3810223 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

おしゃれ手紙

2020.02.26
XML
カテゴリ:父の麦わら帽子
 「昔、うちでは、炭を焼いていた」と父が私に話してくれた。

明治45年生まれの父が4歳~歳頃というから、大正のはじめ頃のことだろう。
 明治9年生まれの祖父に連れられてよく山の炭焼きに行ったという。

昔は、どこの家も、田んぼの忙しくない冬場に、炭を焼いていてのだそうだ。

祖父が働いている時、周りで小さな父が、ちょこまかと遊んでいたと思うとつい、笑みがこぼれる。
 そんな時、父は大声で怒られたという。
「早よう降りてこい!!」
なんと、父は炭窯の上に乗って遊んでいたのだそうだ。
 燃える窯ので遊ぶということは、大人だったら怖いと思うが、幼い子供には格好の高い場所を見つけたと思ったのだろう。
 優しくて大きな声を出すこともなかったという祖父。
そんな祖父を父は大好きだったようだ。

炭窯の上に乗って怒られたこと。
日露戦争に行ったこと、
鳥取砂丘で陸軍の練習を行い、吉井川を屋形船に乗って帰ってきたこと・・・。

私が生まれる随分前に祖父は亡くなっているが、祖父の思い出は父を通して沢山あるような錯覚をしてしまう。

(■伊賀上野で見た窯 ■炭窯ではないが、同じような構造だ。)

炭を売る行商をしたことがあったという父は、炭窯を造った経験はあったのだろうか?
それは聞かなかったけれど、子どもの頃の風呂のクドや台所のクドは、父が造ったものだった。
・・・・・・・・・・・・・・・・
バナー ボタン

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・
   






Last updated  2020.02.26 00:09:22
コメント(2) | コメントを書く
[父の麦わら帽子] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:思い出語り:炭窯(02/26)   maki5417 さん
写真は朝ドラでお馴染みの穴窯でしょうか?
炭焼きは昼ドラやすらぎの刻でおなじみですね。 (2020.02.26 09:24:19)

Re[1]:思い出語り:炭窯(02/26)   天地 はるな さん
maki5417さんへ

朝ドラは、信楽焼(滋賀県)、この写真は、伊賀焼の窯で三重県になります。
といっても、山一つ越えたところにあるそうで、土の質が同じものだそうです。 (2020.02.26 23:55:20)

PR

Recent Posts

Category

Archives

Favorite Blog

まだ心に余裕。 New! MAYUKOはんさん

セリア*トイレの救… New! maya502さん

白いタンポポ、見つ… New! アトリエもこさん

#裏山 の「 #怪奇の… New! 隠居人はせじぃさん

『カザアナ』2 New! Mドングリさん

Freepage List

Comments

七詩@ Re:コロナ:のたをうってはるねん(04/06) New! それに癌闘病中、人工透析、進行性の病気…
天地 はるな@ Re[1]:月遅れの雛祭り・各地の雛祭り(04/03) maki5417さんへ 目に見えない感染者が怖…
maki5417@ Re:3月のおしゃれ手紙:コロナ渦(03/31) ウィルスをゴルフボールとするなばらマス…
maki5417@ Re:月遅れの雛祭り・各地の雛祭り(04/03) 今年はおとなり村上市での町家の人形まつ…
天地 はるな@ Re[3]:3月のおしゃれ手紙:コロナ渦(03/31) 七詩さんへ 七詩さんが、ブログで「イン…

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.