【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

地球人スピリット・ジャーナル1.0

地球人スピリット・ジャーナル1.0

Keyword Search

▼キーワード検索

Recent Posts

Calendar

Free Space

2009年4月1日

地球人スピリット
・ジャーナル2.0


へ引越しました。

2007.11.03
XML
カテゴリ:2nd ライフ
         ビートルズ詩集1.JPG
「ビートルズ詩集」 岩谷宏 1985/03 シンコー・ミュージック 271ページ
No.862★★★☆☆

 ついに
岩谷宏おっかけをしているうちに、セカンドライフ・カテゴリ108番目のエントリーとなってしまった。このカテゴリが「ビートルズ」で終わるのも何かの縁か。この岩谷訳は、1973年にでた第一版の改訂版らしい。イマジンは入っていないが、それはどうやら版権の関係が理由のようだ。この本が登場したかぎり、せめて一曲は選曲したいところだが、悩んだすえに選ぶべきは、やはり、これか。

Revolution BEATLES

 「革命について」

きみは革命が必要と言う
そうたしかに
みんなが世界を変えたいと願っている
それが進化だとぼくに言う
そう、たしかに
みんなが世界を変えたいと願っている
でもきみが破壊のことを言っているのなら
ぼくを外してくれて結構だ

きみには分らないのか
うまく行きつつあることが

きみはうまいやり方があると言う
そう、たしかに
みんながいいやり方を求めている
きみはぼくにも貢献しろという言う
そう、たしかに
みんな、自分に出来ることをしているんだ
でもきみが憎しみの心を持つ人々のために金を欲しているのなら
なぁ、おい、ちょっと待て、と言うのみだ

きみには分らないのか
うまく行きつつあることが

きみは政治を変えると言う
そう、でも
変えるべきは人の(きみの)頭だ
きみは制度が問題だと言う
そう、でも
むしろ心を解放すべきだ
それに毛主席の写真を持ち歩いていては
だれと話をしてもうまく行きはしない

きみには分らないのか
うまく行きつつあることが
 176p 岩谷宏・訳



 訳者あとがきで、岩谷は言う。 


 
今回、あらためて、短時間で大量の曲・詞をチェックしてみて感じたのは、たしかに、音楽・感性・思想としてのロックの原点は、すべて、ここビートルズ(とくにレノン・ジョン)にあること。ただし、全体としてはすごくあいまいで、ひ弱であること。そして、あいまいであるがゆえに大量(=多様)のファンが形成されたことである。それはまるで、ぶちまけたパンドラの箱であって、なにもかもがあった。のちに、グラムやパンク等によって否定されなければならなかったものも含めて。
 そしてスター現象という社会的には全く不毛な現象であるロックは、ファンによるスターの暗殺という、その不毛さにふさわしい、最高に理想的に醜悪な結末を迎えた。なぜ、最初から最後まで、徹頭徹尾、「一人の私(じぶん)」としての曲しか作り・歌ってこなかったレノン・ジョンが、一人の私として受けとめてもらえずに、肥大したスター幻想になったか。この種の”代理錯覚”は、人類の歴史において長いのである。(だれか、少数の人がなにかやってれば、それをあがめて、自分も---自分は実は何もやっていないのに---やっていると錯覚すること。)
 スターは死んだ。代理錯覚のイナカモンたちは今日も明日も、なんらかのスターがあるふりをし続ける。復活すべきなのはスターではない。こんど起(た)ちあがり、こんど叫ぶべきなのは、わたくしたち一人々々なのだ。この醜悪な結末から、かろうじて肯定的に学ぶべきものがあれば、この点をおいてないだろう。そこで、最後に、くどいようだが、しょせん翻訳とは、訳者の作品でしかない。
 p267 

 ここで私は何かいわなくてはならないのだが、それはこの「ビートルズ詩集」岩谷訳の第一版がでた年、1973年の18歳の私に代弁してもらおう。

 
「ジョン、きみは天才なんかじゃないよ」

 人間の愛されるべき性は「神」を創出した。時代的空虚さは「スーパースター」を創出した。60年代ニューエイジは革命家になり切れぬ己れを悟って「ビートルズ」を創出した。
 「ビートルズ」は俺らの共同幻想だ。今さら、リバプールの薄汚れた少年たちを調べ回したところで、何がでてこよう。ジョンだってリンゴだってポールだってジョージだって普通然とした青年でしかないんだ。
 ジョン、きみは天才なんかじゃないよ。でも虚構に身を置く者は虚構に徹したまえ。きみは「天才」になりすましていていいんだよ。
 ビートルズ、君は革命なんかじゃないよ。でも幻想に基づく者は幻想を全うしたまえ。きみは「革命」だと思い込んでいていいんだよ。 
 『時空間』 第2号 p68 1973/01


シンギュラリタリアン・カテゴリへ合流





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2009.01.22 08:43:23
コメント(0) | コメントを書く
[2nd ライフ] カテゴリの最新記事


PR

Freepage List

Profile

Bhavesh

Bhavesh

Archives

2024.03
2024.02
2024.01
2023.12
2023.11
2023.10
2023.09
2023.08
2023.07
2023.06

Category

Comments

BHavesh@ Re[1]:アガルタの凱旋(12/15) subaru2012さんへ ああ、久しぶりにこの…
subaru2012@ Re:アガルタの凱旋(12/15) Miles Davis / Agharta 1 <small> <a hre…
Bhavesh@ Re:禅と戦争 禅仏教は戦争に協力したか(11/16) 現在、日曜早朝座禅会に参加している禅寺…
Bhavesh@ Re:セックスから超意識へ<1>(11/13) Oshoの記念碑的1968年のレクチャー。当時…
把不住y@ Re:編集雑記(07/25) 新ブログはここです。 <small> <a href="…
Bhavesh@ Re:グルジェフ・ワーク 生涯と思想(01/12) 武邑光裕、の名前を検索していて我が読書…
abhi@ Re:編集雑記(07/25) お疲れ様。 新ブログ立ち上げたら教えてく…
Bhavesh@ Re:極秘捜査 警察・自衛隊の「対オウム事件ファイル」(03/03) 私は、最近になって 、そう2015年頃になっ…
Bhavesh@ Re:オウムからの帰還(03/01) この記事は我ながら、切れ味が悪い。大嫌…

© Rakuten Group, Inc.