地球人スピリット・ジャーナル1.0

Keyword Search

▼キーワード検索

Recent Posts

Calendar

Free Space

2009年4月1日

地球人スピリット
・ジャーナル2.0


へ引越しました。

2009.01.12
XML
カテゴリ:osho@spiritual.earth

​<再読>よりつづく​

「狂人ノート」 <3>
Osho マ・アナンド・ナルタン訳 和尚エンタープライズジャパン 1991/5


どうか、狂人の言語を理解してほしい。
もし”馬鹿者”という言葉を理解したかったら、
ドストエフスキーの「プリンス」(白痴)をよみなさい。
いや、ミハイル・ナイミの
「ミルダッドの書」のほうがいい。
これは比類ない本だ。
ひとつひとつの言葉が、純粋な理解そのものだ。
甘美だよ。
とくに、おまえたちも知っているように、わたしは糖尿病で苦しんでいるからね。
「ミルダットの書」は、糖尿病に苦しんでいる者たちみんなにいい。
砂糖はまったく入っていないにもかかわらず、じつに甘美だから。
「ミルダッドの書」は馬鹿について語っている。
馬鹿とは、たんに単純で子供のようで純粋無垢を意味する。
p135

 

 オーム マニ パドメ フム

 このマントラは、チベットで幾千年にもわたって唱えられてきた。が、これはチベットのなかでしか唱えられない。というのも、
彼らだけが、ヒマラヤの偉大な高み、純粋さを知っているからだ。
その純粋さは、ほかの誰も知ることができないものだ。
チベットは、世界中で宗教にもっとも近づいた唯一の国だ。
チベットが今、コミュニストの手の内にあるのは、なんと不運な、この上もなく不運なことだ。
彼らはチベットを破壊している。

 これは、精髄そのもの、究極の善だ。
「ミルダッドの書」はこういう時に案出されたにちがいない。
こういう瞬間にできた本はごく少ない。
  p139


 わたしはまた、ミハイル・ナイミの「ミルダッドの書」を思い出した。この本はまったく信じられないような本だ。
わたしは、一人の人間にだけは、ミハイル・ナイミにだけは嫉妬を覚える。
ふつうの意味合いでの嫉妬ではない。
ふつうの意味合いでの嫉妬は、わたしには感じられないからだ。
彼がすでにこれを書いたという意味で、わたしは嫉妬する。
さもなければ、わたしが書く。
わたしは、これを書いていただろう。
これは、わたしが飛翔しているのと同じ高度に関することだ。
 これらの高みから、わたしは存在全体を、
ひとつの遊びとして、祝福として、意味もなく美しいただの祝祭として、道理も見筋もない、なんの意味もない遊びとして、観ることができる。
そうだ、これこそおまえたちにも知ってもらいたいことだ。
人々はクリスマスを祝う・・・・彼らは、一年中祝っているべきだ。
時々しか祝わないというのは、その生が祝祭の生ではないことを示しているにすぎない。  
​​​​​​​​​​​p160

​​<4>につづく​​
​​​​​​​​​​​

 

オム  パド フム 







Last updated  2018.03.24 14:33:33
コメント(0) | コメントを書く


PR

Freepage List

Profile


Bhavesh

Archives

2022.05
2022.04
2022.03
2022.02
2022.01
2021.12
2021.11
2021.10
2021.09
2021.08

Category

Comments

BHavesh@ Re[1]:アガルタの凱旋(12/15) subaru2012さんへ ああ、久しぶりにこの…
subaru2012@ Re:アガルタの凱旋(12/15) Miles Davis / Agharta 1 <small> <a hre…
Bhavesh@ Re:禅と戦争 禅仏教は戦争に協力したか(11/16) 現在、日曜早朝座禅会に参加している禅寺…
Bhavesh@ Re:セックスから超意識へ<1>(11/13) Oshoの記念碑的1968年のレクチャー。当時…
把不住y@ Re:編集雑記(07/25) 新ブログはここです。 <small> <a href="…
Bhavesh@ Re:グルジェフ・ワーク 生涯と思想(01/12) 武邑光裕、の名前を検索していて我が読書…
abhi@ Re:編集雑記(07/25) お疲れ様。 新ブログ立ち上げたら教えてく…
Bhavesh@ Re:極秘捜査 警察・自衛隊の「対オウム事件ファイル」(03/03) 私は、最近になって 、そう2015年頃になっ…
Bhavesh@ Re:オウムからの帰還(03/01) この記事は我ながら、切れ味が悪い。大嫌…

© Rakuten Group, Inc.