272890 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

じゃくの音楽日記帳

音楽を、とりわけマーラーの音楽を愛好するものです。演奏会の感想を中心に、感じたこと思ったことを書いて行こうと思います。(ずっと以前、ぼんとろさまのマーラー掲示板や、最後のころの招き猫に、じゃくの名前で書いていたことがあります。それらが惜しむらくも休止状態となって久しく、長年はじめようと思っていたブログ、生来の不精癖ゆえにまったく手付かずでした。今度やっとはじめることにしました。)
2017.03.11
XML
上岡敏之さんと新日フィルによるマーラーを聴きました。心に残る演奏会となりました。

指揮:上岡敏之
管弦楽:新日本フィルハーモニー交響楽団 (コンマス:崔 文洙)

マーラー 交響曲第6番
3月11日 すみだトリフォニーホール

今日3月11日土曜日と、明後日13日月曜日の二日、錦糸町のすみだトリフォニーホールに、マーラーが響きます。今日が上岡さんと新日フィルによる6番で、明後日月曜日がインバルとベルリン・コンツェルトハウス管による5番です。ふたつがペアになり、

すみだトリフォニーホール開館20周年記念 すみだ平和祈念コンサート2017 《すみだXベルリン》

と銘打たれています。この記念演奏会にマーラー6番を選んだ上岡さんは、「魂を慰めるのではなく、今を生き、明日への希望を見出す人へのメッセージにしたい」と語っておられるそうです。

今日のマーラーは、美しく、苦しく、胸をかきむしられるような、素晴らしい音楽でした。これぞマーラー!

演奏の詳しいことは、後日書こうと思います。今日どうしても書いておきたいことは、6番演奏終了後のことです。しばらく拍手が続いたあと、突然に、アンコールが演奏され始めたのです。6番のあとの異例のアンコールです。

曲は、マーラー5番のアダージェットでした。ある意味今日の6番は前座で、本日のメインは、このアンコールだったといったら言い過ぎでしょうか。今日この場だけの、異例で、特別で、必然のアンコール。

2011年3月11日、この同じホールで、新日フィルがハーディングとともに奏でた、あの5番から、もう6年が経ちました。5番は今もなお、団員の皆様にとって特別な曲であるということ、そのことがまざまざと伝わってくるアダージェットでした。その想いの強さというか切実さに、胸が押され、涙が止まらない状態で聴いていました。きっと聴衆の多くが、同じだったと思います。

震災の深い傷から、被災地は少しずつ復興しつつあるとは言え、依然大勢の方々が避難生活を送っています。特に福島からの避難者は多く、心ないいじめがあるという報道には胸がいたむし、次々に生活支援を打ち切っていく国には憤りを感ずるばかりです。いろいろなことを考えながら、やや重い気持で帰宅しました。

けれど、上岡さんと新日フィルの皆様の、「今を生き、明日への希望を見出す人へのメッセージにしたい」というあついお気持ちは、今日の聴衆の皆の心に、きっと響き、届いたと思います。
素晴らしい音楽と素晴らしいメッセージを、ありがとうございました。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2017.03.12 21:37:39
コメント(6) | コメントを書く

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Category

Comments

Freepage List

Favorite Blog

雨に濡れたハクモク… はてなのゆりさん

お墓参り 嫌好法師さん

「静かな場所」別館b… oyajiりゅうさん
「のり2・クラシカ… のり2さん
「いーとも」のブログ いーとも3さん
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.