742777 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

清多夢くらぶ

2018年06月08日
XML
カテゴリ:世界遺産
​​​​​​​​ 緑豊かな丘陵地に広がるオリンピア遺跡。古代オリンピックとギリシャ神話の世界とが交差する場所。この遺跡群を歩く時、これまで読み物や映画のシーンを思い出させる。またガイドの説明を聞きとイメージが膨らむ。​

 古代オリンピックは、紀元前776年に始まり、393年まで続いたという。最高神ゼウスへ捧げる大祭として始まったとされる。広大な敷地に、数々の建物の跡が、当時の様子を今に伝える。​

 ゼウスの神殿跡に1本の円柱が立っていた。世界七不思議のひとつゼウス神殿である。長さ64m×幅27mの巨大な建物に、高さ13.5mのゼウス像が置かれていたという。当時どのように造ったのが謎なのだ。​

 テレビ等でよく見るオリンピックの採火式を執り行う聖なる場所を訪ねる。ゼウスの妃ヘラを祀った神殿跡である。ギリシャに残る最古の神殿だ。あと1年半もすると、この聖地で東京オリンピックの聖火が灯される。​​​​​
​​​​​

写真-1 入場してすぐ右手に見えたのがギムナシオン(体育練習場)。


写真-2 ゼウス神殿跡とゼウス像の想像画。


写真-3 ヘラ神殿跡とオリンピックの採火場所。


写真-4 古代のスタジアム跡。


写真-5 上:フィリペイオン、下:迎賓館跡。






Last updated  2018年06月08日 17時41分20秒
コメント(0) | コメントを書く
[世界遺産] カテゴリの最新記事

PR

Calendar

Profile


江戸川らんべえ

Category

Free Space

PVアクセスランキング にほんブログ村

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.