3954222 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

わたがしふわふわ

PR

X

プロフィール


わたがし1566

日記/記事の投稿

コメント新着

dokidoki1234@ Re:今日も私は(02/27) New! おおお! なかなか沢山のんでらっしゃいま…
わたがし1566@ Re[1]:から揚げ(02/25) New! 伯父ちゃん1043さんへ 初めまして。 偶然…
わたがし1566@ Re[1]:運転用のメガネに慣れるために(02/26) New! 伯父ちゃん1043さんへ 老眼の影響なのか…
わたがし1566@ Re[1]:今日も私は(02/27) New! 大好きゆずるくんさんへ 私、几帳面に見…
大好きゆずるくん@ Re:今日も私は(02/27) New! オー! お水でお腹がガボガボになりそう…

フリーページ

サイド自由欄

「みんなを笑顔で繋ぐ子育て家族サポートの会」
でお話させていただきました
2016.5.28
脳性まひ当事者女子会!in 新丸ビル に参加してきました2015.8.22
脳性まひ当事者の方々、そして内科医、支援者の方との交流会を開催しました
「障がい当事者×理学療法士・学生交流会」が開催されました
ユニバーサルデザインの街と東京のバリアフリーコース
ユニバーサルマナー検定3級 を取得しました♪2014.11.29

★★脳性まひに関する私の思い★★

脳性麻痺の二次障害・・・私の考え
脳性麻痺であることを恐れないで!!
脳性麻痺・・・手術をされた方の手記を読んで
脳性麻痺として生まれてきたこと
脳性麻痺として生まれてきたからには人生楽しまなくちゃ♪
脳性まひの小児科医、熊谷晋一郎さんに聞く・・・
自立は、依存先を増やすこと 希望は、絶望を分かち合うこと

障害を持っている人は『人の視線が辛い・・・』と思っている・・・けれどそれはね・・・
ベストなタイミングで手術を勧めているはず
脳性まひ・・・軽度であるがゆえの・・・
自分自身を受け入れる・・・『心のための時間』
リハビリ治療、先生方との関わり・・・つい相手の気持ちを考えてしまう心の壁
障がいを持って生まれるということ
脳性麻痺の療育 2-1
脳性麻痺の療育 2-2
リハビリ通院も1年半が過ぎました2014.1.16
脳性麻痺のお子さんを育てているおかあさんへ2014.1.17
固定術の質問と答え2014.1.22
脳性マヒ・・・二次障害とうまく付き合っていくために2014.4.17
いき過ぎない、やり過ぎない2014.5.12
いかに自分の体とうまく付き合っていくか2014.7.17
痛みと過緊張について2014.9.7
軽度の脳性麻痺ゆえに抱える悩み2014.9.23
脳性麻痺の二次障害とは何? 2014.10.15
冬・・・脳性麻痺者は 『冷やさない・急いで動かない』2014.10.17
脳性麻痺者への手技は優しくお願いします2014.11.5
脳性麻痺者の二次障害を考える上での3つの問題2014.11.18
脳性まひ者にとって厳しい冬の到来です2014.11.19
脳性まひの皆さん、仕事がんばり過ぎていませんか?2014.11.22
車椅子を上手に使う生きかた2014.11.29
私がやっているゆる~い活動について・・・2015.5.24
脳性まひ者に人工股関節は向いてない? 2015.6.2
歩ける人ほどムリし続ける~ 2016.3.5
成人の脳性まひ痙直型に朗報!・・・鍼灸師・廣中敦紀氏と対談2017.2.1
脳性まひ痙直型・・・過緊張への対処とメンテナンス2017.2.23
脳性まひ者は10倍の努力をしてるってホント?2017.12.2
【脳性まひ】痛みとの関わり方2017.12.12
「脳性まひをもって生きるということ」 ~脳性まひに伴う二次障害について~を振り返って



★『脳性まひ交流の場主催』のイベント★

脳性まひ交流の場  ミニミニオフ会 2014.5.15
脳性まひ交流の場 オフ会を開催しました (東京都多摩障害者スポーツセンター)2014.5.25
話の尽きない 『脳性まひ、当事者交流会』 でした2014.11.15
脳性まひ交流の場 女子会が開催されました♪ 2014.12.21
脳性まひ当事者の方々、そして内科医、支援者の方との交流会を開催しました2015.4.29
『国際福祉機器展に行こう!』オフ会を開催しました2016.10.13
主催イベント 【12月29日 交流の場:2016忘年会 】 大成功!!2016.12.29
成人の脳性まひ痙直型に朗報!・・・鍼灸師・廣中敦紀氏と対談2017.2.1
脳性まひ交流の場 ミニミニオフ会in東京駅 を開催しました 2017.3.11
今回のミニミニオフ会のまとめ・・・Nさんより





★日記一覧表★
★月別記事一覧★過去に遡った日記が閲覧できます




★『変形性足関節症』 術前から術後の経過まで

変形性足関節症
足関節症の手術まであと12日の私の気持ち
手術前検査に行ってきました
術後12日目
変形性足関節症 術後20日目2013.4.27
足関節症骨棘術後 5週間2013.5.15
足関節症骨棘術後 8週間2013.6.1
変形性足関節症 骨棘除去術から2ヶ月2013.6.14
変形性足関節症 骨棘除去術から3ヶ月 2013.7.16
変形性足関節症 骨棘除去術から4ヶ月2013.8.13
脳性麻痺による変形性足関節症 骨棘除去術から5ヶ月2013.9.5
脳性麻痺による変形性足関節症 骨棘除去術から6ヶ月2013.10.7
脳性麻痺による変形性足関節症 骨棘除去術から7ヶ月2013.11.7
脳性麻痺による変形性足関節症 骨棘除去術から8ヶ月2013.12.12
脳性麻痺による変形性足関節症 骨棘除去術から9ヶ月2014.1.9
脳性麻痺による変形性足関節症 骨棘除去術から10ヶ月2014.2.9
脳性麻痺による変形性足関節症 骨棘除去術から1年 2014.4.13

脳性麻痺による変形性足関節、骨棘除去手術から1年1ヶ月のレントゲン2014.5.28




【脳性麻痺・・・私と同じタイプについて】

痙直型(けいちょくがた)・・・伸長反射、腱反射の亢進を認める。わずかの刺激で激しい筋緊張がおこり、
手足が硬直し、突っ張った状態になる。
脳性麻痺の70ー80%


痙縮(けいしゅく)
筋肉に力が入りすぎて動かしづらい状態のこと。
「筋肉に力が入りすぎて動かしづらい」状態で、下肢に痙縮(けいしゅく)があると歩行に障害が生じます。


尖足(せんそく)とは、ふくらはぎの筋肉からアキレス腱の筋肉に痙縮や拘縮が生じた結果、つま先立ちのような足の形になってしまった変形で、立ったり歩いたりするときに踵(かかと)が床に着かない状態をいいます。


わたがしへのお便りはこちら
クリックしていただくとメールの画面に変わります。



車椅子でお出かけ
 バリアフリーマップ


大空
↑失意のどん底から這い上がらせてくれた先生がここにいます



両親と一緒に行く久しぶりの温泉旅行。
赤ちゃんを連れて行く記念すべき初旅行。
車いすの友達を誘っていく仲間の旅。
「一緒に旅行に行きたい!」
「でも大丈夫かなぁ・・・?」
不安を安心に変えて、
みんなが笑顔になる旅行に行きませんか?
「人に優しい宿」集めました!
大切な人との、かけがえのない
時間を是非叶えてください。


車椅子ウォーカー

車椅子でも楽しいことたっくさんできるんだよ~♪
このサイトでは動画を通じて笑顔のお手伝いをしています。
ぜひぜひ沢山の方々に利用していただきたいサイトです。


ブラーノブラーノ
(写真をクリックすると詳細ページにいきます)
オススメのお店 【センター南バル ブラーノブラーノ】(イタリア料理店)


楽天カードはもう有名ですねぇ~
このQRコードから加入ができます。
100円のお買い物で1円ポイントバックします。
私の場合、月平均5万円のカード利用をするので500円のポイントバックになります。
他にもカード加入しているとなにかと便利。
入会金や年会費が本当にかからないのがありがたいです~~

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

5日の日記(2) New! harmonica.さん

無事故無違反 New! dokidoki1234さん

突然 New! 彌聖さん

きなこ New! 姫川yorokiさん

NetflixとAmazonプラ… New! ニコ67さん

いつか必ず New! 大好きゆずるくんさん

特別支援学校生、空… New! elsa.さん

布団乾燥機を買いま… *kico*さん

なんとか合格出来た(… 天野北斗さん

引っ越してんやわん… いもようかん♪さん

バックナンバー

カテゴリ

購入履歴

カレンダー

楽天カード

2016年02月01日
XML
カテゴリ:脳性麻痺

2016年1月30日(土)に行われた

 

「脳性まひをもって生きるということ」
~脳性まひに伴う二次障害について~

 

の振り返りと私の意見などを記していきたいと思います。

少し長くなるかとは思いますがお付き合いいただけると幸いです。

 

まずは今回の公開講座は理学療法士・作業療法士向けに

企画された催しでした。が、「一般の方」と書かれていたのを

私は見逃さずにいたので問い合わせし、出席させていただけることになりました。

また、フェイスブックやブログなどでもお知らせしていたので

それを知った脳性まひ当事者 の方々も数名参加されていらっしゃいました。

そんな背景があったので、公開講座が終わってから

「わたがしさんですか?」と声かけをされてミニオフ会になったのは

嬉しかったです。スマイル

 

13時~16時まで、3名の方が演台に立たれました。

1番目の方は脳性まひ者(アテトーゼ型)であり、理学療法士です。

生い立ちから頚椎の手術・経過などを、

そして理学療法士としての脳性まひとは、を話してくださいました。

2番目の方はその手術後のリハビリを担当していた理学療法士の方

そして3番目の方も脳性まひ者で沢山の当事者会などを束ねていらっしゃる

けっこう有名な方でした。

 

このブログではご本人のお名前は控えさせていただきます。。

ご了承ください。

 

 

 

・Aさんのお話から~~

いただいた資料より一部ご紹介させていただきながら私の思いを

書かせていただきますね。

資料1

私は 痙直型(けいちょくがた)(常に緊張が強くでている)なので

その全てがあてはまるわけではなかったですが

【経験したこと】に書かれているような内容はトイレに落ちる意外は経験済みです。(笑)

Aさんも仰っていましたが、とにかくしょっちゅう転んでいました。

膝こぞうと肘はナマ傷が絶えず、ズボンの膝部分はすぐに破けていました。

私と同じタイプの方もきっと同じような経験をされてきたと思います。

 

無題5あ

Aさんはアテトーゼタイプ(手足、首など、自分の意と反して勝手に動いてします)

なので頚椎症とは切っても切れない間柄に・・・

ちなみに、痙直型であっても緊張が強くでるため頚椎症になる確率は高いです。

この私も頚椎症と仲良くしてますから。。(苦笑)

 

このプリントに

「自己調節が大切であった」

とありますが、例えば医師やリハビリの先生に

「毎日通院しましょう」

と言われても、その人にとっては毎日よりも一日置きだったり数日置きのほうが

調子良い場合があって、Aさんは

「自分の体のことは自分が一番わかりますから段々と自分が調子良い

間隔をつかめるようになってきました」

と仰っているのを聞いて私もそこは同じだったので納得でした。

 

無題11

ここでAさんが強く言っていたことは

軽度の脳性まひ児(者)の場合、一般健常児(者)がしていることを

時間をかければそのほとんどをこなすことができます。

しかしながら、それらをするための体力は波たいていのものではなく

健常児(者)の何倍も、何十倍もの体力が必要とされていることを

理解してください。

 

と仰っていました。

 

無題11

私自身も、おにぎりを作るときはちょっと人とは違った握り方をするし

買い物した荷物を階段で運ぶときもそれなりの工夫をして運んでいます。

それはもう、「鶴の恩返し」状態で「絶対に見ないでくださいね!!」

というくらいとんでもない格好をしていますが、それも私なりの工夫で

できることです。

 

 

フェイスブックでの「脳性まひ交流の場」でもよく出てくることなのですが

一般就労されている脳性まひ者の方のご苦労は言葉では言い尽くせない

痛みや苦しみといつも向き合っています。

 

「やればできる」

「みんなと同じ給料をもらっているんだから、同じ仕事をするのがあたりまえ」

 

と上司に言われ日々泣いておられる方も多く

その悩みを拝見させていただくたびに私の胸は痛くなるばかり。

 

こんなにもがんばっているのに、がんばっているように見えない・・・

 

これは多分、脳性まひ者だけではなく

ほかの障害を持った人にも言えることなんじゃないでしょうか。

 

もちろん、同じように働くに決まってるじゃない!

と心を強く持ち、日々働いていらっしゃる障害者の方も多いのは確かです。

 

私には文章力がないのでうまく言えないのが歯がゆいのですが

どうかその全ての人が

【自分に置き換えて考える】ことができればもう少し生きることが楽になるように

思っています。

 

ちょっと本題とは話がずれてしまいました。(熱くなってしまった。。)

次は二次障害のことを書かせていただこうかと思います。

 



応援ありがとうございます♪
励みになります♪

メールするお便りはこちら






最終更新日  2016年02月01日 17時08分17秒
コメント(4) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.