6364632 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

I歯科医院の高楊枝通信。

全110件 (110件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 11 >

お知らせ

2022/01/02
XML
カテゴリ:お知らせ
結局、朝方の4時半までかかってやっと修理というより、改造か新製に近いものになって動くようになった。始めたのが夜の8時過ぎだったのだが8時間もかかった。それというのも、診療室と作業ルームのあるソーラーハウスを何度も往復することになったからだ。

ここのつづきで

https://plaza.rakuten.co.jp/mabo400dc/diary/202112300001/

https://plaza.rakuten.co.jp/mabo400dc/diary/202112310000/

マイコンとか使っているが、全くのこけ脅しでそんなものは必要ない。必要だとしてもゲートICが2、3個か、といったところだ。
今回も生きている昇降機能部分はそのまま使って、起き寝回路だけを新たに作った。入力のフォト・カプラーPS2502-4の出力をリレードライバーに使っているトランジスター・アレイμPA2004Cに直接入力してもよかったのだが、位相が逆なのでインバーターIC74HC04をかませた。既設の74HC08の上に亀の子配置している。

起き寝用の油圧制御用の電磁弁はパワーリレーを介しているが、これだけではそれら2つの制御しかできず、同時に油圧を送るポンプのON/OFFはできない。そこで余っているトランジスタアレイとこれも余っている抵抗アレイの一部を利用して、ポンプ制御用のパワーリレーをON/OFFするリレードライバーとした。

これが最終回路



基板をセットして



動かしてみた。起き寝ができる。これで1カ月放置していた2番ユニットが復活した。
最近の診療椅子は安くなってきているがそれでも2〜300万かかる。しかもどうしようもない手抜きで見ると愕然とする。全くお話にならない。壊れても修理すら困難だろう。電子基板は壊れたら基板毎交換だろうが、部品の保有期間が過ぎたら修理不能だ。7年が法定保有期間だ。それ以後は買い替えということになる。最近の基板はパーツの一体化が進んでいるので、基板の修理はできないと思って良い。修理や改造より手間のかかるな完全新造が必要になる。この点30年前の機械の方が融通が効く。電磁弁などの機構部品は◯ノタロウで買えるし。

ま、このまま僕の引退まで治療椅子は壊れたら修理でつないでいくことになるだろう。
もちろん誰にでもできるわけではない。子供の頃から電子が目に見えるくらいに電子回路に浸っていないと無理だろう。電子回路のリバースエンジニアリングや新規設計はもう廃れつつある技術だ。基板はパソコン内でソフトウエアだけで作る時代になっている。もう現役のエンジニアでもこんなことができる人は少なくなっていると思う。人類の未来は暗い。ナウシカの世界になる。失われた技術をわけも分からず使うだけということだ。









Last updated  2022/01/02 09:37:46 PM
コメント(0) | コメントを書く


2022/01/01
カテゴリ:お知らせ
今年は超巨大地震の襲来、富士山の巨大噴火、とか危惧されていますし、
2030年の石油資源の事実上の枯渇が起点となる経済的大崩壊が控えていますし、おめでとう!なんて言っている場合ではないような気もしますが、
ま、それらには備えつつ、なんとかやっていきましょう!







Last updated  2022/01/02 11:03:44 AM
コメント(2) | コメントを書く
2021/12/31
カテゴリ:お知らせ
1日かかって、基板の配線図を起こして、動作を調べてみたが、なんとリレーが不良になっているわけではなく、その前段のCPUからANDゲートやラッチICを通してリレードライバーμPC2004Cに信号が入ると思われるのだが、そのCPUからの信号そのものがない。





両面基板でプリント配線が部品に隠れて見えない。
これ以上の解析はできなさそうと見て、基板そのものを作ろうと思う。

壊れていない椅子の制御信号を解析して、同じ信号を生成する回路を作れば良いと思う。
それにしても機構が複雑すぎる。もっとシンプルにできないものか?







Last updated  2021/12/31 05:57:36 PM
コメント(2) | コメントを書く
2021/12/30
カテゴリ:お知らせ
椅子の昇降と寝起きの制御基板を調べていたが、

1が外部からの命令を受け付けるユニットでPS2502-4(2)というフォトカプラーが使われている。
いいね!こういうの大好き♡

2がこれもフォトカプラー群で動き制限用のリミットスイッチからの信号を受け付けるようだ。

3がROMで'93,5,6とか書いてある。古き良き時代の製品だ。29年も前か。。

4がマイコン

5が出力のリレーEA2-24とそれらを動かすトランジスターアレイμPA2004Cだ。これも僕の技術レベルと同じで好感が持てる。というか解りやすくて良い。最近の機器はワンチップとかワンボードとかになっていてソフトで動かすタイプで、ソフトが不得意な僕としては面白くないw



3つある出力制御用のNECの赤いリレーEA2-24の出力は大電流用のパワーリレーOMRON G4F-11123TをON/OFFしているようだ。この製品は2010年に製造中止になっているがまだモノタロウで売っている。買っておこう。EA2-24は中国製が5個1259円とかで売っているがどうしたものか。。
4001116714833.html
機械式のリレーには接点の寿命がある。



オムロンのパワーリレーQ4F-11123Tは6個の電磁弁を制御しているようだ。この椅子は油圧制御で、ポンプを動かして油圧を上げたり、油圧を抜いたりしている。







Last updated  2021/12/30 10:18:32 PM
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:お知らせ
壊れて1ヶ月、まだ修理できずに放置。粗大ゴミ化している。





新規に購入するにはお金がない。抜かない歯医者とかやっていると機械の更新すらできない。
これも普通の歯医者さんが、抜かない、削らない歯医者とかやれない大きな理由の一つだ。
歯医者は自分が使っている機械の修理どころか仕組みすら知らないのが実情なのだ。

ま、どうやら僕は普通ではないらしいが、面倒なのは如何ともしがたい。
しかし、そうも言っていられない。今日から年末年始のお休みなので、この間になんとかしたい。

昇降はできるが、起き寝ができないので、配線を辿って故障箇所を見つけている段階。





このリレー周りが怪しい。起き寝時に動作表示LEDが点灯していない。







Last updated  2022/01/03 09:52:01 AM
コメント(0) | コメントを書く
2021/12/14
カテゴリ:お知らせ
二酸化塩素はかれこれ10年程前から試用していて、歯周病や口臭に効果があることを確認していまる。

ここでの初出は2014年のこの3つのようだ。

https://plaza.rakuten.co.jp/mabo400dc/diary/201401290001/?scid=we_blg_pc_lastctgy_2_title

https://plaza.rakuten.co.jp/mabo400dc/diary/201404060000/?scid=we_blg_pc_lastctgy_2_title

https://plaza.rakuten.co.jp/mabo400dc/diary/201404080002/


このところ二酸化塩素は空間除菌剤として市販されているが元々飲む処方だ。
飲んでも人体には為害作用はないと言っても良い。

二酸化塩素は程よい抗菌作用があって、口腔内の良くない細菌を除去してくれる。
口臭にも即効性がある。

最近はコロナにも効くということで飲んでいる人もいる。僕も風邪の極初期なら効く印象を持っているので、コロナにも効くのだろう。実はこの所為かどうかわからないが、この10年風邪やインフルにかかったことがない。

うちの長女も数ヶ月前コロナにかかったというので二酸化塩素水を送ったが、かかって3日目だった所為か効いた感じはしなかったということだ。次の日にイベルメクチンを送ったが、少し効いたような気がすると言っていた。一番効いたのは解熱剤や痰を切る薬など対症療法薬だったというw
コロナの症状はひどい風邪ということだった。10日間隔離されていた。

またこれは体感なのだが、整腸作用というか便通が良くなる。便秘もだが下痢も治る。腸内細菌叢を良い方に調整してくれるようだ。

作り方だが、前回は亜塩素酸とクエン酸を1滴ずつ反応させていたが、最近はもっと多く作っている。

それに飲んだり、口に含んで歯磨きしたりしやすいようにハッカ油を添加している。

50%クエン酸を作る方法だが、クエン酸と精製水を等量混ぜて作る。













この時、金属製の容器やスプーンを使ってはいけない。金属が溶け出して失敗する。







亜塩素酸と50%クエン酸が用意できたら、





未使用(ミネラルウォーターを飲んだ空)の500mLのペットボトルに亜塩素酸から入れる。
亜塩素酸を20滴入れたら、次はクエン酸を20滴入れて蓋をしっかり締める。
二酸化塩素ガスが出てくるまで10分程度待つ。室内の温度にも左右されるので、ペットボトル内が黄色くなったらOKだ。

前回用意した重曹水を口まで入れたら出来上がりだ。

口腔内用にはこれを少し含んで歯磨きをすれば良い。
もちろん飲める。


















キットが売っている。

http://www.ubusuna41.com/mms1.htm

もっと安いところもあるので、検索してみてください。






Last updated  2021/12/14 03:27:30 PM
コメント(2) | コメントを書く
2021/12/13
カテゴリ:お知らせ
「重曹うがい」を最初にここで発表したのは2008年のことのようだ。

https://plaza.rakuten.co.jp/mabo400dc/diary/200801170000/

「重曹うがい」も最近は普及しているようで、歯医者さんも取り入れておられるところも増えているようで、結構なことだ。
こういうことはボトムアップで普及させるのが良いのではないかと考えている。
論文にすれば?と言われることはままあるのだが、フッ素よりも効果的とあっては専門家ほど受け入れるのが難しいのではないかと思う。査読の段階ではねられるだろう。

虫歯は口腔内の酸性環境で起こると言われているので、それならアルカリ性にすれば?というとてもシンプルな考えが発想の原点にあるわけだ、考えれば当たり前のことだろう。

臨床実験はとても簡単で、ダイアグノデントで虫歯の反応がある人を飲食後に「重曹うがい」をさせるグループとそうではない(フッ素適応)グループに分けて、毎月ダイアグノデントで測っていくだけだ。

というか、1ヶ月で結果は出る。真面目にやれば劇的に数値は下がる。

今回は二酸化塩素水の作り方の更新をしようと思ったので、その前準備だ。

一言で言うと0.6重量%の重曹水ということで、

500mLのペットボトルなら3gの重曹を入れ水を注いで溶かすだけ、2Lのペットボトルなら重曹12gを入れ水に溶かす。この水は水道水で十分だ。

また、重曹味やこの後作る予定の二酸化塩素臭が気になる場合に備えて、ハッカ油を2Lのペットに1滴入れてよく混ぜる。これ以上入れるとハッカ臭がきつすぎて口に入れられなくなるので、要注意だ。

今回は2Lのペットボトルを使うので、





今回はきっちり量ってみたが、それほど厳密なものではない。この量で元々唾液に含まれている重曹成分の約3倍の濃度になる。


ハッカ油を1滴加える。2滴は多すぎる。


出来上がり。隣の黄色のガスが二酸化塩素。






Last updated  2021/12/14 02:34:11 PM
コメント(2) | コメントを書く
2021/12/12
カテゴリ:お知らせ
開業当初からY田のユニットにM社のタービンを付けていた。M社のタービンホースは他社のユニットに取り付けられるように汎用アダプターとリターンフィルターが用意されてる。これを使えば、どこのユニットにでも取り付けられる。

取り付け完了。









Last updated  2021/12/12 09:22:52 PM
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:お知らせ
Y田のチェアーが起き寝ができなくなったので、問題点を探ろうとテスターのプローブを作った。
電線の途中に針を刺して電圧測定ができるように先端を尖らせたロングピンを取り付けた。





これとは別にタービンが不調なので、M社のタービンホースをお中華ユニットに移植中。このお中華ユニットはタービンホースの1/6の価格なのだが、水が別タンク(ペットボトル)になっているので、薬液にできるので便利だ。







Last updated  2021/12/12 09:24:26 PM
コメント(0) | コメントを書く
2021/12/11
カテゴリ:お知らせ
「南海トラフ地震はすでに始まりかけています。太平洋プレートが活発化した影響で、フィリピン海プレートに大きな負荷がかかっているのです。各地で立て続けに起こっている地震や火山噴火がその証拠。政府の想定をはるかに越える巨大地震がいつ起きても不思議ではありません」(立命館大学環太平洋文明研究センターの高橋学特任教授)

つづきはこちら

https://news.yahoo.co.jp/articles/9845099e3cee4b6550b62d2fad725fc4cddb4a5c

今、「日本沈没」リメイク版が放送されているようですが、オリジナルでは首都圏直下型地震だけで死者行方不明者360万人でしたよ? 今度起こるとされている「スーパー南海地震」の死者32万人とか少なすぎでしょう。

近いでしょう。危ない場所は離れましょう。






Last updated  2021/12/11 09:40:53 PM
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全110件 (110件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 11 >

PR


© Rakuten Group, Inc.