582732 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

シネマ大好き!

2008年07月02日
XML
テーマ:映画鑑賞(677)
カテゴリ:洋画-1920年代
★★★

鑑賞No:00994
製作:1925年
監督:セルゲイ・M・エイゼンシュテイン
出演:アレクサンドル・アントノーフ/グリゴーリ・アレクサンドロフ

第一次ロシア革命の中の歴史的事件“ポチョムキン号の反乱”をテーマにした、世界映画史上の先駆的傑作。
軍隊の度重なる敗北に伴うロシア国内の反乱により、軍隊内部まで革命の気運が高まっていた1905年6月。戦艦ポチョムキンの甲板につるされた肉の表面に蛆が群がっていることにいかった水兵たちは怒りを爆発させる・・・。

タイトルだけは有名だったため気にはなっていたが、古いこともあってなかなか見る機会がなかったこの作品に私が注目するきっかけとなったのが、ケヴィン・コスナーの出世作ともいえる「アンタッチャブル」。
コスナーたちの駅構内での銃撃戦のシーンで使われた、母親の手を離れた乳母車が階段を落ちていくシーンは、通称「オデッサの階段」と呼ばれ、映画史上最も有名な6分間といわれる、この「戦艦ポチョムキン」の代表的なシーンからの引用だったから。
映画自体は無声だが、画面からは反乱した水兵たちの怒りと悲しみの声が伝わってくるような迫力はあった。そして虐殺シーンを描いたあの「オデッサの階段」は見もの。映画全体では消して面白い作品とはいえないが、いろんな面で参考になる映画です。






最終更新日  2011年12月03日 23時12分01秒
コメント(0) | コメントを書く
[洋画-1920年代] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


PR

X

フリーページ

カテゴリ

バックナンバー

2021年07月
2021年06月
2021年05月
2021年04月
2021年03月
2021年02月
2021年01月
2020年12月
2020年11月
2020年10月

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

アウトサイダー New! おいら、ジャスティン・ヒーハーフー ^o^さん

接種を終えて… hy3de8さん

りらっくママの日々 りらっくままハッシー!^o^さん

© Rakuten Group, Inc.