1316795 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

行きかふ人も又

PR

Profile


はる **

Category

Freepage List

Favorite Blog

Kabu + Plus エースNo1さん
ある日どこかで リラ11さん
でくの坊 雨にも … なんぜんたろうさん
My 映画 on TV 日記 タケ88フミさん

Comments

森須もりん@ Re:【夜行列車(POCIAG)】 1959年 ポーランド映画(03/10) 小学生のときに、テレビでみました。 あれ…
ETCマンツーマン英会話@ 希望を生むもの はじめまして。先日初めて『アラバマ物語…

Free Space

ゆるい分室はじめました
dekunotato.exblog.jp

Recent Posts

2008.09.29
XML
カテゴリ:カナダ映画

 原題は『THE GOOD SHEPHERD』、2006年にもアンジーとマット・デイモン主演の同名作品があります。そちらのほうが有名。先に製作されたとはいえ劇場未公開だったため、タイトルは『レッド・イノセンス』となってDVDで出ています。
スレイターファン歴は長くても、めっきりカナダの新人監督の作品などに出演することが多くなっている現実は悲しい。見るからに面白くなさそな作品を観ようと思えるのは、スレイター出演作だから以外にありませんが、期待していないのにガックリくるのが軽くショック。一切おすすめはできません。スレイターファンの方にも・・・声を聞くくらいなら・・・いいけど。

 あらすじ マスコミ対策や資金集めに長けた神父・ダニエル(スレイター)は、ある神父の“信者殺し”という事件を任される。調査を進める中で明らかになったのは、殺された信者の隠された性癖と謎の集会の存在だった―――。

謎の集団にもなりきれず、司祭?と枢機卿の見分けがつかない(そっくりさん)!サスペンスなのにダレダレだし、これぞ初監督作品という感じです。
一番の問題点は『クライング・ゲーム』での好演が忘れがたいスティーヴン・レイが、ダニエルの気の合う友人として冒頭からさりげなく登場し続けることか。こんなインパクトある人が、物語に絡まないわけないから、もう始まりから疑ってかかって「ああやっぱり・・」となってしまうのでした。
いいところなしだなぁ。
普段からなるべく面白い映画が観たくて選んでるので、突然こんなゆる~いB級映画に対面すると免疫ができてなくて倒れそうになりますね。B級なりにいいところもあるから、この路線を楽しめる方も多いのでしょうが、いくら好きな役者さんが出ていたとしても、時間の無駄感たっぷりって感じで、損した気分です。自分でレンタルしてきたくせにねースマイル雫


監督  ルーウィン・ウェブ
製作  ジョン・フロック
脚本  ブラッド・マーマン
出演  クリスチャン・スレイター  モリー・パーカー  スティーヴン・レイ

(カラー/92分)






Last updated  2008.09.29 22:23:10
コメント(4) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:【レッド・イノセンス(THE GOOD SHEPHERD)】 2004年 スレイターファンにさえおすすめできない超B級映画(09/29)   ベティ333 さん
はるさんのガッカリ具合がめちゃくちゃ伝わってきました><
ここ数年のスレイターさんは本当寂しいもんがありますね。
出てるだけでもファンとしてはうれしいもんなんだけども、あまりにも好きだった頃と風貌も変わっちゃったんだよな~。
味が出てない老け方っていうのかな?
がんばれ!って言いたいっす。辛口でごめんなさい! (2008.09.29 22:38:36)

ベティさん   はる*37 さん
ガッカリですよーーォ!!
期待してないのにガッカリするなんて!
今後味は出てくるのかな。
懲りずに新作を見つけるたび借りちゃっていますが
外れっぱなしですね(泣・笑) (2008.09.29 22:57:12)

前にも書いたかも知れませんが、   racquo さん
我々は映画鑑賞者で、映画作家ではないけれど、
どうにもならないB級駄作を見るはめになったときは、
どうして、どこが、ダメなのかを考えながら見たりします。

(2008.09.30 23:37:23)

racquoさん    はる*37 さん
>どうして、どこが、ダメなのか

そうですね~
無意識で「ここはもうちょっと~」と数々指摘して観ていますね。
この映画はカメラのアングルからしてムムっと思う箇所があったりで、個性というものがなんら感じられず・・・。
二番煎じならぬ十番煎じかという、とてもありきたりなものでした。 (2008.09.30 23:59:08)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.