000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

つなげ“希”動力-袖番号96、伊東勉のページ。

2017.07.05
XML
 今晩は。今日は7日ですが…5日には記事書くことできていませんでしたね。ここからの記事はブログでは5日分の記事として書きます。

 東京都議選が終わってから数日経ちましたね。結果の捉え方、今回伸長した都民ファーストの捉え方もあり竹を鉈で割ったように書けないものがあります。小池知事は自民党籍を持って知事に当選。小池氏についた議員はいわば「小池派」で、そこに民進党を離脱した人が加わって「都民ファースト」…と。政治集団としての性格は「自民類擬勢力」ですが、「安倍政権の直轄勢力」には厳しい判断下した、という有権者の行動があったのも事実。

 そこら辺の複雑性もありますし、やはり「ハッキリとした市民派が5分の1もない」ことに不安。都民Fの責任者が現憲法を敵視する野田数氏に代わるなどの動き。「自民と“自民”の競い合い」を一般的にはさせたかないですね。

 カギは「有権者の行動」。

 こんど9日には全国的に安倍政権に異議を唱える行動が行われます。11日には共謀罪の施行を控え、盲目的な支持者から「最後のデモ。施行後は根こそぎ逮捕しろ」等とヤジが来ますし、何より短絡さにかけては私が見聞きした中で最悪の安倍政権。「■■■に刃物※」持たすようなもので、ひとつの点から芋づる式に操作の手を広げられる絶対的な武器を無思慮短絡的に使う危険性は高いです。

 政治はもとより、日本社会そのものの私物化を図っている安倍政権には“NO”としか言えませんが、私物化行為を善意にとらえ、あちこちから「黙れ」の押しつけ図られていますが、当方から見れば「知るかそんなもの」、です。黙らせることを目的とする総ての行為には厳しく対峙するものです。
 最近では罪悪感や劣等感をまぶして黙らせる「モラルハラスメントスタイル」が流行っているように。一見善行に見えるから性質悪いです。伝え方対人関係に磨きをかけるのは当然ですが、それを逆手にとった愚行には厳しい対処をすることを述べ項を終わります。

※公に向けて記していい言葉でないのは百も承知ですがこれ以外の言葉が適用できないと、至る箇所で使われています-と説明してTwitterではハッキリ記載しましたが、ブログでは記事のアップができなくなるのでやむを得ず伏せ字にしました。






Last updated  2017.07.07 23:44:10
コメント(0) | コメントを書く

PR

Free Space

Calendar

Category

Archives


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.