019.03.07 11:11:44
コメント(4) | コメントを書く
2019.01.27
カテゴリ:カテゴリ未分類
前回書いたように、カレーニョ・ブスタは対錦織戦第5セットのスーパー・タイブレークで自滅した。審判の判定に納得がいかずその怒りと無念さに囚われてしまったからだろうと思う。カレーニョ・ブスタに限らず多くのスポーツ選手が陥る感情の罠だ。感情が昂揚すれば火事場の馬鹿力のような普段は出ないような力も出ることは確かだが、怒りや失望などの負の感情に囚われれば、歯 … [続きを読む >>]





最終更新日  2019.03.23 12:57:39
コメント(2) | コメントを書く
2019.01.22
カテゴリ:カテゴリ未分類
パブロ・カレーニョ・ブスタは真面目で穏やかな人柄を持ち、マッケンローやズベレフとは違う品格の人である。その彼が試合後主審と握手もせずに自分のテニスバッグを2メートルほど投げ飛ばしテニスコートを怒涛のごとく立ち去ったのは、それなりの理由があった。

準々決勝進出をかけた対錦織戦、第23シードのパブロは格上相手に押し気味で試合を進めた、2セットを先取、第3 … [続きを読む >>]





最終更新日  2019.01.22 17:37:37
コメント(4) | コメントを書く
2018.12.25
カテゴリ:カテゴリ未分類
「近代の超克」と名付けられた会議が、戦前・戦中期にあったことは漠然と知っていた。その会議で何が語られどうしてこの会議のことが、あるいは「近代の超克」という概念が、そんなに否定的に言及されるのか、についてははっきり知らなかった。批判的な例を一つ上げよう。当時「思想戦」を呼号していた一層粗暴な軍国主義者たち(文壇の中にも少なからずいた)の活動にたいして … [続きを読む >>]





最終更新日  2018.12.25 14:11:59
コメント(0) | コメントを書く
2018.12.11
カテゴリ:カテゴリ未分類
トランプが違法行為を犯したことはほぼ間違いないとして、現職大統領を起訴できるかどうかについては、法曹界では必ずしも全面的に合意していない。確かに、司法省(Department of Justice、DOJ)のOffice of Legal Counsel(法務局?)は過去二度、この件に関して見解を出している。最初は1973年9月、ウォーターゲート問題のさなか、二度目は2000年10月、クリントン大統領の虚 … [続きを読む >>]





最終更新日  2018.12.11 14:45:57
コメント(0) | コメントを書く
2018.12.09
カテゴリ:カテゴリ未分類
ここのところ特別検察官モラーの動きが活発だ。前司法長官が罷免され(辞任に追い込まれたんだったか?)、代理に任命された非常にトランプに近いマシュー・ウィテカーが特別検察官の妨害をしてくるのが予想される、特に最終報告書を提出した際にもみ消す(公開しない)可能性もあるため、今のうちに知り得た情報を、裁判所への文書を通じてできるだけ流しておこうという作戦か … [続きを読む >>]





最終更新日  2018.12.09 05:05:09
コメント(0) | コメントを書く
2018.12.01
カテゴリ:カテゴリ未分類
どこで買ったのかよく覚えてない、多分岐阜市に行った時に立ち寄った古本屋の徒然舎か鯨書房かのどちらかだと思う。徒然舎の店員さんには、近くにある手頃な食堂も教えてもらったので、そこで手に入れたということにしておこう。広松渉の「<近代の超克>論」(講談社学術文庫、1989年)という文庫本で、以来もう二ヶ月ほど経ったが、結構難解なのでいまだにあちこち読み返して … [続きを読む >>]





最終更新日  2018.12.01 17:19:36
コメント(4) | コメントを書く
2018.11.26
カテゴリ:カテゴリ未分類
NHKスペシャルの「ゴーン・ショック逮捕の舞台裏で何が」で、「不正」という言葉が何度も使われていたが、どこの部分が不正なのか、よくわからなかった。ゴーン氏の役員報酬を実際より大きく下回った額で記載した、つまり有価証券報告書虚偽記載が不正だと主張するのなら、実際にどの額を役員報酬として損金処理していたのかを証明する必要があるのでは?番組ではそこが明確で … [続きを読む >>]





最終更新日  2018.11.26 15:33:23
コメント(2) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全586件 (586件中 11-20件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 ... 59 >

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

cozycoach@ Re[1]:☆(10/11) tom☆さんへ 「或意味優れていて」、そう…
tom☆@ Re:☆ なんでしょうか・・その人の功績とかを評…
cozycoach@ Re:家庭教師は微妙☆(09/11) tom☆さんへ 思うに、生徒の将来の為になる…
cozycoach@ Re:家庭教師は微妙☆(09/11) tom☆さんへ そうなんですか、モチベーショ…
tom☆@ 家庭教師は微妙☆ モチベーションを上げてくれるなら【異性…

フリーページ

日記/記事の投稿


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.