地球人スピリット・ジャーナル1.0

Keyword Search

▼キーワード検索

Recent Posts

Calendar

Free Space

2009年4月1日

地球人スピリット
・ジャーナル2.0


へ引越しました。

2008.08.26
XML
カテゴリ:アンソロポロジー


「マンダラ事典」100のキーワードで読み解く <1>
森雅秀 2008/04 春秋社 単行本 218p
Vol.2 No.0250 ★★★☆☆

 
曼荼羅、で思い出すのは実相寺昭雄の映画「曼荼羅」。たしかATG提携作品とかで、名画館のような三番館や自主上映会で上映されたのではなかっただろうか。高校生だった私は、ただただその言葉のおどろおどろした雰囲気だけに気が取られて、どういう映画だったのか、よく覚えていない。

 ただ、あの時の映画における曼荼羅という言葉は、人間マンダラとか世相マンダラに通じる言葉であり、いわゆる仏教の真奥にある曼荼羅とは直接につながってはいなかっただろう。

 この本は、「曼荼羅」に連なるさまざまなトリビアなコラムが集められている。地域もインド、チベット、ネパール、中国、日本と広範囲に広がっているし、宗教儀式の奥儀から、ユングの心理学、コンピュータ・グラフィックスの現代美術まで、広範囲に渡っている。

 各章末に列挙されている「参考文献」の数々もおびただしい数で、一旦はリストを作って、追っかけ読書をしてみようか、とさえ一時は思ったが、諦めた。多すぎるし、入手不可能な図書もずいぶん含まれているようだ。ただ、この書の成立には協力者もおおくあり、その中に正木晃の名前もあったので、なんとなく親近感を感じてしまった。

 この本を一冊読めば、曼荼羅とは一体なんのことか、ということは大体わかる。手元に置けばたしかに役立つこともあるかもしれない。しかし、このような曼荼羅の知識を広範囲に必要になるとは、どういう人だろうか。曼荼羅についてのこれだけのトリビアを身につけていたとしても、私にとってはあまりありがたく感じないようだ。

 「秘密集絵マンダラ」とか「究境次第」など、なんだかゾクゾクとするような「どこでもドア」があちこちに埋め込まれているようで、まさにこの本が一冊の巨大な曼荼羅になっている。

<2>につづく







Last updated  2008.11.02 16:27:48
コメント(0) | コメントを書く
[アンソロポロジー] カテゴリの最新記事

PR

Freepage List

Profile


Bhavesh

Archives

2019.11
2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02

Category

Comments

Bhavesh@ Re:禅と戦争 禅仏教は戦争に協力したか(11/16) 現在、日曜早朝座禅会に参加している禅寺…
Bhavesh@ Re:セックスから超意識へ<1>(11/13) Oshoの記念碑的1968年のレクチャー。当時…
把不住y@ Re:編集雑記(07/25) 新ブログはここです。 <small> <a href="…
Bhavesh@ Re:グルジェフ・ワーク 生涯と思想(01/12) 武邑光裕、の名前を検索していて我が読書…
abhi@ Re:編集雑記(07/25) お疲れ様。 新ブログ立ち上げたら教えてく…
Bhavesh@ Re:極秘捜査 警察・自衛隊の「対オウム事件ファイル」(03/03) 私は、最近になって 、そう2015年頃になっ…
Bhavesh@ Re:オウムからの帰還(03/01) この記事は我ながら、切れ味が悪い。大嫌…
Bhavesh@ Re:尊師麻原は我が弟子にあらず(03/12) 吉本もすでに鬼籍に入って、今更石を投げ…
Bhavesh@ Re:中沢新一批判、あるいは宗教的テロリズムについて(05/12) 島田の心情にも、同情する余地はある。 中…

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.