2147092 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

からだと宇宙とヒーリングと

PR

楽天プロフィール

バックナンバー

カテゴリ

カレンダー

コメント新着

norico1@ Yoichiroさん コメント残してくださって、ありがとうご…
Yoichiro@ Re:キネシオロジーの感想から  シリウスと女性性(08/12) シリウスが強く出てしまっているいまの私…
norico1@ Akikoさん そうなんです、そうなんです! 宇宙人云々…
norico1@ あやこさん はい、それが1番のテーマですね! どこか…
Akiko@ Re:最近のセッションのあれこれ(08/07) norico1さんへ セロトニンの他には有害物…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

全30件 (30件中 1-10件目)

1 2 3 >

リトリート&ワークショップ

2017年06月27日
XML

今回の初級クラスを受けた中で、茜ちゃんが

ブログに、この初級クラスのことをアップしてくれましたので、ご紹介します~。


多次元キネシが終わって

http://www.akaneyuki.com/?p=683


何を学びに?多次元キネシ?

http://www.akaneyuki.com/?p=685


激しすぎる特訓 多次元キネシ

http://www.akaneyuki.com/?p=707



彼女は、マチルダのIHのクラスを受けて、本間キネシもロスで受けていて

さらに去年、私の上級クラスも受けてくれて

彼女自身、ピーチタッチというクラスを教えているぐらいなので

正直なところ、彼女がこの初級クラスに申し込まれて来た時には

私のマインドに「彼女にとって、改めてこの初級で学ぶ必要があるかしら?」

という考えがよぎりました。


それで、彼女とセッションをやっていたおさむに

相談してみると

「のりこは全くわかってないな~、これはIHとは違うのだし

学ぶことは、たくさんあるよ」と言ったこともあって

「そうか、何か少しでも学びがあったらいいよね」

と納得したわけです。


そして、クラスの中で見ていると、彼女にたくさんの気づきと学びが

起こっているのがわかって

「なるほど~。以前にIHの上級クラスを受けられた方たちも

この初級で、さらに気づきや学びが深まるのだなあ」と

いうことに、今回改めて気づいたのでした。

こうして、彼女がブログにアップしてくれたことで

さらにそれを感じることができました。


さて、この彼女のブログにあった

3日目に起こったハプニングについて、どういうことが起こったか

もう少し補足しつつ、お話してみようかと。


この日は、経絡クラスで14筋の取り方をマスターする日で

タッチフォーヘルス形式のやり方で、筋反射を取る練習だったので

通常はそんなに深い問題や要因は出てきませんから

それぞれ軽いテーマでセッションを行っていました。


でも、とても敏感な体質というか、エンパス体質が強かった方の中で

お一人、Tさんという方が、クラスが終わってから具合が悪くなってしまったわけです。

どんなエネルギーであっても、人によって感じ方は違うものですが

例えば、ある人にとっては、特に何も感じれないぐらいのものであっても

敏感な人にとっては、とても辛いエネルギーとなり得ます。

特にTさんは、そういったエネルギーを繊細に身体が察知し

身体の不調として出てきてしまう方だったのですが

こういう敏感体質は、必ずしもマイナスな面だけではないわけで

もしそれに対して対応することさえできれば

自分自身の解放とともに、他の人たちの

そういったエネルギーを解放することができるようになるのです。


さて、この日、Tさんが具合が悪くなったことで、クラスが終わってみんなが帰ったあと

あかねちゃんが、急遽、Tさんにセッションを行うことになりました。

「あかねちゃんがやって~」と私が言ったのは

もちろん、彼女ならやれるだろうと思ったからでしたが

予想以上に、このセッションは、私にとっても大切な経験となりました。


私は二人を見守りながら、少し離れたところで、自己筋反射を取っていたので

そこで何が起こっているのかは、Tさんの身体に触らなくても

ほとんど感じることができました。

できるだけ口を挟まないようにしようと思っていたのですが

実際、あかねちゃんは、かなり的確に情報を上げているのがわかりました。


例えば「ああ、これは呪いだな」と私が密かに筋反射で確認していると

あかねちゃんが「あ、エッセンスが必要と出た。

のりこさん、ロックスプリングください」

と言い、そのしばらくして「今度はストーンサークルください」と

私に必要なエッセンスを伝えてきます。


ちなみにこの場合の呪いというのは、一般的な意味での呪いとは違って

松果体ブロッキングを起こす次元的なエネルギーのことです。

(もうちょっとどうにかした言葉はないものか、と思うのですが泣き笑い )

今回のクラスでは、こういう松果体ブロッキングに対応することができる

エッセンスのリストを参加者のみなさんにお渡ししていたのですが

そのリストの中にあったアラスカンの環境エッセンスの中で

ロックスプリングとストーンサークルは、呪い系の松果体ブロッキングに

効果的なものなのです。

そして、そのことは、まだこの時、クラスのみんなには

伝えていなかったのですが、あかねちゃんは、ドンピシャの

エッセンスを筋反射で選んでいたのでした。


またある時は

「あ~これはオリオン系のエネルギーが出てきたな~」

と筋反射で確認しながら見守っていたのですが

あかねちゃんは「あ、ツーポイントが出た」とい言いつつ

次元を数えて、11次元と12次元にアクセスしていました。

オリオンが11次元や12次元の存在である、などということは

私はクラスの中で伝えていなかったし、あかねちゃんも

この時までは、知る由はなかったわけです。

というより、今、オリオン系のエネルギーにアクセスしていることさえ

知らなかったのに、ちゃんとその次元にアクセスしていたわけです。

また金星のエネルギーが出てきた時にも、彼女は金星にアクセスしているとは知らずに

金星の次元である14次元にアクセスしていて

「おぉ、これはすごい🎵」と、私は心ひそかに感動していました、


一方、あかねちゃん自身もエンパス体質なので

セッションが進むにつれて、彼女自身の体力も落ちてきたため

そう言ったエネルギーの影響を受けて

だんだん、意識が朦朧としてきて

そういう時には、私が

『~~を見て、~~を見て(筋反射で反応があるかどうか、確かめてみてという意味で)」

と指示を出していました。


後から、おさむに「これはヒーリング版、スポ根だね」と言われましたが

確かに、まるで「コーチ、もう立てません」とフラフラになっているプレーヤーに

「まだまだ、もう一度、これを見て!」

と指示する鬼コーチみたいだわ~ショック と、後からおかしくなったわけですが

あかねちゃんは、意識朦朧としながらも、私の指示に答えて

自分に受けたエネルギーを解除しつつ、セッションを続けました。

いや、本当は、ヒーリングでそんな風に頑張る必要はないし

もしも彼女が「私にはこれ以上、できません〜」となっていたとしても

それはそれで、一つのプロセスなので問題はなかったわけですが

あの時のあかねちゃんは、そうしなかったのも

きっとそれが必要だったからなのでしょう。

 

こうして2時間が経った頃、かなりエネルギーの解放が進み、私の筋反射で

「もうこれ以上はやらない」と反応がありました。


Tさんは、最初よりは、かなり楽になっていて

グラグラ回る感じがなくなったと言われていました。

でも、あと少し、何かが残っているのは筋反射で取らなくても

見ていてわかったのですが

これ以上はできないと反応があったこともあって

ひと段落したし、夜も遅くなってきたので

お二人を家にお帰したわけです。


次の日の朝、Tさんのセッションをやってみると

やはりまだエネルギーは残っていましたが、このエネルギーをあかねちゃんが

解放することができなかったのは

初級クラスで学ぶ技術や道具だけでは、調整できない種類のものだったからでした。

アーキュトニックの惑星音叉を使って、ある技術を使えば、簡単に外せるもので

実際、Tさんにやったのは、クラス前の3、40分の軽いセッションでしたが

すぐに解放されて良くなったのですが

その技術を知らないで外すのは、例え、私にとっても難しいタイプの

エネルギーだったのでした。

あかねちゃんはあの日、彼女が持っている技術や

使える道具の中で、最大限にワークしていたなあと感じます。


クライアントさんの身体はスーパーコンピューターですから

セラピストがどこまで調整できるのか、その日、どんな道具が使えるのかなど

あらゆることを、セラピストがクライアントの腕に触れた途端

一瞬にして理解し、そのセラピストが解放できる分だけのエネルギーを

伝えてきます。


初級クラスで難しいなあと感じるのは、みんなの前で行うデモセッションの時に

初級の人もできるテクニックや道具だけを使って

デモセッションを行う必要があるので

もし、デモの中で、クライアントさんの身体から

そういう特殊な道具や技術を使わなければ、解放が難しいタイプの

エネルギーが上がってきた場合

苦戦してしまうわけです。

(今回もデモセッションの中で、一つだけそういうエネルギーがあったのですが)


こうして、二人のセッションを見守っていて

私自身もいろんな気づきを頂きました。


多分、あかねちゃんは、Tさんにヒーリングしたというより

みんなで一緒に戦った仲間、みたいな感覚になったのではないかなあと。 

少なくとも私自身はそう感じていました。

すべての答えを持っているのは、Tさんの身体。

そして、その答えと叡智にメインでアクセスするのは、あかねちゃん

そして、サブのサポートとして私。、

そして、私の後ろには、お一人、祈るように、事の成り行きを

見守っていた参加者もいて

この4人のエネルギーが交差しつつ、一つになった感じで

こんな感覚は、これまでにはなかったものでした。


例えば、一人のクライアントさんに何人かのキネシオロジストが

ワ-クした場合、人それぞれによってあげてくる情報は

当然違ってきます。

でも、ある意識レベルになり、情報がある程度、共有されていれば

同じ情報をあげてくる、というのが、これまで私がやってきた中で

感じていたことでした。


例えば、日本から来られたクライアントさんで、前日におさむのセッションを

受けていて、私がおさむから何もそのセッションについて聞いてなくても

同じ情報をあげることはよくあります。

それも、多くの人が持っているような要因ではなくて

特殊な情報であっても

「それ、昨日、まったく同じことをおさむさんに言われました」

みたいなことはよくあるし、また逆に私が先にセッションを行って

その内容を何も言わなくても、あとで話しを聞いてみると

おさむが同じところにアクセスしていた、ということもありました。

おさむの場合は、普段から私といろんな話ををしているので

それも自然とも言えますが、これまで特に話しをしていたわけではなく

また特に詳しい情報も知らなかった あかねちゃんが

こうして同じ情報をあげているという経験は

私にとっては、これからの新たなキネシやクラスの方向性もあり得るなあと。


また今回のことは、Tさんにとっても、必要なプロセスになったのではないかなあと。

Tさんは、今回はたまたまセッションの受け手となりましたが

多分、これから多くの人を解放していく力を秘めた方であることは

クラスの中で見ていて、よくわかっていたし

だからこそ、今回こういうことが起こったとも言えるのですよね。

彼女に限らず、自らがそういう痛みや辛さを体験することで

力を伸ばして行くヒーラーやセラピストを、これまで何人も見てきました。

私自身も、ハワイでのクンダリーニ症候群の直後は

このTさん以上の敏感体質になって、一時期、人が近寄っただけで

(特におさむに対してだったけどあっかんべー )

具合が悪くなっていたのですが、でもそのおかげで

その時期を超えた後は、これまでは上げることがなかった種類のエネルギーに

気づいたり、またそれに対して、前よりずっと楽にアクセスできるようになったわけです。

もちろん、それに対応できるようになるまで、しばらくの時期は

辛かったですが、今となっては、すべてが必要なプロセスだとわかります。

Tさんは、そういうポテンシャルが大きい方なのだなあと。

 

この初級クラスは、初めてキネシを学ぶ人対象ですが

例え、初めてでも、私自身の意識が広がりとともに

クラスを受ける人たちの意識も広がっている感じがあるので

回を重ねるごとに、ディープになっていくように感じています。


ということで、ぜひニューヨーク在住の方は

ちょっと激しいあかねちゃんのセッション、受けてみてくださいね。

(え?激しいのは私?あっかんべー )


確かに、あかねちゃんがブログに書いてくれたように

私自身はストイックにヒーリングをやり続けてきたわけではなくて

楽しくて好奇心でやっていたら、ここまで来ちゃった、感じですが

できなかったからこそ、どうやったらできるのか

試行錯誤するのが楽しいし

わからないからこそ、楽しいのだなあと。


まさに今も

「もしこういうことが、できたらいいなあ~」と思うようなことがあるのですが

それに対して、どうやったらできるのか、あれこれと研究している最中なのです。

もしそれが可能になったなら、10月の長野での初級クラスは

ディープでありながらも

参加者のみんなが、もっと楽に筋反射が取れるようになるよね?と

おさむと昨日、話していて、ワクワクしました。

というより、今回は参加者10人なので、なんとか対応できた感じですが

ここまでディープなワークになると

日本での20人の参加者にお伝えするためには

さらに何らかの対策が必要だろうなあと。

もちろん、たとえどうなったとしても

すべて最終的には、よかったなあとなることはわかっているのですけどね。


それにしてもおさむが

「このワークは、ヒーリングという言い方はふさわしくないよね」と言うのですが

確かに、ヒーリング、癒し、いうと

ほんわか~とした緩い感じのイメージだなあと。

 

いえ、もちろん、例えばインナーチャイルドのワークなど

もらい泣きをしてしまうような、ほんわかした気持ちで行うプロセスも

あるのですが、 この多次元キネシ、ハードな部分もあるし

特に「傷ついている」わけではないことに対して

魂レベルでの変容を促してゆくものでもあるので 

癒しという言葉だけでは、 語れないなあと。

 

「ヒーラー(ヒーリングを行う人)ではなくて

トランスフォーマー(変容を起こす人)っていうのはどう?」

とおさむが言っていましたが

確かに私はヒーラーというイメージではないので

それもいいかもなあと。

(トランスフォーマーだったら、激しくてもあり?ウィンク )

  

これからまたどういう方向に向かっていくのか

1年後には、一体、どうなっているのか

未知なる世界は楽しすぎますハート(手書き) 







最終更新日  2017年06月28日 01時39分19秒
コメント(3) | コメントを書く
2017年06月23日

昨日、ニューヨークでの初級クラスが終了しました・


楽しかった~ハート(手書き)


今回は、カナダやロスやオレゴンなど、ニューヨーク以外の場所からの参加者も

4人ほどいましたが、クラスの参加者は、みんな打ち解けていて

終始、暖かなムードの中で行うことができました。

 

DSC02504 (2).jpg

 

DSC02512 (1).jpg 

 

今回の参加者の中で、去年、IHヒーリングプラクテショナー向けの上級クラスも

受けてくださった方が一人、この初級クラスに参加してくれたのですが

彼女が「いろんな学びになりました、むしろ去年の上級クラスよりディープだったかも」

と言ってくれたのですが

確かに、今回の初級クラスは、これまでのクラスより

レベルアップした感じです。


これまでのクラスでもそうだったのですが、初めの2日間は

ほぼ全員、気分が落ちたとのことで

「私は筋反射には向いてないのかも」とか

「思っていた以上に難しくて、自分が何をやっているかよくわからない」とか

中には、自分だけができていないような気持ちになって

もう今すぐ帰りたい気持ちになる方もいたのですが

3日目になると、14筋の分かりやすい筋反射ということもあって

少し気分も軽くなり、ちょっと楽しくなってきて

そして、4日目になると、2日目には全くわからなかった

ブロッキングが起こっている時と起こっていない時の違いが

何となくわかるようになったり

「あ、この感覚なのかな?」みたいなものができてきて

5日目の総合実践の時には、試行錯誤しながらも、一つのフルセッションを

それぞれがクリエイトしていて

このたった5日間の間に、たくさんの学びや気づきが

参加者の方々に起こっているのを感じることができました。


クラスの最後の日の皆さんからの感想の時に

『最初の2日間は苦しかったけど、それからは楽しくなりました」

「クラスの間、ワクワクしていて、魂が喜んでいるのがわかりました」

「本当に参加してよかったです」

「これからこのツールをどんどん使ってヒーリングしてゆきたいです」と

喜びの声を聞かせてくださって、あ~本当によかったなあと。


今回も参加者10名ともに、エンパス体質で

特に数名は、同じ部屋にいるだけでも、人からのエネルギーの影響を

もろに受けてしまう状態でした。

私のクラスは、エンパス対応キネシオロジークラスというか

今まで、他のキネシオロジーやヒーリングのクラスを受けてこられて

それを実践しようとしても、エンパスのために、人のエネルギーをすぐに受けてしまって

意識が朦朧としてきたり、苦しくなったりしてしまうような方たちが

セッションの中で、どう対応していくか?にかなり重点を置いているので

クラスが進むにつれて、筋反射で確認することで、自分がいつエネルギーを受けたのか、とか

この時にどう対応するかで、自分の感覚が大きく変わることが実感できたり

なるほど、こういうことだったのね、ということが

だんだんわかってくるわけです。


そして、今回のクラスは、キネシオロジーを行うときに

松果体ブロッキングがどのくらいの人たちに起きているのか?

ということを確認するということが、私にとっての大切なポイントだったのですが

二人一組の実践の間、それぞれのテーブルを回ってみてわかったのは

このクラスの参加者の10人中、10人が松果体ブロッキングを

起こしやすいということでした。


でも、いくら松果体ブロッキング遺伝を持っていても

ペアになる相手によっては、全くブロッキングが起こらず

割とスムーズに筋反射が取れているケースもあり

それは、それぞれの持っている宇宙系遺伝の種類

例えば、シリウス系松果体ブロッキングなのか、金星系なのか

はたまたオリオン系なのか、などということによって違うわけですね。


ということで、今回のクラスで、初めて

松果体ブロッキングが起きた時の対象法について

いくつかお伝えをしたわけですが

これまでの初級クラスを受けられた方たちは、そのあたりはやっていないので

中級クラスでも、補習することになりそうです。


もちろん、筋反射を行うときに、ブロッキングが起きる要因は

松果体ブロッキングだけではなく、様々な要因があり

例えば「ヒーリングをする前にこの部屋を浄化する必要がある」時も

また「今やっているテーマではなく別のことを見ることが必要」な時にも

また「セラピスト自身が、今すぐ何らかの浄化をすることが必要」な時も

クライアントさんの身体はブロッキングを起こすことで、それを伝えてくるわけで

その要因はその時々によって違うわけです。


私のクラスでは「ブロッキングの要因リスト」がテキストに組み込まれているのですが

今回クラスの参加者の中で

「ブロッキングが起きて、クライアントさんの身体が何も反応しなくなっても

このブロッキングの要因リストには、ちゃんと身体は反応することがわかって、安心しました」

と言われていましたが、全くその通りで

身体は、セラピストに伝えたいことがあるから

ブロッキングを起こしているわけですから

その要因さえセラピストが認識すれば

ほとんどのブロッキングはすぐに解除できるのです。

筋反射は、いかに身体からの声を聞き分けるか?というところなので

それを読み解いていくことが、まさに筋反射の面白さだなあと。


でも、すぐに結果がわからないとダメな人や

言われた通りにやるのはできても、その時々で対応する力が弱い人や

概念形成が弱くて、すぐに混乱してしまう人にとっては

ただ、ブロッキングを起こして、身体がお知らせしているだけのことであっても

「私は筋反射に向いてないのかも」などということになってしまうわけですね。


また、生まれて初めて、筋反射を取るのに、最初は上手くできなくて当たり前ですが

自己価値が低い人は、二人一組のセッションの時に

筋反射がうまく取れないと、相手に申し訳ない、などと思ったり

焦ったりするわけです。

そのあたりのそれぞれの自分の問題を感じてもらうためにも

最初の2日間は、ちょっとハードなプログラムにしているというのもあるので

そういう意味では、私にとっては、予想通りのプロセスでもあったのですが

この2日間は、そう言ったものを含めて、参加者の方々が持っている

様々な重いエネルギーが上がってくるため

私とおさむにとっても、毎回のようにちょっとハードだなあと思うわけです。

でも、5日間すべてが終わってしまえば

やっぱりこれでベストだったな~と感じられるのですよね。

 

それぞれの人生にとって、いろんな場面で

最も信頼できる相談相手となる筋反射という天からのギフトを

一人でも多くの方がマスター出来るように

これからもクラスを続けてゆきたいなあと思います。

 

そうそう、どんなことが起こったとしても、後から振り返れば

すべて笑い話になるものですが

このクラスの間にもいろんなことがありました。

最終日に、参加者の一人が、その人の家にあったアフリカのお面を浄化したい

ということで、ここに持ってこられたのですが

みんなにそのエネルギーが影響しないように

おさむに別室で、一人でそれを浄化してもらうことにしました。

 

で、まだ途中までやっている時に、おさむが

こちらの部屋にやってくると、ゾンビ化して、ものすごい形相になっていて

「あ〜完全にやられたな〜」と聞いてみたら

すごい呪いや恨みのエネルギーが、お面から上ってきたのだそう。 

参加者は、エネルギーに敏感な人ばかりだったので

おさむが近くに寄っただけで、気分が悪くなったり

頭が痛くなったりとそのエネルギーの影響を受けてしまって

その後の浄化が必要となる人もいました。

それからしばらく、おさむはみんなと離れて

キッチンで自己浄化の調整をやって

なんとか回復することができたわけです。

人形やお面やアンティークの物などに、いかにエネルギーがこもっているか

をみんなに実感してもらうにはいい体験だったかも。

 

ということで、最終日、クラスが終わった後で

参加者の方々と一緒にギリシャ料理のレストランで打ち上げしました。

クラスの間は、禁酒していたので

久々のサントリーニ白ワインが最高に美味しかった~ワイングラス

 

さて、明日からまた通常のセッションのスタート。

ハワイから戻ってから、ずっと研究をやっていたので

他のことはほとんど何もできなかったのですが 

7月は少しスローダウンして

ニューヨークの夏を楽しもうと思います〜。晴れ

 







最終更新日  2017年06月24日 12時42分11秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年05月05日

さて、今日は日本で行う予定の「多次元キネシオロジー」のクラスのご案内です。

 

このクラスは、去年にキネシオロジー初級クラスとしてスタートしたのですが 

クラスの名前をつけて欲しいと言われたので、とりあえず、多次元キネシオロジーにしましたウィンク

今回は、初級だけではなく、これまで私の初級クラスを受けた方対象の中級クラスも行います。 


今年も10月に東京でクラスを予定していたのですが

 今回は、もっと自然の中や、広々とした環境の良いところでやりたい、と思っていたところ

先日、長野の「水輪」というところを紹介してくださった方がいて

ウェブを見たところ、素晴らしい場所と環境でしたので

この長野の美しい自然の中で、滞在型のクラスを行うことに決めました。

初級クラス5日間、中級クラス5日間です。


こちらが、そのウェブサイトです。

http://www.suirin.com


1日2食、完全な無農薬の食材を使ったお料理が出され

近くには温泉もあるそうです。

また、この敷地内には、何とドランヴァロが日本に来日した時に作ったストーンサークルや

ダマヌールの螺旋などもあるそうで、楽しみです。


お部屋は二人一部屋になりますが、個室をご希望の方は

1泊4500~6500円の個室料金を追加すれば大丈夫とのことです

(個室希望者が多い場合は、足りなくなるかもしれません)


さて、初級クラスの内容は、去年のクラスのプログラムを若干

修正しましたが、内容はほぼ同じです。


1)自己ヒーリングの筋反射、他の人への筋反射の取り方

   

   このクラスの中では、自己筋反射の他は、3種類の筋反射の取り方を学びますが

   基本的には、私が普段やっている筋反射のやり方をやって頂くことになります。

   この筋反射は、通常の筋反射とは違って、クライアントさんが眠ってしまっても

   取れるもので、また子供やお年寄りなど、腕を保っていられない人たちに対しても

   行うことができます。

   また通常の筋反射では抵抗が起こって取れないような深いレベルの問題に

   アクセスすることができます。

   

2)キネシオロジーの基礎的な知識

   キネシオロジーで何ができるのか、できないのか?

   どういった仕組みになっているのか?

   食べ物や薬、化粧品などが自分にとって(または家族や友人にとって)

   どれぐらい合っているか、または有害なものになっているか、どれを選んだらいいのか?

   またパワーストーンなどが、どれくらい自分にとってパワーがあるかなどの調べ方

   

   初日の前半にネシオロジーの基礎を学びます。

   これを知るだけでも、これからの日々の生活の中で

   様々な場面に活用することができます。


3)身体からの情報や問題の上げ方

   身体のどこに問題があるのか?なぜ気分が晴れないのか?

   自分の中のどんな信念がこの問題につながっているのか?など

   今、自分が抱えている問題が何かを調べていく方法を学びます。

   私が作成したオリジナルのスキャンリストを使って

   頭で質問を考えずに、身体からの情報を上げて行きます。

   このやり方では、例え、相手と話をしなくても

   何が問題であるかを知ることができますので

    小さな子供やお年寄りに対してもセッションを行うことができます。 

 

4)経絡やチャクラについての理解と手技を使った調整法

 

  キネシオロジーの中で大切な概念である経絡とチャクラについて学びます。

  14筋の取り方を実践を通じて、学んで行きます。


5)チューニングフォークの種類やそれぞれの道具の使い方

  またフラワーエッセンスやオーラソーマ、クリスタルボールなどを使った調性法。

 

   このクラスの中では、手技で調整していく方法を学びますが

   今後、さらに深い調整を行いたい方や、幅広く対応するために

   音叉の使い方や、どんなエッセンスが調整として最適なのか、など

   キネシオロジーでの道具の使い方を学びます。

   (クラスで使う音叉は、イギリスのアランセールスの音叉を使用していますが

    自分で他の音叉をお持ちの方は、それを使うことができます)


6)インナーチャイルドやサバイバルプログラムの理解と調整の仕方


  問題の根本的な要因の中でも、大きな要因の一つである

  インナーチャイルドやサバイバルプログラムについて

  どういった要因があるのか、またそれをどのように調整していくのかを学びます。

  

7)人からのエネルギーや霊的なエネルギーの調整法

  

  このクラスで学ぶ最も大きな調整の一つです。 

  これを調整するだけで、様々な身体の不調が一瞬で解消されたり

  感覚や気持ちが変化することが、実感として感じられると思います。

  

8)前世の調整法


  身体から上がってきた前世が、今の自分にどういった影響を与えているのかを知り

  その前世を調整することで、今の自分の感覚や性質、状況などを変えていきます。

  

9)身体の調整の仕方

  風邪や喉の痛み、肩こり、胃痛、頭痛、腹痛、生理痛など

  日常的に起こりやすい身体の不調の調整の仕方を学びます。

  

10)その他、有害物質のデトックス、ミネラルバランスの調整法など

   

この初級クラスは、筋反射を生まれて始めて行う方のために説明しますし

全くキネシオロジーが始めてでも問題ないのですが

クラスの2日目からは、霊的なエネルギーの解除の方法など行いますので

ヒーリングとしては、初級ではなく、かなりレベルが高いです。

これまでヒーリングを学んだ経験よりも、ご自身の今の状態が最も大切になります。

(私の筋反射のやり方では、もし、セラピストが抱えている問題が深ければ

 クライアントの身体のブロックが起きますので)

 

ですから、もしこれまで私かおさむのセッションを一度も受けたことがない方は

クラスの前に、一度、おさむのスカイプセッションを受けられるのをお勧めします。

 

ちなみに、これはIHヒーリングではなく

すべて私のオリジナルのキネシオロジーのやり方です。 

 (クラスの中では、IHのマチルダの許可を頂いた、2つのIHの手法をご紹介します)

 

さて、日程ですが、初級クラスは10月17日にチャックインして

23日にチェックアウトの6泊7日です。

クラス自体は18日からの5日間となります。

初級クラスが終了した後、24日から中級クラスが行われます。

(以下は、初級、中級合わせたスケジュールです)


10月17日 初級クラスの方のチェックイン

   18日 初級クラス スタート

   22日 クラス終了日

   23日 初級クラスの方のチェックアウト 中級クラスの方のチェックイン

   24日 中級クラススタート

   28日 クラス終了日

   29日 中級クラスの方のチェックアウト    

   

料金は、クラス料金は、去年とほぼ同じなのですが、今回は宿泊費がかかりますので

クラス料金と宿泊費を合わせると、約20万円ぐらいになります。

人数によって変動するとのことなので、正確な料金はまた後ほどお知らせします。


尚、中級の内容は、ここには記していませんが、主に脳の調整法について学びます。

中級は、かなり複雑な内容を扱いますので、ある程度の筋反射が取れている必要がありますから

これまで私の初級を受けて、私の筋反射のやり方を学んだ方のみ対象なのですが

もし、これまでIHのクラスなどを受けられて、すでに筋反射を実践されている方は

初級、中級クラスと続けての受講も可能ですので

内容など、詳細はまたお問い合わせください。

(ニューヨークの中級クラスは10月初めに行いますが、ご案内はもう少しお待ちくださいね)


初級クラス、中級クラス、定員は最大で各20名を予定しています。

今のところ、すでに初級が17名、中級が18名のお申し込みがあっているので

残りは数名ずつなのですが、ご参加ご希望の方は、ぜひご連絡くださいね。


おさむと私と両方のメールアドレスにお願いします~。

   

         norico1@earthlink.net

         osamusic@earthlink.net


日本の自然の中でのキネシオロジーのクラスは

私もおさむの初めての体験。

どんなことになるのか、とても楽しみです~。


 

以下、水輪の中で、仮予約している「森のいずみ」の写真でを載せておきますね。

 

いずみ その他7.JPG 

 

今回、クラスが行われる部屋

 

いずみ 1F研修室5.JPG 
 
リビングルーム
 
いずみ マシュマロ2.JPG 
 
 二人部屋の客室
 
いずみ 客室2.JPG 
 
いずみ 客室11 2.JPG 
  






最終更新日  2017年05月05日 14時01分40秒
コメント(4) | コメントを書く
2017年05月03日

前回のブログをアップしてから、数名の方が直接メールで

感想や感覚を送ってくださったのですが

クラスに参加された方も参加されなかった方も

それぞれが何かを感じてくださって、とてもうれしいなあと。

その中で二つほど、シェアしつつ、私が感じたことなどをつれづれと。

伝えてくれて、ありがとう!!


まずは、ATIHとアーキュトニックレベル3のクラスに参加された方です・


のりこさん、こんにちは!


いま、そして、アトランティスを超えて、を読み終えました!


ふー(満足のためいきです)、、、おもしろかった!

まるで指輪物語とかハリーポッターのようにとっても長い物語だけど

自分もその物語の登場人物と一緒に成長してきた!

そんな本を読み終えた充実感と、一方でもっとずっと読んでいたかったなあっていう

さみしさも同時に感じたブログ(本)でした。


幸運にも、わたしも物語のエキストラとして参加させてもらえて

そのなかで感じたことは、みんなそれぞれが自分の物語のなかで生きていて

少しずつストーリーは違うけど、登場人物が時々交差しながら

物語が終盤(それがユニティなのか、よくわかんないけど)になっていくにつれて

つながっていくそんな感じなのかなあって。

だから、のりこさんの言う通り、それぞれにとってのメッセージが大切で

そのメッセージをどう受け止めるかは、本当に人それぞれなんだなあっていうことでした。

その感じ方はいい、悪いもなくって、ただそうである、それでオッケーなんですよね。


去年のハワイではじめて感じたであろう「一体感」

(その時はそれが一体感だったなんて、分からなかったけど)を感じたからこそ、

絶望感に近い「分離感」を感じることができ

そして今回のハワイでやっとその「分離感」を超えられた気がします。


分離感を感じきるというプロセスは半端なくつからったけど

分離感を感じるだけ、感じきるプロセスを通ったからこそ

心の底から魂のつながりというものを感じられたからかもしれないです。


自分の気持ちをシェアすること、それを表現することは

時々、とんでもなく恐ろしい気持ちになるけど

そこから何かを感じとってもらえると、

勇気を出して、自分の想いをシェアできて

伝えて本当によかったなあって思いますね~!


でも、それは、聞いてくれる人への

信頼で成り立っていて

ハワイでも深いシェアの場になったのも

みんながみんなを信頼していて

そこからその人が何を感じとってもらってもいいと

と自然に思えたからなんでしょうね~。


のりこさんとも、おさむさんとも、

ロン、エリン、ドロシー、なつこさんとも

そして、みんなとも、魂のつながりがあるんだ

というものをしっかり感じることができて、やっと安心できた。笑


でも、ここまで感じられるようになったのも、

のりこさんとおさむさんに出会えたから、

キネシオロジーに出会えたから、

ヒーリングにたどり着けたから!です。

ここまでこれた自分をほめてあげたい。笑


とにかく、本当にありがとうございました!


次の、のりこさんの物語もたのしみにしています!

わたしの物語はどうなることやら。。。笑


また会える日をたのしみにしています!

心からの愛と感謝を。


この彼女は、自分の気持ちを表現するのが恐ろしいと思っているとは

とても思えないほど、クラスの中でもストレートに質問したり、シェアされていて

エネルギー的には

「ちゃんと説明してよ、じゃないと許さないわよパンチ」みたいな感じなのでウィンク

(実際にそう言葉にしていた訳ではなけどね)

おぉ、戦士だ~ダブルハートと、見ていて気持ちよかったです。


彼女以外の方も、このハワイのクラスは、自分が感じたことを率直に伝える方が多くて

私はその度に、すごい!と感動していました。


例えば、レベル3のクラスの時の自己紹介だったか、ほとんどの人が

「このクラスを本当に楽しみにしていました~」とか

「待ち遠しかったです」とか

「惑星を学ぶのはワクワクします」などと言われていたのですが

お一人、レベル1から続けてこのクラスに参加された方の中で

「今すぐ、ここから帰りたい気持ちで一杯です」と言われた方がいて

おお、このムードの中、そういうことを言えるっていいなあと。


そう感じたからと言って、もちろん何が悪いわけでもないし

ただ、その方がその瞬間はそう感じている、というだけのことですが

その場にいる多くの人が感じていることと

自分が違うていることが違うと

なかなか伝えることができないものですよね。

(ちなみに、その方は、クラスがすべて終わった時には

本当に参加して良かったです~と言われていました)


でもそれを伝えることで、みんなの中にも

「あ、そういう風に感じている人もいるんだ」という気づきだったり

「私も以前、そんな風に感じたことあるわ~」と共感したり

感覚の幅が広がってゆくように感じるのです。


例えば、同じようなスピリチュアルな探求をしている同士での一体感とか

何か共通の目的や目標に向かっている人同士のの一体感というのもいいけれど

深いレベルでのユニティというのは

みんなが一つのことを同じように感じる、とか

同じ目的を持っているということではなくて

例え、それぞれ全く違って感じていても、

ただその瞬間、相手からそのままを受け入れられて

また相手をそのまま受け入れている安心感みたいなものと言えるかもしれません。


なので、この彼女も、一旦は感じることができた一体感から

今度は分離感や孤独感のプロセスになり、そして今度はそこを抜けたから

前の一体感とはまた違う安心感みたいなものに

たどり着いたのではないかなあと。


ティーチャーのエリンがクラスの中で

「恐れ」の対局にあるのは「信頼」だけど

私たちは「信頼」を感じたいという時に

「恐れ」が生まれるというようなことを言っていました。

そして、恐れも信頼も二元だから

奇経八脈(私たちの原型)は、それを超えたところにあるのだそう。


そういう風に捉えると

「一体感」を感じたいから、まずは「分離感」を感じてみる

そして、それぞれを感じ切った後、一体感や分離感を超えたところに

私たちの本質はあると言えるのかなあと。


そして、彼女は私の物語の中のエキストラ役で参加してくれたけど

私も彼女の物語の中では、エキストラ役で参加しているわけですね。

(こうして言葉で伝えてもらうと、私もエキストラで参加できたことに気づくわけだけど) 

 

そして、彼女のの物語の中での私の役と

他の人の物語の中での私の役と

同じエキストラでも、相手によって

演じる私の役が全く違ってくるから、面白いわけです。

時には私は先生役となり、時には生徒役となり

時にはお母さん的な役となり、時には子供的な役となり

時にはいつも応援する友人役で、時には反面教師のように苦手な人の役で、、、


相手にとって’、私がどんな役になるのかは自分で決めれないことだけれど

自分自身の物語を伝えていくだけで、いつの間にか

様々な役として他の人の物語にも参加していることに気づいて

それぞれの物語が影響し合って変化しつつ、一つの巨大な織物ができてゆく。

 

この感想を読んで、そんなイメージが生まれました♪


さて、もう一人、こちらはフィボナッチとアーキュトニックレベル1~3に参加してくださった方です。


こんにちは!

長旅おつかれ様でした!

あぁ、もうまた2人に会いたいです!


ハワイ、濃すぎて、すごすぎて、幾つかの言葉ではなんと表現していいのかわからないほどの

多次元で多彩な日々の経験を本当に本当にありがとうございました。


クラス1を申しこんだ、去年の今頃には、想像しなかった一年と経験になりましたが

どの経験も出逢いも繋がりも大切に私の中で息づいてくれています。


ハワイから帰って感じたのは、のりこさんの

「アマテラス、アトランティスを超えて」じゃないけれど

地の視点で、人としてリアルを生きている

私のこの命と毎日がとでも愛おしいということでした。


生に生きている人間だからこそ持つ、五行の感情やそれらを生み出す経験。

いつも心地いいわけではないけど、全ては大宇宙の中で完全でおこっているから

小宇宙として人間の自分余すことなく全うしたい。


ユニティやうーちー(大いなる空)に戻ることも、そのプロセスを一体感を持ってやっていくことも

それはそれで素晴らしいけど、どうこうしても、しなくても、もうそうなのだから

その結びつきのもと、この肉体を持った自分と感じれるものと

他人だと感じることができる自分たちと、深く繋がることを楽しんでいこうと感じています。


また、ここからの一年はどうなるでしょうか()


いろんなことがありつつも、のりこさん、おさむさん

たくさんの愛おしい人共に、宇宙の中で音を奏でて、在ることがとても、とても嬉しいです。


なにかに対してでなく、

おふたりに、ただ ただ ありがとう!

大好きです!


この彼女は、人の心やエネルギーを読むのが得意というか、洞察力もある方なので

アマテラスからのメッセージの時も

私が感じていたことを、ズバリ言葉で言われていて

おぉ、そうそう、私が感じたのはまさにそれ〜と

上手い言葉で表現してくれました。

 

また、私がロンに質疑応答の時に質問して

思ったような答えを得れなかった時に

「これ以上、突っ込んでも長くなってしまうし、まあ、いいか」と

それ以上、質問しなかった時があったのですが

彼女は、クラスの後から私に「のりこさん、あのロンの答えで納得しました?」

と突っ込んでこられて

いや~私が納得してないのも、お見通しなのね~と。


思えば、このクラスの中で一番

ありのままの自分を表現できなかったのは私だったのかもあと。

それは、クンダリーニ症候群の後で、言語中枢がやられて

しばらく感覚と言葉が上手く繋がらなかったこともあるけれど

(そこは、まだ、若干、調整が必要なの雫) 

最も大きかったのは、オーガナザーという役を

ちゃんとこなさなければ、と思っていたからだなあと。

それは、何かの型に自分をはめようとしていたと言えるわけで

ある意味、私が主人公の物語ではなくなっていた

ということなのかもしれません。

(と、そのプロセスを、こうしてシェアすることで

また私が主人公の物語になってゆくのだけどねウィンク


そして、結局、オーガナイザーと’して

超中途半端だった私に(中途半端に超が付くと日本語として変かな?)

「何かに対してでなく、ありがとう」と言ってもらえて

愛されているのって

なんてなんて幸せなことなの~~。

ふふ「中途半端で大成功」ですね。


あなたが存在してくれるだけで嬉しい。


私たちは、大切な人に対してそう感じることができるのに

自分に対しては、自分は人に何かしないと存在価値がない、となってしまうのですから

本当に人間って面倒ですよね。

その面倒さが、また面白い訳なんですが。

今、分離感を感じていても、または一体感を感じていても

どちらもそれでオッケーなのだなあと。


それにしても、こうして感覚を言葉に変換して、紡いでいくだけで

人とのつながり感が深まってゆくということをつくづく感じます。

ロンがクラスの中で

「はじめに言葉ありき』という聖書の中の言葉を話していたのですが

(どんな話で、それが出てきたのかは忘れたけど)

改めて、言葉は光である、ということに気づきました。


例えば、このクラスの間は、自分の中にある感覚は

一体、何なのかよくわからず、モヤモヤとした感じなのだけど

それを例えば「ああ、あの感覚は分離感だった」などと

言葉で認識することで

そのモヤモヤとした感覚に、一気に光が差す感じがするのです。

そして、それをシェアすることで、それが解放されてゆく感じというか。


キネシオロジーは、エネルギーを言葉に変換し

言葉を媒体として使うヒーリング法なので

だからこそ、A-HA(ああ、そうか!)の気づきが早く起こるのですが

例えセッションでなくても、そのプロセスは、日々私たちの中で

起こっているのだなあと。


この感想を送ってくださった、二人ともに

 

「わたしの物語はどうなることやら。。。笑」

「また、ここからの一年はどうなるでしょうか()?」

 

と、これからの自分の物語がどうなっていくのか

楽しみにしている感じが伝わってきます。


ふふ、ほんと、どうなってゆくのかしらね。

例え、どんな物語になったとしても、そこからまた色々な気づきも起こるし

さらなる変容へと導かれてゆくわけで

大成功、間違いないですワイングラスビール(←いつでも乾杯の用意)


今回のクラスの最後に

みんなが寄せ書きしてくれたカードを

私とおさむに渡してくださって、私は号泣したのですが

今でもそれを読むたびに、暖かな涙が出てきます。

 

私の物語に参加してくださって

そして、あなたの物語に参加させてくださって

本当にありがとう晴れ

  

 

と、最後の番外編をアップしたいので、まだ少しだけ続きます〜。

 (まだ続くのか!〜マラソン








最終更新日  2017年05月04日 09時19分20秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年03月15日

リトリートが終わってから、参加者の皆さんからのリトリートの感想や

その後の変化などをメールで、嬉しく読ませて頂いています。

(メールやメッセージを送ってくださった方々、ありがとうございます!)

おかげさまで、大変だったこともあったけど、ほんとうにやってよかったなあと

また改めて感じています。

今回のリトリートでは、キネシオロジーのセッションとしては

これまでとは違ったアプローチでやりました。

通常のキネシ的なアプローチ(と言ってもあくまでも私流だけど) というか

例えば、進路の調整なども、私はけっこう好きで

具体的な情報を身体からピックアップしながら

その方が、これからどういう風に仕事に取り組んでいったらいいのか?とか

そのためには、何を手放す必要があり、どういう意識に変化する必要があるのか、など

具体的な行動指針や人との関わり方など

細かく情報を拾っていって、その人の潜在意識レベルの変化だけでなく

顕在意識でも、明確にビジョンが持てるように調整していくわけです。

ですから、セッションの中では、細かな日数退行をして情報を上げることも多く

私のセッションをよく受けられているクライアントさんによっては

セッションの時に、必ずスケジュール表や携帯などを持参される方も多いのですが

今回のリトリートでは、そう言う具体的な行動や意識

または実際の細かな人間関係などの調整はほとんどやらず

様々な次元でのエネルギーや全体的な意識の変容に

フォーカスしていました。

それが、実際にどう変化として結びつくのかは、その後のそれぞれの変化を

見ないとわからないこともありますが

とにかくセッション直後に、顔や全体のイメージが変わった人が多く

エネルギーや意識の変容も大きかったのではないかなあと感じます。

ということで、感想を送ってくださった方の中で、掲載の了承をお二人に頂いたので

シェアさせてくださいね。

まずは、お一人目。

おさむさんのりこさんへ♡

 

約一週間大変お世話になりました!

 

今、私のハートにはとても心地の良い風が流れているのを感じます。

ハワイで過ごした1週間は私の人生の中で1番と言っていい程

人とそして私自身と密になることが出来た時間

だったように思います。

この祝福に気づき、心から感謝出来ることがとても嬉しいです。

 

今回のリトリートの1番の収穫は

闇が私の中に還ってきてくれたことです。

私自身が恐れてどこかへ追いやってしまった

たくさんの闇の部分をキネシという柔らかいクッションと共に

私の元へと還して下さり本当にありがとうございました。

今はその闇を大切に抱きしめてあげようと思います。

 

今回のリトリートで私の中で多くのことが整理出来ました。

これからは逃げ回らず、しているフリもせずに

本当の意味で自分自身と向き合って

ただシンプルに生きているだけで祝福なのだということを感じていきたいです。

普通の若い女性として楽しみま~す♡

 

あっ!そういえばもう一つ嬉しいことがありました!

 

帰国してから特にリトリートのことを教えていない友人に会った時

開口一番顔が変わった!目が変わった!と言われました♩

他人からみても変化が見てわかるなんてすごい!

 

それと思春期の頃から、かれこれ10年肌荒れが治らず

唯一海外に行くと、なぜか治るということだけわかっていました。

リトリート後も肌荒れが治り、また例の海外に行くと肌の調子が良くなるやつだろうなと

思っていたのですが、なんと日本に帰ってからますます綺麗になっています!

肌についてはあらゆることをして超健康的な生活を送り

ストレスフリーな生活をしていたと思ったのですが

色々気づかなかっただけだったのですね。

思わぬ効能にとても喜んでいます♩

 

来年のハワイリトリート開催希望で〜す♡

『闇が私の中に還ってきてくれた」なんて

素敵な表現だなあと。

この方だけでなく

多くの人は「闇を見ることの怖れ」「怖れを感じることの怖れ」

というのをいろんなレベルで持っていて

自分の闇(問題やネガティブな感覚など)を封印してしまうんですね。

実際は、そうすればするほど、闇は潜在意識の奥深くに押し込められて

いろんなレベルでのブロックになっているんですが

多くの人はその苦しさを感じることも封印しているので

だんだんと感性が劣化して

そうなると、やりたいことが何なのか、自分がそれを楽しんでいるのかどうかも

わからなくなっていくという、サイクルに入って行きます。

闇を封印すれば、光も見えなくなるわけです。

この方は、今回のリトリートでお会いしたのが初対面だったのですが

正直、お会いした時には「普通の若い女性」という言葉はあまり似合わないウィンク

独特のオーラを放っていて、ちょっと摩訶不思議なエネルギーでした。

で、1回目のセッションで「おぉ、これはすごい~」という

重いエネルギーが、身体からいろいろ上がってきて

「う~ん、確かに、これでは、これまで闇を封印して

感じないようにするしかなかったよね~」と納得。

何度かお伝えしたように、闇の実態は悪いものではなく

単に「光が当たっていないところ」なのですが

そこに光が当たって、彼女自身が、その闇を受け入れることができたというのは

新たな自由な世界への第一歩だなあと感じます。

ただ、この方に限らず、いつも思うのは

あと1、2回はセッションやりたかったなあ~と。

リトリートの参加者一人に対して、おさむと2回ずつ、計4回のセッションですが

私が一人の参加者に対してやれるのはたった2回なので

初対面の方は、1回目でその人の全体像をつかむために

身体はあらゆる角度から情報を伝えてきて、それだけで時間がかかってしまうので

2回目のセッションでやっと本題に入れた、と思ったら

それが最後のセッションになるわけなので、ちょっと物足りない感が残ってしまうんですよね。

もちろん、それでもその時に必要な変化は起こっているわけですから

それはそれでいいのですが。

このあたり、私の完璧主義なのか(と、おさむはいうのだけど)

これからの課題だなあと。

そして、これは別の方から。

セッションレポートありがとうございました。

のりこさんやおさむさんに会えて嬉しかったです💗

参加者のメンバー&ゆうきちゃん、はるまくんにも会えて

色んな経験も出来て、リトリート参加出来て良かったね~っと話しています。

 

特に、自分がエンパス体質なんだなぁっと実感出来たのは、良かったです。

どちらかというと今までは、何かのエネルギーで気分が落ちたりと

メンタル的に感じ取っちゃう事は、自覚していたのですが

今回身体に不調を感じるという事が自覚出来ました。

今までも、首の辺りが嫌な感じになって、喉が痛くなったり

体が"ずっしーん"っと重く感じる事があったのですが

なんだか、体調悪いな~で済ませていました。

今までだと、謎の体の不調で気分も憂鬱になりがちだったのですが

のりこさんに指摘してもらって、なるほどー!

これが何かをもらっちゃっている時の感じなんだ~っと、実感。

後は、それを自分でリリース出来るようになれればなっと思っています。

 

そして久々の、のりこさんのセッションやっぱり凄かった~

あー私のエネルギー変わった~っと実感出来ました(≧≦)

特にハートがオープンになる感覚を実感💕 

これは、私にとって凄く大きな変化で、今までハートをオープンにするワーク等をしてみても

どーしても愛を感じ取る事がピンと来なかったのですが

今回のセッション後ハートを開くと素の自分(感覚的には子供の頃の)が自然に出てきて

よく声をあげて笑うようになりました。

あー。なんか、楽しい!って、日々思えています。

そして、顔が変わったなーっと😊 特に目に生気が戻ったというか。。

セッション後に目がぱっかーんっと開いたーっと言う感覚があったのですが

今でもぱっちり目が開いた感じがします。

(今まで8割位しか開いていなかったのかなっと(笑)

 

最後に、

初日の夜に、のりこさんからお父様の事をシェアーして頂いた時は、

心臓がきゅーーーっと痛くなって、のりこさんのお父様への思い

リトリートに残ると決めた思い等を考えたら何も言葉にする事ができませんでした。

その後も、言葉は見つからなかったのですが。。。

色々な思いと決断。respectと感謝です。

そして大変だった状況の中、のりこさんから私を含めた皆んなへの愛に。

本当にありがとうございました。

彼女は、以前、ニューヨークでセッションを受けられていたので

約1年半ぶりの再会でした。

以前、セッションを受けられたことがある方は

私もだいたいの全体的なエネルギーを把握できていることもあって

ダイレクトに本題の深いところにアクセスすることができることが多いです。

今回の彼女の調整では、特に宇宙人的な遺伝を中心にやったので

セッションで調整しているうちに、ハートチャクラがどんどん開いてきて

それとともに、彼女の顔が輝いて、優しいエネルギーになっていくのを見ながら

わ~~きれい~。まるで女神みたい~♪

と心の中で静かに感動しながら、プロセスをやっていました。

目が開くというのは、宇宙人遺伝の調整でハートを開くと同時に

松果体(第3の目)も開いていくからで、文字通り、眼が開いて

これまで見えなかったものが観える(感じる)のですね。

ただ、宇宙人遺伝の調整をするには

やはり、ある程度、インナーチャイルドが癒されていたり

脳の問題が調整されていたり、エネルギー的なクリアさがないと

難しいので、今回の彼女の調整が、スムーズに行ったのは

今回のセッションだけでなく、これまでのいろんな結果なのだなあと。

さて、今回、この方もお伝えしてくださっているように

このリトリートに参加者の方が、父のことでの決断で

感謝の言葉を伝えてくださったのですが

むしろ感謝するのは私の方だなあと、つくづく感じます。
父が亡くなった時、最初は
「どうしてこのタイミングだったの〜」と思ったのですが

今から思うと、あの時期に父が亡くなったのは、ある意味
ベストタイミングだったとも言えるのかもしれないなあと。

これは、父が亡くなって1週間ぐらい経った、第3班の1日ツアーの日
キラウエア火山の溶岩の上でのサウンドヒーリングの時だったのですが

おさむのサウンドヒーリングの途中から、女性の歌声が聴こえたのです。

初めは、空耳?と思ったのですが

どう聴いても、おさむのゴングの音とともに

女性が高い声で歌っているように聴こえるのです。

で、その時に、急に感情が込み上げてきて

聴きながら、ポロポロ泣いていました。

「あ~、お父さん、お葬式にも出ない娘でごめんね」

と私はそんな感情が湧きあがってきたのですが

その後、父が

「大丈夫。それでいい。俺がそういう風に育てたんだからね」

と笑ったような、言葉にするとそんな感覚のエネルギーを感じて

ふっと抜けた感がありました。

それで、あの歌声は、私だけにそんな風に聞こえただけだと思っていたのですが

後から、ゆうきちゃんも女性の歌声を聴いた、と言い出して

他の参加者の中にも、確かに歌声が聞こえたという方がいたのでした。

あれは、ハワイ島の女神ペレの声だったのか、何だったのかわかりませんが

今から思えば、あの後、私の中の何かのエネルギーがシフトしたなあと。

考えてみれば、もし父が亡くなったのは、このリトリート中でなく

私がニューヨークにいる時だったとしても

セッションの予約が入っている以上

日本にすぐに戻ることができたかどうかは、わからなかったわけですよね~。

ニューヨークの方の予約だったら、日にちをずらしてもらうこともできますが

日本からわざわざセッションのために、ニューヨークに来られている方も多いし

もし、そういう方の予約と重なったとしたら

それが例え、一人であっても、セッションをキャンセルして

日本に帰るわけにはいかなかったし

逆にその一人のために帰れなかった、となると

その人にとっても負担になってしまったかもしれない。

 

なんて「もしも」をあれこれ考えても全く意味はないのですが

どちらにしても、こうして多くの方たちと、思いを共鳴することができたわけで

結果的には、あの決断は、私からみんなへの愛というより

私自身のためだったのだなあ、と今はつくづく思うのです。

こうして、多くの方から支えられて、たくさんの愛を受け取ったのですから。

(ノンデュアリティ的に見れば、私という個人はいないので

全体が支えられ、受け取ったと言えるのですけどね)

 

本当にありがとうございましたハート(手書き)

 

このリトリートでのいろんな出会い、そこで感じた様々な思いや感覚のすべてが

今は愛おしいです。

 

そして、次はどんな出会いや感覚が待っているのか、楽しみ〜。

 (波乱万丈系は、もう勘弁してよ〜>私のハイヤーセルフへのメッセージ泣き笑い )







最終更新日  2017年03月17日 06時05分43秒
コメント(2) | コメントを書く
2017年03月01日

先日、第1班から第3班まで、すべてのリトリートが終了しました。

 

ものすごく濃い~~1か月でした~。

参加者合計18名と私と修、はるまくん、ゆうきちゃんの計22名の

リトリートが終わって

まるで、感動の超展開ドラマを、徹夜で見てすべてが終わった後のように

その余韻でボーっとしています。

前回の日記の後に、私の父のことで、このブログへのコメントもそうですが、

FBやメールなどで暖かな励ましやお悔やみのメッセージを頂いて

本当にありがとうございました。

まだ全員にはお返事できておらず、メールの方はすっかり滞ってしまっていますが
とても嬉しく読ませて頂きました。

おかげ様で、前回のブログをアップした時とは、また私の意識や感覚もかなり変化して

今は、なんというか、清々しさと温かさの中にいます。

 

この年で親との別れを経験するのはごく普通のことだし

通常は、例え、どんな思いや感情があったとしても

時間とともに癒されてゆくものだと思うのですが

今回、ちょうど、このリトリートやハワイの最中だったことで

深いレベルで持っていたものが、より早く出てくることになり

また今回、リトリートに参加してくださった方たちとともに

きっと本来なら何ヶ月、何年かかけて気づいたり、変化していくところを

数日で駆け抜けたような不思議な期間でした。

父が亡くなってから、まだたった2週間しか経ってないなんて

とても信じれず

もう何年も前のことにように感じます。

ですから、第2班のリトリート&クラスのことが

すでに懐かしい思い出となっていますが
思い返してみます〜。

 

この第2班は、最初の二日間は、私と修からそれぞれ1回ずつセッションを受けた後

その後の5日間で、私のキネシオロジー初級クラス

合間に1日ツアーが入るという、9泊10日のリトリートでした。

私たちにとっても、初めてハワイリトリートでのクラスと言うこともあって

一体、どんな感じになるのか、楽しみでもあったのですが

終わってみると、このクラスの間に、私の父が亡くなったということだけでなく

かなり激動のリトリート&クラスとなりました。

私のところに来られる方で、エンパス体質の人は多いのですが、この第2班は、これまでの

どのリトリートやクラスよりも、エンパスレベルが高かったというのか

超エンパスの人ばかりで

参加者は、人に触られるだけで、感情が不安定になったり

クラスで部屋でみんなといるだけで、気分が悪くなったりといったことが起こっていました。

ほぼ毎日のように誰かが倒れたり、具合が悪くなったこともあって

私と修は、ランチの時やクラスが終わってからも、セッションをしたので

ほとんど休めなかったのですが、日々、自己ヒーリングをしながら

なんとかこなすことができた感じです。

 

思えば、東京でのクラスなどは、人数も多かったし

借りていたサロンの退出時間なども決まっているので

誰かが具合が悪くなって、セッションをやりたくてもできない状況だったわけですが

このリトリートでは、無制限にできることもあって

必然的にこうなってしまうわけですね。

でも、だからこそ、通常のクラスよりも、深いレベルでの解放も起こるわけで

それが必要な方たちが集まったのだなあと。

 

超エンパスだけあって、第2班の方たちは、とにかく周りの空気を読みすぎ

気を使いすぎで、自己主張せず人に合わせる、自分の感覚を封印するという

いわゆる「いい子」「いい人」ばかりだったので

そういった意味でも、闇が深かったというか

これまでのリトリートやクラスの中では一番、ハードだったかもしれません。

第1班の宇宙人グループは、エネルギーも他に比べると比較的軽かったし

とにかく楽しかった~~で終わったのですが

この第2班は、それぞれが深いレベルで持っていた無価値観や孤独感、罪悪感や不安などの

重いエネルギーが全面に出ていて、正直なところ、最初は

これはクラスをやるより、セッションをやった方がいいかも?

という思いがありました。

 

実際、クラス初日から気分が悪くて参加できなくなった人もいて

2日目は、クラスに参加できなかったため、修が別室で彼女にセッションを行いました。

二人一組での実践は、一人足りなくなるので、ゆうきちゃんに参加してもらって

料理ははるまくんがやってくれたので良かったのですが

今回、彼女にとって、クラスのタイミングではなかったのかなあと思っていたら

どんどんと癒しのプロセスが進み、3日前からはクラスに参加できて

クラスの中でも、大きな解放が起こって、

ハワイに来られた時とは、まるで別人になっていました。

他の参加者も、全員とはいかないまでも、筋反射も比較的早く感覚をつかんでいて

一気にヒーリングの力が開花した人もいたし

やはりみんな参加するべくして参加されているのだなあと。

 

それにしても

この激動の日々の中で、安定した安らぎと癒しを提供してくれたのが

ゆうきちゃん、はるまくんの二人の存在でした。

ゆうきちゃんの作る優しくて美味しいご飯によって、どれだけ癒されたことかしら。

 

P2122840.jpg  P2152846.jpg

 

これは第2班の1日ツアーの時のサウンドヒーリング。

 

P2172858.jpg

 

 

最終日のパーティーの盛り付け。

 

P2212920.jpg

 

 


さて、第3班は、参加者6人のうち、北米在住が4人で

他の二人も、海外留学や、一人で世界を旅していたりしたこともあって

これまでの第1、2班とはまた違ったエネルギーででした。

 

やっぱり、日本人にとって、基本的に調和が大事ということもあるからか

その分、受け身になってしまうのですよね。

例えば、このリトリートの食事や飲み物は

初日と最終日のお酒なども含め、すべてこちらで用意しているわけですから

基本的に参加者は、何も購入する必要はないのですが

第3班は、それぞれが食べたかったり、飲みたいお酒や飲み物、食べ物を

車で15分ほどのところにあるナチュラルフードストアで、購入してきたり

どうしたいかをちゃんと伝えてくれることもあって

こちらとしても、もし、できなければできないと伝えることができるし

コミュニケーションが楽だなあと。
海外に長い間、住んでいると、それが自然になってくるのですが

日本人は遠慮する性質の人が多いことを改めて感じました。

 

第3班は、社交性のある大人なグループというか

グループのの盛り上がりは一番大きかったかもですが
一方で、個々のエネルギー的には、正直、決して軽くはなく
セッションでは、それぞれかなりディープなイシューが上がってきました。
なので、私自身も、父のことが、完全に意識から吹っ飛んでしまうぐらい

最後の数日間はセッションに集中していたのですが

終わってみると、それぞれの変化も感じられて
よかったなあと。

 

 こちらは第3班の1日ツアーの時。 みんなで崖の上で大盛り上がり。

 

17078425_10155150558391600_1483598902_n.jpg


第3班は、火山に夕方訪れたので、赤い溶岩が見えました。

 P2253088.jpg

 

このカメさん、おさむの後にずっとついて泳いでいて、とても可愛かった。

 

P2253055.jpg
  

17092299_10155150556781600_35057210_n.jpg 
 
なぜか、永ちゃんポーズのおさむほえー

17035599_10155150558631600_1062580987_n.jpg 


 この1枚を撮った後「あれ、なんかこのスタイル変じゃない?
まるで「おさむと仲間たち」みたいになっているんですけど。。」
ということで、取り直しました。

ラナイに飾られていたお花。




ということで、ハワイリトリートも終了し、一昨日から、私たち4人はコナに移動して
ここで、久々にのんびりとした時間を過ごしています。
これから、残りのセッションレポートや、メールのお返事などもぽちぽち始めながら
自然の中で、充電しようと思います〜。
 

 







最終更新日  2017年03月06日 08時39分49秒
コメント(2) | コメントを書く
2017年02月10日

ハワイ島の6泊7日のリトリート、第一班が、今日、終了しました。

 

ああ〜楽しかった~~♪

 

この第1班の6人のうち、5人は、これまで私のセッションを何度か受けられて

去年の私のキネシ上級クラスや初級クラスも受けられていたこともあり

みんな最初から、本音モードで、なんでも気軽に話していて
とても仲が良かったです。

 

到着日は、たまたまカポホの森の中で、Flow フェスティバルが行われていたので

食事の後、みんなで出かけました。

森の中の広場では、アロマやセージやハチミツなどを売っている露店がいくつか並んでいて

ステージでは、ライブが行われていて、みんな気持ちよさそうに踊っていました。

私たちもそれぞれ踊ったり、買い物したり。

 

P2052682.jpg

 

P2052693.jpg 

 

暗闇の中で、ライトを持って踊っていた人を写したら、こんな風に撮れました。

 

P2052689 (1).jpg

 

 

 

そして、次の日からセッションがスタート。
私と修は朝9時から夜7時まで、セッションルームにこもりっきりですが

参加者の方々は、1日1回のセッションの他の時間は、歩いて海に泳ぎに行ったり

はるまくんに送ってもらって、車で5分の場所にある森の中の温泉に行ったり

カポホの街で買い物したりして過ごします。

ランチとディナーには、ゆうきちゃんの健康的で美味しい手料理が並びました。

 

P2042676.jpg 

 

 16700089_1246189742126971_1619034528_n-1 (1).jpg

 

 

16683491_1252922004783531_44296857_n (1).jpg 

 

この日のランチは、手作りのタロイモバーガー&コーンスープ。

 

P2092754.jpg

 

 

この第1班は、みんな食欲旺盛。

子供のようにたくさん食べて、お代わりして

合間には、ゆうきちゃんの作ったおやつも食べて

フェアリーゆうきは、まるで、子供たちのお母さんみたいでしたウィンク

健康的でいて美味しい食事って、もうそれだけで最高の癒しだなあと。

4日目は、セッションはお休みで1日ツアーです。

この日はあいにくの雨天気予報でしたが、予定通り、出発しました。

 

まずは、キラウェア火山でのサウンドヒーリング&ペレへの奉納演奏。

 

P2072702.jpg 

 

16699853_1755234718100977_1381182963_n (1).jpg

 

 

それから、みんなでワイワイとおにぎりタイム♪ 

 ランチが終わって、出発した途端、雨が降り出しました。

これはボルケーノハウスから。

 

P2072706.jpg 

 

 

参加者の一人が、カメが見たいというので、フォーマイルビーチに向かいます。

途中、また雨でしたが、着く頃には、雨が上がっていました。
参加者の一人が「私は晴れ女なので大丈夫です」と言われていた通り
天気予報ではこの日、1日中、90%の確率で雨だったのに
私ちが外にいる間は、雨はほとんど降りませんでした。

 

P2072713.jpg

 

そして、すぐに大きなカメのお迎え。

 

P2072725.jpg

 

 

P2072744.jpg

 

 
大きなバニアンツリーの下で。

 

P2072749.jpg 

 

そしてヒロの街でお買い物した後、レストランでのディナー。

まだ中間日ですが、もうすでに、打ち上げの乗りでしたワイングラスカクテルビール

 

そして、その次の日から二日間は、再びセッションです。

 私にとっては、この5日目は、朝9時から夜9時まで
10分間のランチ以外は、ノンストップでやることになり大変でしたが
なんとか乗り切って、ホッと一息。

 

5日目のディナーが終わった後
参加者からのリクエストで、ゆうきちゃんによる公開カードリーディングが行われました。
それが、また素晴らしいリーディングで
ゆうきちゃんは、みんなのセッション内容を知っているわけでもないのに
それぞれが抱えているテーマとリンクしているのが、またすごいなあと。
ゆうきちゃんのリーディングを聞いているだけで、ヒーリングされてゆく感じです♪

  

そして、迎えた最終日。
みんなでこのリトリートでの祝福を祝って乾杯です。

この日のディナーは、はるまくんとゆうきちゃんがヒロの魚屋さんで
新鮮なお刺身をゲットしてきたので

はるまくんがお寿司を握ってくれました。

 

P2102758.jpg

  

 

この第1班は、予想通りというのか
様々な宇宙人たちの「宇宙人祭り」となりましたウィンク

みんなの会話を聞いていると
「今日は私はシリウスDNAを解除したわ〜」とか
「まだ私『人嫌い』なのよね〜」とか
「〜〜ちゃんもセッションで「人を見下す」と出た〜?」とか
普通のヒーリングのリトリートではちょっと有り得ないよなあ〜
というような会話が繰り広げられていて、とても面白かったです。
まるで宇宙人たちが、この1週間のリトリートで、深く繋がりながら
ハートオープンな人間へと変身してゆくかのよう。

そして、こんな風に
自分の闇も問題も自然にさらけ出すことができるというのは
素敵なことだなあと。
参加者の人も
「ここに来てみんなと過ごして
ああ、こんな風に感じたことを何でも言っていいんだ〜とわかって
とっても楽です」と言われていましたが
いい人でいたり、何かができているように見せる必要もなく
素の自分でいることができると
本当に自由になれるのです。

たった1週間でも、リトリートは、ファミリーみたいに感じられるから
このままずっと一緒に過ごしたくなるし、別れの時はさみしくなります。
本当に、あっという間の1週間でした。 

 

 (写真、追加です〜)

16706937_1254713217937743_161552984_n.jpg

 

 

さて、今日はみんなを送った後は

ここしばらく睡眠不足だったので、のんびりお昼寝した後

近くの海に泳ぎに行きました。

 

P2102801.jpg

 

P2102800.jpg 

 

 P2102805.jpg

 

カップルで泳いでいたエンジェルフィッシュ。

 

P2102813.jpg

 

接近してパチリ。

 

P2102819.jpg

 

 

今日の1枚。

この魚の大群は、動きが早くてさ~~っと行ってしまうので

なかなか撮れなかったのだけど、今日は撮れた~。

 

P2102772 (1).jpg

 

 
そして、今夜は満月。
4人でまずは第1班のリトリートの成功を祝いました。
この第1班の参加者が
「このリトリートは、のりこさんとおさむさんのセッション
そして、はるまくんのおもてなしとゆうきちゃんの美味しい食事
全てが完璧でした。本当に来てよかったです〜」
と言ってくださったのですが
本当にこの二人と出会ったから実現したリトリートだなあと
つくづく感じます。

 
私たちと二人の出会いも、リトリートでのみんなとの出会いも
私のブログからご縁ができた方々との出会いも
また、たまたま出会って繋がった方との出会いも
「すべての出会いはすでに宇宙レベルで決まっている」

 そんなことを感じた第1班のリトリートでした。

 

16684691_1245091692236776_2038107551_n.jpg

 

さて、明日は、シーツを洗ったり、ベッドメイキングしたり

食料品の買い出しなどを行って、明後日からのリトリート第2班を迎える準備です。

第2班は、どんな出会いがあるのか、そしてどんなことになるのか楽しみ〜♪ 

 







最終更新日  2017年02月12日 19時24分01秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年12月10日

今年の9月に行ったニューヨークでのキネシオロジー初級クラスを受けた方対象の

1日クラスを一昨日に行いました。

もともとは、補習クラスとして企画したのですが

新たなテクニックや情報も幾つか加えたので

補習クラス&中級クラス入門という感じになりました。

 

今回の1日クラスの参加者は8名。

前回のクラスは10名でしたが、クラスが終わった後

日本に帰国された方もいるので

8名が参加されるというのは、それだけでもすごいことだなあと。

みなさん、クラスの後の3か月、それぞれ自己ヒーリングや

他の人へのヒーリング通じての気づきや変化もあって

前回のクラスの時より、エネルギー的により軽かったり、柔らかかったり

随分と変化されているなあと、クラスが始まる前から感じていました。

そして、あの激動のクラスでのつながり感もあって

まるで同窓会のような暖かなクラスとなり、とても楽しかったです。

それぞれが、前回のクラスの後、この3か月の間に実践されたことの中で

新たな疑問が満載の状態だったので、質疑応答から始まり

それから新たな調整法やテクニックをお伝えしました。

 

このクラスをやってみて、改めて感じたのは、前回の5日間のクラスで

十分に伝わっていなかった部分がかなりあったということ。

確かに、生まれて初めてキネシを学ぶのに、私のクラスでは

たくさんの情報や高度なやり方を一気に学ぶことになるので

みんなついていくのにやっとで、中には抜けてしまうところがあるのは

ある程度は仕方ないかなあとは思っていたのですが

え?そこが抜けてた?と驚くこともあり

やはり私の教え方の問題も大きかったなあと反省。

これからクラスを行う上で大切な気づきになりました。

 

さて、今回、新たにお伝えしたのは、まずは家や部屋の浄化の方法。

これは、先日、このクラスの参加者から

家に霊がいるケースの時の対応の仕方を教えて欲しい、という

リクエストがあったので、作成したもので

霊的なエネルギ-が家に居ついてしまう要因や原因を

筋反射で突き止めて、解除していくための方法です。

私のこれまでのセッションの中で、クライアントさんの家に

霊的なエネルギーがいたケースを元に主な要因をまとめたのですが

修はよく出張で家やオフィスに出かけて(エネルギー的な)

スペースクリアリング&浄化のお仕事を行っているので

修からの情報も参考にしました。

 

次にお伝えしたのは、スカイプセッションのやり方やコツ。
このクラスの参加者は、みなさん、ニューヨークに住んでいらっしゃるので
日本にいる友人や家族、クライアントさんにもセッションしたいという方も
出てきて、今回リクエストがあったので、メニューに入れたのですが

私はスカイプセッションはやらないので、これはすべておさむが

これまでやってきた経験をもとに 

技術的なコツややり方を伝えてもらいました。


そしから、身体の機能を本来、その人が持っている状態(青写真)に戻す方法。

青写真のプロトコルは、IHでもあるのですが、これはそれとは違って

私がこれまでのセッションで、漠然とやってきたプロセスを

今回のクラスのために、まとめながらクリエイトした方法で
我ながら、なかなかシンプルで深いワークができそうだなあと。

 

そして、上級クラス入門というか、セッションのテーマの上げ方に関しても

今回のクラスの中でやりました。

この初級クラスは、クライアントが調整したい問題を

扱っていくわけですが、中には自分の問題がわからない人も多いし

問題がありすぎてどれを選んだらいいか、わからないこともあるので

その場合、セラピストがテーマを筋反射で選ぶことになるわけです。

  

そして、ライトボディ&チャクラの統合のプロセス。

これもそうですが、今回のクラスの内容は

上級クラスでも教えていないものが多く

考えてみれば、みんな初級クラスからたった3か月で

このレベルのワークをやっているんだなあと

スピードの早さに驚きます。

 

ということで、皆さんがFBのグループに投稿してくれた感想の中から

一部をご紹介しますね。

 

のりこさん、おさむさん、今日はありがとうございました。

新しい調整法を学ぶだけでなく、新たな発見や自分の間違いにも気づけた

楽しい時間でした。

敏腕ヒーラーが2人がかりでたった8人のためにクラスを開くなんて

なんとも贅沢なクラスだなーと思いながら帰りました。

参加者の皆さん、同窓会みたいで楽しかったです。

初級講座の後、個別に何名かとはお会いしましたが

たくさんで再会するのはまた特別ですね。

 

 

のりこさん、おさむさん、今日は楽しかったです~。

アット言う間の1日でした。

ありがとうございました。

やっぱり復習は大事ですね~。

わかっていなかったこと、間違って覚えていたことなんかがいっぱいあって

こういうフォローアップの場を設けていただいたことに感謝です。

こういうのを定期的に行っていただけたら

練習や気づきの場になっていいなあ。

あと皆さまにまた会えたのも嬉しい~。

なんか同窓会みたいで楽しかったです。

 

のりこさん&おさむさん、今日は充実したクラスをありがとうございました。

皆さん、お疲れ様でした!

 

途中、おさむさんのデモで一瞬重いエネルギーに包まれそうになるも(笑)

前回ほどではない気がして、そういう意味でもみんな自己ヒーリングの効果が

現れているのかな~。

私の頭が痛くなっても、のりこさんやおさむさんの手を借りずにHさんに

とってもらえたし。Hさんのハンドパワー恐るべし。

理解不十分、勘違いな部分が多々あることもわかり、また復習クラス

ぜひお願いしたいです。

 

のりこさん、おさむさん、そしてクラスメイトの皆様

昨日はお疲れ様でした!

昨日クラスメイトの皆さんの顔を見た瞬間、とっても懐かしいような

甘酸っぱいようななんとも言えない気分になりました。

クラスの中では全く抜けていた経絡のことを教えていただき

(実はそれぞれの経絡と~のページを見る度に

これってなんやったっけ?と思っていたのです)

あっ!そういえばそうだった!と再確認したり

前回のクラスの後、実際にセッションをしてみて疑問に思った事を

クリアにできてほんとによかったです。

 

私もおさむさんのデモの最中に首と背骨が痛くなったのですが

それがその後のセッションをしてもらっているときに

すうーっと抜けていく感覚

まるで痛みが天に昇っていくような感覚でした。

 

それからなによりも自己ヒーリングの大切さ、楽しさも再認識しました。

今まで漠然とこんなんでいいんかな?と思ってやっていたのですが

今回それももっとクリアになって、昨日は家に帰ってからさっそくやってみました。

ついでにずっと気になっているお金の調整も。おもしろかったです!

 

実はこの1ヶ月ぐらいずっと家に引きこもっていて

友達にセッションをしたり

来年のレコーディング、ツアーの準備にかかりっきりになっていたのですが

昨日家に帰るときに「演奏がしたい!」と心から思ったのです。

キネシのクラスがあまりに楽しかったので

音楽よりもキネシ側に心が傾くのかなと思っていたので意外でしたが・・・

これからも心が思うままに自由に生きていきたいと改めて思った一日でした。

のりこさん、おさむさん、みなさん、どうもありがとうございました!

 

このクラスには、ミュージシャン、ジュエリーデザイナー

メイクアップアーティストなど様々な分野の方が参加されていて

皆さん、キネシオロジーへのモチベーションが上がっているのは

とても嬉しいことなんですが、中にはハマりすぎてしまって

本来、その方が魂レベルのワークとしてやりたいこと、やるべきことをやらずに

キネシばかりやっている状態になっていた方もいました。

もちろん、そういう時期もそれはそれでいいのですが

キネシで不要なものが手放されるにつれて

本来、その方が本当にやりたいことへの情熱が戻ってくるので

バランスが取れてくるのです。

キネシオロジーは、それぞれの分野ややりたいことをサポートしたり

さらに可能性を広げていくためのツールですから。

もちろん、私のようにキネシやヒーリング自体が魂レベルでやりたいことであれば

ずっと、ハマっていることにもなるんですけどねウィンク

 

ここで話題となっている、おさむのデモセッションというのは何かと言いますと

このクラスの数日前におさむは、ある場所に出かけて

スペースクリアリングのお仕事をしてきたのですが

そこに結構たくさんの霊的なエネルギーがあったらしく

そこでお土産というか、幾つか付けて戻ってきていました。

まあ、こんなことは特に珍しいことでもなく、

普通は自己ヒーリングで、さっと外せるわけですが

今回は、クラスのデモセッションで、おさむにデモになってもらうことにしたので

ちょうど、おさむはクラスが終わるまで、人へのセッションがなかったこともあり

「お、じゃあ、それまで(霊を)外さずに取っておくわ~」

ということで、霊を取らずに、そのままにしてあったわけです。

多分、私だったら、自分のものではないエネルギーがいると居心地が悪いので

さっさと外すと思うのですが

おさむは、みんなの前のデモセッションで

霊とともに自分の問題をさらけ出しても全く平気というか

むしろ喜んでる風なおさむって

さすがというのか、変というのか。

 

そして、おさむをデモとしてセッションをスタートしてみると

出てくる出てくる、、、ショック

このクラスに参加されている方のほとんどはエンパス体質なので

セッションがスタートして、私が霊的なエネルギーの情報に

アクセスした途端、それを見ていた皆さんから
頭が痛くなったとか、
気分が悪くなったとか、目の奥が痛むとか

いう声が上がり、すぐに反応が起こるのはすごいなあと。

キネシにおいては
「筋反射で情報を上げること=闇(隠れているもの)に光を当てていく」

ということなのですが、

その情報にアクセスすると、それがエネルギーとともに

一時的に表面に浮上してくるので、調整が終わるまでは

その重いエネルギーがそのあたりに充満するわけです。

このデモで、私がおさむの上でチューニングフォークを鳴らす度に

「あ、また少し軽くなった」などとそのエネルギーの違いを

肌で感じてもらえたのも良かったし 

エンパス体質であれば、すぐにそのエネルギーの影響を受けてしまいますが

その要因がわかって解除する方法もわかっていれば

何も怖くはないということもわかってもらえたので

おさむが身体張って(なのか?)デモになった甲斐もあったなあと。

そして、こちらはクラスの翌日の投稿から。

先日まで他の人へのヒーリングは楽しいけど

自己ヒーリングは苦手と言われていた方でした。

 

昨日、Yさんの統合セッションでスッキリ感満載だったのですが

朝起きたら頭にもや、肩に重い感じ。

これって今までだと、ひどい偏頭痛のサインなので

急いで痛み止めコースなのですが、今朝は迷わず自己ヒーリングGO!  

お腹空いてたのにもかかわらずじっくり向き合い

満足の自己ヒーリングができました! 

考えすぎ、満たされることを妨げるなどのサバイバルがたくさん出てきました。

あと自己価値に関することもたくさん。

セッション自体は2時間近くだったのだけど

要員を上げていくうちに頭がだんだんスッキリしているのを感じて

わー、It's happening!と静かな感動がありましたw

頭の痛みはすっかりとれ、視界が大きく広がった後引いたマップカードはWide Open

なんか朝からうきうきです~

 

薬を使わないで、身体の不調を癒していく

そして、そのプロセスの中で

必ず、精神的、エネルギー的な要因が出てくるので

それも一緒にワークしていくと、前よりもさらに楽に軽くなってゆく。

それがわかれば、身体の不調や病気というのが

単に自分の本質からサインであることがわかるし

悪いもの、と捉えなくなるのです。

そうやって、自己ヒーリングの楽しさ、素晴らしさを知ると

筋反射は、日々の生活の中で誰よりも相談できる親友となるんですよね〜。

 

ということで、このクラスは、今年10月に

東京でクラスを受けた方たちにもきっと必要だなあと。

今すぐ飛んでいきたい気持ちですが、私のスケジュール上

できるのは来年の秋で

その時は、復習&中級クラスという形で行うことになりそうです。

 

ということで、今年も残りあと少し。

やりすぎにはくれぐれも注意して(⬅︎私への警告)楽しんで行きましょうねワイングラス 







最終更新日  2016年12月10日 23時36分46秒
コメント(6) | コメントを書く
2016年11月11日

今日は、来年2月にハワイ島で行われるリトリート、及び

多次元キネシオロジーのクラス(旧キネシオロジー初級クラス)のご案内です。

リトリートの場所は、ハワイ島のヒロサイドで

ヒロの街から車で45分ぐらいのところにあるカポホという森と海のそばの

一軒家をお借りして行います。

ここは、水族館のように魚がたくさんいる岩場のビーチが

この一軒家から歩いて数分のところにあり

今年、海が怖かった私が夢中になって泳いだところです。

このビーチには、セッションの合間に歩いていけますし

また、森の中の温泉も車で数分のところにあり、セッションの合間に

送り迎えができますから、場所的にも最高です。

リトリートをする場所は、以前から探していたものの、ピンと来るものが見つからず
そのまま保留になっていたのですが
ちょうど、私と修が10月に東京に出発する前日に見つかり
その日のうちに、契約して決まったところです。










さて、日程は

第1班 2月4日(到着日)~2月10日(出発日)

第2班 2月12日(到着日)~2月21日(出発日)

第3班 2月23日(到着日)~3月1日(出発日)

第1班、第3班が今年と同じく6泊7日のリトリート

第2班は、9泊10日のリトリート+キネシオロジークラスです。

それぞれ、定員は各6名です。

実は、一昨日に送ったメールでの先行予約の後

すでに各班ともに、残席は1つか2つになっているのですが

キャンセル待ちも含め、お申し込みを受け付けることにして

ブログで告知することにしました。

また、今年の9月、10月に行った初級クラスのことは、ブログにも何度かアップしたように

かなりディープなワークとなり「初級とはとても言い難い」という

みなさんからの声もあったので、今回は適当に「多次元キネシオロジークラス」

と名づけてみましたが、もちろん、初めて筋反射を取る人にも対応していますし

基本的なキネシオロジ-の基礎からスタートします。

(二日目から、いきなり上級クラスレベルのワークになるけど^^)

さらに、今回のクラスは、人数が6人限定と少ないですし、リトリート型ですので

かなりみっちりとワークすることになるのではないかと。

(きゃ~リトリートという名の強化合宿か?あっかんべー)

このクラスで学ぶ内容に関しては、先日、東京でのクラスの告知した際の

内容のブログを参考までに。

http://plaza.rakuten.co.jp/reikisolyluna/diary/201607080000/

さて、第1班と第3班の主なスケジュールは

1日目 リトリート到着日。ヒロ空港にお迎えにまいります。

    この日、到着後はビーチや散策などゆっくりと過ごして頂きます。

2日目 セッション+自由時間

3日目 セッション+自由時間

4日目 オフ日(セッションがない日)

    みんなで火山や自然を回ったり、そこで修のサウンドヒーリングを聞いたり

    ヒロの街でお買い物したりします(まだはっきりとは予定は決まっていません)

    尚、この日の夕食はレストランになりますワイングラス

5日目 セッション+自由時間 

6日目 セッション+自由時間 最終日打ち上げワイングラス(酒マーク)

7日目 リトリート出発日。朝食後、ヒロ空港までお送りします。

となります。

セッションは、1日1回、修と私のセッションを交互に受けていただきます。

また第2班のスケジュールは

1日目 リトリート到着日 ヒロ空港にお迎えにまいります。

    この日、到着後はビーチや散策などゆっくりと過ごして頂きます。

2日目 セッション+自由時間

3日目 セッション+自由時間

4日目 クラススタート 9時から6時頃まで

5日目 クラス2日目  9時から6時頃まで 

6日目 クラス3日目  9時から6時頃まで

7日目 オフ日(セッションもクラスもない日)

    みんなで火山や自然を回ったり、そこで修のサウンドヒーリングを聞いたり

    ヒロの街がお買い物したりします(まだはっきりとは予定は決まっていません)

    尚、この日の夕食はレストランになりますワイングラス

8日目 クラス4日目  9時から6時頃まで 

9日目 クラス5日目  9時から6時頃まで 最終日打ち上げワイングラス

10日目 出発日。朝食後、ヒロ空港までお送りします。

食事は、第1~3班ともに1日3食

これまでのリトリートと同じように

日本から、ゆうきちゃんとハルマくんをスタッフとして呼んでいますので

美味しくて健康的な食事を提供することができます。

料金は

第1班と第3班(リトリートのみ)は2650ドル

第2班(リトリート+クラス)は3950ドル 

<料金に含まれるもの>

ヒロ空港からの送迎

1日3食の食事

二人一部屋での宿泊

キネシオロジー及びフィボナッチヒーリングのセッション費

(第2班はクラスの料金も含まれます)

火山やショッピングなどへの送迎

<料金に含まれないもの>

ハワイのヒロ空港までの航空運賃

4日目(第2班は7日目)のレストランでの夕食代

ということで、お申し込み(何班での参加希望か明記してください)

またはご質問など、私、及び修の方にメールくださいね。

(二人当てにお願いします)

norico1@earthlink.net

osamusic@earthlink.net

来年はどなたとハワイでお会いして、一緒に冒険していくことになるのか

 ワクワク楽しみにしています~ダブルハート











最終更新日  2016年11月11日 20時02分46秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年10月18日
今日はおさむのイベントの告知です。

これを読んでいる方の中で阿蘇近郊に住んでいる方が
いらっしゃるのかわからないのですが、参加できる方は是非♪
私も参加しますので、そこでお会いできたら嬉しいです。

おさむのブログから

10月27日
サウンドヒーリングセレモニー

即興吟遊詩人 Osamu の Sound Healing in Aso



Osamu  本名 森山修 NY在住

14 歳の頃ギターを弾き始めて以来、音楽と共に生きる。
2005 年にレイキを始めヒーリングの世界に興味を持ち始め
同時に昔から求めていたスピリチュアルな世界を探求する。

2008 年にニューメキシコとアリゾナを巡礼をきっかけに
ネイティブアメリカン・フルートを手にし、音楽の可能性を広げて以来、
サウンドヒーリングの世界に入り、クリスタルボウルや打楽器等、様々な楽器で演奏を始める。


<ワークの趣旨> 
肉体、精神、魂、霊的、レベルでのエネルギー浄化 
土地の波動の浄化
*各自が横たわるか、リラックスした状態で、 様々な楽器の波動に浸ります。 

[日時]
2016 10 27 日 ドアオープン 13:00 開演 13:30~15:30
[演奏] Osamu
[参加費] 無料 ※ヨガマット(または厚手のタオルなど)をご持参ください。
[定員]
25

[会場へのアクセス] 里の駅
たにやま

869-1601 熊本県阿蘇郡高森町上色見1388−1

Web:http://taniyama.aso3.jp/

阿蘇で今この時、音で繋がる。
心地よい音のバイブレーション 深い癒しのリラクゼーション空間です。

お申し込みはメールで受け付け中 (やまぐちよしこ)
メール: asogreenstar@yahoo.co.jp 
 電話: 070-6650-5692
Web: http://www.motherearthsound.com/ 








最終更新日  2016年10月19日 07時38分09秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全30件 (30件中 1-10件目)

1 2 3 >


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.