2632491 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

hongming漫筆

hongming漫筆

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Comments

背番号のないエース0829@ 松谷みよ子】(04/22) 「私のアンネ = フランク」に、上記の内…
hongming@ Re:ブルーレイが再生できない(11/30) 随分遅くなりましたが、やっと試しました…

Freepage List

Recent Posts

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

2024.02.12
XML
カテゴリ:その他の映画
 舞台は昭和初期の宇都宮。
 
 採石場が舞台になることが多く、屋外撮影が多く、珍しく画面が明るい。
 ただ、墓石などは屋外で撮影しているのに、墓参の人がいるカットになるとスタジオ撮影になっている。

 弟分のために、心ならずも人望のある男を切った主人公(高倉健)。
 刑期を終えて出所して帰ってくると、自分の人を切らせた悪辣な男が幅をきかせ、大谷石の利権独占を狙っていた。一方、弟分は幸福な夫婦生活を送っていて、主人公をあつくもてなす。
 主人公は、かつて切った男の墓参をするなど、後悔の念を抱いて街の様子を見ているうちに、かつて殺した男の子供と、男の妻と知り合う。その未亡人が三田佳子で、任侠ものでは新鮮。ただし、あくまでも堅気の石材業者。その息子の子役が穂積ぺぺだったので驚いた。
 物語は予想通りの展開で、未亡人と息子は主人公に好意を抱くが、主人公は耐えきれず、自分のしたことを告白する。
 その一方、自分に男を切らせた悪党の所業を知り、怒りの炎を燃やしている。そんな中、かつては未亡人たちの支えであった男が帰ってくる。
 最初は対立するが、最後には力を合わせるという展開が最初からわかっているのだが、それでも面白く見ていられる。
 東映映画の任侠道と武士道は同じものなのだ。








お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2024.02.21 14:43:12
コメント(0) | コメントを書く


Category

Favorite Blog

ゴミ New! せいやんせいやんさん

Shopping List

Headline News


© Rakuten Group, Inc.