504738 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

シネマ大好き!

2010年06月29日
XML
テーマ:映画鑑賞(668)
カテゴリ:洋画-2000-03年
★★★★

鑑賞No:01140
製作:2000年
監督:クリント・イーストウッド
出演:クリント・イーストウッド/トミー・リー・ジョーンズ

かつてアメリカ空軍にチーム・ダイダロスという伝説的なテストパイロット・チームがあり、彼らは米国初の宇宙飛行士になるはずだった。しかし土壇場になってNASAが介入し、初めてロケットで宇宙に行ったのは彼らではなくチンパンジーになってしまった。それから40年。チーム・ダイダロスの一員だったフランク・コービンに、NASAからロシアの旧式の宇宙衛星アイコンを修理してほしいという要請が入る。彼は宇宙での作業をチーム・ダイダロスで行うなら、との条件付きで承諾するが・・・・。

一時期、「団塊の世代」「2007年問題」というキーワードをよく耳にし、技術伝承不足が社会にもたらす不安を大きく取り上げられたことがありましたが、この映画を観るとそれを思い出します。それにしても最近のシルバー世代は肉体的にも精神的にも若くて元気!この映画はそれを象徴するかのよう。
主役というべき4人のいわゆるおじいちゃん達---クリント・イーストウッド、トミー・リー・ジョーンズ、ドナルド・サザーランド、ジェームズ・ガーナー。いずれも、歳を取ったらこんなおじいちゃんになりたいと思う男優陣を揃えているのでまさに見ごたえたっぷりです。






最終更新日  2010年06月29日 20時19分10秒
コメント(4) | コメントを書く
[洋画-2000-03年] カテゴリの最新記事

PR

フリーページ

カテゴリ

バックナンバー

2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

H [エイチ] New! おいら♪♪さん

今年もルナソル りらっくままハッシー!^o^さん

なんとも利発な女の子 hy3de8さん


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.