069400 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

~創生陸玖の『Learning Journey』~

2021.12.01
XML

 この世界には、昼、夜があり、春夏秋冬があるなど、絶対的なルールが存在します。前回から、この「宇宙のルール」について、創生陸玖がこれまでまとめてきたことを、いま一度総まとめしています。

 

 今回は、「存在の5つの法則」の2つ目です。「すべてはいまここに存在している。」を見ていきましょう!

 

「いまここ」に存在しているとは?

「すべてはいまここに存在している。」

 

 まずこの法則がどういうものかを見ていきましょう。

 

 まずこの法則の結論は、「あらゆる存在は『いま以外』に存在することはできない」ということです。なぜなら、「いま」は、「体感の次元」であり、「過去」と「未来」は、「思考の次元」だからです。

 

『過去』があるのではなく、「記憶」や「記録」が、いまここに存在しているだけです。「過去」は「過ぎ去った」と書き、もうありません。「過去」は、思い出すものです。

 

『未来』があるのではなく、「希望」や「予測」や「恐れ」などが、いまここに存在しているだけです。「未来」は「未だ来ない」と書き、まだありません。「未来」は、思い描くものです。

 

「時間」という感覚は人間がつくり出したもの

 過去と未来は、あなたの頭の中にしか存在しないため、過去も未来も、“体感的には”いまここにありません。頭の中のいまここに存在しているのです。

 

 ですから、「過去」「いま」「未来」の三つは、一つの直線的な流れとしてとらえられるものではないのです。時間の流れのように、直線的な流れではなく、並行現実のように、いまここにすべては存在しているのです。

 

 時間の流れとは、人間が共同認識をおこなっているにすぎないのです。実は、時の流れはありません。あるのは、ただ「いま」だけであり、「時間」というものは存在しない幻想なのです。

 

「ウソだーーー!?」 By バズ・ライトイヤー

 

いまここの感覚が「私」である

 バズも驚いてしまうようなことですが、昔の哲学者はこのことについて何と言っているのでしょうか?

 

『人間とは知覚の束である』

 

 イギリスの哲学者であったヒュームは、このように言っています。これは、私たち人間は、知覚が集まったものにすぎないということです。

 

 人には、五感(聴覚、視覚、触覚、味覚、嗅覚)による、「寒い」「心地よい」「うるさい」などの感覚(知覚)があります。私とは、いまここ、これらの感覚(知覚)が集まったものにすぎないと、ヒュームは言っているのです。

 

 毎秒毎秒の瞬間、何らかの感覚があります。その感覚の経験は次の瞬間に影響します。いまここの瞬間の感覚(知覚)が束になった1つのみが「私」というものです。この前も後ろも「私」ではなく、「過去の私は私ではなく、未来の私は私ではない」ということです。

 

「いまここ」に生きるとは?

 いまここに生きるためには、意識を「思考の次元(幻想世界)」から「体感の次元(現実世界)」に合わせることです。それは、フィーリングの世界に移行することであり、五感を研ぎ澄ませて「感じる」ことに帰るだけです。

 

 意識が「いま」というゼロポイントと完全に一致していると、「時の流れ」は消失します。その意識状態が、いわゆる「さとり」と呼ばれるものです。そのために、「どうするか(行動指針)」よりも「どうあるか(意識の立ち位置)」のほうが大事なのです。

 

『仏道のめざすところは「自己とは何か」を本当の意味で理解すること。そしてそれは、自分を何かと定義するようなことではなく、自分を「忘れること」』

 

 鎌倉時代の禅僧である道元は、このように説いています。「今ここ、この私に徹すること」「自分を忘れること」が、「自分とは何か」を理解することにつながるのです。

 

 

 はい! いかがだったでしょうか? 今回は、宇宙のルールの「すべてはいまここに存在している。」について見てきました。

 

 現実創造の起点は「時間」、つまり「思考」の中ではありません。現実創造は、「いま」の中にあります。そのため、「体感の世界」「感覚の世界」に帰ることが大切なのでしょう。

 

「いまここ」を受け入れることが、すべての始まりなのかもしれませんね。さて明日は、宇宙のルールの「すべてはひとつであり、ひとつはすべてである」についてまとめていきたいと思います。お楽しみに!

 

 

 それでは読んでいただき、ありがとうございます。

 

 

【参考文献】

・「いま・過去・未来」の見方 ~雲黒斎 まとめ ①~(2021年6月12日記事)

・「悩み」を「哲学」で解決できるのか? その④ ~【生きがいの悩み編】~(2021年10月6日記事)

・哲学用語図鑑 [ 田中正人(グラフィックデザイナー) ]

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

哲学用語図鑑 [ 田中正人(グラフィックデザイナー) ]
価格:1980円(税込、送料無料) (2021/11/28時点)











最終更新日  2021.12.02 09:50:59
コメント(0) | コメントを書く


PR

プロフィール


創生陸玖

キーワードサーチ

▼キーワード検索

日記/記事の投稿

カテゴリ

カレンダー

バックナンバー

サイド自由欄

ブログ村のランキングに参加中です♪
PVアクセスランキング にほんブログ村

ニューストピックス


© Rakuten Group, Inc.