1546095 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

夜が待ち遠しい

PR

Rakuten Profile


さかまたつみさん

キャッチフレーズは未入力です。

フォローする


■ 趣味・関心キーワード
居酒屋  映画  旅行  散歩  読書 

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Freepage List

Comments

さかまたつみ@ Re[1]:角打ちって好きですか?(11/05) 角打ち大好きさん、こんにちは。 >船橋…
角打ち大好き@ Re:角打ちって好きですか?(11/05) 船橋にも角打ち あります。 僕が通う角打…
通りすがり@ Re:鎌ヶ谷大仏に大仏はなし(08/23) この店長要注意だね。 行かないけど。
さかまたつみ@ Re:こんちゃん@千葉市中央区(04/04) 孤甚丸さん、こんにちは。 >僻地「こん…
孤甚丸@ こんちゃん@千葉市中央区 僻地「こんちゃん」までご足労さまでした…
2017/04/24
XML
カテゴリ:江東区
もともと都内の観光スポットということもあり、以前もそれなりには賑わっていた門前仲町でありますが、夜になればまあ昔からの有名酒場などに人並みができたりする程度で歩くのにも難儀するような活況が見られるようになってからは足が遠のくようになりました。まあそれでも思い出したように来ていましたが、さほど気乗りして訪れたわけじゃないのです。この夜もやはり知人の獣医さんの足の便が良いという理由で門仲に来たのです。何軒か目星を付けてきたのですが、どこも一杯で入れやしない。有名酒場の何軒も覗き込みますが、いずれも混み合っているのが明らかです。とてもじゃないけれど並んでまで呑む気にはなれぬのです。そんな時はやむを得ないので取り敢えず辰巳新道を歩いてみることにします。1軒や2軒、ちょっと気が利いている空いた店があるかもしれぬという淡い期待はいつも裏切られます。この小路の酒場など確かに何軒か混む店もあったけれど大概は閑古鳥が鳴いていたように記憶する。

201703_門前仲町・志ん作01.jpg

201703_門前仲町・志ん作02.jpg

201703_門前仲町・志ん作03.jpg

 何だか前回も同じような境遇に陥って最初の一杯がやけに遠かったことをぼんやり思い出しながら、何軒かでは断られ、何軒かは伺うまでもない盛況ぶりでありました。そんな中にもどういうわけだか空いている店も交じっているもので、前回お邪魔したのもそんなお店だったのですが、そこがどうして空いているのかという理由はやはり判然としないのです。ぎゅうぎゅう詰めで窮屈な思いまでして呑むよりは、落ち着いてゆったりとできる方がよほどありがたいというもの。「とん亭 志ん作」もまた奇妙な位に人の気配がしません。ガラス戸越しに店内を覗き込んでみると先客は2名おられます。門前仲町駅前に限らず各地の闇市露店がGHQの露天商撤去法に伴い整理されており、いずこにも似たような呑み屋街が形成されました。このような整理事業は画一化された間口の狭いお店が立ち並ぶことになりますが、ここもやはり似たり寄ったりの造りになっているのですが、席にはまだ余裕があります。L字のカウンター席は10人入れるかどうかで、普通ならこれで混雑していると相当窮屈そうですが、どういうことか不思議と狭い気がしないのです。加えて空いてることもありかなりリラックスできます。常連たちもここはいい選択だと褒め称えてくれます。酒場の選択眼を褒められるのは案外誇らしい気持ちになります。さて、品のいい女将さんが語るには、もともと早稲田大学出身の旦那さんの退職後にもつ焼店を始めたものの、数年前にお亡くなりになり、手が回らなくなったので、もつ焼をはじめ面倒な肴も置かなくしたとのことです。魚肉ソーセージの卵炒めも常連さんからの指南により始めたものでありますが、小さな酒場に豪勢な肴など不要なのです。ついついこの緩いムードに乗せられてすっかり呑み過ぎになるのが難点という素敵なお店なのです。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2017/04/24 08:30:04 AM
コメント(0) | コメントを書く
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.