038128 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

老いも若きも健康長寿のススメ—がんに負けない

全12件 (12件中 1-10件目)

1 2 >

脳の若返りに挑戦して認知症を防ぐ

2020.09.03
XML

日本人の難聴者率は11.3%と約10人に1人ですが、
75歳以上に限って見ると39.2%とのこと。
つまり5人いれば2人は「聞きとり」機能が低下していることになります。

この割合は、高齢化率が大差ない欧米諸国とほぼ同じです。
ところが補強器の使用状況となると、
欧米人は難聴者の30~40%が補聴器を使用しているのに、
日本人の難聴者となると、
その割合は欧米人の半分以下だという調査結果があります。

補聴器を使うことに抵抗する気持ちも分からないではありませんが、
難聴は高血圧や糖尿病と並び、認知症の危険因子です。

「どうも最近聞きとりにくくなった」とか、
家族などから「テレビの音が大きすぎる」と再三注意される、
といった方は、耳鼻咽喉科を受診して、
聴力検査を受けてみることをおすすめします。

その結果、補聴器の使用をすすめられたら、
街のメガネ店などではなく、補聴器相談医の処方のもとに、
補強器を購入されることをおすすめします。

補聴器相談医に関しては、こちらの記事を参照してください。
→ ​難聴でも補聴器を使用している人は少ない


補聴器を購入するほどではないが聞きとりにくいという方は、
集音器を使ってみてはいかがでしょうか。

詳しくはこちらの記事を参照してください。
→ ​聞こえにくいが補聴器に頼るほどではないとき



高感度集音器 効聴(補聴 助聴 おばあちゃん おじいちゃん 祖父母 高齢者 プレゼント お年寄り 老人 お誕生日祝い 介護用品 便利グッズ)







最終更新日  2020.10.10 18:11:53
コメント(0) | コメントを書く


2020.08.30
テーマ:物忘れ(30)

仕事でずいぶんお世話になってきた大先輩の知人男性が、
「今ピアノを習い始めたところでね」
と話すのを聞き、とっさに思い出した言葉があります。

ドイツの哲学者、カントが言ったという
「手は外部の脳である」という言葉です。

手は脳の出張所だから、手を動かせば脳を働かせることになり、
脳細胞が活性化するというわけです。

これは認知症予防に使える、ということで、
手を意識して動かすようにすすめる認知症専門医も少なくありません。

80を過ぎてから、生まれてはじめてピアノの前に坐った先輩男性も、
最近いっきに多くなった物忘れを気にして訪れた物忘れ外来で、
その話を聞かされたそうです。

たまたま同居する孫娘のためにピアノを購入したこともあり、
「孫と競争で練習曲からスタートした」とのこと。

ピアノなんて今更購入するのも……、
などと思わないで、電子ピアノもあれば、キーボードだけのものもあります。

「最近物忘れが増えて・・」という方は、
こちらの記事を参照し、手を動かす努力をしてみてはいかがでしょうか。
→ ​「物忘れ」が気になりだしたら手を動かそう



電子キーボード 49鍵盤 電子ピアノ 楽器 電子 キーボード ピアノ 楽器 録音 ヘッドホン対応 練習 音楽 初心者 子供 子ども 男の子 女の子 プレゼント SunRuck サンルック PlayTouch49 プレイタッチ49 SR-DP02 ブラック







最終更新日  2020.08.30 07:18:59
コメント(0) | コメントを書く
2019.04.20
テーマ:認知症予防(12)

インド人には認知症、
それもアルツハイマー病が極端に少ないようです。
アメリカ人の4分の1だというデータもあります。

アルツハイマー病は脳が委縮して小さくなっていく病気で、
その確かな予防法も治療法もまだ確立されていません。

それだけにインド人にはなぜ少ないのかが気になり、
「そうだカレーがいいんだろう」となりがちです。

あながち間違ってはいないようなのですが、
カレーを食べるのがいいのではなく、
カレーに使われているスパイス、
とりわけクルクミンというポリフェノールを多く含む
ターメリックというスパイスがいいようです。

詳しくは『​アルツハイマー病予防をインド人の食に学ぶ​』
を読んでみてください。

ターメリックは、カレーだけでなく、
スープ類や炒め物にもスパイスとして使えていいですよね。
ターメリック加えて炊き上げるだけでできる、
ターメリックライスというのもしゃれています。







最終更新日  2019.04.20 07:17:44
コメント(0) | コメントを書く
2018.09.06
テーマ:認知症予防(12)

来る9月17日は敬老の日です。
そこで敬老の観点から、認知症について……。

認知症の原因はさまざまあります。
原因によっては防ぐことが期待できないものもあります。

幸いなことに、日本人に最も多いアルツハイマー型認知症は、
加齢が大きく影響していますから、
脳をはじめとするからだの加齢速度を緩やかにすることで、
予防が期待できることがわかっています。

認知症について私たちがよく耳にするのは、
「人との交流が少ない人は認知症になりやすい」ということ。

では、他人との交流が盛んな人は、
認知症になりにくいのかというとそうではないわけです。

カギは交流の仕方にあると考えられていて、
日々自然に行っている「会話」や「笑い」が大事、との説が有力です。

そこで最近、一人暮らしであったり、
ご夫婦で暮らしていてもあまり会話が無かったりする方に、
おしゃべりをする、あるいは歌を歌ったり、笑ったりする機会を与えようと、
おしゃべりをしたり、歌を歌うロボットやぬいぐるみが人気を集めています。
特に人気が高いのがコチラ。


みーちゃんは、笑顔のかわいい4歳の女の子です。
タッチすると、かわいい声で話しかけてくれたり、
歌を歌ってくれたり、
時間を教えてくれたりします。

事前の設定に応じて、呼びかけ方も選択できます。
その設定が難しいと思えば、設定サービスもあります。
笑わせてくれたりもしますから、脳の活性化に役立ちます。

身近なご高齢の方にプレゼントされてはいかがでしょうか。






最終更新日  2018.09.06 07:27:12
コメント(0) | コメントを書く
2018.09.04
テーマ:認知症予防(12)
友人たちとの飲み会の席で、
「スティック菓子を前歯で噛むと脳の血流がアップする」
という研究結果があることが話題になりました。

昨年9月に「日本感性工学会大会」で発表されたとのこと。
発表したのはグリコ科学研究所の研究者だと聞いて、
そういえば、と思い出しました。
「ポッキーを前歯で噛むと……」というキャッチコピーがありました。

グリコの研究チームですから、もちろんこの実験で使ったのは、
長いままのポッキーと、短く切ったポッキーです。

長いポッキーは、口に入れてすぐに前歯で噛み切るのですが、
この前歯を使って噛むのがいいらしいのです。

前歯を使うには、ポリポリ食べられるもの、
つまりグリコのポッキーを手元に置いておいて食べるようにすれば、
脳活となり、集中力アップにも、そして認知症予防にもなるというわけです。

この研究の詳細は、こちらの記事で。
→ ​前歯も使って物を噛むと脳の血流がアップする


もちろんこちらのポッキーもいいですよね。
どんどん新商品が出ていますから、飽きずにいだけます。






最終更新日  2020.08.21 17:12:48
コメント(0) | コメントを書く
2018.08.06
「45歳を過ぎたら認知症予防を始めよう」と言われています。
しかも、認知症のなかでも最近増えているアルツハイマー病は、
若年化がどんどん進んでいることから、
もっと早くからの予防が必要だと言われています。

アルツハイマー病の始まりは、20代、30代からで、
「アミロイドβ」と呼ばれる脳神経細胞を傷つける物質が、
脳神経細胞にたまり始めるのだそうです。

その予防の一つとして、「ブラジルナッツがいい」という話が、
このところ盛り上がっています。


ブラジルナッツには、私たちが健康を維持していくうえで必要な5大栄養素、
糖質(炭水化物)、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルが含まれています。
つまりブラジルナッツはスーパーフードなのです。

ミネラルが豊富に含まれているのが特徴で、
数あるミネラルのなかでも、「セレン」を多く含んでいることで、
ブラジルナッツが注目されているようです。

セレンは、その強い抗酸化作用により、
体内に入り込んだ水銀などの重金属の毒を消して、アミロイドβの蓄積を防ぎ、
脳神経細胞が破壊されるのを防いでくれるというのです。

ただ、セレンには自然放射線が含まれていますから、
脳の健康にいいからと、際限なく食べていると、
今度はその自然放射線の弊害が生じてきます。

自然放射線は、自然界にもともと存在している放射線で、
体内に入り込んでも時間の経過とともに消えてしまいますから、
普通に生活しているぶんには、恐れるべきものではありません。

ところが、ブラジルナッツ1粒には、
私たちのからだが必要としているセレンの量の2倍に近い、
およそ100㎍(マイクログラム)のセレンが含まれると推計されています。

ニンニクもセレンの含有量が多いことで知られる食材ですが、
ニンニクでこの量のセレンを摂るには8玉が必要となるほどの量です。

セレンが1日900㎍を超えると、吐き気、嘔吐、下痢、急速な脱毛、
といった中毒症状が現れることがわかっています。

ブラジルナッツを口にするときは、
この自然放射線のことも頭の片隅に置き、
1日1粒を厳守して食べ過ぎないようにしたいものです。


脳の活性化には、有酸素運動で筋肉を活性化することもお忘れなく。
天候に左右されず、室内でできる有酸素運動に。







最終更新日  2018.08.06 08:19:08
コメント(0) | コメントを書く
2018.05.18

ほんの一週間ほど前のこと、
まだ45歳という若さなのに、我がパートナーの後輩男性が、
「このごろ物忘れがひどくて……」
と、認知症を心配していました。

聞けば、彼の父親が最近認知症の診断を受けたことから、
「いずれ自分も……」
と考えてしまうのだと。

酒席だったこともあり、軽く聞き流していたのですが、
その彼が、昨夜、
「脳の活性化にいいものを見つけた」
と、かなり明るい声で電話をくれました。

聞けば、同年代の仕事仲間から、こちら☟をススメられたというのです。


ステンレスなどで作られたボールのような球体ですが、
表面にたくさんのボタンが規則正しく並んでいて、
この球体とボタンを手のひらで握ったり、転がしたり、
ボタンを押したりしてえられる手や指先の刺激が、
脳を刺激して、脳を活性化する​のだそうです。

物忘れはともかく、集中力を高めたい方にはおススメとのこと。
なお、脳の活性化を図るには​ブドウ糖の補給​もお忘れなく。






最終更新日  2018.05.20 08:30:49
コメント(0) | コメントを書く
2018.03.23
先日、ちょっとした集まりに参加したのですが、
その、今風に言えば「もぐもぐタイム」に、懐かしいものをいただきました。
「難しい話が続いたから、脳にエネルギーをあげましょ!!」
と、参加者の一人がおもむろに取り出したのが、
なんとも可愛らしく懐かしい、京風の金平糖だったのです。

聞けば、ネットで購入したとのこと。
家に戻ってから探してみたらありました。こちら☟です。

「花の都」 《 全国 送料無料 》 敬老の日 ギフト プレゼント お取り寄せ プチぜいたく プチ贅沢 和菓子 お歳暮 お年賀 詰め合わせ 老舗 香典返し 引き出物 日本のお土産 京都のお土産 プチギフト ブライダル 内祝い 京都 お菓子 激安 金平糖 結婚式 スイーツ 手土産

金平糖の主成分はブドウ糖です。
ブドウ糖は、脳が働くうえで最も重要なエネルギー源なのですが、
脳に蓄えておくことのできるブドウ糖はごく少量であるため、
常に補給してあげないと、脳が働かなくなってしまうことは知っています。

でも、つい仕事に夢中になったりしていると、
糖分の補給を忘れてしまい、集中力が落ちたりするのですが、
金平糖のようなものが手元にあれば、
脳が疲れてギブアップする前に糖分を補給できます。

そう思い、いい機会だからとネットサーフィンをしていて、
こんなに変わった金平糖☟を見つけました。
生姜、ゆず、煎茶、桜のアロマ、レモン、等々のエキス入り金平糖です。

幼かった頃に駄菓子屋さんで好んで買っていたラムネ菓子も見つけました。
ラムネ菓子も、主成分はブドウ糖ですから、脳にとっては好物です。

こちら☟は、1個ずつカラフルな紙で包装してありますから、
勉強会や会議などの集まりに持参していき、
もぐもぐタイムにさりげなく「脳が好きなブドウ糖です」なんて配ったら、
きっと喜んでもらえるし、お株も上がるのではないでしょうか。


脳の活動が活発になれば、脳細胞も活性化しますから、
脳のトレーニングにもなって、
認知症の予防にもつながっていくように思うのですが、いかがでしょうか。

コーヒーのなかにも脳の活性化効果を期待できるものであります。
詳しくはこちらを読んでみてください。
→ ​「うっかり」や「物忘れ」が気になるあなたに







最終更新日  2020.09.05 06:54:39
コメント(0) | コメントを書く
2017.12.19
最近、これまではあまり見なかったスポーツ番組をよく見るようになりました。
それも、国際試合ものが多いのですが、そうなって気づいたことがあります。
我が家にはきちんとした世界地図がなかったのです。

一つもないわけではなく、あるにはあるのですが、少し前のものなので、
「この国って南アフリカだっけ?」などと探し出しても、
その国に関する情報がリアルなものではなく、
最新の世界地図が欲しい、それも出来たら地球儀がいいと、
彼と話し合っていました。

そんな折も折、すごい地球儀が出ていることを知りました。
なんと、「地球儀がしゃべる」☟というのです。

しゃべるといっても対話をするということではなく、
ある国に関する情報を音声で知らせてくれるというのです。
もちろん日本国内の情報ももらえます。

たとえば、来年のサッカーワールドカップでは、
2番目の対戦国が「セネガル」と決まりましたが、
どこにあり、人口はどの程度で、どんな国なのか、
対戦国に決まった時点では、具体的なイメージが浮かびませんでした。

そんな時、この地球儀があれば、タッチペンでタッチさえすれば、
そのすべてに応え、解説してくれるというのです。

2020年の東京オリンピック・パラリンピックはもちろんですが、
それまでの間にも、サッカー、ラグビー、卓球、バドミントン、等々。
世界レベルの大会が続々とあります。

合わせて、カタルーニャの独立問題や中東情勢など、
国際社会もこのところ日々大きく変化しています。
どこで何が起きているのか、無関心ではいられませんが、
そんなときにやはりこの地球儀は必要でしょう。

わからないことがあったときは、すぐに調べて納得する習慣をつけるのは、
脳の前頭野を刺激し続けることになりますから、
ぬり絵などと同じように、脳活による認知症予防​も​期待できます。

今や卒業・入学シーズンです。
それぞれのお祝いのちょっと気の利いたプレゼントに、
脳のエネルギー源になるブドウ糖​のこちらを添えて、いかがでしょうか。






最終更新日  2018.05.17 18:06:32
コメント(0) | コメントを書く
2017.12.06
テーマ:認知症予防(12)
予防医学の領域で、このところ世界的に注目されている栄養成分の1つに、
「アホエン」という物質があるそうです。

「アホエン」という呼び名は、
スペイン語でニンニクを意味する「ajo(アホ)」が由来とのこと。
ニンニクの強い臭いのもとである「アリシン」という物質が、
適度な加熱刺激に反応して変化し、抽出される成分です。

実験にて強力な血小板凝集抑制作用が確認されたことから、
そのパワーを、医学的治療に活用できないかと、
今や国際レベルでの研究が進められている物質です。

血小板凝集抑制作用とは、簡単に言えば「血液サラサラ」効果です。
その効能により、生活習慣病の元凶であるコレステロールや尿酸を減らして、
全身の血液、および血管を浄化してくれるという優れものです。

動脈硬化やがんの予防効果もさることながら、
脳の血流をスムーズにして脳の若返りを図る効果により、
認知症の予防にもつながると、期待が高まっています。

認知症の予防策としては、これまで​​奥村歩医師おススメの方法​や、
脳活成分入りのコーヒー​​、逆手によるぬり絵​を紹介してきました。
そこに新しく、アホエンオイルを加えてはいかがでしょうか。

ただ、ここでくれぐれも注意していただきたいのは、
だからといってにんにくを食べればいいという話にはならないことです。

アホエンは、ニンニクのアリシンが加熱されてできる物質なのですが、
100度を超えて加熱すると、破壊されてしまいます。

そこで、細かく刻んだにんにくをオリーブオイルなどの食用油に入れて、
そのオイルを湯煎などの方法で徐々に加熱し、反応させて、
アホエンを抽出させることになります。

かなり手間暇がかかりますから、自分で作るのは難しいのですが、
アホエンを上手に抽出した「アホエンオイル」が各種市販されていますから、
それを活用するのがいいと思います。

数種あるなかでおススメは、
高級品として著名な青森県田子町のニンニクを使ったこちら☟です。

アホエンは加熱に弱いため、このオイルを使って調理するのではなく、
出来上がった料理やサラダなどに、
1日に小さじ1杯を目安にふりかけて摂るのがいいようです。

やはり自分でアホエンオイルを作ってみたいという方は、
出来上がったオイルはそのまま使うことを考えて、
できれば良質のニンニク☟とエキストラバージンオイルを使うこと、
また、アホエンが熱に弱いことを忘れずに、加熱しすぎないように!!


なお、市販のガーリックオイルは高温処理されていますから、
アホエンはほとんど含まれていないことをお忘れなく。

ただし、にんにくにはアホエンとは別の優れた効能がありますから、
ニンニクのさまざまなかたちでの毎日の食生活における活用や、
熟成黒酢にんにくなどの、
ニンニクを使ったサプリプリメントの存在を否定するわけではありません。
くれぐれもお間違いのないように。








最終更新日  2017.12.06 08:08:47
コメント(0) | コメントを書く

全12件 (12件中 1-10件目)

1 2 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.