地球人スピリット・ジャーナル1.0

Keyword Search

▼キーワード検索

Recent Posts

Calendar

Free Space

2009年4月1日

地球人スピリット
・ジャーナル2.0


へ引越しました。

2006.11.16
XML

地球人スピリット・ジャーナル2.0につづく



 

「禅と戦争」 禅仏教は戦争に協力したか 
ブラィアン・アンドルー・ヴィクトリア著 エィミー・ルィーズ・ツジモト訳 2001 原著1997



 友人Cダ氏の書評にあった一冊。地元の図書館になく、他の図書館から借りてもらった。この本、日本語版は2001年に
光人社という出版社からでているが、いったいこの本がどのくらい出版されて、一般にどのような読まれ方をしたのかは、にわかには判断がつかない。しかしこの光人社の出版リストから考えると、このような出版社からでることになった経緯も知っておきたいものだと思った。

 この本、
原著ではペーパーバック本なのに、日本語訳になるときはハードカバーになっている。いずれにせよ、「禅仏教は戦争に協力したか」というセンセーショナルな主テーマだけに、物議をかもし出さないでいるわけはなく、しかも、立場によっては、とても直視できない内容となっている可能性もある。

 本書の出版に際し、一人の年老いた中国人僧からは、どうかこの本を発行しないでくれといわれ、心が動くこともあった。彼いわく、「もしこの本が世にでるなら、仏法をけなすことになりかねない」と訴える。かつて日本の侵略の犠牲者であるはずの老僧であるだけに、彼の思いはいっそう私の心に響いた。もしや私自身、この人のいうように、仏法を誹謗していることになるのかと自問自答をくり返した。p281

 当然、内容のいかんによっては、このような感想や意見があって当然だろうし、読まれ方によっては、まさにそのとおりになるかもしれない。著者は1961年、アメリカにおける良心的徴兵忌避者として、日米親善のキリスト教宣教師として来日した。そのあとキリスト教の「聖戦」思想に疑問を感じ、仏教の非戦思想に心ひかれて禅の道へと進んだという。

 曹洞宗の僧となった著者は1970年の春に、上司にあたる僧から「あなたは曹洞宗の僧、さらに駒沢大学で仏教学を専攻する大学院生でありながら、日本でのベトナム反戦運動に加わるとはなにごとか」と叱咤された、ということである。p11

 私には、この辺の事情や時代背景については、よくわかる感じがする。私もこの時16歳の高校二年生だったが、やはり同じようにこの春にこの運動に加わっている。この頃、地学の教師は、一週間に一度の授業をそっちのけで、「全共闘とは全狂頭だ!」と教壇の上で板書までして、激怒していたことを思い出す。私には、日本の仏教など、右翼反動のなにものでもない、という勝手な思い込みがあったが、ゆえに、逆になんの期待もしていなかったのではなかっただろうか。

 70年前後の団塊の世代を中心とした、いわゆる学生運動が下火になった頃、心の時代とやらがやってきて、私はにわかに宗教や仏教というものを見直すようになった。20歳前後の時には、この本にもでてくる曹洞宗名刹に参禅するようにになり、その思想にも関心をいだくようになった。

 機縁、法縁とは不思議なもので、私はそのまま仏教への道を進むことなく、やがて「存在の詩」に触れて、インドへと旅立ちOshoの門に入った。そこに一年間滞在したあと、帰国した私をまっていたものはさまざまあれど、そのうちの一人は曹洞宗の僧侶だったから、不思議なものだ。

 私は、かつて参禅していた禅寺を再び訪れてみた。その時、それほど歴史的なものを学んでいたわけではなかったが、その境内にはいったとたんに、私は「血のにおい」を感じたのである。その時、私には、戦国時代ゆかりのこのお寺に残る、その戦国の侍達の血のにおいであろうか、と感じていた。

 この本を読んであらためて感じるのは、戦国時代どころか、20世紀に行われた戦争の血のにおいがしたのではなかっただろうか、ということだった。禅仏教がいかに戦争に「協力」していったかが、著名な僧侶達の残した文献から、その経緯が詳しく述べられている。

 この本の前半部分においては、僧侶でありながら、いや仏教を護持する僧侶であるからこそ戦争に反対し、「非協力」立場を貫いただけではなく、明らかに反戦を唱え、高々と宣言したがゆえに処罰され獄死していった僧侶達も多くいたということにも触れている。

 この本は貴重であると思いつつも、ちょっと残念だと思うことは、私の感じるところ、仏教に一身をささげた人たちの中には、ブッタと同化することによって、自らの名を残すことをしなかった人々も多くいたに違いないということである。いや、むしろその人々のほうが圧倒的に多かっただろうと思う。その辺の配慮が本書にはちょっとかけているのではないだろうか、と思う。

 禅仏教と言われるところの、名前が残っている人々の、印刷物として残っている文献から、「禅仏教は戦争に協力したか」と問うている。この手の本は、学術書なのか研究書なのか、わからないが、その方法論とは裏腹に、明確に戦争に協力しなかった人々は多くいる、という点をどこかで見失っている。「声なき声」を見落としているような感じがするのである。

 私の生家の菩提寺は、もと曹洞宗の寺院であったが、檀家の合意のもと、戦後、曹洞宗から離れ、単立寺院となっている。その経緯、その可否はともかくとして、この度の戦争責任というものを考えた結果であったようである。現在の日本の仏教界がどのようなものであるか知らないが、私はインドに生まれたブッタの教えが2500年のサイクルで再びインドにもどり、再び次のサイクルがスタートしているという考え方に共鳴しているものである。戦争はあらゆる原因からおこるのであり、こと宗教、特に禅のみを取り上げて、論ずることは、私にはちょっと片手落ちのような感じがする。







Last updated  2009.03.29 13:11:17
コメント(4) | コメントを書く
[ブログ・ジャーナリズム] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


『禅と戦争』   チダ さん
Bhaveshの生家はお寺なの? もしかしたら、初めて知ったかも……。
この本は、Bhaveshとは違って、日本の禅の伝統に少なからず幻想を抱いていたぼくにとっては、とてもいいショックでしたね(笑)。
Bhaveshが言うように、彼の主張には、ある意味でワンサイド(片手落ち)的な傾向もあるけど、かといって、両派の著名な禅僧による目立った反論もないようですね。
また、戦時に沈黙した人々も多くいたと思うけど、「大胆にも反戦を唱えた」狂人は、想像を絶するほど少ないというのがぼくの印象でした → これは『兵役を拒否した日本人』を読んで思ったことですが……。
(2006.11.17 19:03:02)

思案中   Bhavesh さん
>生家はお寺なの?
いやいやそうではないですよ。実家のお墓があるお寺という意味です。
でも、お寺が火事になって焼き出された時、お坊さん一家して私の生家に間借りしていたらしい。その時、少年だった、お坊さん(すでに故人ですが)は、成長して母親の学校の先生になったりとか、いろいろとお寺と我が家には近しい関係があって、檀家総代とか長いこと祖父がしておりました。

>『兵役を拒否した日本人』
これもそのうち読んでみようと思います。戦争の時代については、その時の状況について詳しく知らないと、よくわかりませんよね。例えば10年前のオウムの時のことだって、70年前後の社会状況のことだって、当時のことを正確に振り返るのはそうとう難しいと思う。
だから、生まれてもいなかった時代の戦時下における社会的なできごとは、今から研究しようとしても私には、思いが届かないところもいっぱいあります。

>兵役を拒否した日本人、が想像を絶するほど少なかった、というのは本当でしょうね。それは許されなかったでしょう。ましてや、>大胆にも反戦を唱えた、なんて人は、ほんとにまれだったでしょうね。だからこそ、日本共産党の幹部とか、創価学会の幹部などが、反戦を唱えて収監されて、生き残ったあと、戦後、あれだけの存在感を示すことができたのでしょう。 (2006.11.17 19:49:00)

思案中2   Bhavesh さん
著者のブラィアン・ヴィクトリアは、1960年代のアメリカで良心的戦争忌避者になって、また、鈴木大拙などが欧米に紹介した「Zen」が、非戦・反戦を標榜していた、と思って(誤解して)いたことが、曹洞宗のお坊さんになった大きな理由であったと思います。

私のイメージは、本来、宗教は好戦的でも反戦的でもないのだと思う。いろいろ時代時代で利用されてきたことはあったと思うけれど。私にとっては、禅が反戦の宗教でなくても、なんにもこまらない。もちろん、平和の宗教だったら、私は禅を愛する、ということにもならないようだ。

ブラィアン・ヴィクトリアの視点は、欧米人が日本を見るという意味では興味深いとは思うけれど、キリスト教もイスラム教も共産主義国家もみんな戦争するんだもの、いきなり「禅と戦争」というふうにくくられても、私には、ちょっとピンとこない、というところがあります。

インドの新仏教徒運動のアンベードガルは、アウトカーストの人々が、警察や軍人に採用されないことを、差別と見て、軍隊に採用される運動をしていたことがある。

戦争する、ってことと、軍隊を持つ、軍人になる、ってことは違うことだと思うけど、現在の日本にも自衛隊があるし、インドだって核武装している。

バガバット・ギータにおけるアルジュナとクリシュナ神の問答のごとく、戦争については簡単には結論がでません。 (2006.11.17 19:49:49)

Re:禅と戦争 禅仏教は戦争に協力したか(11/16)   Bhavesh さん
現在、日曜早朝座禅会に参加している禅寺の住職(私とほぼ同年輩である)が、みんなで朝粥をいただいている時、山本五十六の「男の修行」という色紙を見せてくれた。どこかの土産物屋で見つけたらしい。その内容はなかなか素晴らしい。しらべてみると、現在の自衛隊でも愛唱されているとか。しかし、私にはどうしてもこの軍人の戦争責任を看過することはできない。高校時代に「トラトラトラ」という真珠湾攻撃の映画を観たきりで、まともにこの人物を知らないが、相当に、人たらし、であったらしいことには気がついている。当ブログにおいては、あまりこの辺りを触っては来なかった。が、唯一といっていいほど、この記事が関係あるかな、と思い出し、ここにメモしておく。いつかこの話題、再燃させたい。 (2018.09.05 03:26:25)

PR

Freepage List

Profile


Bhavesh

Archives

2018.11
2018.10
2018.09
2018.08
2018.07
2018.06
2018.05
2018.04
2018.03
2018.02

Category

Comments

Bhavesh@ Re:禅と戦争 禅仏教は戦争に協力したか(11/16) 現在、日曜早朝座禅会に参加している禅寺…
Bhavesh@ Re:セックスから超意識へ<1>(11/13) Oshoの記念碑的1968年のレクチャー。当時…
把不住y@ Re:編集雑記(07/25) 新ブログはここです。 <small> <a href="…
Bhavesh@ Re:グルジェフ・ワーク 生涯と思想(01/12) 武邑光裕、の名前を検索していて我が読書…
abhi@ Re:編集雑記(07/25) お疲れ様。 新ブログ立ち上げたら教えてく…
Bhavesh@ Re:極秘捜査 警察・自衛隊の「対オウム事件ファイル」(03/03) 私は、最近になって 、そう2015年頃になっ…
Bhavesh@ Re:オウムからの帰還(03/01) この記事は我ながら、切れ味が悪い。大嫌…
Bhavesh@ Re:尊師麻原は我が弟子にあらず(03/12) 吉本もすでに鬼籍に入って、今更石を投げ…
Bhavesh@ Re:中沢新一批判、あるいは宗教的テロリズムについて(05/12) 島田の心情にも、同情する余地はある。 中…

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.