064910 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

老いも若きも健康長寿のススメ—がんに負けない

全325件 (325件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 33 >

美容と健康、若い女性に伝えたいこと

2021.11.29
XML
テーマ:手荒れ(9)

黄ばみ始めた「ゆず」が店頭に並んでいます。
このゆずを見てちょっと思い出したことがあります。

ご高齢の女性を取材させていただいた時のことです。
もう80を超えている方なのですが、
とてもきれいな手をしているのを目にして、
つい「手が荒れるなんてことはないんですか」
と、ぶしつけなお尋ねをしてしまいました。

すると、にこっとして、「ゆずのおかげなんですよ」とのこと。
詳しく聞けば、ゆずの実を焼酎につけておいて、
手荒れ止めに使っているのだ、と――。
料理をする際に市販のハンドクリームでは、
化粧品のニオイが料理にうつります。
それを避けようと始めたところ、
あまりに具合が良かったので、
以来ずっと市販のクリームは使ったことがないとのこと。
で、私もやっています。 確かにいい!!

ゆずについては、
便秘対策にいいという話をこちらで紹介しています。

→ ​「ゆずちゃんゼリー」で美味しく便通改善

今が旬のゆずは冬の料理に欠かせませんが、
コロナ対策の手指の消毒で手荒れに悩んでいる方も、
是非試してみてください。







最終更新日  2021.11.29 12:20:05


2021.11.27

目覚まし時計に何をお使いでしょうか。
あのけたたましいアラーム音ではなく、
自然な太陽光に近い光なら、
心地よく起きられるし健康のためにもいいという話を、
こちらで紹介しています。

→ ​目覚ましの「音」でだめでも「光」でなら起きられる

そして最近、光とアラーム音の両方がセットされた、
いわゆる「目覚ましライト」の、
「ルルド サンアラーム」が発売されたことが、報じられています。

起床時間の30分前、20分前、10分前のいずれかを選ぶと、
その時間からライトが徐々に明るくなり、
光を浴びた状態でアラームが鳴るのだそうです。

そのアラームは電子音と小鳥のさえずりから選択可能、
音量も5段階で調節可能というスグレモノです。
これなら1日を心地よくスタートでするのではないでしょうか。







最終更新日  2021.11.27 07:30:04
2021.11.25

乳がんが増えています。
正確な統計値はまだ出ていませんが、
2018年の段階で、2020年には日本人女性の9人1人が、
生涯に一度は乳がんを経験するだろうと予測されています。
乳がんの発症リスク要因は多々ありますが、
その一つに「夜間勤務」があるのをご存知でしょうか。

普通なら睡眠しているはずの夜間に起きて活動していると、
「メラトニン」と呼ばれるホルモンの分泌量が低下し、
そのことが乳がんの発症に働くのだそうです。

→ ​夜間勤務は乳がん発症リスクを高めるって本当?

夜間も強い光を浴びていることが原因ですが、
だからといって暗い中で作業するわけにもいかず……。
だったら、メラトニンを増やすように、
食事の工夫をしようということになり、
植物性たんぱく質を意識して多く摂るのがいいようです。







最終更新日  2021.11.25 07:30:04
2021.11.24

ビタミンB1不足によって起こる「脚気(かっけ)」という病気があります。

栄養状態が良くなった現在の日本では、
ほとんど心配ないと思われがちです。

実際、普通に食事をしているぶんには心配ないのですが、
コンビニなどのおにぎりだけで食事としている方、
あるいは主菜といわれるご飯や麺類、パン類等の糖質をたくさん摂っている方、
また、飲酒量の多い方のなかには、
潜在的なビタミンB1不足の方が多く、
脚気予備軍の状態にあると言われています。

→ ​今もあったビタミンB1不足による「脚気(かっけ)」

それと、激しい運動をする方にも、予備軍は多いようです。
エネルギー不足でどうも元気が出ないという方は、
食生活を見直してみてはいかがでしょうか。







最終更新日  2021.11.24 07:30:04
2021.11.23

料理研究家のリュウジさんがツイッターで、
電子レンジ調理にまつわり、
根拠のないクレームが届いたとして苦言を呈しています。

私も、その手のブログ記事、
つまりマイクロ波という電磁波の害を紹介して、
「電子レンジに子どもを近づけるな」といった類の記事を、
何度か目にしています。
「電子レンジでチン」すると栄養価がずっと落ちる、
といった記事も見かけます。

でもそれは、使い方の問題でしょう。

→ ​電子レンジは正しく使えば健康被害の心配はない

電子レンジを毛嫌いする方は高齢者に多いと思っていたのですが、
そうでもないようで、若い世代にも、
その手のデマを信じて、根拠のない話を拡散している方が多いとか。

そもそも、本当にそんな健康被害があるなら、
国が規制をかけるはずでしょうし、
新しいタイプの電子レンジが、
次々と売り出されるはずないと思いませんか……。







最終更新日  2021.11.23 07:30:04
2021.11.21

友人とのたわいない話のなかで、
目覚めの一杯に何がいいのか、という話になりました。
友人は朝が弱く、
体を目覚めさせるためにコーヒーを飲んでいるとのこと。

ところが最近、歯科クリニックの待合室で目にした雑誌記事に、
胃が空っぽの状態でコーヒーを飲むのは避けた方がいい、
とあるのを見て、不安になってきたというのです。

その記事を読んでから、気のせいか、胃が重いような気がする、とも。
おそらくカフェインのせいでしょう、と話したのですが、
長年の習慣はなかなか変えられない、と迷う彼女。

そこで、かつて取材した救急医の話を紹介しました。
睡眠中の発汗で失われた電解質を補うために、
糖質と脂質ゼロタイプのスポーツドリンクを飲んでいるという話です。

→ ​目覚めの体に効く一杯は何がいい?

野菜ジュースを飲むという方もいれば、
白湯(さゆ)、あるいは緑茶がいいという方もいます。
結局は、冷たい水という方が多いのですが、
あなたは何を飲んでいますか。







最終更新日  2021.11.21 20:00:05
2021.11.20

厚生労働省の調査では、
20~40代の女性の約15%は貧血、
それも鉄欠乏性の貧血症状を抱えているそうです。

「疲れやすく、いつもだるい」「集中力が続かない」
といった症状が続いていないでしょうか。

コロナ禍により生活自体が大きく変わっていることや、
感染への不安などから、
疲れやだるさの原因はコロナのため、
などと考えがちですが、鉄欠乏性の貧血かもしれません。

早めに内科を受診して、貧血の検査を受けることをおススメします。

鉄欠乏性貧血なら、鉄剤や鉄分の多い食事を摂ることにより、
比較的すぐに回復し、疲れにくい体になり、
楽に動けるようになります。

鉄分補給には、こちらを是非参考に!!

→ ​鉄鍋、鉄フライパンが鉄分補給にいいって本当?

なお、鉄鍋などを使って調理するときは、
調味料によって鉄分補給量が違ってきますからご注意を。







最終更新日  2021.11.20 07:30:04
2021.11.19
テーマ:腰痛(186)

腰痛は、国民病とも言われるほど、よくある症状です。
原因も、現れ方もさまざまですが、
なかには深刻な病気のサインであることも――。

特に女性の場合は、
腰痛だからと整形外科を受診して、
諸々の検査を受けても異常がないのに、
腰痛が続くといったこともありえます。

このようなときは、子宮内膜症や子宮筋腫、
場合によっては子宮がんが原因ということも考えられます。

→ ​つらい腰痛、すぐに受診したほうがいいときは?

このうち子宮内膜症は、20~30代で発症することが多く、
放置していると、不妊につながるリスクがあります。
まず整形外科を受診し、そのうえで、
婦人科を、躊躇なく受診することをおススメします。







最終更新日  2021.11.19 07:30:04
2021.11.17

新型コロナの感染拡大により、
仕事もテレワークになるなど、家に閉じこもり、
坐ったままの時間が増えているのではないでしょうか。

米国での研究ですが、
坐ったままの時間が長い生活を続けていると、
うつうつとした気分になりやすく、
うつ病のリスクが高まることが確認されているそうです。
同様の指摘は日本においてもすでに確認されていて、
日々の身体活動量が多いほど、
うつ病の発症リスクが低くなることがわかっています。

→ ​体をよく動かしているとうつ病になりにくいって本当?

歩行、またはそれと同等以上の運動を、
1日60分以上行うことが推奨されています。
加えて、その歩く際に、かかとから踏み出して、
刺激が脳に伝わるようにすると、
脳の活性化にもつながります。

→ ​ウォーキングやジョギングで脳を活性化!!







最終更新日  2021.11.17 07:30:04
2021.11.16

ニキビで悩んだ経験のない方は、
おそらくあまりいないのではないでしょうか。
青春のシンボル、などといわれますが、
青春を過ぎても、油断できないのがニキビです。

巷には特定の食事との関係を指摘して、
たとえばチョコレートを食べ過ぎるな、
などといった情報もありますが、
この情報に科学的根拠はないそうです。

むしろ大事なのは、
「コメド」と呼ばれるニキビの最初の症状に気づいたら、
すぐに皮膚科を受診して治療を受けることです。

→ ​ニキビは初期症状のコメドに気づいたら受診を

最近は、毛穴のつまりを治すいい塗り薬があって、
ニキびに発展するのを阻止してくれるそうです。
ニキビの痕(あと)を残さないためにも、
早めに、お近くの皮膚科専門医をお尋ねください。







最終更新日  2021.11.16 07:30:04

全325件 (325件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 33 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.