【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

地球人スピリット・ジャーナル1.0

地球人スピリット・ジャーナル1.0

Keyword Search

▼キーワード検索

Recent Posts

Calendar

Free Space

2009年4月1日

地球人スピリット
・ジャーナル2.0


へ引越しました。

2007.10.27
XML

「現代社会とスピリチュアリティ」 <1> 現代人の宗教意識の社会学的探究
伊藤雅之 2003/03 渓水社 単行本 192p
No.844★★★★★

 
「小さい時からここまで育ててくれたのはオヤジだし、今ここにオレがいるのもオヤジのおかげだと思う。オヤジから教えてもらったことで、できたことがたくさんあったし、だからオヤジには感謝しています。オヤジは不器用でああいう性格やから、みんなは悪いように、世間ではそういうふうに見れらているかもわからないけど、オレらの中ではやっぱり、オヤジは、世界一のオヤジやと思っている。いろいろと行き過ぎたところがあったと思う。いろいろ勉強になった。これからは、オヤジの力ばっかり借りられない。自分の力で頑張っていきます。」

 と書けば、これは、弟・大毅のあんまりにもひどい反則試合に、兄・興毅が、父親・史郎の代わりに亀田家を代表して
謝罪会見した時のコメントのような感じがする。基本的には、このようなコメントは、日本人の浪花節的には、みんなのハートを打つのではないだろうか。あのテレビでの謝罪会見を見ていて、私ゃ、ああ、こんなもんでいいんじゃないか、所詮ボクシングじゃないか。がんばれー、という感じが、しないでもなかった。

 しかし、冒頭のコメントは、必ずしも亀田家問題の親離れ・子離れ宣言だけを意味しているわけではない。私は、このコメントを私自身のOshoに対する気持ちにダブるところがある、と感じる。

 
「<スピリチュアル>はなぜ流行るのか」再読したところ、実は、この「現代社会とスピリチュアリティ」が盛んに引用されていた。いつかはこの本を、このブログにも加えておきたいと思っていたが、なかなかそのきっかけがなかった。いや、いまでも、まだ準備は完了していない。しかし、まぁ、これもなにかの縁だろう、ということで、ここにまずは口火を切っておく。

<2>につづく





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2009.02.11 19:53:51
コメント(0) | コメントを書く
[シンギュラリタリアン] カテゴリの最新記事


PR

Freepage List

Profile

Bhavesh

Bhavesh

Archives

2024.04
2024.03
2024.02
2024.01
2023.12
2023.11
2023.10
2023.09
2023.08
2023.07

Category

Comments

BHavesh@ Re[1]:アガルタの凱旋(12/15) subaru2012さんへ ああ、久しぶりにこの…
subaru2012@ Re:アガルタの凱旋(12/15) Miles Davis / Agharta 1 <small> <a hre…
Bhavesh@ Re:禅と戦争 禅仏教は戦争に協力したか(11/16) 現在、日曜早朝座禅会に参加している禅寺…
Bhavesh@ Re:セックスから超意識へ<1>(11/13) Oshoの記念碑的1968年のレクチャー。当時…
把不住y@ Re:編集雑記(07/25) 新ブログはここです。 <small> <a href="…
Bhavesh@ Re:グルジェフ・ワーク 生涯と思想(01/12) 武邑光裕、の名前を検索していて我が読書…
abhi@ Re:編集雑記(07/25) お疲れ様。 新ブログ立ち上げたら教えてく…
Bhavesh@ Re:極秘捜査 警察・自衛隊の「対オウム事件ファイル」(03/03) 私は、最近になって 、そう2015年頃になっ…
Bhavesh@ Re:オウムからの帰還(03/01) この記事は我ながら、切れ味が悪い。大嫌…

© Rakuten Group, Inc.