6150272 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

I歯科医院の高楊枝通信。

全14件 (14件中 1-10件目)

1 2 >

院内感染対策。

2021/08/20
XML
カテゴリ:院内感染対策。
あり合わせの材料をつなぎ合わせただけで、まだ設定して試していないけれど、こんな感じ。









Last updated  2021/08/20 05:49:58 PM
コメント(0) | コメントを書く


カテゴリ:院内感染対策。
酸素ボンベは業務用があるので、重症化したら使おうと思って、あり合わせの材料で作った。
ま、こんなのを使う羽目になったらおしまいでしょう。。







Last updated  2021/08/20 01:24:11 PM
コメント(0) | コメントを書く
2021/08/18
カテゴリ:院内感染対策。
は新型コロナに効くと言われているのだが、新型コロナ治療薬としては承認されていない。アビガンもそうなのだが、安すぎて製薬会社が儲からないので、承認する立場の厚労省の役人が製薬会社への天下りに差し支えるという。大人の事情があるらしい。

今だけ、金だけ、自分だけの3だけ主義に染まっている上級国民社会のよくある話だ。

この薬は日本人の発見になる薬で、元々抗寄生虫薬なんだが、何億人もの人間を感染症から救ったとかでノーベル賞をもらっている。
しかもイベルメクチンの製造特許は放棄するという太っ腹さだ。

当地でも新型コロナはそこまでやってきている。その対策の1つとしてMMSを準備しているが、イベルメクチンも入手してみた。​個人輸入代行業者​はたくさんあるようだが、4週間もかかってインドから届いた。

https://lifept.shop/?







Last updated  2021/08/19 12:13:54 AM
コメント(4) | コメントを書く
カテゴリ:院内感染対策。
当市のような小さな町はパニックになっています。
10万人当たりの陽性数では首都圏のそれを上回ったとかで、
狭い街なので、周りの関係者で新型コロナ患者が出ているのがわかるわけです。
あそこの誰それがアパホテルにとか、いやもうアパホテルはいっぱいで自宅隔離とか、
保健所は検査待ちでごった返しているとか、あそこの病院は検査待ちの行列が12人とか、そんな感じ。
帰省客や特定の遊び人が持ち込んでいるという話で、某フィリピンパブが感染源とか、噂飛び交い。

僕も濃厚接触者の治療を知らずにやってしまって三日目、検査に行ってきました。
アボット社​のなんとかいう検査でPCR検査ではないようです。
外の駐車場で待っていたらすぐ結果が出て陰性でした。

無症状だと自費なんですよね。。ここでは12,000円でした。

ま、とりあえず、僕の患者さんはご安心を。







Last updated  2021/08/18 02:29:54 PM
コメント(0) | コメントを書く
2021/08/17
カテゴリ:院内感染対策。

中国での新型コロナ制圧のために全市民PCR検査、ネズミや猫もPCR検査するという徹底ぶりだ。





日本でも大都市圏では主流になっていると思われるインド由来のデルタ株の感染に関するデータが出ていたが、とても参考になると思う。


ーーー以下部分引用ーーー


https://www.jetro.go.jp/biz/areareports/2021/433d2c7a7d5f5ca1.html

市と東莞市は21~23日に市内全域でPCR検査を行い、検査した全ての人が陰性だったと発表。7月5日に東莞市全域、翌6日には深セン市全域が低リスク地域となり、両市から省外移動する人に求めていた48時間内PCR検査陰性証明も不要となった。この深セン空港を発端とする感染は深セン市で4例、東莞市で3例が確認された。

デルタ株感染に対し、科学的根拠に基づく抑制策展開

国家衛生健康委員会の専門家チーム長の鐘南山氏(広州市在住)は今回のデルタ株の特徴として、(1)デルタ株感染者の体内ウイルス量は従来株の100倍、(2)体内潜伏期間は1~3日で、2020年に武漢で見つかったウイルスの平均3~7日と比べても体内潜伏期間が短い、(3)デルタ株感染後の体内ウイルスが陰性に変わるのに要する時間に13~15日程度(まれに20日以上のケースもあり)、従来株(7~9日程度)のほぼ倍、(4)感染者のウイルス量が多く、感染力は従来株の2倍、であると指摘した。あわせて、デルタ株については、広州市の感染初期には10日以内に5世代の感染が発生、最大実効再生産数は4.04~5.0だったと述べた。これらを踏まえて、周辺地域、さらには他の地域や省外に拡散するリスク、学校など集団に広がるリスクに高度な警戒が必要だったと強調した。

また「広東省では評価できる段階的な成果を得た。広東の経験は全国の防疫対応に役立つだろう」と述べた。その上で、中国で初めて発生したデルタ株の市中感染に対し実施した「革新的で科学的な感染拡大抑制策」として、以下の5点を挙げた。

(1)感染源の早期特定と感染ルートの解明

感染者確認の報告を受けた当日午後に感染源を特定できた。また、全症例で遺伝子解析した(国内で初めての対応)結果、全件が第1感染者由来であることが判明。感染ルートも特定でき、感染の傾向とどのように防疫措置を取ればよいかを非常に明確なデータによって判断ができた。

(2)「濃厚接触者」定義の厳格化

デルタ株は濃厚接触者の概念を変えた。デルタ株はウイルス量が多く、感染者のウイルス濃度も高いため感染力が強い。以前は発症前2日間に接触歴のある家族や職場の同僚で、感染者と1メートル以内で一緒に食事や会議をした人が濃厚接触者だった。しかし、デルタ株では発症前4日間に、同一空間、職場、建物にいた者の全てを濃厚接触者として、封鎖式管理や抑制管理など異なる必要な措置を取った。

(3)健康コード活用とビッグデータによる行動履歴の把握

ビックデータを活用し、感染者が滞在したことがある地域に行った人の健康コードに「イエローコード」を付与(図3参照)。あわせて24時間以内のPCR検査を求めるとともに、その後の3日間に2回、7日間に3回といった頻度でPCR検査を実施。これらによって、感染者を特定した上で、拡散を防止した。 こうした措置は、公安部門との緊密な連携により実現できた。措置の結果として、5月21日を発端とする感染症例167例(6月24日時点、広州のほか佛山、茂名などで感染が確認)のうち、無症状の53例を事前に発見することができた。

(4)省外への移動制限策

省外への感染拡大を防ぐため、移動制限策として検査時間72時間内のPCR検査陰性証明の所持を義務化。その後、48時間内に強化した。

(5)封鎖・抑制管理エリアでの動物モニタリング実施

封鎖・抑制エリアの動物に対し、変異株が人から動物に、または動物から人に感染するかを実証するため、モニタリングした。感染が広がった茘湾区西関一帯は広州の旧市街地で、ネズミが特に多いことから住民も猫を好んで飼っている。国外の実験では、変異株は猫に感染することが証明された例がある。広州でもネズミ30匹余りにPCR検査を実施した(結果は全て陰性)。検査は猫や犬も対象とし、考えられる全ての感染源を見つける努力をしている。









Last updated  2021/08/17 08:55:38 PM
コメント(0) | コメントを書く
2021/08/14
カテゴリ:院内感染対策。
当市でも感染者が急増しており予断が許されない状況になっているが、確かにワクチン接種で高齢者の発症は減っている。

反ワクチン派にはそもそも新型コロナは存在しない、単離されていないという人もいるが、それは明確にデマだ。遺伝子配列も同定されているからだ。

マイクロチップ+5Gで磁気人間+人類コントロールというのもデマだったが、最近は酸化グラフェン(ワクチン添加物)+5Gで人類奴隷化になってきている。科学的常識から考えてこれもデマだろう。こんなことがデマでなかったらビル・ゲイツもおちおち街を歩けないではないかw

ただ、戦争と同じで一部の富豪がコロナ禍で潰れた施設を買い取って資産を急拡大させているという現実はある。ま、別の意味で全人類奴隷化は進んでいるということだ。

戦争は始まっている。

接種後1〜10年で死ぬというのもデマだろうが、これも別の意味で危機が迫っている。2030年には石油資源が事実上枯渇するからだ。2030年までにガソリンエンジンの生産終了という真の意味はそこにある。強烈な食糧危機が世界を襲う。人類は間接的に石油を食べているのだ。

当初から言われていたワクチンによって産生されたスパイク淡白が接種者の体外に出るというのは考えられるが、それが非接種者に感染して新型コロナに感染したものと同等というのはデマだろう。スパイクはコロナウイルス本体ではないからだ。
非接種者にとってはむしろ危険な副反応を回避できてスパイクに対する免疫を獲得できるかもしれない。
これは朗報ではないか?これは僕の妄想w

このビデオはワクチン研究の専門家からの新型コロナワクチンの仕組みとその危険性についてのメッセージビデオだ。

怪しいお金の流れの話も出ている。

これが新型コロナワクチンの危険性についてのデマを除いた真水に近い情報だろう。添加物に関しては社外秘として公開されていない部分があり、はっきりしたことは不明という。

https://www.youtube.com/watch?v=WEM2xoyz900&t=5s

危険性の概略だが、ファイザーとモデルナのm-RNAワクチンは通常は10時間以内に分解されるm-RNAの高寿命化処理がされていて、いつまでスパイク淡白を作り続けるのか分からないこと。副反応が続き続けると自己免疫疾患と同じ症状になる可能性がある。

アストラゼネカのDNAワクチンは接種者のDNAに組み込まれてしまう。これも自己免疫疾患様の症状が一生続く可能性があることの他にDNAのどの部分に組み込むかまではコントロールできていないので、たまたま発ガン遺伝子の隣に組み込まれると発ガンの可能性がある。

このワクチンは血栓症の発症が確認されており日本では大阪、川口で解禁されている以外はまだ積極的には使われていないようだ。しかし多量に発注済みであり有効期限も長いということもあって、これからどうなるかわからない。今のうちにm-RNAワクチ・・

また超強力な感染力を持つラムダ株が最初にこのワクチンの接種が始まったペルーで出現したということは、ウイルスも生物なので、このワクチンをすり抜けるために変異したのではないかと指摘している。

どのタイプのワクチンでも接種後何が起こるのかははっきりしない。10年くらいの治験は必要で、性急に進められるべきものではない。

接種するかしないか、どうするかは各人の判断に任されてはいる。今のところ。









Last updated  2021/08/16 12:01:28 AM
コメント(0) | コメントを書く
2021/08/12
カテゴリ:院内感染対策。




当地出身の患者さんで、今は千葉にいるんですが、こちらで冠を被せるのに、ジルコニアなら11万、それが嫌なら金属冠になりますと言われて、どちらも嫌なので、そちらでお願いできますか?と電話がかかってきて、いいですよ。と答えたら、後で電話がかかってきて、こちらの家族にコロナが怖いから帰省するな、と言われたので、すみませんが、アポをキャンセルさせてください。と電話がかかってきた。

この方は律儀な方ですが、デルタ株真っ盛りでも首都圏にお住いの方は帰省はしたいよね。。というのが本音だろう。無理やりオリンピックを開催しておいて、帰省は自粛とかありえん、、と誰しも思う。オリンピックを無理やり開催したのは金のため。今だけ、金だけ、自分だけの3だけ主義というらしい。この3だけ主義は国の指導者たるべき上級国民の間に蔓延していると前もったいない学会会長故石井正徳先生と会食した時に出た話なので、もう6年前か。

コロナの感染爆発がお盆明けに起こるだろうけど、どうしますかね?

オリンピックにかけるお金は当初はコンパクトに開催するということで8,000億といわれていたが、どんどん増えて、1兆6千億を超えて、今では3兆円を超えているのではないか、と言われている。
これは内わけを公表することもなく税金で徴収しようとしているわけだが、誰も怒らないんですかね?

知人に電通社員がいるのだが、東京オリンピックが決まった時にJOC会長と2ショットの画像を送ってきたが、そんなに嬉しいのはそういうことだったのね?潰れそうな電通が救われ、自分の首がつながったわけだ。


以下の引用はネットで拾ったのだが、オリンピックと帰省を置き換えた書き込みだ。
面白いので、貼り付けておきますw


ーーーーここから引用ーーーー

下記のようなドヤ顔反知性コロナ拡散勢力が有害なんだよな


帰省は、一族郎党や同級生が揃って宴会やカラオケするために、わざわざ全国から集合し、全国に散っていく行動だからね

国民1「中止の考えはない。強い警戒感を持って帰省に臨む」
国民2「バブル方式で帰省する。感染拡大の恐れはないと認識している」
国民3「帰省を中止することは一番簡単なこと、楽なことだ。帰省に挑戦するのが国民の役割だ」
国民4「安心安全な帰省に向けて全力で取り組む」
国民5「コロナに打ち勝った証として帰省する」
国民6「(帰省は)今更やめられないという結論になった」
国民7「『帰省するな』ではなく、『どうやったら帰省できるか』を皆さんで考えて、どうにかできるようにしてほしいと思います」
国民8「もしこの状況で帰省がなくなってしまったら、大げさに言ったら死ぬかもしれない。それくらい喪失感が大きい。それだけ命かけて帰省する為に僕だけじゃなく帰省を目指す国民はやってきている」
国民9「家族に感動を与えたい。帰省はコロナ禍収束の希望の光」
国民10「我々は帰省の力を信じて今までやってきたた。別の地平から見てきた言葉をそのまま言ってもなかなか通じづらいのではないか」
国民11「(帰省中止要請は)自主的な研究の成果の発表ということだと思う。そういう形で受け止めさせていただく」
国民12「言葉が過ぎる。帰省中止を決める立場にない」
国民13「帰省が感染拡大につながったエビデンスはない。中止の選択肢はない」
国民14「(帰省について)政府は反発するだろうが、時間が経てば忘れるだろう」
国民15「帰省することで、緊急事態宣言下でも帰省できるということを世界に示したい」
国民16「帰省について限定的、統一的な定義は困難」
国民17「実家を訪問するという認識。帰省するという認識ではない」
国民18「帰省に反対するのは反日的な人たち」
国民19「帰省しないのはより悲しいこと。COVID-19に負けたということは世界に知らしめたくない」
国民20「菅首相が中止を求めても、帰省は実現される」
国民21「実際帰省したら、帰省に反対していた国民もやっぱり帰省して良かったと言い出すに違いない。」
国民22「予見できないアルマゲドンでもない限り帰省できる」  
国民23「菅義偉首相や東京都の小池百合子知事を含め、オールジャパンで対応すれば何とか帰省できると思う」
国民24「安全、安心な帰省を実現することにより、希望と勇気を政府の皆さまに届けられると考えている」
国民25「(帰省の意義について)コロナ禍で分断された家族の間に絆を取り戻す大きな意義がある」

Q.なぜ自粛要請を聞かないのですか?
A.自粛していないと誤解を招いたのなら申し訳ない

Q.外出してコロナに罹ったらどうするのですか?
A.仮定の質問には答えられない

Q.あなたたちの行動で他人にコロナをうつすかもしれないのですが
A.そのようなことが起こらないように万全の体制を整えている

Q.なぜ帰省するのですか?
A.コロナに打ち勝った証として帰省する
そのために安心安全な帰省を目指して努力していく






Last updated  2021/08/12 08:13:21 PM
コメント(0) | コメントを書く
2021/08/05
カテゴリ:院内感染対策。
デルタ株優勢となって、感染者数は急拡大している。
うちもいつ来てもおかしくない。

政府は軽症、中等症の患者は入院させない方針とか言い始めて、国民の不安は高まるばかりだ。
残念ながら大都市圏を中心に医療崩壊が始まっている。
これは新型コロナで死亡する患者だけが増えるということではない。

ただ重症化リスクの高い高齢者、医療関係者を中心にワクチン接種が進んでいることが救いとはなっている。

感染者も若者を中心に移行しており、無症状感染者、軽症者が多いという状況で、あえて医療機関を受診しない、PCR検査も受けないというケースは増えているようだ。それだけにワクチン未接種者、特に重症化しやすい基礎疾患持ちは注意が必要だ。

詳しくはこちら

https://news.yahoo.co.jp/articles/4ff1d977d2223482ae6476d36d00fedb2780e763?page=1

8/3(火) 16:45配信

ーーデルタ株はこれまでと違うウイルスのような対応になっているのでしょうか?

デルタ株が主流になりつつある今、ワクチン接種をした医療従事者が多いのは幸運です。医療現場でのクラスターが少ない のはそのおかげで、医療従事者と重症化しやすい高齢者を先行して接種したのは良い判断でした。

2回接種後に感染する「ブレイクスルー感染」も一部で起きているものの、それほど多いわけではありません。国立感染症研究所の調査で、6月末までの3ヶ月間で67人と報告されています。ただ、無症状の感染者も多いので、実際にどれぐらいブレイクスルー感染が起きているかは明らかにしづらいところがあります。

デルタ株はブレイクスルー感染の場合もウイルス量が多いという話もあり、感染すればもちろん同じように休んでもらうし、仮に濃厚接触してもブレイクスルー感染の可能性があるため、勤務は慎重に判断することになります。

ーーCDCがデルタ株の感染力は「水ぼうそう並み」と発信したことが話題になりましたね。この発信をどう捉えましたか?

デルタ株感染者のウイルス量は従来株の1000倍以上という査読前の論文 が出ており、周囲に飛散するウイルス量が多いことが、一人の感染者からより多くの人に感染させやすい理由の一つと考えられています。

ーーCDCの「水ぼうそう並み」という発信をどう評価していますか?

何をベースにどう計算したかは読み込めていないのですが、CDCの資料を見ると、デルタ株で1人が感染させる基本再生産数は5~9人ぐらいと幅を持たせた評価になっています。その範囲の中に「水ぼうそう」も入っているので、そう言ったのだと思います。

おたふくも基本再生産数は4~14人という推計値があるので、捉え方によっては「おたふく風邪と一緒」とも言えなくはない。

ーー西浦先生は「風しん並み」と評価しています。

風しんも基本再生産数は6~7という推定値がありますから、この幅の中に入りますね。CDCの資料ではデルタ株の基本再生産数にかなり幅を持たせているので、ここに入っていれば同じぐらいと言えるといえば言える。

CDCは屋内でのマスク着用推奨を復活させるにあたり、一般の人にその必要性を理解してもらうこともかねて、「水ぼうそう並み」と、アメリカ人がよく知っている、感染力の強い感染症の名前をあげたのかもしれません。

デルタ株の感染力が強いのは間違いないのですが、それをどう表現するかの問題です。水ぼうそうは、すれ違っても感染して、保育園で1人感染者が出たら保育園中に広がるような感染症です。

しかしデルタ株がそんな感じで広がっているかと言えば微妙です。

もしそうならば、満員電車で通勤している人たちに爆発的に感染が広がらないのはおかしい。陽性者によくよく行動を聞いてみると、すれ違っただけではないリスク行動をとっているものです。昼間に連れ立ってランチに行っていますし、職場などでマスクを外して話もしています。

感染経路がこれまでとガラリと変わったというわけではないと思います。

同僚と静かな声でランチでも感染 「濃厚接触者」の定義も変わる?

聖路加国際病院のエレベーター脇に貼られている注意の貼り紙





ーーとは言え、従来株やアルファ株と比べて感染力は上がっていますね。

そうですね。実際にウイルス量は従来株の1000倍以上、感染してから陽性になるまでの期間は2日ぐらい短いという査読前論文もあります。進行が速いという声は臨床現場からも聞こえています。

またウイルスを排出する期間が長くなっているのではないかとも言われています。

要するに全般的にうつりやすい、うつしやすい条件を備えてきている。かつ重症化もさせやすいし、死亡リスクも高いという報告がカナダやシンガポールから出てきています。厄介な変異ウイルスが出てきたなという印象です。

ワクチンを受けていない人ほど分が悪くて、やられてしまうウイルスです

今まではちょっとマスクを外すなど隙ができても、やられる可能性は低かった。でもデルタはちょっとした隙をついて感染させる効率的なウイルスになっています。

ーー従来株からの感染力のパワーアップをわかりやすく伝えるとすると、どれぐらいの行為で感染するウイルスになっているのでしょう。

例えば、無症状の時期の感染者を含むお友達2~3人でランチに行って、大騒ぎするわけでもなく普通の声で話して感染している人がいます。または職場でマスクを外して少し話をするとか、それぐらいでも感染しています。

こうした飛沫を浴びたり吸ったりするチャンスが生じる行為は、これまでも何度もやってきて、無事だったかもしれません。しかし今は同じ行為でも感染のしやすさがうんと上がっているのです。

ーーこれまでの濃厚接触者の定義は、「1m以内の距離で、 必要な感染予防策なしで患者と15 分以上の接触があった人」ということでした。デルタ株ではこの定義は甘いのではないですか?

デルタ株では「15分以上」は長過ぎるかもしれません。その時の声の大きさや距離の近さなど状況にもよるかもしれませんが、デルタ株の場合は15分以内なら感染するリスクが低いとは考えにくいです。






Last updated  2021/08/06 01:58:18 AM
コメント(0) | コメントを書く
2015/02/19
カテゴリ:院内感染対策。
歯科医師会から「予防さん」というこ◯◯◯なキャラクターのポスターを入れる
立派なアクリル製のケースが送られてきたので、
有効利用することにしましたw

明日は7年ぶりに保健所さん(いつのまにか福祉保険事務所に名前が変わっていました)が査察に来られるので、
ちゃんとやってますよ、、!というアッピールでもありますw

うちは20年前の開業の当初からガス滅菌システムは導入していて、
15年前、予防に大きく舵を切って患者数が大幅に増えたのを契機に院内感染対策を強化して、
歯科医院としては世界的にも最高水準の水平感染防止システムを構築して今に至っています。

IMG_7340.JPG

#ご存知の方は、アレ?って思われるかもしれませんが、気にしないでください、EOGガスw






Last updated  2015/02/19 11:45:41 PM
コメント(0) | コメントを書く
2014/12/28
カテゴリ:院内感染対策。
床矯正装置は壊れることがあります。
誤って踏んだりとか。

IMG_6064.JPG

で、再製作することになりますが、
部品を再利用するので、
最短中1日でなんとかなります。

拡大装置を外したままにしておくと、
1週間までは大丈夫ですが、
2週間経つと2ヶ月分(0.8mm)以上元に戻ってしまいます。

年末年始の休みに入るので、
これを避けるため土曜日印象、月曜日セットという日程を組みました。

うちでは機械器具だけではなく、
石膏模型も全数ガス滅菌しているので、1日は掛かります。
ほとんどの歯科医院では石膏模型を滅菌していません。
模型に触れる人にはB型肝炎ウイルス等の感染リスクはあると思います。
でもこれが実情です。

で、今日日曜日の夜、あせって作りました。
石膏模型をトリミングして、乾燥させる時間もありませんので、
印象トレーから外したままで製作しました。
2つで約1時間の作業時間です。
火の気の無い技工室での作業は辛いものがあります。

IMG_6065.JPG









Last updated  2014/12/29 12:13:51 AM
コメント(0) | コメントを書く

全14件 (14件中 1-10件目)

1 2 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.