12541040 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

北海道庁のブログ「超!!旬ほっかいどう」

カレンダー

サイド自由欄

・本ブログの内容について
北海道庁は、このブログに記載されている個別の店舗及び商品並びに「楽天市場」内の特定の商品を推奨したり、品質を保証するものではありません。

    <関連リンク>

北海道のメールマガジン
ご購読はこちら!


DoLink
北海道のポータルサイト


北海道のメールマガジン
北海道の旬をお届け!


北海道庁ホームページ
border="0">
北海道公式ウェブサイト



北海道のお魚情報満載!



北海道×ぐるなび 食と観光ナビページ
北海道の食と観光の情報を発信中!!

日記/記事の投稿

カテゴリ

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2018.02.14
XML
カテゴリ:アイヌ文化
イランカラプテ~
北海道庁環境生活部アイヌ政策推進室です。

​​2020年4月24日​​​​白老町ポロト湖畔​​
アイヌ文化の継承と創造発展につなげるための中核となる施設
​民族共生象徴空間が開設​​​されることは、
みなさんご存じですよね?


「民族共生象徴空間」​​​には、
アイヌ民族の視点で語られる「6つのテーマ」に沿った展示が予定されている
​​「国立アイヌ民族博物館」​​
そして、自然と共生してきたアイヌ文化を体験できる場として、
​​「国立民族共生公園」​​​が整備されます。

​​​​その「民族共生象徴空間」の開設まで、
​​平成30年2月14日で、
​あと800日​となりました!​​


さて、​開設まで800日​ということで、

現在の建設予定地の状況をご紹介しますよ。

現在の「アイヌ民族博物館」については、
建設準備のため平成30年3月31日をもって、
52年の歴史に幕を下ろします。

閉館まであとわずかとなってしまいましたが、

2月18日(日)から3月31日(土)までの期間、
アイヌ民族博物館ファイナル企画展
「ポロトコタン ウパシクマ
~ポロトコタンを語り継ぐ」
が開催されます。

​​​​

​ウパシクマとはアイヌ語で「語り継ぐ」という意味。
これまでの歴史を振り返り、語り継いでいくという内容で
展示やイベントが開催されますので、
ぜひ、足をはこんでくださいね。

なお、アイヌ民族博物館への入場には、料金がかかりますのでご了承ください。

​​イベントも開催されます​​
<特別公演>
2月25日(日)、3月3日(土)
各日13:15~ サウンチセ
<シンポジウム>
3月11日(日)
13:30~ 博物館内チセ
<オルシペ アヌ ロー特別編>​
3月17日(土)
14:45~ ポロチセ
※オルシペアヌローは「物語を聞いてみよう」といった意味のアイヌ語、
 内容は、参加型のワークショップです。
​ぜひ、ご参加ください!​


●詳細は、一般財団法人アイヌ民族博物館のホームページをご覧ください。​

   ​http://www.ainu-museum.or.jp/
​ 
●民族共生象徴空間交流促進官民応援ネットワークのホームページ​
では、

カウントダウンの表示、開設に向けた応援の取り組みの紹介をしていますので、
こちらもご覧ください。

​   ​http://www.akarenga-h.jp/symbolic_space/






最終更新日  2018.02.14 10:31:14


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.