【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

地球人スピリット・ジャーナル1.0

地球人スピリット・ジャーナル1.0

Keyword Search

▼キーワード検索

Recent Posts

Calendar

Free Space

2009年4月1日

地球人スピリット
・ジャーナル2.0


へ引越しました。

2007.11.29
XML
カテゴリ:OSHOmmp/gnu/agarta0.0.2





「新人類」 <1>
OSHO パリト-ショ 1989/02 瞑想社 めるくま-る 153p
No.903★★★★★

 

 間が経過したからといって、自動的に人間が進化するわけでもない。未来がきたからと言って、社会が理想化するわけでもない。周囲が変化し、環境が変わっても、人間は人間、そのままおいてきぼりにされる可能性は大だ。今から20年前、OSHOは、新しい人間のあり方を話した。その断章を一冊にまとめたのがこの本だ。

 この本には、驚くべきことが多々含まれている。実力主義、コミューン主義、政治を超える科学、瞑想とコミューン---新人類誕生の地、そして、人類は生き残れるのか?という疑問で、この本は締められている

 人類は絶対に必要だ。古い人間は死んだか、あるいは死にかけている・・・・・。長く生きのびることはできない。そして、もし私たちが<新人類>を生み出すことができなかったら、そのときには人類は地上から姿を消すことになる。」p142

 この本もパリトーショが訳している。この本は20年前のメッセージなので、もう出版社にも在庫はないのかなぁと、ググってみると、台湾やら英語やら、さまざまなバージョンで提供されている。オープンソース・プロジェクトとしてのOSHOmmp/gnu0.0.2 に「ゴールのイメージ」が必要だ、というなら、まさにそれはここにある。

 「New Man」こそ、このブログのこのカテゴリで語られ、形作られ、新しい生命を持つべき方向性だ。この本にはそのためのいくつかのヒントが残されている。時間があれば、それらはひとつひとつ検証され、体験され、そして生きられる必要があるだろう。それにはちょっとした勇気と、ちょっとしたきっかけも必要だろう。

 だが、もし生命潮流に何がしかの必然性があるとするなら、もう、その潮の流れを押すことは必要ないだろう。ただただある一つのコツを飲み込めれば、あとは何事かはひとりでに起こり続けるはずだ。大事な大事な一冊として、この本を記録しておく。

<2>につづく






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2011.01.19 11:46:42
コメント(0) | コメントを書く
[OSHOmmp/gnu/agarta0.0.2] カテゴリの最新記事


PR

Freepage List

Profile

Bhavesh

Bhavesh

Archives

2024.02
2024.01
2023.12
2023.11
2023.10
2023.09
2023.08
2023.07
2023.06
2023.05

Category

Comments

BHavesh@ Re[1]:アガルタの凱旋(12/15) subaru2012さんへ ああ、久しぶりにこの…
subaru2012@ Re:アガルタの凱旋(12/15) Miles Davis / Agharta 1 <small> <a hre…
Bhavesh@ Re:禅と戦争 禅仏教は戦争に協力したか(11/16) 現在、日曜早朝座禅会に参加している禅寺…
Bhavesh@ Re:セックスから超意識へ<1>(11/13) Oshoの記念碑的1968年のレクチャー。当時…
把不住y@ Re:編集雑記(07/25) 新ブログはここです。 <small> <a href="…
Bhavesh@ Re:グルジェフ・ワーク 生涯と思想(01/12) 武邑光裕、の名前を検索していて我が読書…
abhi@ Re:編集雑記(07/25) お疲れ様。 新ブログ立ち上げたら教えてく…
Bhavesh@ Re:極秘捜査 警察・自衛隊の「対オウム事件ファイル」(03/03) 私は、最近になって 、そう2015年頃になっ…
Bhavesh@ Re:オウムからの帰還(03/01) この記事は我ながら、切れ味が悪い。大嫌…

© Rakuten Group, Inc.