地球人スピリット・ジャーナル1.0

Keyword Search

▼キーワード検索

Recent Posts

Calendar

Free Space

2009年4月1日

地球人スピリット
・ジャーナル2.0


へ引越しました。

2009.01.17
XML
カテゴリ:バック・ヤード

地球人スピリット・ジャーナル2.0につづく


<29>よりつづく


「私が愛した本」 <30> 



OSHOのお薦め本ベスト10私家版)

 この本には168冊の本について紹介されており、それらすべてに目を通して見る価値はあるのだろうが、そのコメントの中にも、おおいに気になる部分がある。個人的に気になった部分を集めて、仮にランク付けしてみると、次のようになる。


☆01 「聞け小人物よ!」 W・ライヒ 
       私のサニヤシンたちがすべて瞑想すべき本だ。p234

☆02 
「人間の未来の心理学」 P・D・ウスペンスキ
       サニヤシンすべてにとっての必須の研究対象にならなければならない。p150

☆03 
「サイコシンセシス」 ロベルト・アサジョーリ
       サニヤシンが全員読むべきものだ。p208

☆04 
「宇宙の新モデル」 P・D・ウスペンスキー
       詩的な本だが、私のヴィジョンにきわめて近い。p106

☆05 
「手放し」 ユベール・ブノア
       これはあらゆる瞑想者の本棚にあるべき本だ。p48

☆06 
「ハシディズムの話」 マルティン・ブーバー
       真実の探究者すべてが読むべき本だ。p164

☆07 
「スーフィーたち」 イドリース・シャー 
       この人の本はすべて勧める。p128

08 
「父と子」 ツルゲーネフ 
       あらゆる人に読まれるべき本だ p190

☆09 
「詩学」 アリストテレス 
       私はこの本を推薦する。p236

10 「アウトサイダー」 コリン・ウィルソン 
       この本は読むに値する。ただ読むだけだがね。p152

  次 点 「資本論」 カール・マルクス 
       それを読まないように。p167

 

 Oshoは自分用に特別に一冊取っている。

  追 補 
「精神分析と無意識」 D・H・ロレンス
      もし私が再び本を読むことがあったら、これが、私が読む最初の本となるだろう。OSHO p192

<31>につづく







Last updated  2009.07.23 22:17:07
コメント(1) | コメントを書く
[バック・ヤード] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:私が愛した本<30> OSHOのお薦め本ベスト10(私家版)(01/17)   Bhavesh さん
1・0における人気ブログランキングの中で、現在気づいた中で、ダントツにおおいもが、この記事である。なるほど、これでいい。この辺あたりに、我がブログの中心があったんだな。 (2018.08.27 21:23:47)

PR

Freepage List

Profile


Bhavesh

Archives

2018.11
2018.10
2018.09
2018.08
2018.07
2018.06
2018.05
2018.04
2018.03
2018.02

Category

Comments

Bhavesh@ Re:禅と戦争 禅仏教は戦争に協力したか(11/16) 現在、日曜早朝座禅会に参加している禅寺…
Bhavesh@ Re:セックスから超意識へ<1>(11/13) Oshoの記念碑的1968年のレクチャー。当時…
把不住y@ Re:編集雑記(07/25) 新ブログはここです。 <small> <a href="…
Bhavesh@ Re:グルジェフ・ワーク 生涯と思想(01/12) 武邑光裕、の名前を検索していて我が読書…
abhi@ Re:編集雑記(07/25) お疲れ様。 新ブログ立ち上げたら教えてく…
Bhavesh@ Re:極秘捜査 警察・自衛隊の「対オウム事件ファイル」(03/03) 私は、最近になって 、そう2015年頃になっ…
Bhavesh@ Re:オウムからの帰還(03/01) この記事は我ながら、切れ味が悪い。大嫌…
Bhavesh@ Re:尊師麻原は我が弟子にあらず(03/12) 吉本もすでに鬼籍に入って、今更石を投げ…
Bhavesh@ Re:中沢新一批判、あるいは宗教的テロリズムについて(05/12) 島田の心情にも、同情する余地はある。 中…

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.