1361482 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

行きかふ人も又

PR

Profile


はる **

Category

Freepage List

Favorite Blog

大いなる駄作「ター… タケ88フミさん

Kabu + Plus エースNo1さん
ある日どこかで リラ11さん
でくの坊 雨にも … なんぜんたろうさん

Comments

森須もりん@ Re:【夜行列車(POCIAG)】 1959年 ポーランド映画(03/10) 小学生のときに、テレビでみました。 あれ…
ETCマンツーマン英会話@ 希望を生むもの はじめまして。先日初めて『アラバマ物語…

Free Space

ゆるい分室はじめました
dekunotato.exblog.jp

Recent Posts

2009.09.24
XML
カテゴリ:

 夢野 久作(1889~1936)

 福岡県出身の小説家。日本右翼の大物、杉山茂丸の長男として生まれた。
ジャンルはSF、探偵もの、幻想文学、ホラーなど多岐に渡る。
代表作『ドグラ・マグラ』は日本探偵小説三大奇書の一つに数えられている。

はじめての夢野久作作品です。偶然『ドグラ・マグラ』の紹介文に出会い、興味が湧いて、さっそく古本屋で著作を探してみました。
表題作の他に、『童貞』『けむりを吐かぬ煙突』『女坊主』を収録。


『少女地獄』、、ってタイトルからビビってしまいますが(笑) 中身は構えたほどではありませんでした。
昭和11年というから、古い古い作品です。
3話に分かれた構成で、それぞれ、虚言癖の少女、サディズムの色魔に抵抗できず命を落とす少女、醜貌ゆえに阻害されづづけた少女、らが主人公。

どれも書簡体という、作者の得意としたスタイルで書かれています。
3タイトルそれぞれに映画化がされていますが、大概はピンク映画という、、やっぱりそうなっちゃいます?
ただし『ドクラ・マグラ』だけは評判もまずまずなので、いつか観る機会があるかもしれません。


全部の物語が、男女の宿命的な出会いからはじまって、異様な様相を呈していく――。
そこに耽美さ蠱惑的な要素が合わさると、エロチシズムのある独特な世界が広がっていくのでした。 
異様とはいっても、色んなもので免疫をつけてしまった現代には、驚きはないかもしれない。でも、これを書いていた夢野久作氏の大物具合は、ニュアンスから感じ取ることができます。

私的には『少女地獄』の第一話『何でも無い』という物語が好き。
病的なほどの虚言癖ある少女に、医院を乗っ取られかけた、耳鼻科医の手簡で綴られるお話。次第にことの真実が暴露されていくと、驚かされ、ちょっと寒気がするようで、、。こんな少女、現実にも居そうだからこそ、ゾクっとする面白さがあるのですね。
しかも彼女は、きっと死んでないんですから、、。







Last updated  2009.09.27 22:19:21
コメント(2) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.