11832639 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

薔薇色のつぶやき

PR

Free Space

Calendar

Recent Posts

Category

カテゴリ未分類

(130)

黒執事

(469)

黒執事(アニメ)

(153)

黒子のバスケ・Free!・ハイキュー!!

(165)

ちはやふる・俺物語!!

(127)

進撃の巨人

(125)

マギ・ワンパンマン・DAYS

(108)

薄桜鬼

(81)

心霊探偵八雲・キングダム 他NHK作品

(86)

純情ロマンチカ 世界一初恋 

(75)

裏僕・八犬伝・カーニヴァル

(66)

ギルティクラウン・PSYCHO-PASS

(57)

花咲ける青少年 他樹なつみ作品

(63)

DARKER THAN BLACK

(51)

マクロスF・コードギアス

(50)

STAR DRIVER ・ヴァルヴレイヴ

(44)

デュラララ!!・夜桜四重奏

(55)

図書館戦争・暁のヨナ

(62)

PandoraHearts

(41)

Fate

(48)

WORKING!!・ばらかもん

(41)

ヨルムンガンド・シドニアの騎士

(45)

妖狐×僕SS 絶園のテンペスト

(37)

輪るピングドラム・悪魔のリドル

(36)

07-GHOST LOVELESS BRAVE10

(32)

君と僕。・月刊少女野崎くん

(44)

K BTOOOM!

(33)

河内遙&宇仁田ゆみ&オノ・ナツメ作品

(49)

鬼灯の冷徹 ・宇宙兄弟

(44)

TIGER & BUNNY・ボールルームへようこそ

(48)

信長協奏曲・信長のシェフ

(20)

小玉ユキ&高台家の人々他森本梢子作品

(38)

超訳百人一首 うた恋い。

(16)

小説原作アニメ(アルスラーン戦記 他)

(106)

ゲーム原作アニメ

(47)

オリジナルアニメ(YOIなど)

(71)

宇宙戦艦ヤマト・リメイクもの

(27)

ノイタミナ枠

(35)

お気に入りアニメ

(100)

アニメその他

(107)

少年ジャンプ

(498)

青年誌コミックス感想

(226)

少年誌コミックス感想

(117)

少女・レディースコミック

(192)

BLもの

(55)

声優

(9)

小説他

(12)

今週読んだコミック

(114)

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

らいち♪♪@ Re[1]:「進撃の巨人」29巻ざっくり感想(09/14) anise9684さんへ やっぱり進撃は面白いで…
anise9684@ Re:「進撃の巨人」29巻ざっくり感想(09/14) ヒストリアの事を思うと可哀想過ぎて リヴ…
らいち♪♪@ Re[1]:「進撃の巨人」25巻ざっくり感想(05/05) anise9684さんへ この世界は残酷ですね。

Favorite Blog

劇場鑑賞「アナベル … New! BROOKさん

今朝の特撮感想 New! あくびネコさん

学生さんの驚異!! hiko 888さん

ジャンプSQ.2019年10… みやさとver.さん

2019くじの日 敗者… mkd5569さん

Rakuten Ranking

2009年04月20日
XML

いや~~目を閉じて聴いてるともう 堪りませんですわ♪
あらすじとかキャストとか諸々はこちらからどうぞ~

          
【送料無料(一部地域除く)】(CD)(オリジナル・サウンドトラック)/花咲ける青少年オリジナル・サウンドトラック(仮)     

花咲ける青少年 第3話 「眠れぬ夜」
ホント声優さんたちが豪華でピンクハートピンクハート

リーレンも ユージィンも 花鹿を挟んで 火花飛ばし合戦。
普段 冷静沈着なりーレンが、ユージィンに会うなと感情むき出しで花鹿を閉じ込める。
それは 過去に一度 ムスターファに対してみせた嫉妬と同じだと気づく花鹿。
それでも花鹿は 手引きに従ってユージィンに会いに行く。
そして 「ユージィンは リーレンを怒らせたいがために自分を連れ出した」のだと
わかっている花鹿。

花鹿って 結構冷静な子で、状況把握に長けているんだなっと思った。
鋭いところもあるし、とても純粋であるがために人の心が見えているところもある。
ちょっと天然さんですけど、こういう他の女の子とは違う ねちっこくない不思議な魅力が
今後、周りの男たちを 惹きつけていくって 寸法ですね。。

リーレンも口や態度には出さないけど、もう十分花鹿のことを好きであることはわかるし
独占して自分のモノにしたいってことではなくて、見守る「愛」だわね・・・
近くにいて 惚れた女が夫を選ぶのを見届ける役目なんて。。一番辛いヤツ。

でも そんな いい男が気を揉んだり、密かに(いや堂々と)嫉妬したり、
冷静さを失ったり、心をかき乱されたりして 苦悩するところは おいしいです。。♪ピンクハート

そして、ユージィン。。生きることに何の意味も持たず、流されるように生きている。
それには彼の出生の秘密がからんでいるようなのだけれど、それは次回わかるのかな。
生まれつきの美貌ゆえに、周りの女が纏わり付き、愛してもいないのに
ただ体だけの関係を持ち、女性が独占欲をみせれば 疎ましくなる。。

3人もの女性を自殺に追いやったといわれるけれど、それは彼女らが
自ら死を選んだだけと 花鹿は 冷静に受け止めている。
ユージィンが殺したわけではない。。自らの選択の結果だと。

そんな 生に執着を持たない行動をとるユージィンのことが気になる花鹿さん。
はっきりユージィンのことを好きだと言うが、その「好き」はまだどんな形の「好き」かは
わからない。。
それを確かめるために リーレンは花鹿に 「ユージィンのいるパリへ行け」と言う。

お~~~ すっげぇ。 大人だわ。リーレン。。
花鹿のことを信用しているのか(あんなヤツをお前は選ばないって)
腹を括ってしまったのか(お前が選ぶのならば仕方ないことだって)
それは まだ分からないのだけれど 取り合えず 花鹿を自由にさせることにしたようで。

花鹿も 嬉しい気持ちを素直に表すのに後ろからリーレンに抱きつくって~~さくら
まぁ そういうキャラなんだろうけど 罪な女。。
リーレン きっと心の中 穏やかじゃないよ・・・いろんな意味で~うっしっし

花鹿のユージィンへの気持ちは 生きることに意味を見い出せないでいることに対して
ほっておけない 心配だわ。。   って ところじゃないのかなぁ。
生きることって素晴らしいのよ ってわかって欲しい。
彼には きっとそれがわかるはず。
だって貴方はムスターファじゃない!!         みたいな・・・雫
彼の目の中に宿る孤独とか 他人と関わりを持とうとしないところ それを 変えたい
って気持ちが花鹿にはあるのかな。。
かつて ムスターファも そう簡単に心を開かなかったように。
孤高の姿を美しいと感じているし、真剣にムスターファと重ねてるんだろうな。

そして きっと今後 ユージィンは花鹿に影響されて変わっていくに違いない(笑)
ぜひ、原作が読みたい!美形がいっぱい~ハート


ただね・・・なんか 時々 このアニメ 絵がおかしいの・・・
というか 崩れてねぇ??
身体のバランスが 特に気になる。。 頭やけにデカイっていうか なんか 変。

絵がヘタクソなんですか??
今時 こんなに下手なのも珍しい気がする。。

全く問題ない場合も多いのに・・・

なので 視聴1回目は とりあえず絵を見ながら。。
2回目は 時々絵を見ながら。。
3回目は しっかり目を閉じて~~~さくら 

もう既に 1話を3回ずつは見ている私って何??(笑)
黒執事は 5回くらい見たけど~~~

公式HPのあらすじを読むと、「夫さがしの真の目的は?!」って あるから
単なる遊びでもなさそうで、何か謎があるみたいで 楽しめそうです。

夫候補二人目のカール(福山潤)くんは ホンの一言くらいしか出番がありませんでしたが
リーレン(森川智之)といい、ユージィン(小野大輔)といい 今回たくさん台詞があって
もう 私 大喜び♪

この二人はどちらもセバスチャンでしたし、脳内で色々変換したりして
何度でも楽しめます大笑い
森川さんは やっぱりクールな声で 静かに怒りを出してるとことか 
痺れる~~~~ って感じだしピンクハートピンクハートハート
小野Dは 艶のある声で 冷たく感情を出すとことか
腰が砕ける~~~~ って感じ??目がハートハート

どちらも甲乙付けがたく 好きです♪

それにしても みなさんも同じ感想のようですが、リーレンは 服が変でしたよね??
チャイナ服のときは いいんだけど、普段着の時は なんか がっかりなくらいダサ。。
どうしちまったんだ??
顔も 幼いというか 子供っぽいというか 違う人みたいでしたがな。。
全然大人な魅力でないのよぉ~~。あの一話で登場したときのようなカッコよさは
どこへ行ってしまったのよぉ~~~涙ぽろり

まぁ 目を閉じてしまえばいいんですけど・・・
でも、視覚からも刺激が欲しいじゃないですかぁ~~
美しい男見たいじゃないですかぁ~~~
なんか 大して力が入ってないような作りに思えて仕方ありません。。

声優さんたちが 豪華なんだから 力が入ってないってことはないと思うのですけどね。。
もったいないなぁ~~
今後ストーリーも面白くなるのであれば 尚のこと なんとかなりませんかね。

やっぱり原作読むしかないかなぁ。。







Last updated  2009年04月21日 00時04分55秒
コメント(4) | コメントを書く
[花咲ける青少年 他樹なつみ作品] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.