2997877 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

奇  知  外  記

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

tomy4509@ Re[1]:-甘えん坊さんへ 甘えん坊さんへ 諸説はいろいろあります…
甘えん坊@ Re:「イエス様はなぜ無原罪で?」--甘えん坊さんの質問に答えて(01/26) 朝5時までかかりながら返答してくださり、…

バックナンバー

カテゴリ

2019.12.05
XML
カテゴリ:UCI、サンク
​​​シムソン(恣意存)氏12/04記事から。


ここでは中村仁史氏管理のHP「統一原理マスタークラブ」から『『原理講論』の「聖霊」には二つの意味がある‐聖霊と聖神の違い』の引用を扱っていた。
日本語の『原理講論』には「聖霊」という言葉が47ヵ所に記述されています。
韓国語の『原理講論』で同じ箇所を見てみると、​「성령」(ソンニョン:聖霊)と「성신」(ソンシン:聖神)の二つの言葉で表記​されています。
今回は、この「聖霊」と「聖神」の意味の違いや、なぜ韓国語の『原理講論』ではそれらが区別して使われているのかを洞察してみたいと思います。

(以下省略)

​なるほど、そういうことか!!​

韓国語と違い日本語の原理講論は「성령」(ソンニョン:聖霊)と「성신」(ソンシン:聖神)
を分けることなく「聖霊」としていたということだ。

私も早速調べてみた。といっても韓国の原理講論ではなく、聖書である。
日本聖書協会ホームページ​からだが、​「聖書本文検索」​というのがあってキーワードを入れるだけで即座に関連した聖句が検索でき、私も聖句を探すのに重宝している。

まずはキーワード「聖霊」を入れてみた。


さらには、今回シムソン(恣意存)氏の引用から「御霊」というキーワードもあったので。



日本語の聖書は「聖霊」と「御霊」、意味の違いまではよく理解できないが、このように分けられて書かれている。ここでも留意しなければならないことは、「御霊」もまた新約聖書のみ。
シムソン(恣意存)氏とサンクの『文亨進様が真の後継者である事を立証する60の論題』の矛盾点について 」でも取り上げたが、
彼の旧約聖書からの引用を挙げては「聖霊は神様の手足だ」の主張にはストップをかけることとなった。
旧約・新約の違いを考えれば、「神の霊」「主の霊」もまた「御霊」と同じ意味に取れる気もするが。

このように、日本語聖書は「聖霊」と「御霊」は分かれて記載されていた。
では、韓国語聖書は?

マタイ12章28~
​(마 12:28) 그러나 내가 하나님의 성령을 힘입어 귀신을 쫓아내는 것이면 하나님의 나라가 이미 너희에게 임하였느니라​
(마 12:29) 사람이 먼저 강한 자를 결박하지 않고서야 어떻게 그 강한 자의 집에 들어가 그 세간을 강탈하겠느냐 결박한 후에야 그 집을 강탈하리라
(마 12:30) 나와 함께 아니하는 자는 나를 반대하는 자요 나와 함께 모으지 아니하는 자는 헤치는 자니라
​(마 12:31) 그러므로 내가 너희에게 이르노니 사람에 대한 모든 죄와 모독은 사하심을 얻되 성령을 모독하는 것은 사하심을 얻지 못하겠고​
​(마 12:32) 또 누구든지 말로 인자를 거역하면 사하심을 얻되 누구든지 말로 성령 거역하면 이 세상과 오는 세상에서도 사하심을 얻지 못하리라​
​​​28 しかし、わたしが神の霊によって悪霊を追い出しているのなら、神の国はすでにあなたがたのところにきたのである。
29 まただれでも、まず強い人を縛りあげなければ、どうして、その人の家に押し入って家財を奪い取ることができようか。縛ってから、はじめてその家を掠奪することができる。
30 わたしの味方でない者は、わたしに反対するものであり、わたしと共に集めない者は、散らすものである。
31 だから、あなたがたに言っておく。人には、その犯すすべての罪も神を汚す言葉も、ゆるされる。しかし、聖霊を汚す言葉は、ゆるされることはない。
32 また人の子に対して言い逆らう者は、ゆるされるであろう。しかし、聖霊に対して言い逆らう者は、この世でも、きたるべき世でも、ゆるされることはない。

ローマ人への手紙/ 08章 26節・27節
​​(롬 8:26) ○이와 같이 성령도 우리의 연약함을 도우시나니 우리는 마땅히 기도할 바를 알지 못하나 오직 성령이 말할 수 없는 탄식으로 우리를 위하여 친히 간구하시느니라​​
​​(롬 8:27) 마음을 살피시는 이가 성령의 생각을 아시나니 이는 성령이 하나님의 뜻대로 성도를 위하여 간구하심이니라​​
​​​​御霊もまた同じように、弱いわたしを助けて下さる。なぜなら、わたしたちはどう祈ったらよいかわからないが、御霊みずから、言葉にあらわせない切なるうめきをもって、わたしたちのためにとりなして下さるからである。そして、人の心を探り知るかたは、御霊の思うところがなんであるかを知っておられる。なぜなら、御霊は、聖徒のために、神の御旨にかなうとりなしをして下さるからである。​​​​

韓国語聖書全てを確認したわけではないので一概には言えないが、日本語聖書と対比した時韓国語聖書はごった煮状態といえるのではないか。
逆の意味、韓国語原理講論ではそれを分けて記載しているということは、私たちにとっても新しい発見であり、

【「성신」(ソンシン:聖神)の例文】
 죄악의 자녀들을 다시 낳아 주시기 위하여 그 참 어머니로 오신 분이 바로 성신이시다.그러기에 예수님은 니고데모에게 성신으로 거듭나지 아니하면 하나님 나라에 들어갈 수 없다고(요한복음 3장 5절) 말씀하셨던 것이다.
 이와 같이 
성신은 참 어머니로서, 후해와로 오신 분이시기 때문에, 그를 여성신으로 계시 받은 사람이 많다.그리고 성신이 여성신이시기 때문에 성신을 받지 않고서는 예수님 앞에 신부로 설 수 없는 것이다.이와 같이 성신은 성신이시기 때문에 위로와 감동의 역사를 하시는 것이며(고린도전서 12장 3절), 또 해와가 지은 죄를 탕감복귀하시기 위하여 죄를 씻는 역사를 하시지 않으면 아니되는 것이다.그리고 예수님은 남성이시므로 하늘(양)에서, 성신은 여성이시므로 땅(음)에서 역사하시는 것이다.



罪悪の子女たちを新たに生んでくださるために、真の母として来られた方が、まさしく聖霊である。ゆえに、イエスはニコデモに、聖霊によって新たに生まれなければ、神の国に入ることができない(ヨハネ三・5)と言われたのである。 このように、聖霊は真の母として、また後のエバとして来られた方であるので、聖霊を女性神であると啓示を受ける人が多い。すなわち聖霊は女性神であられるので、聖霊を受けなくては、イエスの前に新婦として立つことができない。また、聖霊は慰労と感動の働きをなさるのであり(コリントI一二・3)、エバが犯した罪を蕩減復帰されるので、罪の悔い改めの業をしなければならないのである。さらに、イエスは男性であられるので、天(陽)において、また、聖霊は女性であられるので、地(陰)において、業(役事)をなさるのである。(『原理講論』p264~5)

​ほか、

2.韓国語『原理講論』の「성령」(聖霊)と「성신」(聖神)の違い
「성령」(聖霊)14ヵ所と「성신」(聖神)63ヵ所をすべてチェックしてみた結果として言えることは、神の御霊を意味する場合は「성령」(聖霊)、イエス様の相対としての霊的真の母を意味する場合は「성신」(聖神)と表記されているようです。
上記の例文がその典型的な文章ですが、「성신」(聖神)の場合は、第七章キリスト論の重生論で多く使われ、そのほとんどがイエス様と対になって出てきます。
また、『原理講論』後編のモーセ路程でも、次のような表現があります。
後のエバの神性である聖霊(『原理講論』p363)
후해와의 신성이신 성신



人類の母性の神であられる聖霊(『原理講論』p363)
인류의 모성신되신 성신



夜(陰)の火の柱は、女性神として彼らを導くはずである聖霊を象徴(『原理講論』p369)
밤(음)의 불기둥은 여성신으로서 그들을 인도할 성신을 상징



このように、韓国語の『原理講論』では「성령」(聖霊)と「성신」(聖神)を明確に区別して使い分けているのですが、残念ながら日本語の『原理講論』ではすべて「聖霊」と表記されています。



3.キリスト教の聖霊とは?
聖書を見ると、「聖霊」という言葉が出てくるのは新約聖書からで、旧約聖書では「神の霊」や「主の霊」という言葉が使われています。
そして、その意味は、すべて神の御霊を意味していて、「統一原理」の重生論のような女性格の神という意味はありません。
聖書における「聖霊」とは、広義の意味では、人類の救済と重生のために個人と歴史に働く神様のあらゆる霊的活動を意味しているのです。
ただ、「聖霊」を女性格の神と見る観点が全くなかったわけではなく、初期のクリスチャンたちが聖霊を女性的存在と見ていた証拠はいくつか残っています。
そもそも、ヘブライ語で霊を意味する「ルーアッハー(ruach)」という言葉は女性名詞です。
また、使徒時代以後にユダヤ人のクリスチャンたちが用いていた『ヘブル人福音書』(Gospel of the Hebrews) には、イエス様が「我が母、聖霊よ」と述べている言葉が引用されています。
そして、『トマス行伝』(The Acts of Thomas)には、聖霊に対して「慈悲深い母、隠された神秘を現す女性、至高なる方の愛する方よ……」と呼びかける讃美歌や礼拝の祈祷文があります。



4.韓国語の『原理講論』が聖霊と聖神を区別している理由
それでは、どうして韓国語の『原理講論』では「성령」(聖霊)と「성신」(聖神)を区別して表記しているのでしょうか?
おそらく、もともと『原理講論』はキリスト教伝道を目的として書かれたものだったので、聖書の意味する「聖霊」と「統一原理」の意味する「聖霊」を混同させないためだったのではないでしょうか。
そのため、キリスト教の解釈にはない女性格の神を意味する場合は、「성신」(聖神)と表記したのだと考えられます。

​を読み返して見た時、お父様は「原理講論の主人はお母様」だと語られていたことを再確認するものとなった。





一休さんのような機知(トンチ)ではありません。

奇知=人とは異なる知恵
すなわち神様の知恵

世界平和を願う奇知の外の凡人が徒然なるがままに書く日記です。
↓↓ にほんブログ村ランキング参加中。応援クリックお願いします。↓↓

​​​






最終更新日  2019.12.07 23:00:00
コメント(2) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.