2125760 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

夜が待ち遠しい

PR

Profile


さかまたつみ

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Freepage List

Comments

りんら@ Re:庚申塚の古酒場では開店待ちに難儀する(06/29) New! さかまたつみ様 ご無沙汰しておりますが…
さかまたつみ@ Re[3]:西千葉に真の酒場を見た(12/21) 孤甚丸さんへ こんにちは。ご報告ありが…
孤甚丸@ Re[2]:西千葉に真の酒場を見た(12/21) こんばんは。ついにこの店も終焉を迎えま…
さかまたつみ@ Re[1]:本郷三丁目で夕暮れ前から呑み始める(12/23) 独り酒さんへ、こんにちは。 ご指南あり…
独り酒@ Re:本郷三丁目で夕暮れ前から呑み始める(12/23) あちらこちらにお出かけですね。 飲みに行…
2018/01/19
XML
カテゴリ:神奈川県
地縁のほとんどない相模線沿線の酒場が唐突に酒場放浪記で取り上げられたので、迷いに迷った末に思い切って出向くことにしました。迷った理由はただ一つ、運賃が結構掛かるという尾籠な理由なのはいつものことながら情けない。でも2軒の酒場が紹介されていたので、一度に回れるというのは効率的で都合が良いのであります。最初に向かったのは、上溝駅からが便利らしい。馴染みがないというから当然のことではありますが、上溝駅で下車するのはこれが初めてのこと。開店までにはまだ多少の時間があるので、ちょっと駅前を散策します。地図を見ると店は東側をしばらく行ったところにありますが、西口が賑やかに見えたので出てみますが、これがまた悲しい位に面白味がないのです。これじゃあうろうろしてみたところで何かしらの収穫は望めそうもないので、早々に東側にある店を目指すことにしたのでした。矢鱈と複雑に放射状に張られた歩道橋が難しくてついスマホのお世話になってしまいます。どうやら北の方に広がる横山公園やらを回り込むように迂回すると目指す酒場はあるようです。先般、大雨の中出掛けた千葉のおゆみ野駅の界隈に近い雰囲気で、「おとみさん」に入れなかった悪夢のような出来事が脳裏を過るのでした。

201712_上溝・気まま屋01.jpg

201712_上溝・気まま屋02.jpg

201712_上溝・気まま屋03.jpg

201712_上溝・気まま屋04.jpg

201712_上溝・気まま屋05.jpg

 目指した「升屋酒店 気まま屋 いち」は見た目はちょっと昔からやってそうな普通の町の酒屋さんという感じです。店内には照明が灯っていてどうやら酒屋さんは営業しているようです。ちょうど店の女性陣が店に入って行かれるところです。果たして角打ちは営業しているのだろうか。どきどきしつつその女性に声を掛けるとやってますよ、奥にどうぞと促していただけました。番組を見ていないので店の構造について事前の知識はありませんでしたが、角打ちとは名ばかりのちゃんとした立派な呑みのスペースが用意されていました。ちゃんとした新しい小料理屋さん風でそこらにある酒場よりずっと立派な内装です。しかし、これはどうなんだろうなあ、角打ちと思って訪れると肩透かしを食らわされてしまうかも。まあ、同じ店舗で酒屋さんが居酒屋も営業しているという程度に理解すればよいのだろうなあ。カウンター席が10席ほどあって、常連さんらしきお二人が呑んでいます。奥にはテーブル席があって、ファミリー呑みと女子会グループで満席状態です。なので、注文は控えめにしておきます。鶏の燻製の唐揚と椎茸のチーズ焼を注文します。酒も缶のまんま出されたりはせずにきっちりグラスに注がれています。こうなると角打ちの安さというメリットは望めませんが、それはまあ仕方ないですね。この界隈には呑み屋さんも少ないということもあるのでしょうが、地元の特に女性たちに支持されているというのはとても重宝されているということでこの点は評価すべきことだと思うのです。しかし、それにしても玄人の料理人ではないと言っても余りにも仕事がのんびりし過ぎているのではないか。そしてそれ以上に困惑したのは椎茸は奇数個貰えるはずだったのに、団体さんへと流れていきぼくらの元には2個が回ってきました。しばらく様子を見ていたけれどその後,椎茸が処理される気配はなかったのに、勘定にはしっかり元の値段が請求されていたようです。そうじゃないとお通しが500円以上掛かっている計算になります。これは黙って見過ごしたわれわれのせいなのだろうか。もやもやした気持ちを引き摺ったまますっかり暗くなった夜道を歩くのでした。






Last updated  2018/01/19 08:30:08 AM
コメント(0) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.