000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

老いも若きも健康長寿のススメ—がんに負けない

全85件 (85件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >

美容と健康、若い女性に伝えたいこと

2020.09.18
XML

朝のワイドショーで、
「マスク着用でほうれい線が深くなった」
と悩む女性の声が流れるのを、
朝食の準備をしながら聞いていて、
ちょっと思い出したことがあります。

看護師さんは、コロナがこれほど大騒ぎになる前から、
医療現場ではマスクの着用が欠かせない場面が多くあります。

取材をしていると、その悩みとして、
ほうれい線の話をよく聞かされました。

「マスクで隠れるからと油断していると老け顔になるから、
マスクをしていない時と同じように、
いつも口元を緩めないように気を付けている」と――。

なかには、勤務を終えて自宅に戻ったら、
こちら↓を使って、表情筋のトレーニングを欠かせないという方も。


フェイシャルフィットネス パオ PAO 【ポイント10倍】 【メーカー公式店】 MTG 顔筋トレ ほうれい線 たるみ シワ しわ フェイスライン 口角 pao パオ 正規品 P10


マスクによる肌荒れも深刻でしょうが、
その対策はこちらの記事を参照してみてください。
→ ​マスクの肌荒れには「薬用バーム」がいいらしい


資生堂薬品 イハダ 薬用 バーム 20g(医薬部外品)[IHADA]







最終更新日  2020.09.18 18:03:01
コメント(0) | コメントを書く


2019.04.24

卵はほぼ毎日、最低1個は口にしているという方が、
日本人には多いという統計が出ています。

確かに卵は、手軽で摂れる貴重なたんぱく源です。
ただ、どうせ食べるなら「半熟卵」を……。

というのは、半熟の状態で食すのが、
栄養素の吸収率がいちばんいいからです。

何よりも、半熟状態の黄身には、
肌の健康に、また髪の発毛・育毛にもいいらしいのです。

詳しくは​『卵は「半熟卵」がからだに一番いい』
を参考にしてみてください。

ちょうどいい半熟にするにはコツがいるのですが、
コチラを使えば、レンジでチンするだけで半熟卵が完成!!







最終更新日  2019.04.24 07:25:08
コメント(0) | コメントを書く
2019.02.27
テーマ:老化現象(54)

老化はやっぱり気になります。
老化を促進させる物質「AGE」について、
数日前の羽鳥慎一モーニングショーで取り上げていたようです。
あいにく私は見逃しましたが、
見たという友人から、早速、AGE値を測りに行こう、と誘いが……。

AGE値から体内年齢、つまり血管や肌や骨や筋肉といった、
身体の中の年齢がわかるという話を聞き、
AGEについて詳しく調べ、まとめてみました。
⇒​老化の原因物質「AGE」をもう増やさない!!

で、わかったことは、とにかくこれ以上AGEを体内にためないこと。
そのために、揚げ物やファーストフードの類は極力避けることです。

肌にシミやしわが出てくるように、
血管や骨も……、と考えると、我慢できそうな気がしてきました。


揚げ物、炒め物、焼き物にはクエン酸をたっぷりかけて!!










最終更新日  2019.02.27 08:14:27
コメント(0) | コメントを書く
2018.09.28
いきなり晩秋の気配に体調を崩す方が増えているようですが、
お変わりありませんでしょうか。

こんな陽気になると、ホットドリンクが恋しくなり、
私はルイボスティー、それもからだを温めてくれる「しょうが」、
つまりジンジャーとルイボス茶葉をブレンドしてある、
こちらを飲んでいます。


ルイボスティーの茶葉の産地として知られる南アフリカでは、
古くから不老長寿のお茶として人々に人気と聞きます。

実際、カルシウム、マグネシウム、鉄などのミネラルが豊富なうえに、
肌のしみやしわのもととなる活性酸素退治をしてくれるので、
美肌づくりにも効果が期待できるとして若い女性にも人気ですよね。

いうまでもなくジンジャーはからだを温めてくれます。
しかもノンカフェインですから、
妊活・妊娠中でも安心して飲むことができます。

ティーバックですから、手軽に飲めます。
是非お試しを!!






最終更新日  2018.09.28 23:20:00
コメント(0) | コメントを書く
2018.09.23
テーマ:不妊治療(23)

カップルが不妊と聞くと、「原因は女性にある」と考えがちでしょう。
でも、必ずしも女性側に問題があるわけではないことが、
最近になってやっと公けに語られるようになってきました。

つい先日も、NHKのクローズアップ現代で、
男性の精子の健康状態を大きく扱っていました。

精子の数が少なかったり、元気が無かったりする男性が、
このところ増えているというのです。

幸いなことに、その原因が大方わかってきていて、
毎日の食事を栄養バランスを考えて摂るようにしたり、
毎日適度な運動をしたりするだけでも、
精子が増えたり元気になったりすることが映像で示されていて、
ちょっとホッとしたところです。

そうそう、股間を締めつけるようなGパンや下着類もよくないとのこと。
自転車に乗って長時間股間を刺激し続けるのもよくないそうです。

仮に、パートナーの精子が最悪な状態であっても、
第三者から提供された精子を使った不妊治療という道があります。

ところが、長年この治療を実施してきた慶応大学病院が、
精子の提供者が減少したことを理由に、
治療の予約受付を停止したことが報じられています。

なぜなら、この治療で生まれてきた子どもには、
この先、遺伝上の親を知る権利があるからです。

このことを精子提供者に事前に説明するようになってから、
提供を思いとどまる男性が増えているのだそうです。

確かに、提供してから5年、10年、場合によっては20年後に、
突然、見知らぬ子、あるいは人から、
「あなたは私の父親ですね」などと言われたら……。

まだ完全に中止を決定したわけではないようですが、
なかなか難しい問題です。あなたはどうお考えでしょうか。

ちなみに男性不妊治療のトップランナーとして著名な、
石川智基医師(リプロダクションクリニック大阪)のこの本は、
不妊で悩む男性に人気と聞きます。

なお、不妊治療を受けるカップルの、
経済的負担を軽減するための助成制度については、
こちらの記事を参照してください。
→ ​不妊治療費助成制度 年齢と所得要件を緩和







最終更新日  2020.09.15 17:28:14
コメント(0) | コメントを書く
2018.09.05
今年の夏は猛暑続きで大変でした。
たっぷり浴びてしまった紫外線や大量の汗、
さらにはいつになく多かった台風で突風にもさらされて、
からだ同様に肌もすっかり夏バテ気味で、過敏肌になっています。

いつもと変わらないお手入れを続けているのに、
なんとなく肌が乾燥してカサカサ、ピリピリしている、
急にシミが増えたような気がするし、
ハリのある透明感が自慢だったのにくすみがちだ……。

そんな方は、「ゆらぎ肌」が疑われます。
特に湿疹のようなトラブルが起きているわけではないのに、
いつもと違う肌の状態のことです。

やっぱり徹底すべきは保湿でしょう。
いつも使っている化粧品はひと先ずお休みして、
オールインワンのコチラをたっぷり使ってみてはいかがでしょうか。

これ一つで化粧水・乳液・美容液・化粧下地などの役割を期待できる、
オールインワンゲルですから、手間は簡単です。

保湿効果の高い酸素水と15種類の天然ハーブエキスが、
肌にうるおいを取り戻してくれます。

是非お試しを。






最終更新日  2018.09.05 08:45:15
コメント(0) | コメントを書く
2018.08.31
立ち仕事続きで腰が張ったり、足がむくんだり。
パソコンやスマホを見続けて肩が凝ったり……。

そんなときに手軽に凝りをほぐしたり、
むくみをとってくれるハンディタイプのマッサージ機を、
フィットネスクラブ「東急スポーツオアシス」が開発しました。

図のオレンジ部分のローラープレートが6サイズありますから、
背中、首から肩、腕と、凝っている部分に合わせてサイズを取り替えて、
ピンポイントでコリをほぐすことができます。

図のように使えば、足のむくみを和らげることもできます。

さらには、ローラープレートを棒から外して、
手のひらや足裏のツボ押しをすることもできます。

テレビを見ながら、あるいは職場で休憩時間でも、
手軽に凝りをほぐすことができるという、
肩こりや腰の痛みでお悩みの方には、有難い助っ人ではないでしょうか。






最終更新日  2018.08.31 08:36:02
コメント(0) | コメントを書く
2018.08.28
ダブル台風の到来でちょっと暑さから解放されたのも束の間、
この猛烈な暑さで、食欲が落ちてげんなりしていないでしょうか。

でも、夏バテになんてなっていられないと、
無理をしておられる方も少なくないようです。

そんな方に、こちらのお粥セットをおすすめします。

「養命酒」でお馴染みの養命酒造がプロジュースした、
フリーズドライの和漢素材と野菜の風味を生かした5種類の健康粥と、
福井の禅寺に伝統的に受け継がれている5種類の薬膳粥を試すことができます。

1食80Kcal前後の低カロリー。
しかも永平寺粥はレトルトですから少し温めて、
養命酒の健康粥はフリーズドライですからお湯をかけるだけで、
手軽にいただけます。

是非、あなたもお試しを!!






最終更新日  2018.08.28 08:15:13
コメント(0) | コメントを書く
2018.08.17
カレンダーの上ではそろそろ残暑という時期ですが、
まだまだ厳しい暑さが続いています。

熱中症予防には冷房が欠かせません。
でも、妊活中の方は、からだを冷やし過ぎないように。

というのは、低体温や冷え性の女性に不妊症が多いことから、
妊活女性に温活、つまりからだを温めることが、
推奨されるようになっているからです。

例えばこちらの漢方茶は、漢方に精通した薬剤師が調合したもので、
血液の循環をよくして「卵子を元気にしてくれる」とのこと。
からだを冷やし過ぎないということでは男性も同じですから、
ご夫婦で一緒に飲まれることをおススメします。

「からだを温める」ことでは、生姜パワーもいいですよね。

就寝前は、暑すぎないお風呂にゆっくり浸かって、
からだを温めることもお忘れなく。
どうせなら、炭酸浴がおすすめです。






最終更新日  2018.08.23 11:58:24
コメント(0) | コメントを書く
2018.08.08

私たち日本人の食生活に欠かせない保存食の代表といえば、
やはり梅干しではないでしょうか。

この梅干しの健康への効能について医学的解明を続けている研究会が、
効能の一つに、体脂肪の燃焼を促す働きがあり、
この効能によりダイエット効果が期待できることを報告しています。

和歌山県南部の紀南地域に住む女性201人を対象に実施した疫学調査で、
紀州産梅干しを毎日食べている人は食べていない人に比べて、
BMI(肥満度を著す指数)の値が低いという結果が出たそうです。

その原因を調べた研究で、
梅干しに含まれている「バニリン」と呼ばれる成分が、
紀州産梅干しには、その独自製法により、
より多く含まれていてることが明らかになったとのこと。

バニリンとは、バラの香りの主成分ですが、
脂肪の吸収を抑えるとともに、
脂肪細胞を刺激して燃焼を促す作用があることがわかっています。

「梅干しは酸っぱいのがどうも…」と敬遠される方もいるでしょうが、
最近は、はちみつ漬けにしたり、塩分を抑えたりと、
色々食べやすく工夫されています。

なかでもこちらは、いろいろな味が用意されていて、
好きなものを選ぶことができますから、
ダイエット効果を試してみられてはいかがでしょうか。







最終更新日  2018.08.08 07:54:27
コメント(0) | コメントを書く

全85件 (85件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.