591809 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

シネマ大好き!

2009年10月16日
XML
テーマ:映画鑑賞(677)
カテゴリ:邦画-1960年代
★★★★+

鑑賞No:01847
製作:1964年
監督:内田吐夢
出演:三國連太郎/左幸子/伴淳三郎/高倉健

昭和22年、台風の最中に、北海道岩内で質店一家3人が惨殺される強盗殺人事件が起こる。さらに犯人は放火して逃げ、時を同じくして起こった青函連絡船の沈没惨事に紛れて忽然と姿を消した。青函連絡船の船客の死体収容にあたっていた函館警察の刑事・弓坂は、引き取り手のない2人の死体に疑惑を抱き、この2人が質店強盗殺人の犯人と睨み、もう一人の行方が分からない犬飼多吉を追うことに・・・・。

水上勉の同名小説の映画化。
最近は自分の理解力が落ちてきたのか、あるいはストーリーがいたずらに複雑なのか、省略しすぎているのか、それとも観る者の想像に任せているのか、分かりにくい映画が多いように思える。そんな中、この映画を観たが、3時間という長尺ながら飽きさせず、また分かりやすく丁寧に描かれていた。無駄もなく手抜きもないというのが、飽きさせずかつ分かりやすい原点なのかもしれない。
主役の三國連太郎の、犬飼多吉/樽見京一郎のいわゆる二役も見事だったが、晩年のコメディアンとしての姿しか記憶のなかった伴淳のシリアスな演技も印象的。今の重厚な演技とは対照的な若き日の高倉健の血気盛んな刑事役も見ものだった。内容は単なる犯罪サスペンスではなく、終戦直後の貧困の中で生きていくために必死だった貧しきものの生き様、人間ドラマを見るようだった。映画の背景となっている事故・事件も洞爺丸沈没事故や岩内町大火を題材にしており、リアル感があった。






最終更新日  2009年10月16日 18時22分29秒
コメント(2) | コメントを書く
[邦画-1960年代] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:飢餓海峡(10/16)   hy3de8 さん
水上勉の「飢餓海峡」小説でも勿論映画の方も見ましたが日本映画の代表的な名画でしたね。
三国連太郎もこの映画で役者として確立したと言えるし、伴淳の名演技、素晴らしかったですね。

お陰でもう一度見たくなりました。
(2009年10月18日 05時52分02秒)

Re[1]:飢餓海峡(10/16)   takusyun さん
hy3de8さん

なかなか見ごたえのある作品でした。
昔の映画にはいいものが多いので、これからもどんどん制覇していきたいと思っています。
(2009年10月18日 10時58分26秒)

PR

X

フリーページ

カテゴリ

バックナンバー

2021年10月
2021年09月
2021年08月
2021年07月
2021年06月
2021年05月
2021年04月
2021年03月
2021年02月
2021年01月

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

ブラック・スワン New! おいら、ジャスティン・ヒーハーフー ^o^さん

ご無沙汰です hy3de8さん

りらっくママの日々 りらっくままハッシー!^o^さん

© Rakuten Group, Inc.