地球人スピリット・ジャーナル1.0

Keyword Search

▼キーワード検索

Recent Posts

Calendar

Free Space

2009年4月1日

地球人スピリット
・ジャーナル2.0


へ引越しました。

2007.11.25
XML
カテゴリ:チェロキー


「死ぬには、もってこいの日。」
ジム・ハリソン /大嶌双恵 2001/10 柏艪舎 /星雲社 単行本 270p
No.892★☆☆☆☆

 故にこの本をリクエストしていたかというと、アメリカ・インディアンの平均寿命が短いという話しを聞いたから。つまり自殺率が高く、また、彼らは死ぬことを怖れておらず、簡単に自殺してしまう、というようなコメントをどこかで読んでいたからだ。ほんとうだろうか・・・? ちょっと疑問だった。それで、この本は、アメリカ・インディアンの長老の実話か訓話なにかだろうと取り寄せたのだが、実は、小説だった。ガクッ。

 フィクションとノンフィクションをまぜこぜにしちゃったら、それこそ何でもありのインチキ本になりかねない。どこかで一線を引かなくてはならない。同じ文字による表現だから、どれが優れている、とは一口にはいえないが、小説なら小説、ジャーナリズムの報道なら報道、評論なら評論、どこかでキチンと分けておかないと、すくなくとも、一つのこのブログの中でも同じ濃度、同じ速度で読み進めることはできない。

 メリカ・インディアンの平均寿命については、また別な本にあたるとして、このフィクションの有益・無益のことを考えてみた。小説やコミックなどは私はあまり好きではない。好きではないというより、必要ではない、と言ったほうがいいいだろうか。だって、周りをみているだけで、いっぱいネタが転がっているではないか、なにも嘘ばなしを聞かされて時間をつぶす必要なんてないじゃぁ、ないか。

 俺にはコミック雑誌なんかいらない、というフレーズを思い出した。頭脳警察のパンタの絶叫だ。私はこの歌は好きだ。俺のまわりは漫画ばかり、まさにそう思う。ひさしぶりにあの歌を聴こうと思ってググってみたら、なんとYoutubeの内田裕也がでてきて笑った。

俺にはコミック雑誌なんか
いらない

 この歌は内田裕也主演で映画化されている、ということは知らなかった。コミック雑誌はいらないが、このコミカルなロッカンローラー内田裕也の映画なら見てみたい。







Last updated  2007.11.25 13:37:40
コメント(0) | コメントを書く
[チェロキー] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


PR

Freepage List

Profile


Bhavesh

Archives

2019.11
2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02

Category

Comments

Bhavesh@ Re:禅と戦争 禅仏教は戦争に協力したか(11/16) 現在、日曜早朝座禅会に参加している禅寺…
Bhavesh@ Re:セックスから超意識へ<1>(11/13) Oshoの記念碑的1968年のレクチャー。当時…
把不住y@ Re:編集雑記(07/25) 新ブログはここです。 <small> <a href="…
Bhavesh@ Re:グルジェフ・ワーク 生涯と思想(01/12) 武邑光裕、の名前を検索していて我が読書…
abhi@ Re:編集雑記(07/25) お疲れ様。 新ブログ立ち上げたら教えてく…
Bhavesh@ Re:極秘捜査 警察・自衛隊の「対オウム事件ファイル」(03/03) 私は、最近になって 、そう2015年頃になっ…
Bhavesh@ Re:オウムからの帰還(03/01) この記事は我ながら、切れ味が悪い。大嫌…
Bhavesh@ Re:尊師麻原は我が弟子にあらず(03/12) 吉本もすでに鬼籍に入って、今更石を投げ…
Bhavesh@ Re:中沢新一批判、あるいは宗教的テロリズムについて(05/12) 島田の心情にも、同情する余地はある。 中…

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.