3814971 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

からだと宇宙とヒーリングと

PR

全59件 (59件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

リトリート&ワークショップ

2020年02月08日
XML

昨日に引き続きのブログアップですが

今回は、ニューヨークでの多次元キネシオロジーのベーシッククラス開催のお知らせです。

先日、自己ヒーリングの時に「決断を先延ばしにするな」という

メッセージが出てきて、何の決断かと聞いてみたら

まずは、スケジュールをしっかり決めること

そして、ニューヨークで、ベーシッククラスを開催すること、ということで

ガイドのアドバイスによって、3月末に開くことになりました。

クラスのスケジュールを決まってないので、セッションのご予約も取れないという状態でしたが

日々のセッションや、会社の手続き云々で、スケジュールを決めるのが

すっかり先延ばしになってました。

先延ばしと宇宙系遺伝について、先日、アップしたばかりですが

自分のことじゃ~パンチとツッコミどころです。

さて、ガイドからクラスを開けと言われたものの

私は最近、新規の方のご予約はほとんど取ってないし

セッションは、これまでクラスやセッションを受けたことがある方を中心にやってきたこともあり

ニューヨークでは、私の周りには、クラスを希望している人は数人しかいなかったので

クラスは、まあいいかと先延ばしにしていたこともあったわけで

ガイドから言われて、慌てて、これまで、ニューヨークでのクラス希望と

言われた方たちからのメールを探したものの、2、3人しか見つからず。

それで、とりあえず、ブログで告知してみようと。

(ああ、メールをくださっていた方、ごめんなさい)

日本から参加希望の方も受け付けますので、お知らせください。

ニューヨークでは、長野のクラスの定員の半分ですから

蜜にクラスを受講できますし、(密が蜂蜜の蜜になった)

希望人数にもよりますが、クラス前のセッションも可能です。

クラス内容は、これまでとほとんど同じなので
去年の長野のクラスの募集の際のリンクを貼っておきますね。

(一部、変えたところもありますが)

https://plaza.rakuten.co.jp/reikisolyluna/diary/201905160000/

クラスの日程、および料金などは、またメールを差し上げますので

とりあえず、こちらまでお知らせください。

(クラスのことに関しては、3日以内にお返事を差し上げます)

norico1@earthlink.net


それにしても、忙しかったとはいえ
改めて、何というオーガナイズ力の欠如かしらと。

先日も、「何年前に、セッションのウェイティングリストに乗せてもらったのですが

それはどうなったでしょうか?」

というお問い合わせのメールがあり

いや、もう実は、セッションのご予約のウェイティングリスト、一応、作ってはいたものの

いつの間にか、あってないようなものになってしまっていて

例え、空きの日にちができても、何年も前からのリストに
今さら、どなたに送ったらいいのかわからず泣き笑い

とりあえず、その時々で、メールをくださった方に、予約可能日をお知らせする

みたいな感じで、その場しのぎみたいな感じになってました。

もし、これを読まれている方の中で、これまでにウェイティングリストに乗せてもらったけど

一度も連絡来なかった、という方がいらっしゃったら(ああ、ごめんなさい雫

そして、まだセッションをご希望の方は、お知らせくださいね。

ガイド曰く、今年は、新規の方のご予約も、取っていく必要があるとのことなのだけど

今は、クラスを受けられた方たちのご予約さえ、全ては取れていない状態なので

このあたりをどうしたらいいのか、一つアイデアはあるので

それに向けて、準備する予定です。

今年は、会社設立もしたことだし

このあたり、きちんとしたいと思います(キリっ)←って当たり前のことじゃ~~パンチ

ということで、ニューヨーク開催の多次元キネシオロジーベーシッククラス
ご希望の方は、ぜひ。


PS
長野のクラスの募集は、4月ぐらいになると思います。







最終更新日  2020年02月10日 13時56分03秒
コメント(5) | コメントを書く


2019年09月10日
クラスが終わってしばらく経った今も

長野のクラスのご感想、たくさん送って頂いています。

まだ全ての方にお返事ができていないのですが

とても嬉しく読ませていただいています。

送ってくださった方々、ありがとうございます!!

さて、今日も長野のクラスのことを。

この滞在の中で、いろんなことがあったのですが

その中で、私にとって、とても印象に残ったデモセッションがありました。

彼女は、今年に入って、大好きなお母さまを急病で亡くされるという

とても悲しいご経験をされたのですが

その後、この長野のプラクティカルクラスを再受講されることに決められて

いろんな想いを持ちつつ、参加してくれました。

そして、プラクティカルクラスの最終日に

私がフルセッションの流れを説明するため、デモセッションを行ったのですが

そのデモとしてガイドから選ばれたのが、彼女でした。

まずは、送ってきてくださった感想から。

ちょっと長いですが、ほとんどそのままにシェアさせてくださいね。

のりこさん 

3週間のクラス、お疲れ様でした☆

そして、素晴らしい1週間、

本当に本当にありがとうございました。

再受講のチャンスをいただけて、本当によかったと思っています。

昨年のニューヨークの旅も忘れられないですが、

もしかしたらそれ以上かもしれないほど、

私にとって、祝福と愛に満ちた時間でした。

元日の夕方に、母が倒れ、

その翌朝に息を引き取ったので、

最終日の2日は、月命日でした。

だから、朝起きて、ダマヌールのらせんサークルで、

鎮魂の祈りと、感謝の祈りを捧げました・・・。

母の死後、両親の遺品を整理し、

母に代わって祖母を看取り、

そして、私自身の引っ越し、転職・・・と、

クラスまでは目まぐるしい日々で、

「もう甘えられる人はいない、

1人で頑張って生きていかなければ」

そう思って、気を強く持つ毎日だったから、

のりこさんに再会し、母の話をしたことで

つい気が緩んでしまい、

アチューメント直前というのに、

母を思い出してぽろぽろと涙、胸はざわざわ・・・。

らせんサークルの中央で、

のりこさんが、バツのサインをしたとき、

ああ、やっぱり・・・・と。

その時にのりこさんが、

セッションした方がいいね・・・

と言ってくださったけれど、

「自己ヒーリング頑張るから、大丈夫です!」と

強がりを言う自分がいました。

でも、1日目から実践がフルセッション(!)だったし、

このセッションで大きな気づきと解放が起き、

アチューメントの再許可をもらうことが出来ました。

(今思い返しても、あれが1日目なんだから、

 多次元キネシのすごさを実感します・・・・)

そして、アチューメントの時に、

「喜びと幸せの人生をサポートするために、

 私はいる」

とガイドが言ってくれた時、

私は、1人じゃない。

1人で頑張らなくてもいい。

もっと、宇宙や周囲の人から、

愛と優しさを受け取ってもいいのだ。

そう感じて、胸が満たされて・・・

だから、その後のクラスでの実践では、

不思議と安心感があって、

筋反射には自信が無いのは変わらないし、

ブロッキングも沢山起きていたけれど、

今までと違って落ち着いていて、

ガイドのサポートを感じながら  

淡々と身体の指示に従うことが出来ました。

何より、2年前より

更に洗練されたシステムになっていたから、

モードに従えば、道に迷うことが少なく、

楽しくて仕方が無かったです。

(モードは本当に便利ですね!!!!) 

 

そして、ペアになる人が持つ問題は、

かつての私が経験した問題であることが多く、

だからこそ、私と同じように、

きっと抜けられると信頼できたし、

寄り添うことが出来た気がします。

私のダークサイドの人生が、

ヒーリングをする上で、

やっぱり宝物になっていたのです・・・。

それにしても、今回はクラスを通じて、

「母と子の愛」

宇宙系的には、

「リラ」「金星」がテーマだったなあ・・・と。

最後のデモセッションは、

ニューヨークのセッションの続きでもあり、

そして、母からの贈り物でもあった気がしています。

母の家系の女性は献身的な人が多く、

母は特に親戚の中でも、

そして近隣でも評判なほど、

献身的な人でした。

母を火葬したとき、

60代というのにあまりに骨が少なくて、

誰もがそれを見て息を呑んだのでした。

文字通り「身を粉にして」献身していたのだと、

その骨が語っていたからです。

母には、

もっと楽に生きて欲しかったし、

ただ生きていてくれれば、

笑顔でそばにいてくれれば、それでよかったのに、

どうしてそんなにまでして、

人のために生きたの・・・と、

思っていたから、

のりこさんにセッション中に言われたことが、

本当に自分の心の声であったこともあり、

人前にもかかわらず、

大声で泣くことが出来ました。

それと同時に、

沢山の気づきがもたらされ、

私というたった1人の人間が、

沢山の次元と繋がっていることも、

実感することになったのですが、

これは、上手く言葉にすることはできません。

ただ、だからこそ、

リラ遺伝や金星遺伝の典型のような人が、

もっと、自己の喜びと幸せの人生を歩めるように、

私自身が、今ここから、

喜びを生きることを受け入れようと、

それが、

愛する母への恩返しでもあると、思いました。

このデモセッションのあとで、

ペアを組んだ相手が、

「ザ・リラ」のお母さんだったことも、

私にとっては最大のギフトで、

セッションをさせていただく私が、

沢山癒されて、感謝の気持ちで満たされました。

伝えたい想いは沢山あって、

書きたいことがいっぱいあるのですが(^^;

これくらいにしておきます・・・・。

今回のクラスは、最初から最後まで、

本当に宇宙からのサポートがいっぱいで、

愛に満ちていました。

そして参加者ひとりひとりが、

愛おしくてハグしたい人ばかりで、

私、人嫌いだったのに、

集団が大嫌いだったのに、

そんなことが嘘のように感じられます。

この世が「地の獄」と思っていた私でしたが、

この世を「天界」に出来る可能性を見出しています。

本当にそれは、私にとってはすごいこと・・・・。

多次元キネシは、深い気づきが起きるし、

これを学べてよかったと思っています。

正直、何度も何度も再受講したいくらい、

最高のクラスだと思います。

そして、セッションが沢山したいし、

沢山、自分にもヒーリングしたい!

本当に本当に×∞ ありがとうございました。

またのりこさん、おさむさんに会える日を楽しみにしています。

のりこさん、大好きです!!!

沢山の感謝を込めて

彼女は、初日にはすでにアルクトゥルスのアチューメントの許可は降りていたので

この日、二人でダマヌールの螺旋に歩いて行ったのですが

私がつい彼女のお母さんの話題をしてしまったのが

うかつだったと言えるかもしれません。

(それもまた必然の流れだったと言えるのだけど)

アチューメントのプロセスは

まず、ダマヌールの螺旋に私が先に入り、螺旋の中央に立って

私がガイドと繋がり、ガイドからの合図を待って、ゴーサインが出れば

アチューメントを受ける方が、螺旋に入ってくる、ということになっているのですが

この時、私のガイドはゴーサインを出しませんでした。

私からは、立っている彼女の姿は見えなかったので、一体どうしたのかしら?と思いつつ

いくらガイドに聞いても「今はアチューメントできない」のサイン。

今朝までは、ゴーサインが出ていたのに?と思いつつ

「仕切り直しなさい」というガイドの声に従って、私は螺旋から出てみると

彼女は、お母さんのことを思い出されて、泣いていたのでした。

ダマヌールの螺旋に入ってアチューメントを受けるためには

感情的、精神的、エネルギー的に安定していることが必要なのです。

でも、その日の午後からのフルセッションの組み合わせが良かったこともあって

そこで彼女の解放も起きて、再びアチューメントの許可が降り

その次のアチューメントは、問題なく行われたのでした。

彼女自身の成長は、以前のクラスの時と比較しても素晴らしく

クラスの間中、彼女は、セッションを楽しんでいるのが感じられたし

私も安心して彼女を見守っていることができました。

そして、最終日のデモセッション。

ちなみに、デモとして選ぶ方は、私は去年は

全てアルクトゥルスのガイドに聞いて選んでいたのですが

今年からの新しい今の私のガイドは、ちょっと人間慣れ?していないのか

私のクラスでのデモの意図が上手く伝わらないこともあったため

ベーシッククラスの後半からは、私はガイドとトートとハイヤーセルフに聞いて

その3つの答えを検討して決めるようにしていました。

これは毎回のように思うのですが

デモセッションは、何が飛び出すのか、やってみないとわからないし

私はデモをしながら、それをみているクラスのみんなに

わかりやすく解説しながら進める必要があるので

デモとなる人を誰を選ぶかは、とても大切なのです。

ベーシックでデモとしてガイドが選んだ人の中には

「え!この問題をデモで取り扱うのは、ちょっと無理だよ~」

と私が内心、ガイドに文句を言いたくなるようなケースもありました。泣き笑い

(でも、それも後から、ガイドの意図を理解することになったのですが)

でも、この最終日のデモセッションは

アルクトゥルスのガイドもトートも私のハイヤーセルフも

デモとして選んだのは、彼女だったので

きっと、このデモは彼女が最適なのだろうな、と感じました。

さて、まず、デモセッションがスタートして

このセッションで何を調整したい?と尋ねる私に対して、彼女は

「ヒーリングにコミットメントできるようになりたい」とのことだったので

それが、このセッションのテーマとなりました。

そして、最初に出てきたのが

「リラ遺伝」の影響でした。

リラ遺伝は、正義感、責任感が強く、人に献身的に尽くすタイプで

生真面目、融通が利かない、困った人が周りにいると助けずにはいられない

助けられなければ罪悪感になる、という性質です。

彼女は、どんな仕事であっても、必要以上に責任を負ってしまい

頑張りすぎてしまう性質で、時には自己犠牲にまでなってしまうので

だからこそ、ヒーリングを気楽に行うことができず

コミットメントできないことになっていたのでした。

そして、そのリラ遺伝の影響が強く出た要因の一つとして

彼女の亡くなったお母さんとのエネルギーコードが出てきました。

ちなみに、エネルギーコードは、亡くなった人とも繋がります。

エネルギーコードの解除は、お互いにマイナスの影響を与えあっている繋がりを

解除することで、縁を切ることとは違います。

彼女とお母さんは、今生だけでなく、過去世からの深い’繋がりによって

彼女に影響を与えていました。

お母さんが、徹底的に人に尽くす人だったからこそ

彼女も、人に尽くさないでいられなかったし、それが罪悪感や不十分感にも

なっていました。

ただ、生きていてくれるだけでよかったのに。

その母への思いを、そのまま彼女自身に向けていく必要があること

彼女自身が自分の幸せのために生きることが

天で見守っている母にとっての幸せとなること。

そんなメッセージが、彼女の身体から出てきました。

「お母さ~ん」

みんなが見守るデモセッションで

彼女は自分の感情を自由に解放し、ワンワン泣いて

私もボロボロ泣きました。

それにしても、なんという母娘の絆の深さなのかしら。

そう感じずには入られませんでした。

彼女の母への強い想い、そして母の娘への強い想い

それがひしひしと伝わってきて

そこにいるクラスのみんなが、涙しました。

それは、決して、かわいそうだから、というのではなく

母と娘のお互いの愛の深さと、生きていることの美しさ

命の尊さへの感動だったように思います。

デモで、あれだけ感情を解放できる人は、そうそういないのではないかなあと。

またクラスの参加者の中には、彼女と同じような意識を持っていた方が何人もいたこともあって
そういう意味でも、やはり、彼女は、デモとして最適な方でした。

彼女のリラ遺伝やその他、いくつかの遺伝のインプラントなどを解除し

インナーチャイルドを癒し、母とのエネルギーコードを解除し

彼女のヒーラーとしての前世や、人を助けられなかった罪悪感を癒し

ヒーリングに対してコミットできない要因となるサバイバルプログラムを解除して

1時間半のデモセッションは終わりました。

何人かの方が、まるで壮大な映画をみているようだった

と、このデモセッションに対してコメントしてくれたのですが

本当に、私にとっても、魂が震えるようなセッションでした。

このセッションの間、聖マリアやハトホルなど、慈愛のアセンセッドマスターたちの

愛とサポートも強く感じることができて

それもまた大きな祝福となりました。

普通のデモセッションで、他の人たちが見ている中では

そこまで深く追求できないこともあるのですが

今回のクラスの参加者は、リラ遺伝を持っている人が多かったこともあって

参加者の多くが、彼女の気持ちに共鳴されていたのが

デモをしながら、伝わってきました。

だからこそ、彼女も、思い切り

自分自身を解放することができたのではないかなあと思います。

そして、彼女だけでなく、今回の長野のクラスは、本当にいろんなドラマがありました。

全てをここでご紹介することはできませんが

私は今でも、一つ一つを思い出せば、涙が溢れてきます。

もちろん、その時々は、それぞれにとって、苦しみや悲しみや怒りなど

決して喜びだけではないですが

でも、そこから抜けてみると、全ては美しい物語となるのだなあと。

そこから抜けてみると、、、

そう簡単に言っても

その渦中にいる時には、そんな日のことは想像もできないものなのだけど。

今、一人ぽっちだと感じている方
誰からも守られていないように感じている方
喜びや豊かさや幸せ感が、自分の人生に欠けていると感じている方。

そういう方たちが、この彼女のように
人とのつながり感や守られている感覚を持つこと
地の獄から、天界へと、変化する時が訪れますように。







最終更新日  2019年09月11日 22時12分17秒
コメント(4) | コメントを書く
2019年09月06日
​​​​​​

昨日から、おさむは東京へと向かい

私の方は、母が白馬にやってきています。

水輪では、5分の休みも取れなかったのですが

白馬に来て、トレッキングしたり
森の中のホテルで、母とおしゃべりしたり

以前に頂いていたメールを、改めて読み返したり

ようやくバケーション気分になっています。

(今、このブログをアップしているホテルの部屋のバルコニーにて)




さて、水輪でのクラスを振り返りつつ

頂いた感想とともに、つれづれと。

まずは第2班。

この第2班は、初日にみなさんとお会いした時に

これは、ちょっと厳しいクラスになりそうだなあと予想していた通り

かなり苦戦しました。

クラスの内容の理解が難しい方や、筋反射が全くわからないという方が

これまでのクラスより多かったように思います。

多次元キネシオロジーの場合

そのコンセプト(多次元的に世界を捉えること)を理解する力が

そのまま筋反射を取る力になるのですが

遺伝や脳の要因などから、二元的な思考になりがちの方は

難しくなってしまうのです。

これは全てのクラスに言えることですが

人によっては、この多次元キネシのヒーリングのプロセスを

とてもシンプルだと感じる人もいれば

逆に、とても難しく感じてしまう方もいるので

ほんと、人それぞれ違うなあ、と毎回のように思います。

でも、そのプロセスを通じて、今の自分がどんな状態であるかを知ることにも

つながるので、それはそれで必要な経験でもあるのではないかなあと。

今回も参加者の方から、たくさん感想を頂きましたので

何人かの方から、掲載の許可を頂いたので、シェアしますね。

まずは、第2班のベーシッククラスに参加された方から。

あの異次元の時間から早1週間。

日常に戻りましたが、今までとは感覚がまるで違います。

朝晩2回自己ヒーリングをしてますが

つくづく一つ一つの手法がシンプルでいてパワフルだなあと感じます。

これまでいろいろなヒーリングに触れてきましたが

ここまで扱いやすく、かつ効果を感じたものはありません。

のりこさんの探求心から育まれたものを、こんなに惜しみなく与えて頂き

本当に感謝ばかりです。

やりようがあるという事は、本当に救いです。

アセンデッドマスターヒーリングにかなり助けられています。

のりこさんの以前のブログで『輪廻の外の存在にサポートを頼む』

という言葉がありましたが、ヒーリングの際に手にしっかりエネルギーを感じるので

そんな存在が本当にこんなに簡単に応じてくれるんだ!と知りビックリしてます。

宇宙系の影響でブロッキングがおきて前に進めなくなっても

さらっと流してくれるので

どうかこの素晴らしい方法が、必要な方全てにさらに広がり届きますように。

これからも応援しています!

参加できて本当に良かった!!

彼女は、初日のクラスの時に、ちょっと緊張されているのが伝わってきたのですが

日ごとにどんどん雰囲気がやわらくなっていって

最終日は、目がキラキラと輝いていたのが、とても印象的でした。

今回の長野のベーシッククラスから、アセンセットマスターヒーリングを

取り入れてみたのですが

この第2班の時のアセンテッドマスターヒーリングの際

半分ぐらいの方は、ブロッキングが起きていて、うまくアセンテッドマスターと

つながることができていなかったのですが

彼女は、しっかりとつながっていたので、もともと感性が高い方なのだなあと感じます。

ちなみに、どんな人でもアセンテッドマスターや天使のサポートを

受け取ることは可能ですが

この第2班の時に、なぜ?サポートを受け取れていない人がいるの?と、尋ねてみたら

サナートクマラから

「高次元の存在とのつながりを妨げるエネルギー

(例えば、グレイ系やレプティリアン系、ニビルなど)

が強い人は、サポートすることが難しい」

というメッセージがありました。

もちろん、それでもサポートを受けられることもあるし

少しずつでも、ブロックが外れていけば、どんどんつながりは深くなるので

例え、上手く感じられない人でも、諦めずに続けてほしいなあと思います。

さて、こちらは第1班のベーシッククラスに参加された方から。

あれから2週間も経ってしまいましたが、色々な変化や気付きがありましたので、

感想をお伝えしたく、メールしています。

5日間のベーシッククラス、本当にありがとうございました。

仕事柄、人の身体に触れる機会はあるものの、ヒーリングは初心者だったので

不安だったんですが、何もかもが新鮮であっという間の5日間でした。

実習中の交換セッションでは、同じようなテーマを抱えている方と組むことになり、

自分ひとりでは中々たどり着けなかったインナーチャイルドの声に気付き、

やっと抱きしめてあげることができました。

交換セッションでは、なぜか毎回、涙のセッションになってしまいましたが(^_^;)

調整中に思ったのは、受ける側だけでなく、セッションをさせてもらう方も、

すごく癒されたり、大きな気付きがあるんだなということです。

思い返してみても、のりこさんのペア割が本当に絶妙でした。

ありがとうございます!!

おさむさんのサウンドヒーリングも、初めての体験で。

優しい音に包まれて、身体の奥からもう大丈夫だよという安心感が

ぶわぁぁっと広がって、涙がいっぱいあふれてきました。

自分の感情をただただ感じる時間を持てたことが、すごく良かったです。

クラスでの交換セッションや、自己ヒーリングの効果なのか、

長野から帰ったあと、嬉しい変化がたくさんありました。

以前だったら「小さな子供がいるのに、泊まりで勉強に行くなんて!」

と言っていただろう母が、参加できてよかったねと言ってくれたり。

いつもは、甘えたくてボロボロとごはんをこぼしながら食事していた息子が、

一人できれいにご飯を食べ終えることができるようになっていたり。

何より私自身が子供と一緒にいて、イライラすることがほとんどなくなりました。

インナーチャイルドが癒された事と、アセンテッドマスターヒーリングのおかげで、

ダークサイドの気質が少し落ち着いたのかもしれません。

クラスの中では、慈愛と言ってもらいましたが、自分の中にダークサイドの 気質が  

たくさんあることは自覚していたので、嬉しい変化です。

ベーシッククラス終了後は、今までは日常的に、自分の感覚を半分くらい

閉ざした状態で生活していたんだなぁということを感じるようになりました。

それから、自分より他の人を優先しすぎているなぁとか、

今のは被害者意識から出た言葉だな、とか気付くようになりました。

すでに、調整したいことリストがいっぱいです(苦笑)

今までの私は、特別な才能もないし、すごくやりたい事があるわけでもない、

平凡だけどそこそこ幸せな人間だと思っていました。

でも、受け取れていなかっただけで、たくさんの可能性と愛をもらっていたし、

満たされていた事にも気付きました。

年齢や今までの生き方に関係なく、なりたい自分になれる。

今がどんな自分だったとしても、新しい可能性への扉を開くことができる。

そんな風に確信できたのは、のりこさんとおさむさん、そして一緒に学んだ

仲間たちのおかげです。

この素晴らしいヒーリングを、これからもずっと続けていきたいです。

プラクティカルクラスも、私にとってベストなタイミングで受けられるよう

調整を続けていきます。

またお会いできる日を、心待ちにしています。

本当にありがとうございました!

この方は、ヒーリングを学ぶのは、初めてだったそうですが

とてもそうとは思えない感性の持ち主で

彼女と組んだ方は、皆さん泣いてしまうので

それをみていると私まで、もらい泣きをしてしまうという

根っからのヒーラー気質という感じでした。

年齢や今までの生き方に関係なく、なりたい自分になれる。

今がどんな自分だったとしても、新しい可能性への扉を開くことができる。

このクラスを通じて、それを感じてくださったこと
とても嬉しいです。

本当に、私たちがいかに無限の可能性を秘めているのか

全ての人に体感してほしいなあと。

さて、次もベーシッククラスに参加された方から。

ベーシックでは、大変お世話になり、ありがとうございました。

ワークショップで学んだことは、まるでヒーリングの図書館のようでもあり

日々自己筋で情報を集め、紐解き、統合していくことに

ワクワクしています。

長年、セルフヒーリングも行なってきましたが

講義の中で、いくつも確認することができ

驚きとともに、ガイドの存在と導きを確信することができました。

自分への信頼が深まりました。

参加させていただいけたことに、深く感謝しています。

私は毎日自己ヒーリングに励んでおります! 

アセンデッドマスターによくお世話になっています。

次のクラスやNYでのセッションを受けられるように

しっかりと自己ヒーリングにはげんていきます!

(深夜まで、ついやってしまうのです)

この方は、他のヒーリングをされてきた方だったこともあって

すんなりと多次元キネシのコンセプトを理解されて

自分のものとされていました。

ですから、夕食後に、私の個人セッションを受ける方として

彼女がガイドから選ばれた時に

もっと他にセッションが必要そうな人たちがいる中で

「どうして彼女なのかしら?」と思いつつ、セッションを行ったわけですが

後からわかったのは、彼女自身の解放や気づきというだけではなく

私自身も、このセッションで気づくことがあったということでした。

実は、彼女のセッションをやった時に、アルクトゥルスではない

別の宇宙人ガイドの存在が明らかになり

私にとっても、その宇宙人とのつながりは

大切だったのです。


このあたりのお話は、またいつかお話するとして。

クラスの中での個人セッションは、できればみんなに受けて欲しいのですが

参加者20名に行う時間はないため

ガイドに聞いて、私とおさむが1日に1、2人をやっています。

ただ、なぜその人が選ばれたのかは、実際にセッションをやってみないと

わからないこともよくあります。

例えば、私のハイヤーセルフに聞いてみると

大抵は、体調が悪くなった人、筋反射が全く取れないという人

人とコミュニケーションが上手く取れない人、などが選ばれるのですが

ガイドに聞くと、必ずしもそういう人が選ばれるとは限らないのです。

その中で、ベーシッククラスの第1班がスタートしてすぐ

腕が全く上がらなくなってしまった方がいました。

私は、朝の授業が始まる前の45分ぐらい、彼女の身体の筋反射で見てみたのですが

ざっと浄化してみると、奥からさらにエネルギーが上がってきたので

「ああ、これは、さっと解除して治すようなものではないかも」と気づいて

ガイドに聞いてみると

「これ以上、セッションをやらない」とガイドに止められたので

それ以上のセッションをやることはできませんでした。

クラスの間の2人一組でのセッションもままならない状態の彼女をみて

なんとかしてあげたいと思いつつ、ガイドの言われたように

それ以上は、彼女のセッションはやらなかったのですが

彼女は、その肩の痛みによって、様々な気づきや学びがあったのでした。

彼女からもメッセージをいただいたので、シェアしますね。

のりこさん、1週間本当にありがとうございました。💕☺️

みんなにとても心配をかけた肩は、急激に回復に向かい

今は肘から下を普通に動かせるようにまでなりました。

両手で顔を洗ったり、右手でご飯を食べたり。🍚横になって眠ることもできます。

こんな当たり前のことが嬉しくて仕方ないです。😭

クラスの間、肩の痛みでほとんど何もできなかったことは、本当に残念でしたが

不思議と焦りの感情はなく、受け入れている自分がいました。

全てはベストのタイミングで起きる。

これを心から信頼することができている自分をひとまず褒めたい❗️(笑)

のりこさんに肩を抱いて話しかけられて

泣きながら心のうちを語る時

不思議と肩の痛みが取れることに気づき

クラスの皆に沢山ハグをしてもらいました。

暖かい皆のハグで私の肩も、インナーチャイルドも、相当癒された感があります。

痛みをきっかけに、自分の深い闇も見ることになりました。

私自身が生まれてからずっともっている人に対する無関心さ、冷たさ。

今もまだそれを受け入れることに抵抗がありますが、ライトサイドの遺伝も沢山ある

と言ってもらえたこと、私の中で、闇に刺す光明のような勇気になっていて

この冷酷な私も嫌がらずに受け入れながら

インナーチャイルドの声を拾い続けていきたい。そう思っています。

まずは我慢を止めること、言いたいことを言うこと!

心地いい環境に自分を連れて行くこと!

クラスのみんなから、本当に愛や励まし、優しさをたっぷりもらえました。

本当に恵まれたクラスだったなあ、と感謝でいっぱいです。

冷酷な私がいながらも、クラスの皆一人一人の人としての美しさが否応なく見えて

愛おしくて仕方ない、と言う相反する気持ちが成り立つのが遺伝の面白いところですね❗️

ホント、全部遺伝のせいですから❗️(笑)

ずっと会いたかったのりこさんとおさむさんと会えて

一緒に過ごせた時間が本当に宝物でした。

最後の打ち上げののりこさんはとっても可愛くて

女性性が誰より出てましたよ!(笑)飲んだ時だけ開花!?

本当にありがとうございました❗️😚

彼女は、クラスの間中、筋反射どころか、食べることも
お風呂に入って着替えることもままならなくなったため

クラスの周りの人たちから、着替えを手伝ってもらったり

食べさせてもらったり、様々なサポートを受け取ることになりました。

そして、そのプロセスこそ、彼女に取って、人の愛やサポートを受け取るために

必要なレッスンだったのだ、ということに、私は後から、気づいたのです。

だから、ガイドは、これ以上、彼女のセッションはやらないこと

と、私に伝えてきたのでした。

そして、そのレッスンを終えて、家に戻ってすぐに

彼女の肩は急激に回復に向かったのでした。

私は、以前は、クラスの参加者で、体調や気分が悪くなった人が出てくれば

できるだけセッションをやって早く回復してもらいたい、と思っていたのですが

必ずしも、それがその人に取って、必要なことだとは限らない

ということを、このクラスを通じて、改めて学びました。

クラスでは、他にもガイドから、セッションすることを止められた方が

何人かいました。

もちろん、彼女のように、痛みや不調から、何かを学ぶ必要のある人だけでなく

一度や二度のセッションでは、逆にデトックスが大きく出る可能性が高くて
選ばれないという方もいましたが

自分自身でそのプロセスを体感することが必要な方など

本当にその人に取って、必要なことしか起こらないということを

改めて感じています。

さて、2回のベーシッククラスを終え、プラクティカルクラスに入ったわけですが

プラクティカルクラスでは、去年と同じく、アルクトゥルスのアチューメントを受けて

ガイドと繋がり、アルクトゥルスヒーリングが使えるようにするわけですが

アチューメントの許可が降りた人だけしか、アチューメントを行うことはできないのが

私にとって、最大の難関でした。

実は、事前に私のガイドから

「参加者の中で、アチューメントは難しい人が何人かいる。
でも例え、アチューメントを受けられなくても

その人にとって必要なことが起こるから、それでいい」と伝えられていました。

それでも、私もおさむも、やはり全員にアチューメントを受けてほしいし

できるだけベストを尽くそうと

アチューメントの許可が降りていなかった方々に対して

夕食の後、個人セッションを行い、何人かはオッケーが出たのですが

結果的には、プラクティカルクラスの参加者20名中

アチューメントできたのは17名で

3名は、許可は下りず、アチューメントができないという結果になりました。

でも、やはり、それもその方にとって最善のことでした。

その3人の中で、お一人からメッセージをいただいたので、シェアしますね。

のりこさん、おさむさん

長時間にわたるセッション
素敵なプラクティカルクラスをありがとうございました。

自分がいかにインナーチャイルドを切り離して、分離していたかを初めて気づきました。

今まで、全く気づいてなく、自分のことを理解していませんでした。

ずっと涙が止まりません。

やっと泣けるようになったのかな、と思います。

今回、アチューメントが出来ても出来なくてもプラクティカルに参加したいと思っていました。

そして、とても深い学びがあり、本当に参加して良かったと思います。

のりこさんのセッションの後、涙がとまらなくなって

お風呂で泣き、ベッドで泣き、授業中も帰りの飛行機でも泣きっぱなしでした。

帰りにクラスの皆、のりこさんとハグしてお別れした時

感動でいっぱいになっていて

いつもどこか諦めて冷めていた自分の心が開き始めたのを感じました。

母の事が大切で大好きで助けたいと思っていたけれど

自分の接し方が逆効果になってしまっていたことも気がつきました。

私は母に心配かけたくなくて

辛い時も平気なふりをして弱音をはいたり、泣いたり出来ませんでした。

今回、アチューメントが出来なかったことを話しながら涙が出てきて

泣きながら話していたら、母がすごくしっかりして励ましてくれて

「あなたはいつも気を使って遠慮ばかりしてるけど、助けて欲しい時は助けてもらっていいんだよ」

と言われました。

立場が逆転したみたいですごく不思議な気持ちがして

私が変わればまわりも変わってくるんだなと思いました。

インナーチャイルドの自己ヒーリング、これからコツコツと頑張りたいと思っています。

自分のプロセスを信じて、多次元キネシを楽しんでいきたいです!

クラスで一緒だった皆さん。

本当にお世話になりました。

こんなに気持ちが動いて、苦しさと楽しさでいっぱいのワークショップは

初めての体験でした。

やっと自分のハートを開けるようになったと思います。

かけがえのない時間を一緒に過ごせて

とても幸せでした。

本当にありがとう。

また会えますように。

プラクティカルクラスは、宇宙系遺伝の概要について学び

アルクトゥルスヒーリングを使った
インプラントとウォークインの調整がメインになるのですが

実は、その調整のためにも
インナーチャイルドが癒されていることはとても大切なのです。

今回、やっと、彼女のインナーチャイルドの解放が起こって

最終日には、表情が全く変わっていたので、本当によかったなあと。

多分、これからさらに解放されていくことでしょう。

さて、今回参加された方の中で、ベーシッククラス再受講が一人

プラクティカルクラスの再受講の方がお一人いらっしゃったのですが

二人とも素晴らしくて、感動でした。

まずは、4年前に秋葉原でベーシッククラスを受けられた方で

今回、ベーシッククラスを再受講されて、そのあと、プラクティカルクラスも

受けられたMさんの感想から。

典子さん、修さん。

2週間、本当にありがとうございました。

ベーシックは再受講でしたが、

あのトラウマの秋葉原では理解していなかったことも

再確認することができて、やっぱり再受講してよかったなと

思っています。

ただ、それ以上に、

秋葉原では、周りばかりに気を取られて、みんなできていて私だけできていないと

比較しては落ち込んで、

気ばかり焦ってパニックになって、ついには泣き出した私が、

今回、周りの状況には目もくれず、ひたすら自分に集中できたことと、

比較したとしても、それは前の自分との比較で
周りと比べることがなくなっていたことに気づきました。

落ち着いてやれていたことと、たとえ焦ったとしても、なんとかなる!と、

どこかで安心感すらあって、

毎日なにかしら、自分の変化を感じていて、驚きと嬉しさの連続でした。

今回、再受講することがなかったら、きっと講座はトラウマのままだったでしょうし、

自分の変化も感じることもなかったと思うので、

参加できて本当に良かったと思っています。

ベーシックでの経験は、自分への大きな自信と信頼に繋がりました。

典子さんがよくおっしゃる、

可能性は無限に高められるという言葉が、本当にそうだなと身に染みております。

宇宙系遺伝や、典子さんやみんなのお話しを通して、

どんどんと世界やものの見方が拡大していくのを感じて、

こんな世界が本当にあるのだと、うまく言えませんが

これからどんな可能性が待っているのか?楽しみでしょうがないです!

そして、もっと人間を楽しもうと思います。

一緒に過ごしたみんなも特別なくらいいい人たちばかりで、居心地がよく、

こんなに合宿が楽しく過ごせたことも人生初でして、

ステキな仲間に出会えたことをとても嬉しく思っています。

心から感謝しています。

そしてプラクティカル。

新しい概念を学ぶにあたり、またついていけなくなるのではないかという、

秋葉原のトラウマが若干蘇りましたが、

それでも、どこかでなんとかなるという安心感はずっとありました。

そして実際、なんとかなるという。

どんなに頭の中で大丈夫と言い聞かせていても、心が不安だとそれが

現実に現れてきますし、

あらためて、自分の内側にどんな意識があるのか、見つめて癒して

解放していくことの大切さを感じました。

今まで、ガイドとコンタクトとってもよく分からないなで終わっていたことも、

このあたりからハッキリとしたメッセージをもらうことが多くなってきたり、

存在やサポートを体感できたことで、

ガイドとの繋がりをさらに強めていくことにもなるのだと感じています。

セッションを通して、アルクトゥルスヒーリングの凄さも実感しましたし、

私だけでなく、受ける側の仲間の体感もシェアしてもらって、

疑っていたわけではないですが、確証できたという意味で、本当にサポートしてくれて

いるのだなと思うと、

もう、ガイドさんには感謝でいっぱいで、涙が溢れて仕方ありませんでした。

秋葉原で学ぶことをあきらめなくて、本当に良かった。

プラクティカルで一緒に学んだみんなにも本当に感謝です。

どれだけ心強かったか。

修さんのゆるキャラのおかげで、楽しくて楽しくて。

毎日、笑ってばかりでした。

最後の最後までなぜか笑ってお別れするというね。

楽しい時間を本当にありがとうございます。

典子さんにちょいちょい怒られていた姿も忘れられません(笑

典子さんと修さんのクラス中、ラブラブしている姿を見て、

やっぱり素敵なご夫婦だな~って。

私も見習いつつ、まずは自己ヒーリングと

夫へもセッションしてみようかなという気になっています。

きっと、これからどんどんとセッションをする機会も増えてくるのかな?

どうなるかはわかりませんが、

自分がやりたいこと、好きなことをやってガイドと一緒に働いていこうと思います。

典子さんの研究の成果の恩恵を授かり、

感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にありがとうございました。

この感想で言われているように

彼女が4年前に、秋葉原でベーシッククラスを受けられた時は

クラスについていくことが難しくて、ちょっとしたパニック状態だったわけですが

彼女は、この4年の間に、私や修のセッションをニューヨークやハワイリトリートで受けられたり

ご自身も様々なことを経験されたこともあって

今回のクラスでは、もうまるで別人のようで

しっかりと一つ一つのプロセスを落ち着いて、取り組んでいる姿を見て

「人は4年でここまで変わるんだなあ」ということを

改めて感じていました。

そして、セッションを落ち着いてやれるようになっただけでなく
クラスのみんなとのつながり感や安心感など、彼女の意識の全てが
変化して、このクラスを楽しんでいる姿が
何よりも嬉しかったです。

ちなみに、修が私に怒られていたのは

例えば、二人一組での実戦スタートという時に

おさむは、参加者のところにいって「今日のお菓子の話」とか

いつまでもおしゃべりして、みんなの実践が進まないことになっていたりしたので

「そこ~余計な話して、人の邪魔しない~~パンチ

と、まるで、いつまでも席につこうとしない小学生をたしなめる先生、

のような気分で、おさむを注意していたわけなんですウィンク

でも、そのゆるいおさむがいるからこそ
みんなも安らげるし、このクラスのバランスが取れるのですね。
私のクラスは、参加者から「千本ノック」と言われるぐらい大変らしく

(→これでも私としては、比較的、ゆるめのスケジュールにしているつもりだった泣き笑い

それを、修が、例えば「3時になったら休憩しよう」などと

クラスの途中で言ってくれるので

「おお、休憩ね、休憩」

と私も思い出すことができたり。
(クラスの途中で休憩するという概念がなかった。。)
ゆるいおさむの存在が、私にとっても、参加者のみんなにとっても
このクラスを行う上で大切だなあということを改めて感じています。

ということで、もう一人、再受講の方がいらして

その方のお話もご紹介したいのですが

もう随分と長くなってしまったので

続きはまた次回に。

​​​​​​






最終更新日  2019年09月06日 16時28分36秒
コメント(3) | コメントを書く
2019年09月03日

ハロハロ~

前回のブログから、随分と日が経ったような気がします。

長野でのベーシッククラス、第2班に引き続き

プラクティカルクラスが、終了し

私とおさむは、昨日、水輪の方々に見送られて

チェックアウトして、白馬に到着したところです。

これから、ここで数日間のバケーションです。

クラスのことや私自身のことも、書きたいことはたくさんありますが

おさむの東京でのコンサートが数日後に迫っているので

まずは、取り急、そのお知らせです。

東京近郊の方は、ぜひお越しになってくださいね。
(私も会場に行きますので、見かけたら、声をかけてください!!)
​​



​風の吟遊詩人・スナフキンおさむサウンドヒーリング&
即興ライブコンサート in Tokyo​
このサウンドヒーリングライブはosamuがこれまで 

ワークショップ形式で行ってきたサウンドヒーリングを 

ライブコンサートとして行うもの。 

 

日時・9/8(日)開場18:30~ 開演 19時~21時 

場所・下北沢ハーフムーンホール 

住所 ・東京都世田谷区北沢4-10-4 

https://goo.gl/maps/hCJhuVpLbKTJ5KUB6  

アクセス・小田急線下北沢駅 徒歩8分 東北沢駅 徒歩6分 京王井の頭線下北沢駅 徒歩8分 

 

チケットチャージ  前売り 4200円 当日 4800円 

 前売りは下記フォームにてお申込み後、当日会場にて現金でお支払いください。 

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSf57rI7vBWcRm6l2TbkMdLwvaE-BlH9STom8iWNkI6QqiPz3Q/viewform

 

ご質問、お問い合わせ等ございましたら 

下記メールアドレスにご連絡ください。 

連絡先   Aica  spica.info444@gmail.com  

 

<主な内容> 

 

第一部> 

シャーマニック・サウンドヒーリングとクリスタルボウルのセレスチャルサウンド 

 

 <使用楽器> 

カシシ(シェーカーの一種で浄化に用いられる楽器)はオーガニックな 

素材で作られた浄化のツール。 

 

多次元的なリズムを用いて変性意識へと誘導する 

シャーマニックサウンドヒーリングを体験する。 

 

ネイティブアメリカンフルート、アメリカ大陸を感じさせる 

 ノスタルジックサウンドで  母なる大地、父なる空 に繋がる。 

 

クリスタルボウル、シンギングボウルなど、鉱石と金属の地球のエネルギーから発する 

オーバートーンによるサウンドバス(音浴)でホリスティックな深い浄化を促す。 

 

バリトンウクレレの即興演奏・ハワイ発祥。大きめのサイズのウクレレで、

 ギターの音域でウクレレのような乾いたサウンドを出す4弦楽器。 

第2部> 

主にギターを用いての即興演奏。 

即興による今この瞬間の魂の解放と自由を表現。 

またヴォイスを用いたオリジナル作品も演奏予定。

 







最終更新日  2019年09月04日 23時40分22秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年08月20日
毎年、水輪での多次元キネシオロジーのクラスは
「森のいずみ」と名付けられた大きな館を貸し切っていて
そこにクラスルームも、参加者が宿泊する部屋も、私と修が宿泊する部屋もあるのですが
​​​​​​​​今回の水輪では、私と修だけ、茶の丸ハウスという、別の館に滞在することになりました。
これは、私たちが、3週間という長丁場を過ごすのに、少しでも
リラックスしてもらいたいという水輪側の配慮で、とてもありがたかったです。
茶の丸ハウスは、大きな窓から緑が見えて、広々としたリビングとベッドルームに分かれていて
地下にバスルームがあります。




私は夕食が終わったあと、参加者にセッションをすることが多く
毎回、遅くなってしまうのですが、森のいずみでは、湯船に入る時間が決まっているため
去年も一昨年も、私は一度も湯船に浸かったことはなく
毎回、朝のシャワーだけで済ませていました。
でも、この茶の丸ハウスでは、私と修の二人用の小さなお風呂で
遅く部屋に戻ってきても、湯船に浸かることができるので、それが何よりも幸せです。

さて、明日から、長野の水輪で多次元’キネシオロジーの第2班のクラスがスタートします。

クラスがスタートすると、当分、ブログをアップする時間はなさそうなので

まずは、第1班のクラスのことを。

この第1班は20名、全員が女性でした。

私は、ほとんどお会いしたことがない方が多かったのですが

最初の自己紹介から

「わ~みんないい感じ~」と、初日にして、すでに幸せ感。

そして、この日感じた通り、この1週間のクラスは

私にとっても、最高の時間となりました。

といっても、今回、初めて筋反射を学ぶ方も多かったこともあり

クラスの第一日目は、緊張や不安や焦りが出ている方が多く

重いエネルギーがクラスに充満していました。

1日目は、自己筋反射の練習なのですが

最初は、この自己筋がうまく取れない方が、結構多いのです。

これは、このクラスに限らずなのですが、毎回のように

この多次元キネシの初級の第1日目、第2日目は、エネルギーが重くなる傾向があります。

自己筋がうまく取れない上に、新たな概念を学ぶわけですから、中には混乱が起きて

クラス初日で、落ち込んだり、もう帰りなくなってしまう方が、毎回のように

出てくるのです。

でも、それが、不思議と、たった5日で変化してゆくのですよね~。

さて、クラスの方から、早速、感想を送ってくださったので

シェアさせてくださいね。

典子さん、おさむさん

4年前にお2人のセッションを受けて、

とても楽になり、その後もずっとブログを読んでいて

進化されるお2人にぜひお会いしたい、面白い!興味深すぎる!!と思い続けてきました。

娘が小学生になり、このタイミングで何としても、と思って

スケジュールの調整もしないままに申し込ませていただきましたが、

結果的に全て整い、クラスを受けることが出来て
私としては、奇跡的なことのように感じています。

初日は、身体も心もカチカチに固まっていて、

頭痛がしたり、疲れてしまったりしましたが、典子さんの知性と愛の溢れる授業に興味は尽きず

また日に日に皆さんと調和していくのを感じ、どんどん楽しくなっていきました。

メンバーが多様でありながら温かく、居心地が良い生活でした。

おさむさんの話しかけやすい丁度いい雰囲気がまた、それを加速してくれた気がしています。

サウンドヒーリングも最高でしたね、くすぶっていたインナーチャイルドが出まくりでした。

お宿も、長野出身ながら水輪のことを全く知りませんでしたが、素晴らしかったです。

あーぜんぶよかったです、感謝~

クラスでは、筋反射があやふやで、どうなることやらと思い続けていましたが(今でもです)

交換セッションで、特にインナーチャイルドを解放していただいたり

インナーチャイルド解放のお手伝いがほんのちょっとできたり

驚きの連続でした。

正直なところ、半信半疑の部分もありましたが

交換セッションや自己ヒーリングで身体が変化するのでこれは本当だ、と。

それにしても、インナーチャイルドを癒やすって本当に本当に大事なのですね。

いつもならイライラすることが、反応しなくなることに気付いています。

今までエネルギーを感じることなどなかったのですが

帰って娘のエネルギーが超軽いことに初めて気づき

ああこんなにピュアなエネルギーなのだから

大人の重いエネルギーでぶつかったら傷付くことがあるのは当然なのかも

と今まで自分がいかに鈍感だったのかを思い知りました。

頭痛が治ったのは自己ヒーリングを学んだおかげだと思いますので、

まずは自分を癒しつつ、少しずつ人へのヒーリングにも挑戦したいと思います。

典子さんの宇宙遺伝のお話もヒジョーに興味深く聞かせていただき

最高の時間でした。

最終日の打ち上げも至福でした。典子と盃を交わせるなんて!!!

典子さん、おさむさん、

本当にありがとうございました。

私のところにセッションにお越しになる方の中には

子育てにストレスを感じている方が結構多いのですが

この方は、心から子育てを楽しんでいらっしゃって

笑顔がとても印象的な方でした。

ふふ、私もこのメンバーと盃を交わせるのは、最高で

最後の日の打ち上げでは、様々な宇宙人話で盛り上がり、

私も酔っ払った勢いで、レストランでマイクを使って、宇宙人話をするという

前代未聞のことをやってしまいましたが、とても楽しかったです。

また、他の方々からも、クラスの喜びの声を

ラインで送ってくださいました。

一部抜粋します~。

「のりこさん、おさむさん

そしてメンバーの皆さん

1週間、ありがとうございました。

毎日、たくさん笑って、泣いて、気づきの連続で

参加できて本当に良かったです」

「皆さま、1週間幸せな時間を

ありがとうございました。

細やかな気遣い、介護、ハグ、セッション、笑い

どれも本当に癒しで感謝で一杯です」

「のりこさん、おさむさん

そしてみなさま。

家を出たはじめの1秒から終わりの1秒まで

本当に楽しく充実した時間を過ごせました。

ホームグラウンドで思い切りプレイできた

多次元キネシ部員の気持ちです。

心から感謝です」

「のりこさん、おさむさん

そして皆さま。

一週間、本当にありがとうございました。

出会ったばかりなのに、前から知っていたような感覚で

とっても居心地が良かったです。

練習セッションと、自己ヒーリングで

帰宅後、すでに大きな変化があありました。

みんなのおかげです。

ありがとうございます」

練習会や’交換セッションなどで、またお会いできるのを

楽しみにしています」

「のりこさん、おさむさん

そして1班のみなさま。

泣いたり、笑ったり、感動いっぱいの一週間でした。

本当にありがとうございました。

みんな個性が豊かなのに、どこか似ていて懐かしい

そんな深いご縁を感じます。

優しくてあたたかい皆さんに出会えて幸せです」

「のりこさん、おさむさん、皆様

一週間、本当にありがとうございました。

みなさんに出会えたこと

かけてもらった言葉

一緒にした経験、全てがとても嬉しくて

楽しかったです。

ずーっとブログの中で触れていた、のりこさんおさむにさんに

実際に会えて幸せです」

「のりこさん、おさむさん、皆さん

お疲れさま&ありがとうございました!

昨日は、帰宅後デトックスが絶え間なく起こり

自己ヒーリングをしまくり(笑)早く寝ました。

これまで会ったこともなかった皆さんと1週間

深い内面の旅をすることになりましたが、不思議とも

思わない自分がいました。

今朝起きて、この1週間で取り戻した心の静けさを思い起こし

この瞬間をずーっと感じていたい!と思いました。

なんだか今までとは違う変化が起こっている気がします。

こうやって自分が体験したことを共有できるって、幸せなことですね!」

他にも何人も感想を送ってくださって、嬉しかったです。

ほんと、皆さんが書いてくださったように

この第1班は、とても温かなエネルギーの方ばかり。

そして、スーパースピリチュアルグループというか

もうそのぶっ飛んだ話が面白すぎて、笑いが絶えませんでした。

それでいて、特別意識やスピエゴみたいな感じはなくて

ごく普通の感覚も同時に持っている方ばかりだったのも、とっても良かったです。

さて、今日、第2班の方々が到着され

夕方からはオリエンテーションと自己紹介を行いました。

毎回、グループによって、ここまでエネルギーが変わることに驚くのですが

今回も第1班とは、全く違うエネルギー。

この第2班は、20人中、お二人男性が参加してくださっているのも、楽しみです。

ということで、明日から1週間、駆け抜けます!マラソンマラソン

​​​​​​​​






最終更新日  2019年08月20日 23時30分55秒
コメント(9) | コメントを書く
2019年08月19日

昨夜、ベーシッククラスの第1班が終了し、今日は1日オフで

久々にゆっくりと過ごしています。

「ゆっくりと」というか、実は、昨夜の打ち上げで、飲みすぎて、二日酔いで

午後2時頃まで全く何もできず。泣き笑い

自己ヒーリングして、ようやく復活して、夕食を頂いたところです。

ここでの食事は、弱った胃にも優しい~。

さて、クラスのことは、また次にお話しするとして

まずは、クラスの前に水輪で行われた

いのちの森音楽祭のことを。

今回はクラスは13日からスタートなので

普通なら、私たちは12日にチェックインするはずだったのですが

11日の夜に、世界的なミュージシャンである喜太郎さんが

この水輪の庭でコンサートを開くそうで

私たちも招待してくださったので、1日早くチェックインしました。

そして、1年ぶりの水輪に到着です。

スタッフの方にに「お帰りなさい」と笑顔で迎えてもらって

ああ、また戻ってきたのだなあと。

3年連続で、約1ヶ月、ここで過ごして’いるわけですから

この空気感、とても馴染深いです。

部屋にチャックインした後、すぐにクラスの準備。

ニューヨークから送った荷物を解いたり

テキストをバインダーに入れたり、クラスルームの準備をします。

水輪の庭に出てみると、夜のコンサートのための準備中でした。

        


夕食が5時から、関係者が100人以上集まって

この庭で頂きます。

と、この水輪を私たちに紹介してくださった方とばったり。

その方は、以前、私がハワイでオーガナイズしたクラスに参加してくださった方で

ハワイで、この水輪を私たちにご紹介してくださったのでした。

私は、今回、この水輪に来る途中の新幹線の中で

「彼女が紹介してくださった水輪で、もう3年もクラスを開くのだなあ」と

ふと彼女のことを思い出し

クラスが終わったら、彼女にお礼のメールを出そうと思ったばかりだったので

ここでお会いできて嬉しかったです。

そして、夜のコンサート。

演奏の前に、まずは、飯綱山の神様をお迎えする神事が

執り行われました。

おさむも次の日にここでコンサートをすることになったので

そのコンサートの参加者の一人として、玉串奉奠を行うことに。

急遽ステージに上がるように言われたので、何の準備もしておらず

Tシャツ短パン姿で、玉串奉奠を行うおさむほえー

    

     


そして、コンサートのスタート。

喜太郎さんの前に、宮崎たまおさんの演奏があったのですが

彼女の声がとても美しく、感動でした。
(暗くて顔はよく写りませんでしたが)




そして、最後に、毎年グラミー賞にノミネートされている喜太郎さんの

シンセサイザーや笛などを使ったコンサート。

特に一人の鼓奏者との掛け合いが美しかったです。




コンサートの後は、ライブに参加された方々と懇談会。

あの世界的に売れた「シークレット」のメンターとして有名なジェネットアットウッドさんも
来られていました。

これは喜太郎さんと。

     


そして、次の日の朝7時から、このステージで、サウンドヒーリング瞑想。

おさむは、昨夜、ここで初めてお会いした古賀さんというキーボーと&ボーカリストと二人で

この瞑想の音楽を担当することになり

クリスタルボールや、ネイティブアメリカンフルートを使って

即興演奏しました。

全く1回のリハもなしで、二人で即興で合わせていましたが
そうは思えないほど、自然な演奏でした。






そして、11時からは、再びこのステージで

ミュージシャン4人によるライブ。

おさむも、その一人として参加しました。







このギターがとても美しくて、涙が出るくらい良かったです。

こんなおさむのギターを聞いたのは、久々かも。

あとで、他の方からも、もっと聞いて居たかった、という声がありました。

こうして、午後からは、再び、クラスルームで

次の日からのベーシッククラスの準備をしました。


この日の夜、レストランで食事をしていると
水輪の塩沢会長と一緒に、喜太郎さんが来られて
一緒にお食事をする機会がありました。
喜太郎さんは、とても暖かい優しい雰囲気の方で
レコーディングのお話など、いろんなお話が聞けて
とても楽しかったです。

さて、そして、次の日、いよいよクラスの参加者のみなさんとのご対面です。

続きはまた〜







最終更新日  2019年08月19日 22時45分27秒
コメント(2) | コメントを書く
2019年07月30日

今日は、長野の多次元キネシオロジークラスの、業務連絡ですので、ご了承ください。

8月13日からの長野での多次元キネシオロジークラスを受ける方の中で

〇〇さん

もう1ヶ月以上、ご連絡が取れず

こちらからのメールの返信が一切ないため、必要事項もわかりませんし

このままではキャンセル扱いになってしまいます。

多分、何らかの事情で、メールを読まれていないのだと思いますが

もしこれを読まれたら、至急、こちらまでご連絡ください!

どうぞよろしくお願いします!

(お名前は、ご連絡があり次第、削除します)

マラソンマラソンマラソンマラソンマラソンマラソンマラソンマラソンマラソンマラソンマラソンマラソンマラソンマラソンマラソンマラソンマラソンマラソンマラソンマラソンマラソンマラソンマラソンマラソン


と言うことで、私の方は、あとちょうど1週間で日本へ出発となり

お尻に火がついた状態になっておりますショック

やっと昨日、スキャンリスト改正が終わり

これから日本のプリント屋さんに発注です。

今回、スキャンリストは、6ページ増やしたのですが

そのうちの4ページは、宇宙系遺伝リストでした。

(この増やした分のリストは、多分、10月に予定しているウェビナークラスの

参加者には、お送りすることになると思いますので、待っていてくださいね)

また、今回のベーシッククラスから、アセンテッドマスターのエネルギーを使った

ヒーリング法をお伝えしようと思っています。

(これも、以前の多次元のクラスを受けられた方は
ウェビナーでキャッチアップクラスをやる予定です)

先日、ブログにアップした「ネガテイブな感情や感覚の向かい方」で

何人もの方から、とても良かったとフィードバックをもらったこともあって

それをヒントに、作成したもので

筋反射を使って、アセンテッドマスターや天使などの高次元のエネルギーを使って

ヒーリングしてゆく方法です。

私も一度、この新たな方法でやってみたのですが、これがなかなか面白く

通常のセッションでは、出てこないアセンテッドマスターが選ばれたりするので

ほ~、こう言う時には、このアセンテッドマスターがサポートしてくれるのね~と

さらなる理解につながっています。

これまで、宇宙系のエネルギーについては、ベーシックでは取り扱わず

プラクティカルクラスからのみだったのですが

人によっては、グレイやレプティリアンのエネルギーが松果体をブロックして

筋反射が全く取れない人がいるのが、ベーシッククラスでの難しいところでした。

でも、この方法だと、宇宙系エネルギーに関して、そこまで深い調整はできないものの

ある程度、和らげることができるので

筋反射のブロッキングにもいいのではないかなあと思っています。


(ちなみに、ブロックが起きて、筋反射が取れないのに
筋反射を使って、アセンテッドマスターヒーリングを行うって
一見、矛盾しているみたいですよね?
でも、それができるんです。
どんなにブロックされていても、そのブロックの要因を解除できる方法を
理解してさえいれば、筋反射は取れるのです)

と言うことで、この締め切りが迫った、残り短い時間の中でも
スキャンリストを改正したり、新たなプログラムを作成したりする時間は
最高に楽しいです。
出来上がったスキャンリストは、私にとって、天からのギフトであり
何よりも大切な宝物。
そして、これをクラスの皆さんにお届けるすることできることが、また最高の幸せです。

今日は業務連絡がメインなので、短いブログでしたマラソンマラソンマラソン







最終更新日  2019年09月26日 19時26分53秒
コメント(2) | コメントを書く
2019年05月16日
先週から、ものすごく忙しくて、頂いているメールのお返事も
ほとんどできていない状態です。
お返事をお待ちの方は、もうしばらくお待ちください!!
(すみません!泣き笑い

ですが、取り急ぎ、今年の多次元キネシオロジーのクラスのご案内です。

クラスは、去年と同じく、今年も長野のリトリート施設
水輪で開催することになりました。
こちらが、そのHPです。
 
ベーシッククラスの内容です。ベーシッククラス(初級)の内容は
去年のプログラムとほぼ同じです。
 
1)自己ヒーリングの筋反射、他の人への筋反射の取り方
 
 このクラスの中では、自己筋反射の他は、3種類の筋反射の取り方を学びますが
 基本的には、私が普段やっている筋反射のやり方をやって頂くことになります。
 この筋反射は、通常の筋反射とは違って、クライアントさんが眠ってしまっても
 取れるもので、また子供やお年寄りなど、腕を保っていられない人たちに対しても
 行うことができます。
 また通常の筋反射では抵抗が起こって取れないような深いレベルの問題に
 アクセスすることができます。
 
2)キネシオロジーの基礎的な知識
 
 キネシオロジーで何ができるのか、できないのか?
 どういった仕組みになっているのか?
 食べ物や薬、化粧品などが自分にとって(または家族や友人にとって)
 どれぐらい合っているか、または有害なものになっているか、どれを選んだらいいのか?
 またパワーストーンなどが、どれくらい自分にとってパワーがあるかなどの調べ方
 
    初日の前半にネシオロジーの基礎を学びます。
    これを知るだけでも、これからの日々の生活の中で
    様々な場面に活用することができます。
 
3)身体からの情報や問題の上げ方
 
   例えば、身体のどこに問題があるのか?なぜモチベーションが上がらないのか?
   自分の中のどんな要因が、この問題を作るだしているのか?など
   今、自分が抱えている問題や、その要因が何かを調べていく方法を学びます。
   私が作成したオリジナルのスキャンリストを使いますので
   頭で質問を考えることなく、身体からの情報を上げて行きます。
 
4)経絡やチャクラについての理解と手技を使った調整法
 
   東洋医学の基本的な概念である経絡や
   チャクラについての理解を深め、それぞれの経絡やチャクラを活性化する方法を学びます。
 
5)キネシオロジーの調整として使う道具の使い方
  様々なチューニングフォーク、チャイム、クリスタルボール
  またフラワーエッセンスやオーラソーマなどを使った調整法。
  
  このクラスの中では、ハンドヒーリング(手技)で調整していく方法を学びます。
  さらに道具やエッセンスを使って、幅広く対応するために
  音叉の使い方や、どんなエッセンスが調整として最適なのか、などをお伝えします。
  (クラスで使う音叉は、主にイギリスのアランセールスの音叉を使用しています。
   自分で他の音叉をお持ちの方は、それを使うことができます)
 
 
  尚、多次元キネシオロジーの調整法として、それぞれが学んでこられたものも
  (例えば、レイキ、アロマ、アクセスバーズ、シータヒーリングなど)も使用することができます。
 
6)インナーチャイルドやサバイバルプログラムの理解と調整の仕方
 
   問題の根本的な要因の中でも、大きな要因の一つである
   インナーチャイルドやサバイバルプログラムについて
   どういった要因があるのか、またそれをどのように調整していくのかを学びます。
 
7)人からのエネルギーや霊的なエネルギーの調整法
   
   このクラスで学ぶ最も大きな調整の一つです。
   エンパス体質の方はもちろん、そうでない方でも
   これを調整するだけで、様々な身体の不調がすぐに解消されたり
   感覚や気持ちが変化することが、実感として感じられると思います。
  
8)前世の調整法
   様々な前世が、今の自分にどういった影響を与えているのかを知り
   その前世を調整していくことで
   お金(経済的な豊かさ)パートナーシップ、人間関係、仕事、ヒーリング能力などを含
   今の自分の感覚や性質、状況などが変化してゆきます。
 
9)身体の調整の仕方
   風邪や喉の痛み、肩こり、胃痛、頭痛、腹痛、生理痛など
   日常的に起こりやすい身体の不調の調整の仕方を学びます。
 
10)その他、有害物質のデトックス、ミネラルバランスの調整法


今回も、ベーシッククラスを2回、その後、プラクティカルクラスを1回
行うこととなりました。
(プラクティカルクラスは、ベーシッククラスを受けた方のみ対象です。
もし続けて参加ご希望の方がいらしたら、お知らせください)

ですから、ベーシッククラスご希望の方は
第1回目か、第2回目かをお選び頂くことになります。
(第1回目も2回目も同じ内容です)
クラスの日程です。
 
<第1回目 ベーシッククラス>
8月13日   ベーシッククラス第1回目の方のチェックイン
  14日   クラス スタート
  15日   クラス
  16日   クラス
  17日   クラス
  18日   クラス終了日、打ち上げ
  19日   チェックアウト、出発  
 
<第2回目 ベーシッククラス>
 
8月20日  ベーシッククラス第2回目の方のチェックイン
  21日   クラス スタート
  22日   クラス
  23日   クラス
  24日   クラス
  25日   クラス終了日、打ち上げ
  26日   チェックアウト、出発


料金は、去年とほぼ同じです。
水輪の宿泊費(食費を含め)が、6日間合計で、約9万2千円〜5千円ほど。
また、クラス料金も、同じく14万5千円ですので
合計24万弱になります。
お部屋は2名一室です。
お支払いは、3段階に分けて行う予定です。
もちろん、1日3食、完全な無農薬やノンケミカルの食材を使った
美味しいお料理が出されます。
去年もそうでしたが、長野は、夏でもとても過ごしやすい気候なので
外でのランチなどできたらいいなあと思っています。

 
ということで、ベーシッククラス、および、プラクティカルクラスをご希望の方は
私とおさむの方まで
第1回、または第2回目、どちらかを選んでお知らせくださいね。
(どちらでも構わない方は、その旨もお知らせください)
 
必ず、二人あてに送ってください!

どなたと長野でお会いすることになるのはわからないですが、今から楽しみです。
今年の夏に、
長野でお会いしましょう!

 






最終更新日  2019年05月16日 08時54分17秒
コメント(4) | コメントを書く
2019年03月20日
​​​アロハ~晴れ

ハワイから、こんにちは。

第1班が終了してから、ブログをアップする暇が全くなかったので

久々のブログアップとなりました。

少し前に、リトリートの第2班が終了

そして昨日、第3班が終了し

今日、みなさんが旅立って行かれました。

このリトリート、本当に色々なことがありましたが

ペレの強力なサポートのもと、すべて無事終了することができました。

そして、参加してくれた方々と

たくさんの素敵な時間を共有することができて

とても祝福されたリトリートとなり、感謝で一杯です。

今回、ハワイについてからのセッションは

毎回のように、筋反射でハワイの女神ペレが選ばれていて

しかも、通常、筋反射では、一度、出てきた情報は

情報としてインプットすれば、二度と出てこないのが普通なのですが

何度も何度もペレがスキャンリストから選ばれるので

ペレが「私がしっかりサポートしていますよ」

と伝えてくれていることを感じていました。

ちょうど、そんな時、サイキックの友人からメ-ルがあり

「ペレより、自分のエリアでこんなに素晴らしいワークをしてくれてとてもうれしい。

全力でバックアップを続けますからね、とのこと」

というメッセージを伝えてくれたので
本当に嬉しかったです。

ああ、完全に守られているんだなあ。

去年の6月にアルクトゥルスのガイドがついて

サポートされるようになってからというもの

いつもそれはあったのですが

今回のリトリートでは、アルクトゥルスだけではなく、ペレを始め

様々なアセンテッドマスターたちのサポートを強く感じることができて

こんな感覚は、これまで初めてのことでした。

ということで、まず、第2班のことから振り返ってみようと。

リトリートやクラスは、毎回のように、グループによって、ガラッと雰囲気は変わるものですが

この第2班は、人とのつながり感が素晴らしくて

初日から、とても和やかな雰囲気で

セッションとセッションの合間の時間のお出かけでも

みんなとても楽しんでいたし

最初からまとまりがあるグループでした。

この第2班のイルカツアーの日は、どの天気予報でも雨だったのですが

みんなでペレに祈っていると

当日は、雨も降らず、少し曇っていたものの

ちょうど良い気候でした。

そして、この日も、たくさんのイルカたちに会えました。




深い海の中で、優雅に泳いでいるイルカたちとの空間は

まるで別次元の世界。

イルカたちは、時にゆったりと泳ぎ

かと思えば、深いところから急激に水面に上がってスピンしたり

またはラブラブでセックスしたり

ああ、本当に自由なんだなあと。















オーラが映るマウラナニの洞窟で、私も写真を撮ってもらいました。

上からの光が当たってないのに、

私から光が出ている感じで映るのはすごい。


       


カメラによって、またどこから撮るかによって

全く写真が変わるのが面白いです。

これは別の方が撮ってくれた写真。

まるで発光しているかのよう。

       


ツアーの日、メリマンレストランでのディナーにて。


        


この第2班の最終日、なんと、参加してくれた全員から

ゆうきちゃん&ハルマくん、そして私とおさむへの

サプライズのギフトがありました。

みんなで私たちにばれないように、プレゼントを買ってくれたり

カードを書いてくれたりして、そんなみんなの気持ちがとても嬉しい。

思いかげないプレゼントに、感動のハルマ&ゆうき。


    

この第2班、すでにヒーリングのプロとして仕事をしている方も

何人かいたこともあり、最初はヒーリング&スピリチュアルグループだなあと思っていたんですが

最終日の打ち上げパーティでは、リビングはダンスパーティと化して

懐かしのアースウインド&ファイアーなどの曲で踊りまくり

一方では、本音トークで明け方まで語りあかし、

最高の盛り上がりとなりました。

とにかく楽しかった~ハート(手書き)
(この写真を撮ってくれた人は、映ってないのだけど)



家のラナイからの風景。

この日は、日が落ちてからの空の色が

今までに見たことのない美しさでした。




こうして、第2班のメンバーと名残惜しく別れた後
私たちは1日オフを取り、次の日からまた
第3班のメンバーが到着し、スタートしました。

さて、このリトリートの前にSifyunから伝えられていたことの中に

「参加者のすべてにアチューメントを行うことはできない」

ということがありました。

「それじゃあ、アチューメントオッケーの人だけリトリートの予約を

受け付けるの?」と聞いたら

「それは必要ない。すべての人にとって必要なことが起こるから」というので

あまり深く考えていなかったんですが

実際リトリートが始まってみると

第1班は全員アルクトゥルス遺伝を持っている人たちで

第2班もほとんどが遺伝を持っていたこともあって

第1班、第2班、合計12人全員にあっさり

アチューメントの許可はおりたので

「ああ、結局、長野の時みたいに、全員にアチューメントができるのね」

と思ったわけです。

でも、第3班に入ってから、Sifyunの言った通りだったことがわかりました。

第3班は、セッションに入ってから、2日間、それぞれ私とおさむに

1回ずつのセッションを受けた時点で

アチューメントの許可が出ていたのは

参加者6人中、アルクトゥルス遺伝を持っていた二人のみでした。

でも、Sifyunから伝えられたのは

アチューメントを受けることだけが、このリトリートの目的ではないから

それぞれに今、必要な調整を行って

その人の可能性を開いて行くことにフォーカスしなさい

ということでした。

実際、ほとんどのセッションは、宇宙系遺伝の調整だけではなく

それぞれの現実的な問題を絡めてやっていきます。

今回のリトリートでは、パートナーとの関係についての調整になった方も多かったし

また、お金や豊かさの調整、具体的な仕事の方向性

または、子育てについての調整になった方もいました。

また、アチューメントを受けるための準備、というだけだったら

グレイやゼータレチクル、レプティリアン、マルデュック遺伝などを

主に調整していくことになるわけですが

人によっては、人に尽くしすぎたり、すぐに申し訳ないと

自分軸を失ってしまっていたため、金星遺伝の調整になったり

または女性性のブロックになっているシリウス遺伝を調整が

優先で選ばれることもありました。

そして、第3班で、ツアーの日を挟んで、後半戦になり

Sifyunに

「私はどういう意識でこれからのセッションに向かえばいいの?」

と尋ねてみると

「すでに十分に責任は果たしている。

ただ、のりこが望むなら、アチューメントに向けて調整することを

今日の目標にしてもいい。

ただし、可能性があるのは、4人のうち2人のみで

残りの二人は何をどうやったとしても、今回のリトリートでは、アチューメントは無理」

というちょっと複雑な答えでした。

その可能性が少しでもあるのるなら、例え、それが私の責任でないとしても

アチューメントに向けてできる限りやってみようと
意を決してのセッションとなりました。

そのうち一人は、夕方4時からスタートして、終わったのが夜11時

7時間に及ぶセッションとなり、かなり厳しいセッションでしたが

終わった瞬間に、Sifyunに聞くと

アチューメントオッケーのゴーサインが出ていました。

結局、そのわずかな可能性があった、2人ともにアチューメント許可が下りて

最終日は、参加者6人のうち、4人でのアチューメントとなりました。


この第3班のアチューメントは、4人でしたが
それぞれとても素晴らしい瞬間でした。
アチューメントでペレの映像が見えた、という方もいたし
ハートが開いて、涙が自然とあふれてきた方もいました。

お一人、ギリギリでアチューメントオッケーのサインが出ていた方が
アチューメントを受ける時のことでした。
アチューメントでは、毎回、私は最初にSifyunの導きで
その人のガイドとなってくれるアルクトゥルスを呼ぶのですが
その彼女の時には、いくら待ってもやってこないのです。
私は、何度もSifyunに確認するのですが
「まだガイドは来ることができない」というノーのサイン。
彼女のハートに手を当てつつ、ああ、このまま彼女のガイドは
やってこないのかしら?と思い始めたその時に
やっと、ガイドがやってきたのサインがおりました。

後から彼女に聞いてみると
彼女は、アチューメントを受ける際に、ガイドがやってきてくれるのか
心配で心配で仕方なかったのだそう。
長野でも一度、アチューメントの許可が下りたのに
直前でノーのサインが出てしまった方がいましたが
アチューメントを受ける前のエネルギ−的な準備もそうですが
アチューメントを受ける時のその人の精神状態が
とても大切なんだなあと改めて思います。

さて、この第3班は、他の2つの班とは雰囲気は全く違っていて

それぞれの分離感が強く、バラバラな感じだったので

最初は、どうなることかなあと思っていました。
分離感は、人との分離だけではなく、自分自身との分離ですが

最終日を迎える頃には、それぞれが解放されてきて

つながり感も出てきて、中には大きく顔やエネルギーが変化された方もいました。

またこのセッションで、人生で大きな転機となる決断をされた方もいて
彼女のこれからの新たな門出を見送ることになりました。

この第3班に、今回、初めて若干23歳の男性が

参加されていたのですが

いわゆるスターシードの彼の存在は

私にとって、心にとても温かなものを残してくれました。

詳しいことは書けないですが

彼は、これから大学院で最先端の科学の研究を行っていくとのことで

これからの世界を担ってゆく若い男性が、こういうリトリートに参加してくれて

内面の解放とともに、内観や洞察を高めてゆく姿を見ると

これからの輝かしい未来を感じます。

このリトリートで彼が流した涙の美しさを、私はずっとずっと忘れないだろうなあと。

そして、第3班の時も、たくさんのイルカたちに会えました。

多分、300頭ぐらいいたとのこと。

今回は写真はあまり撮れなかったんですが

そこには、圧倒的なグラウンディング力と安心感
そして、広大な宇宙が広がっていました。



今回は、至近距離でクジラも見れました。

なんと、私たちが乗っていたボートの真下をクジラが通って、そんなことは滅多にないそう。




ポロル渓谷では、曇りだったのですが、ちょうど虹が出ていました。





晴れた日のワイメアまでのドライブコースは最高。

(あ~第3班の集合写真は、私はまだ1枚も持ってないので、載せれないのだけど)





最終日、溶岩の上でのサウンドヒーリングにて。


   


リトリートの最終日は、いつもゆうきちゃんの優しい手料理とハルマくんの握った美味しいお寿司。


 


最終日の打ち上げパーティで、一番、お酒を飲んだのはこの第3班で

たくさんのビールと、ワインも5本あけて、ウォッカまで飲み

(ウォッカを飲んでいる頃は、かなり記憶が飛んでいるのだけどショック

私はこのリトリート初の二日酔いになりました。



ということで、これは先日、第1班の方から頂いた感想です。

ハワイ島リトリートでは、本当にお世話になりました。

帰国して1週間が過ぎました。

日本での毎日が、こんなにも変わるのかと驚いています。

大袈裟かもしれませんが、生きるのが本当にラクになりました。

特にセッションの1番の問題点だった「幸せを受け入れられない自分」

ですが、帰国してからの日常の色々な場面で気づくようになりました。

もともと自分が持っていた豊かさや幸せも、ずっと受け取り拒否して

きたんだなと。無意識にそうしていたことが驚きです。

他にも色々と気づくことがあり、今までどれだけ重苦しかったのか

よくわかりました。

こんなに、たくさんの気づきと変容を得ることができたのは、

このリトリートのおかげです。

のりこさんやおさむさんのセッションは勿論のこと、

アルクトゥルスのパワフルなアチューメントがなければ、

ここまで変わることはできなかったですし、

第1班での皆さんの明るく楽しい雰囲気や、ゆうきさんと

はるまくんの心暖まる衣食住のケアがあってこそだと思います。

教えて頂いたアルクトゥルスのヒーリング方法を実践しています。

あと、最後に教えて頂いた、私のガイドからのアファメーションも

毎日やっています。

素晴らしい方々に恵まれたリトリートでした。

本当に有り難うございました。

そして、これは第2班の方のラインでのメッセージから。

みなさま、

この1週間、愛に溢れたみなさまのおかげで、最幸の時間を過ごさせてもらいました。

ハワイ島での日々は、今でも信じられないぐらい平和で喜びに満ちた幸せの時間でした。

今日から日常に戻りますが、あの感覚を忘れずに過ごしたいと思います。

のりこさん、おさむさん、このリトリートを開いてくださり

またメンバーに入れてくださり、ありがとうございました。

言葉では言い表せないぐらい感謝しています。

最後のメッセージでは、感動の涙が止まりませんでした。

おさむさんの優しいギターの音色を想い出すと、すぐにあの平和な時間が

心に戻ってきます。

ハルマくん、ゆうきちゃんのお二人にも大変お世話になり

ありがとうございました。

毎日美味しいご飯に癒されました。

第2班のみなさま、それぞれお茶目で優しくて面白くて楽しくて

本当に出会えてよかったです。

みなさまの眩しい未来に乾杯。

たくさんの愛を込めて。

そして、追伸でいただいたメールから

「のりこさん、おさむさん、日常に戻って3日が経ちますが

いろいろと面白い心の変化を感じるのでご報告です。

出勤初日の朝、その日も過酷なスケジュールだったのですが

心がとても落ち着いていて

まるで今からビーチに行くかのような

満たされた気持ちのまま、職場に向かうことができました。

光の眩しさ、空の蒼さにも感動しながら

街を歩いたのも久しぶりでした。

しかしその日、仕事で普段起きないような大きなトラブルが

立て続けに起き、以前の私なら眉間にしわを寄せ

大きなため息をつき、泣きたいような苦しい気持ちで

対処していたと思うのですが、不思議なことに今回は

何も心が動揺せず、かき乱されることもなく

凪の心のままで、淡々と解決していくことができました。

実は次の日もまたトラブルが起きたのですが

私が全く動じなくなってしまったので

精神的ダメージはゼロ、むしろ

問題解決方法のバリエーションが増えたので良かったです。

そして、以前にはなかったこの不動心は

どこから来たんだろう、と考えてみると

やはりアルクトゥルスのガイドが

「いつもそばにいるから」と言ってくれ

自分が果てしない安心感に包まれたことが大きかったと思います。

生きていくことへの不安、恐怖などがスーっとなくなると

こんなにも心が穏やかでいられるのかと感動しています。

人はもっと幸せでいていい、もっと満たされていていい

のりこさんの言葉の意味を

本当に理解できたような気がしています。

こんな感覚に気づかせて頂いて、本当にありがとうございました」

本当に実り多いリトリートでした。

このリトリートそのものが喜びであり、楽しかったですが

参加してくれた方たちが、これからの人生を通じて

幸せでいてくれることを心から祈ります。

さて、私たちは明日は1日、リトリートハウスの片付けを行ったり

荷物のパッキングを行う予定です。

明後日には、コナのコンドミニアムに移動して

6日間、ハルマ&ゆうきと4人でのバケーションがスタートします。

このリトリートを全力でサポートしてくれたハルマくんとゆうきちゃんにも
このバケーション中に、セッションを行いたいなあと思っています。


ここしばらくの間、ひたすらリトリートのことだけにフォーカスしてやってきて
今はまだ、このリトリートの喜びと感動で満たされているので
まだバケーションの実感はないのですが

私とおさむにとっては、これから約1か月間の長期バケーションのスタートです。

これからは、もっとブログをアップする時間も取れるかなとウィンク







最終更新日  2019年03月21日 03時05分41秒
コメント(6) | コメントを書く
2019年03月04日

一昨日、ハワイリトリートの第1班が終了しました~。

第1班の参加者6人の中には、これまで私たちが開いたリトリート4回すべてに

参加してくれた皆勤賞の方もいらっしゃったり

また、クラスやセッションですでにお会いしていた方たちや

また今回、初めてお会いする方もいらして

再会と出会いの喜びでのスタートでした。

年齢層も、今回の参加者は、アダルトグループというかウィンク

みんな45歳~55歳に集中していたのですが

気持ちも見かけも若い方が多く

最初から、まるで同窓会のようにおしゃべりと笑いの絶えないリトリートとなり

とても楽しかったです。

セッションは、ニューヨークのセッションは、このところ1日2人までにしているので

1日3人のセッションは、久々なので、どうなるかなあと思っていました。

そして、やってみると、中には、かなり長時間のセッションになってしまった人もいて

立ちっぱなしだったので、足がむくんで、パンパンになってしまって

身体的には、ちょっとハードだったですが

やはり、以前よりも、遺伝調整が早くできるようになったこともあって
それぞれの解放の進み方や変化も大きかったし

エネルギー的に、そして、気持ち的にも、以前のリトリートの時よりずっと楽でした。

そして、毎日のゆうきちゃんの作る身体に優しくて、美味しいお料理。

みなさんが到着して次の日から、セッションが始まってからは、

私はお料理の写真を撮る余裕もなかったのですが

この食事のおかげで、リトリート中の(過酷な?)セッションも乗り切れた感じです。

これは初日のランチ、タコス。

      

初日のウェルカムディナーの準備をするゆうき&ハルマ。


      


参加者は、それぞれセッションを受けて

その他はビーチに行ったり、ショピングをしたり

はるまくんが、日々の送迎を担当してくれます。

2日連続で多次元キネシオロジーのセッションを受けた後は

1日、セッションはお休みで、みんなでツアーの日です。

この日の午前中は、野生のドルフィンと泳ぐドルフィンツアーに参加しました。

今回はアロハコナツアーズという会社にお願いして

私たち10人貸切のツアーです。

まず、ダイスケさんというインストラクターの方から注意事項を受けた後

スーツを着て、ボートに乗り込みます。

野生のドルフィンは、毎日、現れる場所や時間も違うし

また機嫌がいい時とそうでない時もあるとのこと。

ここ数日は、ドルフィンを探すのに1時間以上かかっていたとのことだったのですが

今日は、どうやら岸に近い場所にいるらしいという情報を

ボートに乗り込む時に聞きます。

そして、乗り込むとすぐに、クジラが近くに来ているとのことで

クジラを見るために、ボートが止まりました。

塩を大きく吹き上げる姿を見れて感激。

(カメラが望遠ではないので、大きくは撮れなかったけれど)





そして、すぐにイルカたちに遭遇し

ダイスケさんから「すぐにボートから海に入って」という指示があります。

え~、もう海に入るの!

と心の準備をする間もなく、みんな海に入りました。

海に顔をつけると、そこには、もう数え切れないぐらいたくさんのイルカが泳いでいました。








すごい!と感動している間に

イルカたちは、四方八方から次々と現れます。

こんなたくさんの野生のイルカと泳いだのは、もちろん初めて。

イルカたちの声もよく聞こえました。







そして、イルカたちは、私たちのまじかで

何度もジャンプしたりスピンしたりして遊んでいて、感動。











今回の参加者は、海が怖い人や、水に顔をつけるのが苦手な人などが

多かったのですが

ダイスケさんとゆうこさんという二人の素晴らしいインストラクターのおかげで

みんな安心して海で泳ぐことができて

本当良かったです。

ダイスケさんは、深く海に潜って、イルカたちを泳いだり

輪っかくぐりを披露してくれたり

まるでイルカみたいな人でした。

     

                 


     


この2枚は、最後にダイスケさんに私のカメラを渡して、撮ってもらったもの。
やっぱり、すごく綺麗に撮れてます。






イルカを探すだけで1時間以上かかってしまう時には

こんなに長く泳ぐことはできないそうですが

今回は、岸に近いところにイルカたちがいたし

そして、切れ間なく、次々とやってきてくれたので

私たちは、なんと1時間も海から一度も出ず

夢中になってイルカたちと泳いでいたのでした。

岸に戻る途中、小さなカメさんが呼吸の度に、顔を出す姿が可愛い。



これまで、一度もこういう野生のイルカと泳ぐツアーに参加したことはなかったので

どうなることかしら、と思っていたのですが

スタッフの方々のケアも素晴らしく

またこんなにたくさんのイルカと泳ぐことができるなんて

想像以上していた以上に素晴らしい体験でした。

参加された方たちも、これまで、あまり海で泳ぐのが得意ではなかったりして

こんなツアーに参加してみようと思わなかったそうですが

チャレンジしてみて良かった、またぜひ参加したいと言われていて

本当にドルフィンツアーをこのリトリートに取り入れて良かったなあと。

大満足して、宿に戻って、シャワーを浴び、ランチを食べた後は

午後の部に出発です。

午後は、マウナラニのオーラの洞窟。

みんなとの記念写真。

  

それから、北のハヴィの街へ。

KAVA BARで、コンブチャタイムした後、小さな町をぶらぶら。

それから、ワイメアの方に向かいます。

途中の雄大な景色を見ながらのドライブです。




この日のディナーは、2年前におさむと二人で訪れた

メリマンレストラン。

オーガニックの食材や地元の食材を使った料理で

コナで一番評価が高いレストランで

とても美味しかったです。


   


私は、普段、ほとんど運動はしていないし、また

1時間も泳ぎ続けたことはないので

ぐったりするだろうなあと思っていたのですが

この日は、午後もほとんど疲れておらず。

他の方たちもそう言われていたので、やはりイルカのエネルギーって

すごいなあと。

こうして最高のツアーを過ごした後

次の日から、2日間は、またセッションです。

参加者のみんなは、セッションの合間に外に出かけて行きますが

私とおさむは、朝から晩まで部屋に缶詰状態。

そして、迎えた最終日。

この日は、朝から、アルクトゥルスのガイドをつけるための

アチューメントを行いました。

信じられないことに、今回の参加者6名は

全員がアルクトゥルス遺伝を持っていたこともあり

割と早い段階で、私のガイドSifyunから、アルクトゥルスのアチューメントの許可が出ていました。


ツアーが始まる前日に作ったビーチのサークルを訪れてみると
そのまま残っていました。
そこでペレに祈り
アルクトゥルスの光の柱を立てて、聖域にします。


実は、個人的な話になるので、ブログでは話せないんですが

このアチューメントで、ちょっとした奇跡が起こったのでした。
今回のグループの参加者には、その奇跡を伝えて、みんな喜んでくれたのですが

その奇跡は、このアルクトゥルスのアチューメントいうのが

いかにパワフルなものであるのかを、改めて知ることになりました。

それから、海岸のベンチに座って、アルクトゥルスヒーリングのやり方を
説明しました。

その後は、溶岩の上で、おさむのサウンドヒーリング。
ちょうどラブの文字が描かれた場所で、行うことに。

  

家に戻ってランチした後は、私が参加者一人ひとりの
ガイドの名前を筋反射で聞きました。
やはり、アチューメントでガイドと繋がると
いろんなものが上がってきて、人によってはデトックスを起こすので
上がってきているものを、ざっと浄化したりしました。

そして、最後の打ち上げパーティ。

ゆうきちゃん、はるまくんの豪華なお料理が並びます。


   


家のラナイから見える夕日。






本当にこのリトリートに参加できてよかった、と

参加された方たちが感動して言ってくださって

私も、改めて、今年ハワイでリトリートを開いてよかったなあと。

最終日のSifyunからのメッセージは、一言
「大成功だよ」でした。
ここに導いてくれた全ての存在に感謝です。

このリトリート、第1班を終えて、つくづく思ったのは、先日ブログにも書いた

ニューヨークに経つ前に行った一連のセッションのことでした。

もしあの彼女とのセッションで、神聖幾何学を使ったヒーリング法を

アセンテッドマスターたちから学ばなかったら

今回、とても対応できなかっただろうなあと思うセッションが

いくつもありました。

あれ以来、私のセッションは、もうかなりの部分が大きく変化したこともありますが

それよりも私の意識や感覚が、大きく変化しているのに気付きました。

とはいえ、まだいくつも私の課題はあって、それもガイドから伝えられているのですが

それも、また今後、どうなるかわかりませんが
楽しみつつやっていきたいなあと。

さて、今日から、また第2班がスタートします。

メンバ-が変わると、全く違うんですよね。

今度は一体、どんなリトリートになるのか。

今の私がやれることをやったら、後は、天にすべてを委ねてゆきま〜す鍵







最終更新日  2019年03月04日 05時47分49秒
コメント(4) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全59件 (59件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.