地球人スピリット・ジャーナル1.0

Keyword Search

▼キーワード検索

Recent Posts

Calendar

Free Space

2009年4月1日

地球人スピリット
・ジャーナル2.0


へ引越しました。

2006.12.10
XML

地球人スピリット・ジャーナル2.0につづく



 

「自由訳 イマジン」 ジョン・レノン & オノ・ヨーコ 新井満訳 2006/08 朝日新聞社



 イマジンという曲ができてからすでに35年、ジョンが急死してからすでに26年の年月が経過している。戦争が激化したり、12月8日が近づいたりすると、いつもこの詩が思い出される。誰となく歌いだし、どこからとなく聞こえ出す。最近ではYou Tube でもイマジンが見れる。

 この自由訳では、新井満が、ヨーコの詩に刺激されてジョンが作ったというこのイマジンの詩のイメージを、原詩のイメージをそこなうことなく、むしろわかりやくひろく美しく「訳」している。写真も素晴らしい。

 レノンさんのことを考えると、古代ギリシャのある哲学者が言った言葉を思い出します。人間には、三種ある。一番目は「死んでいる人」。二番目、死んではいないが、「ただ生きているだけの人」。厳しい言い方ですよね。で、レノンさんは三番目の人だと思うのですが、「海に向かって旅たつ人」というんです。p78

 自分の誕生日を逆算してみると、父親と母親が1945年の8月15日に愛し合って生まれただろうと推測する新井満。


        
本当に
        あるかどうかもわからない
        そんな天国に
        わくわくさせられたり
        そんな地獄に
        びくびくさせられたり
        そういうことって
        ばかばかしいことだと思わないかい?

             なぜなら
             ぼくの人生の主人公は
             誰でもないぼく自身なんだから
             誰からも誘惑されないし
             誰からも脅迫されもしない
             大切なことは
             ぼくがぼく自身の心と頭で判断し
             決断すること
             そして今を
             どう生きるかってこと   
   p14




 この詩を読んでいて「ぼく」という第一人称がすごくきれいに聞こえてくる。便宜上、このブログでは第一人称を「私」にしてしまったのだが、どうも自分で決定しておきながら、名刺とネクタイをイメージしてちょっと堅苦しい感じがする。もっと自由に「ぼく」と書いて、TシャツとGパンのあの時代のやわらかいイメージを思い出す必要を感じた。







Last updated  2009.03.29 12:48:00
コメント(0) | コメントを書く
[ブログ・ジャーナリズム] カテゴリの最新記事

PR

Freepage List

Profile


Bhavesh

Archives

2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01
2018.12
2018.11
2018.10

Category

Comments

Bhavesh@ Re:禅と戦争 禅仏教は戦争に協力したか(11/16) 現在、日曜早朝座禅会に参加している禅寺…
Bhavesh@ Re:セックスから超意識へ<1>(11/13) Oshoの記念碑的1968年のレクチャー。当時…
把不住y@ Re:編集雑記(07/25) 新ブログはここです。 <small> <a href="…
Bhavesh@ Re:グルジェフ・ワーク 生涯と思想(01/12) 武邑光裕、の名前を検索していて我が読書…
abhi@ Re:編集雑記(07/25) お疲れ様。 新ブログ立ち上げたら教えてく…
Bhavesh@ Re:極秘捜査 警察・自衛隊の「対オウム事件ファイル」(03/03) 私は、最近になって 、そう2015年頃になっ…
Bhavesh@ Re:オウムからの帰還(03/01) この記事は我ながら、切れ味が悪い。大嫌…
Bhavesh@ Re:尊師麻原は我が弟子にあらず(03/12) 吉本もすでに鬼籍に入って、今更石を投げ…
Bhavesh@ Re:中沢新一批判、あるいは宗教的テロリズムについて(05/12) 島田の心情にも、同情する余地はある。 中…

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.