000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

 ケヤキの木の下で            岐阜/愛知 自然素材でZEH READYの家

PR

Category

Calendar

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

2018年05月02日
XML
カテゴリ:インテリア

大野町の家 拭き漆の床


おはようございます、
紙太材木店の田原です。

20年ほど前まで2x4の家でも和室+床の間+仏間がワンセットというのが
当たり前でしたが最近は旧来の床の間を作る家がほとんどありません。
実際その和室や床の間が物置状態というケースも多くあります。

生活様式が変わってきたというのもありますが
使用目的のはっきりしないスペースにお金はかけられないということのようです。

ただ、何かを飾りたいスペースには需要があります。
それは従来の床の間(床柱まである)といったものではなく
簡単なコーナーやちょっとした境界を設けるもので
それは床の種類を変えたり、段差を付けたりということで表されます。
飾るのは
花や絵あるいはちょっとした置物かもしれません。
それはお子さんが書いたり作ったりしたものでもいいでしょう
掛け軸も雰囲気に合えばOKかも
ピクチャーレールを付ければもっと見栄えが良くなりますし
照明の工夫もすれば楽しくなります。

こんな絵を友人のfbで見かけました
設計の仕事をしていて以前建てた家を訪問した時のこと

6歳と3歳のお子さん達の絵と一緒に飾ってあったそうです。



友人「あのフクロウもかわいいですねぇ」


住まい手​「あれはピカソです」


友人「・・・・・」


穴があったら入りたかったそうです。


こんな楽しい落とし穴も作れるかもしれませんから
家の中に何かを飾るところは作りたいですね。






Last updated  2018年05月02日 07時21分25秒
コメント(0) | コメントを書く
[インテリア] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.