000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

こちらは 映画や小説などの感想文(レビュー)です。

2008.03.04
XML
カテゴリ:仁徳
「明日への遺言」を観ました。

岡田資(たすく)中将の戦犯裁判を通じて、岡田閣下の誇りと品格を感じます。

リーダーとしての責任ある行動が感じられないトップが多い現代の日本です。
不祥事を起こせばパート社員のせいにする社長さん。
賄賂は秘書が勝手にやったことという政治家のセンセイ。
自分の指導不足を棚に上げ、経営が不調なのを社員のせいにするトップ。
このようにトップとして品格に欠けるから、ダメなのです。

絞首刑を恐れず、自分の信念と責任を全うする岡田資中将のように、私は生きたい。


博学研究家 横尾けいすけ Yokoo・D.B.Keisuke
yokoo@keisuke.name






最終更新日  2008.03.04 23:37:58
コメント(4) | コメントを書く
[仁徳] カテゴリの最新記事


PR

X

サイド自由欄

s262609_185459404964715_882752542_n.JPG

フリーページ

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索


© Rakuten Group, Inc.