地球人スピリット・ジャーナル1.0

Keyword Search

▼キーワード検索

Recent Posts

Calendar

Free Space

2009年4月1日

地球人スピリット
・ジャーナル2.0


へ引越しました。

2006.12.24
XML

 

さよなら、サイレント・ネイビー」 地下鉄に乗った同級生 
伊東 乾 2006/11 集英社



 はこの作品をNHKテレビ「週間ブックレビュー」で知った。毎週この番組をつれあいが見ており、日曜日の早い時間の番組とあって、彼女がDVDに録画しておいてくれたのである。その中に作者である伊東乾が登場していた。最初はめがねをかけて帽子までかぶっていたが、30分間のインタビューの最後には、素顔の自分を出した。

 それは、異物に対する違和感を、伊東なりに表現しようとしたパフォーマンスであったのだが、彼のいわんとするところは、つまり、分からないと思っているけど、本当に異物なのか、本当に分からないのだろうか、という問いかけなのである。それが、10年前の事件、ましてや、オウム真理教事件、とりわけ、地下鉄サリン事件となれば、通常なら、顔をそむけたくなるのが、普通だろう。

 かし、著者は、あの電車に乗り込んでサリン事件の実行者の一人と目され、二審において死刑判決を受けている豊田亨の大の友人だったのである。その周辺には、「気流の鳴る音」の
見田宗介(真木悠介)や「覚醒のネットワーク」上田紀行がいた、というから、なんだかただ事ではない。

 本文では、実名ででてくるのかわからないが、
第4回開高健ノンフィクション賞受賞 した作品ということだから、私もこの本をゆっくり読んでみようと思う。何回に分けて、どういう形になるのかわからないが、とにかく、私にとってはいままで封印してきたパンドラの箱をひらくような、ちょっと腰の引けた状態でのスタートとなる。

(続く)







Last updated  2009.02.10 20:49:34
コメント(1) | コメントを書く
[ブッダ達の心理学1.0] カテゴリの最新記事

PR

Freepage List

Profile


Bhavesh

Archives

2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01
2018.12
2018.11
2018.10
2018.09

Category

Comments

Bhavesh@ Re:禅と戦争 禅仏教は戦争に協力したか(11/16) 現在、日曜早朝座禅会に参加している禅寺…
Bhavesh@ Re:セックスから超意識へ<1>(11/13) Oshoの記念碑的1968年のレクチャー。当時…
把不住y@ Re:編集雑記(07/25) 新ブログはここです。 <small> <a href="…
Bhavesh@ Re:グルジェフ・ワーク 生涯と思想(01/12) 武邑光裕、の名前を検索していて我が読書…
abhi@ Re:編集雑記(07/25) お疲れ様。 新ブログ立ち上げたら教えてく…
Bhavesh@ Re:極秘捜査 警察・自衛隊の「対オウム事件ファイル」(03/03) 私は、最近になって 、そう2015年頃になっ…
Bhavesh@ Re:オウムからの帰還(03/01) この記事は我ながら、切れ味が悪い。大嫌…
Bhavesh@ Re:尊師麻原は我が弟子にあらず(03/12) 吉本もすでに鬼籍に入って、今更石を投げ…
Bhavesh@ Re:中沢新一批判、あるいは宗教的テロリズムについて(05/12) 島田の心情にも、同情する余地はある。 中…

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.