5524994 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

I歯科医院の高楊枝通信。

全3件 (3件中 1-3件目)

1

今日の充填治療シリーズ

2020/06/12
XML
80代女性、右上7、歯冠破折

長年使っていると歯ももろくなって壊れます。
経年劣化と結晶化が進み硬くなるけれど、弾力を失うからです。





今回のコロナ騒動で少なくとも日本のGDPは前年比25%減ということがいわれています。
これだけ自粛とかやっていれば当然でしょう。

これから先、経済が回復、さらには成長するかというと、厳しいでしょう。

なぜなら石油資源を始めとする資源エネルギーは減耗フェイズに入っていて、
この先10年で資源エネルギーは一挙にというか、突然PCR1以下、あっても経済的にペイする範囲では使えないことにみんなが気がつく、ということが判っているからです。

回復した頃にはこれが待っている。

GDPはエネルギー使用量に比例することが判っているので、
エネルギー使用量が減れば、GDPも減ります。

ま、要するに世の中どんどん貧乏になっていき、
最終的には50年代くらいの生活水準に戻らざるを得ないでしょう。
使用可能エネルギー、ざっと今の1/10です。

1/10になっても、どの程度今の生活水準を落とさずにやっていけるか?ということをソーラーハウスで実証実験していますが、それなりに覚悟を決めればできないことはない、しかし、捨てるものはあっさり捨てるしかない、ま、そういうことは判りました。

そういう試みは以前からなされていて、EARTH SHIP という名前で行われています。
実際にも日本で作られたということがメディアでも紹介されました。

http://ecobaka.com/earthship/

直近の経済縮小により一時的に患者が減って、というより来れなくなって、うちも事業縮小をせざるを得ないかもしれません。

うちはやたら削ったり抜いたりしない歯医者なので、
トータルでは安くつく歯医者です。

だから患者数が減るということは考えにくい、というよりむしろ増えるかもしれないと恐れているわけです。

僕もよる年波で、体力の限界に直面しており、ここでご紹介しているような症例をいつまでも続けることができなくなってきているのを感じます。できないのではなく、疲労回復しないw

それに本業のモードレス・スピーカの商品化も進めないといけないからです。

あっちでつづく
http://mabo400dc.com






Last updated  2020/06/13 03:40:30 PM
コメント(0) | コメントを書く


70代女性、左上7、遠心歯茎部カリエス

なんでこんなところが虫歯になるのか?
昔親知らずがあった頃に、ちょいと虫歯になっていたのが大きく育ったか?
遠心(奥の方)は酸素濃度が低いので酸素濃度差腐食になりやすいのと、
エナメル質より象牙質の方がイオン化傾向が高いので、腐食電池を形成し、象牙質が虫歯になりやすい。
そんなところだろう。

あっちのブログがアクセス禁止状態になっているのはライターの僕には原因が分からず。
管理人がどうなっているのか、心配しているのは読者さんと同じです。
どこかに出かけている間にサーバー代を振り込み忘れたので、落とされたとかそんなところだったら良いのですが。。

なんせ、このような症例報告というのは世界的に見ても珍しいというか、ありえんだろう、、
みたいなのを集めていますので、貴重だと思います。消えてしまわないことをお祈りしています。

で、今日は左上7番の遠心歯茎部のカリエス治療とか、ま、普通ではありえんよね。。というものですw

素人さんは、僕ができるのだから一般的に行なわれているのだろう、と思われるかもしれませんが、
直接見えない、ミラーでもよく見えない、写真を撮るのも難しい、切削器具が届かない、ラバーダムどころか隔壁の設置すらできない、出血はするはで、CRの充填も当然困難、しかも時間ばかりかかって儲からない、となると誰もしようとは思わないわけです。

ま、趣味か?w、 苦行が好き?w、とか?
そんな感じか?w























Last updated  2020/06/12 10:10:27 AM
コメント(2) | コメントを書く
2019/12/25
50代男性、左上7、インレー脱離? 

インレーの合着セメントがはがれると、なんとなく違和感というか、しみるというか、噛むと痛いというか、また打診が出たりする。

この方、昔から定期管理してる小児科医で沖縄出身の人だ。シマは嫌だ、、と言って、高校を卒業したら本土の医学部に入学して、そのまま居ついてしまった。理由を聞いたような気もするが忘れたw
僕にはピンとこない理由だったような気がする。

市の健診事業が終わってそのまま来たと言われていて、僕と同じDr.ケーシースタイル。
僕もネクタイにロングの白衣はどうも好きになれないので、つーか、裾をお尻で踏んづけて腰が痛くなるので。親近感がわきますw

見た目は大丈夫そうだが、





インレーは近心は簡単に外れた。これもよくある。ま、30年も経てばセメントなど効いてはいない。





やはり、近心の覆とうセメントの下は怪しい。





覆とうセメントの下は2次象牙質ができているようにも見えるが、よくわからない。削っても痛くないそうで、失活しているか?
クラック(ヒビ)は見当たらいので、





とりあえず、神経など取らずにα-TCPで間接覆髄する。これで失活していても症状が出ないこともある。こう言う場合、弄ったらいけない。余計悪くなる。うち(当院)に来られる前によそ(他院)を何軒も回るとこじらせてしまう。サクッと緊密充填してしまうのがポイントだ。ホントに何も解っていない歯医者が多すぎる。悲しくなるが、一般的に認められた歯科医療以外は全く解らないのだ。100年前の歯科治療の教科書に完全に洗脳されているのだろう。自分の頭と手で考えることがない人間が多いのが人の世の常だが、日本だけではなく世界中の歯科業界でこうなのだから、始末におえない。

痛かったら、来てくださいね、と言っていたが、痛くならなかったのだろうか?
あ〜、、いっぱい患者が溜まっていそうだ、、と言って帰られたので、自分の歯どころではないのかもしれない。医者は公共奴隷(古来、公奴婢:クヌヒと言う)なのだw






あまり知られていないが、CR充填が一番辺縁封鎖性が良い。セメント合着系のインレークラウンは最悪だ。









Last updated  2019/12/31 11:26:48 AM
コメント(0) | コメントを書く

全3件 (3件中 1-3件目)

1

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.