9678337 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

美味しい物好きで健康志向

PR

全185件 (185件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 19 >

和菓子

November 29, 2020
XML
カテゴリ:和菓子
第9回ニッポン全国ご当地おやつ 全国第一位グランプリ受賞らしい、福田屋の「熊本和栗銘菓 栗千里」です。




焼きモンブランなのだそう。




原材料は白いんげん豆、砂糖、栗、植物油脂、バター、小麦粉、還元水飴、卵、アーモンド、ショートニング、牛乳、マーガリン、ラム酒、グラハム、コーンスターチ、大豆、乳製品、塩、乳蛋白、トレハロース、果糖ブドウ糖液糖、着色料(カラメル、クチナシ)、乳化剤、香料、酸化防止剤(V.E)




HPによれば、5個入り、675円(税込)





熊本県産の栗限定らしい。

全体がやわらかいです。
2種のあんこの味わいがあるという感じです。




白いんげん豆、栗、砂糖がまざって和栗の味わいが口のなかをひろがります。
ちょっと、焼いたスイートポテトの御菓子のような印象。

何気なく、アーモンドが香ばしい。




和菓子の印象ですが、どこそこラム酒の香りや卵、油脂感が洋菓子っぽくさせています。

スプーンがついていて、それを使ってすくう、、、というのは、珍しいと思いました。

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←ポチ、お願いします~!(別リンクじゃなくてごめんなさい)バイバイ






最終更新日  November 29, 2020 08:46:18 AM
コメント(6) | コメントを書く


October 16, 2020
テーマ:栗のお菓子(364)
カテゴリ:和菓子
いただきものの中津川銘菓 松月堂の栗きんとんです!



スキ、、、とってもスキ!



原材料は栗と砂糖。



1個当たり54キロカロリー。



真空パックに入ってます。



昔ながらの製法らしい。



蒸しあげた栗。裏漉しをせずに作り上げて感触を残して、風味も大切にしているそう。



大釜でおこげを作る水分飛ばしの工程があるそうな。
勿体無いせいかその製法は、守っているのが数件だとか。



なるほど、水分は飛んでいるのはあえてなんだ。



栗のお味そのもの。風味が強い。美味しい。甘味はしっかり感じる。



ツレは苦手なので食べない。



貰っちゃっていいんだね!!!


ブロぐるめ! 食べ歩きポータル ←良かったらクリックお願いします!(別ウィンドウじゃなくてすみません。


松月堂、渋皮カステラの記事はこちら






最終更新日  October 26, 2020 09:06:28 PM
コメント(8) | コメントを書く
July 23, 2020
カテゴリ:和菓子
甘食の専門店の有限会社デミアンさんの、甘食屋 結(ゆわえ)で売られているごまばっ菓子です。ダジャレだ~。。なんと楽天にもお店があります。デミアン 甘食屋 結 楽天市場店



90gで400円。
カロリーは438.8キロカロリー。




原材料は、煎り白ごま(国内製造)、砂糖、卵、小麦粉



うすくて甘味のある煎餅のなかに、ごまがびっしりと敷き詰められています。
シンプルな材料、、、、
素材さえよければ、まずいわけがない。



私もツレもフルーツ男子も気に入る。
美味しい。薄くてぱりっと割れ、甘さ控えめでちょっと上品さがあります。




カロリーは甘食より高いけれど、これはやっぱりオススメかと思う。
ただし、翌日にはしっけて、パリパリ食感がなくなっちゃうから、あけたらすぐ食べるのがいい、、、とのツレの談。

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←ポチ、お願いします~!(別リンクじゃなくてごめんなさい)バイバイ

甘食屋 結(デミアン)の甘食(プレーン)とラスク2種の記事はこちら

楽天でもお取り扱いありです!







最終更新日  July 23, 2020 08:56:23 AM
コメント(7) | コメントを書く
July 22, 2020
カテゴリ:和菓子
懐かしいパン屋で売っているイメージがあったシベリアというお菓子ですが、村岡総本舗のシベリアは高級品という感じで出来上がっています。




1個あたり486円。(2個入り)でもって337キロカロリー。2個セットなので、1個ずつ分ければ、それぞれ半分になるという感覚かも。



原材料は砂糖(国内製造)、卵、小豆、発酵バター、水あめ、寒天、香料



シベリアとは、羊羹をカステラではさんだ御菓子をさしているよう。



村岡総本舗の場合は、伝統製法の小城羊羹を、風味豊かなバターカステラでサンドしたものだそう。



このバターカステラはポルトガル風カステラとのことですが、なかなかにパウンドとして高級感がありました。やわらかくて、甘くて、卵とバターの風味がよく、かつ、バニラ香料の香りがします。



しっとりめで、、、裏の紙はキレイにとれますが、逆側の茶色の部分がはがれてしまいました。
そして間に浅まれたあんこ。
名水100選にも選ばれた天山水系の天然水と、北海道産の小豆で作られているそう。
もったりとあんこらしい食感とお味のなかに、あ、寒天つかっているな~という、羊羹のかけら(切り羊羹)があんこのなかに入っています。




ちょっとあんこの食感がかわるだけで、なんだか複雑さを感じて、いい効果がでるものだなぁ~と思います。美味しくいただきました。


ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←ポチ、お願いします~!(別リンクじゃなくてごめんなさい)バイバイ


過去にUPした村岡総本舗の羊羹(特製小城羊羹 青えんどう 挽茶),(琥珀羹 梅・夏みかん) ,(1月の羊羹、市の川)、(5月の羊羹、牛の尾)、5(挽茶)、あげまきブレ栗三笠最中(茶と小倉)。再び羊羹―栗羊羹極上黒豆羊羹小城羊羹(かぼちゃ)一口羊羹サイズ
バナナ萬頭の記事は​こちら​!とら焼き宗歓の記事はこちら!バターぼうろと丸ぼうろの記事は​こちら​!


村岡総本舗、、、といえばまず羊羹。

​​​​






最終更新日  July 22, 2020 07:09:09 AM
コメント(7) | コメントを書く
July 20, 2020
カテゴリ:和菓子
いだたきものの​村岡総本舗​の御菓子のなかで、バターぼうろと丸ぼうろの食べくらべをしてみました。



村岡総本舗の丸ぼうろ87円。バター丸ぼうろ87円。値段も同じ。



丸ぼうろのほうは、わりとからっとしてて、軽やかです。
うらから見たところ。
白い粉は焼くときに使った小麦粉。カビではありません。



ふつうの丸ぼうろ。弾力があって、きめがあらい。
向かって左です。



原材料は小麦粉(国内製造)、砂糖、卵、はちみつ、水あめ、粉末油脂、みりん/膨張剤
1個あたりのカロリーは99キロカロリーです。



素朴で食べ慣れた感じで、美味しくいただけます。

バターぼうろのほうですが、もう少し小さくなっています。なのにカロリーは115キロカロリー。
原材料は小麦粉(国内製造)、砂糖、卵、発酵バター、はちみつ、水あめ、粉末油脂、みりん/膨張剤
発酵バター分、カロリーが高いといえるかもしれないです。



弾力がないわけではないけれど、やわらかみがあり、ちょっと塩分を感じるでしょうか。
やはり、からっとしています。
少ししっとり感が生じているというか、、、。



単品で食べたら、ふつうの丸ぼうろとあまり味わいの違いはわからないかもしれません~。
でもバター風味が加わっていて、もしかしたら焼くとさらにかおりがたったかもしれないと思ったのでした。そして、お値段変えずに、小さくして、発酵バターをつける、、、っていうの、けっこう買う側にとってはありがたいかも。

素朴なお味、そしてこのお店、、、全体的にコスパ良いと思う。

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←ポチ、お願いします~!(別リンクじゃなくてごめんなさい)バイバイ


過去にUPした村岡総本舗の羊羹(特製小城羊羹 青えんどう 挽茶),(琥珀羹 梅・夏みかん) ,(1月の羊羹、市の川)、(5月の羊羹、牛の尾)、5(挽茶)、あげまきブレ栗三笠最中(茶と小倉)。再び羊羹―栗羊羹極上黒豆羊羹小城羊羹(かぼちゃ)一口羊羹サイズ
とら焼き宗歓の記事はこちら!バナナ萬頭の記事はこちら






最終更新日  July 20, 2020 07:29:46 AM
コメント(7) | コメントを書く
July 16, 2020
カテゴリ:和菓子
ツレが仙太郎さんで買ってきてくれた二つ星です。お日保ちが3日間くらいだったかと思いまさんで7月限定の和菓子 笹くずめと、先月好評だったほうじ茶のおはぎを買ってきてくれました。



両方とも195円プラス税です。

笹くずめは笹の葉に透明な葛、さらにそのなかに割り梅が入っています。

見た目も夏らしく、涼やかです。
常温でいただきました。



くちを口に含むと、もちっとしています。
そして梅の味わいと甘さが意外と豊穣~~!!!

くちどけがいいけれど、甘さが喉にのこる。



でもうめでしつこい甘さにはなっていない、
梅の肉はちょっとシャリシャリとした食感です。
かおりも味わいも梅酒みたいです。。

おはぎと一緒に入っていたので冷やせなかったけれど、冷やしても美味しいのかもしれません。



そしてほうじ茶おはぎもまた、、、



おいしかった!

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル ←良かったらクリックお願いします!(別ウィンドウじゃなくてすみません。

ピンクハート仙太郎さんのこれまでの記事、その1はこちら!その2はこちら






最終更新日  July 16, 2020 06:40:08 AM
コメント(8) | コメントを書く
July 5, 2020
カテゴリ:和菓子
ツレが、仙太郎さんで買ってきてくれた二つ星(販売7月7日まで)です。お日保ちが3日間くらいだったかと思います。一緒にほうじ茶おはぎも買ってきてくれました。



200円プラス税
老玉に柑橘ゼリー、茶玉にワインゼリーをのせて、笹舟に仲良く並べられてます。



笹舟に彦星、そして織姫をイメージしていると思われます。



抹茶のこしあんを丸めたものにゼリーがけ。上のクラッシュゼリーは、ミョウガか何かの、癖のある香りがする。
抹茶味はしっかりあります。



うばたまは、黒糖の味わいのこしあんを丸め、それがゼリーで固められてます。上部のクラッシュゼリーは柚子かと。癖のある甘さのあんこと、とても合います。



上品に作られていて、甘さがしっかりあり、見た目も楽しくいただきましたー!



あ、七夕の笹と短冊、昨年のこの時期いろんな場所で見かけたような。
最近は見ない気がする。
もしお願い事をかいてつるすとしたら、、、「コロナ収束」かな。
でも、今年はおたきあげができるかどうかわからないし、個人でしたことはないからな~と思う。

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル ←良かったらクリックお願いします!(別ウィンドウじゃなくてすみません。

ピンクハート仙太郎さんのこれまでの記事、その1はこちら!その2はこちら






最終更新日  July 5, 2020 07:32:38 AM
コメント(9) | コメントを書く
May 4, 2020
カテゴリ:和菓子
3月上旬、日本橋に用事があり、帰るために東京駅に向かう途中にあるお店、日本橋長門(ながと)に立ち寄って深山吹よせを買って食べておりました~。このころはせっせとハワイの記事を作ってUPしていたのだった。



このお店は4月11日から自粛ということで営業をお休みされています。



そして保存料、防腐剤を使っていないのでお日保ちはしないお菓子が多いなかでも、この吹き寄せは1か月の賞味期限があるので、そういう意味では他の御菓子よりもお手土産によいように思います。1500円くらいだったでしょうか。
 


見た目も美しい吹よせ。

上品に出来上がっていて、甘いおせんべみたいな感じなのですが、軽やかさもあり、どんどん食べてしまいそう。
そこはでも、我慢してゆっくりいただきたい。



このお店、シンプルな材料ながら、「美味しい!」って思わせる和菓子店で、でもお値段が量の割にお高いので、美味しいとわかっていながらも、そうは買っていないお店でもあります。

忙しかったので贅沢してもいいよね~と思い、見た目も美しく、歴史も古いらしい吹き寄せを購入です。



原材料は、いろいろな種類がありながら割とシンプルに思います。なんで美味しいんだろ。

晴れてまた活動再開されたら、ぜひに買いに行きたいお店です。ここだけに限らず、コロナ禍、いろんなだいすきなお店に乗り切って欲しいです。

日本茶日本橋長門、以前UPした水ようかんの記事はこちら!リピ記事はないけれど、実はリピ食べはしている久寿もちの記事はこちら!栗蒸し羊羹の記事はこちら!リピの記事は​こちら​!バームクーヘンさんの久寿もちの記事はこちら!江戸切り羊羹の記事はこちら

江戸風御菓子司 長門(緊急事態宣言に伴い、お休み中)
〒103-0027 東京都中央区日本橋3-1-3
電話:03(3271)8662 FAX:03(3271)8969
JR:東京駅八重洲北口より徒歩2分
八重洲北口から日本橋高島屋に向かう途中の道にあります。

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←こんなブログですが良かったらクリックお願いします!(別ウィンドウじゃなくてごめんなさい) 






最終更新日  May 4, 2020 09:15:11 AM
コメント(8) | コメントを書く
April 6, 2020
カテゴリ:和菓子
季節のおはぎ、清美オレンジ味と同じときに、仙太郎さんの豆すはまなっと(大納言と枝豆)です。



値段忘れてしまった。500円とか600円くらいだったと思う。



すはまは京都の三色のすはま団子を小さくした感じ。見た目も味もです!



ただ、ピンク色のは梅で、甘さ控えめ、酸っぱい感じ。



原材料を見ると、きな粉を水飴で固めた団子。



それに、大納言の甘納豆、枝豆の甘納豆という感じ。



すはまは、茶色い方がコクをかんじました。表面は乾いて、砂糖がまぶされていて、中は柔らかいという作り。



甘納豆も表面はシワがよるくらい硬いのに、なかは柔らかい。

それぞれ、素材の味を活かした作りで、粒なのでがっつり楽しむものではないけど、楽しめました!


ブロぐるめ! 食べ歩きポータル ←良かったらクリックお願いします!(別ウィンドウじゃなくてすみません)

ピンクハート仙太郎さんのこれまでの記事、その1はこちら!その2はこちら







最終更新日  April 6, 2020 07:15:11 AM
コメント(9) | コメントを書く
January 26, 2020
カテゴリ:和菓子
寛永16年から続く佐賀の御菓子司鶴屋さんといえば、やっぱり丸房露なんですよね!



もとはポルトガルから長崎に伝えられ、鶴屋二代目太兵衛が長崎に出向き、伝わった製法を佐賀に持ち帰り、改良に加えて現在のふんわりした丸房露の形が出来上がったのだとか。



明治29年に大隈重信侯がこのお店に立ち寄った際に「ほかに類例なき風味」と気に入られ、同侯邸内ではその後、11代目善吉が職人を伴い、一隅の厨房で丸房露を焼いてたそうな。
そして現在は14代目。



そういえば、丸ぼうろは、小さいとか、粘る感じとか、もっと大きく小麦粉が強めだったりとか、素朴ながらにいろいろあると思います。



原材料は上記の通り。今はトレハロースが使われているんですねー。



到着早くは、柔らかくしっとりして、時間が経つと乾いて、食感が違う気がします。
でも空気感を含み、弾力もあるし、どこそこ上品。北島とかより小さめ、文明堂より大きめ。



でも、やっぱり風味がいい。卵がいいのか、小麦が違うのかー。蜂蜜なのかー。 
素朴ながら、年月が洗練へと導いていったのかなぁ。ふつーに美味しい程度なんだけど、クセになる感じが不思議です。

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル ←良かったらクリックお願いします!(別ウィンドウじゃなくてすみません)


鶴屋の丸ぼうろ、以前詳しく内容をUPしております。こちら!2013年の記事はこちら
おりづるパイの記事はこちら!参道ぼうろ2種の記事はこちら!三夜待2種の記事はこちら!もなか(挽茶)の記事はこちら


【ふるさと納税】B−062.佐賀銘菓 元祖丸房露






最終更新日  January 26, 2020 12:03:07 PM
コメント(9) | コメントを書く

全185件 (185件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 19 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.