2550411 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ガムザッティの感動おすそわけブログ

ガムザッティの感動おすそわけブログ

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Calendar

Freepage List

Category

Favorite Blog

心あたたまるラブス… モイラ2007さん

2024年Mozart!キャ… YYCafeさん

「観ているこちらの… yuki アイドル 俳優 映画 演劇 ドラマなどさん

ゴジラ-1.0 王道名なしさん

中村仲蔵 ~歌舞伎… みおと5747さん

   元局アナがス… ころりん0924さん
ライターかあさんと… プチプチゆっきーさん
ぺ天使のつぶやき kamadoyamadocaさん
もっとハッピー happy-gaiさん
こちら25643 ヒロランさん

Free Space

設定されていません。

Comments

gamzatti@ Re[1]:「ムー」「ムー一族」(05/28) ひよこさんへ 訂正ありがとうございました…
ひよこ@ Re:「ムー」「ムー一族」(05/28) ジュリーのポスターに向かってジュリーっ…

Headline News

Profile

gamzatti

gamzatti

2009.05.28
XML
カテゴリ:TV・ドラマ


【送料無料!20%OFF!】ムー一族 DVD-BOX(1)(DVD)


昨日の続きです。

1970年代、
郷ひろみは西城秀樹、野口五郎とともに
「新御三家」の一角として、
ゆるぎない人気を誇りました。

歌手としてヒットを飛ばすだけでなく、
ドラマ・映画などにも出演。
なかでも
私が大好きだったのは「ムー」「ムー一族」です。

東京・下町の足袋屋さん、「うさぎ屋」を舞台に繰り広げられる
ホームコメディ。
うさぎ屋のご主人が伊東四朗、おかみさんが渡辺美佐子、
息子が郷ひろみです。
「拓郎」という名前の宅浪、つまり在宅浪人生というふれこみで、
受験生なのにのーんびりしてて「アハハハハハ」とひろみ笑いを連発する
ノー天気な男の子と
うさぎ屋の住み込みお手伝いの金田さん(悠木千帆から改名したての希木樹林)が
トリックスター的な存在で話を廻しながら、
都会の残酷さが下町の情緒を少しずつ侵食し、そして切り裂いていく物哀しさを
「新富の足袋屋」という
ある意味明日のない職業の行く末にからめて
ときにしっとりと描く名作です。

伊東四朗や渡辺美佐子もすごいけど、
由利徹とか伴淳三郎とか、
往年のボードビリアンたちが脇を固めて緩急をつけ、
彼らの持ち味を存分に生かそうとしたのもあってか、
続編の「ムー一族」では生放送もたくさん敢行されました。

金田さんが大好きなアイドルが沢田研二で
部屋に貼った大きなポスターの前で希木樹林が
「ジュ~リ~!!」と身悶えするのも定番。
時々そのポスターの向こうから、本当のジュリーが現れる
夢か現かの演出が幻想的で、
幻想的、といえば、
トイレをあけるとトイレマン(マジシャンみたいな恰好してる)が出たり、
とにかく、
ポップではじけたつくりのドラマで、
何でもありの自由さがありました。
タイトルバックのイラストからして、
横尾忠則なのであります。
なんで足袋屋のホームコメディのタイトルが「ムー」なのかも、
よくわからん。
わからんけど、おもしろい。
新しかったんだよね。
新しかったけど、古いものを大事にしたドラマでもありました。
久世光彦の名作です。

この番組から飛び出したヒットも多く、
「林檎殺人事件」(郷ひろみ/希木樹林)は、
ありえないカップリングと、歌謡曲らしからぬ歌詞(阿久悠)とで
一世を風靡しました。
うらぶれた飲み屋で「♪よ~のな~かばかなのよ~♪」と歌う
日吉ミミの「世迷い言」も、好きでした。
最近、ようやくDVD化されたとのこと。
高いんだけど、うーん、買いたくなっちゃいます。。





2009年01月07日発売ムー DVD-BOX(1)










お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2009.05.29 08:48:57
コメント(4) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:「ムー」「ムー一族」(05/28)   LimeGreen さん
どちらも大好きで、毎週みていました!

「ムー一族」だと、細川俊之さんとたこ八郎さんが「立ち退きのきの件」と毎回くるのが好きでした。清水健太郎もよかった。里中マチ子だの、一条ゆかりだの、ネーミングもよかったですねー(どちらも読みましたから。女の子ですもの)。

かねたさんの「じゅぅりぃーーー」もよく覚えていますよ。

アメリカには来ないかしら…。みたいなぁ、もう一度。
(2009.05.28 09:01:14)

Re[1]:「ムー」「ムー一族」(05/28)   gamzatti さん
LimeGreenさん
私も細川さんとたこ八郎さんの場面、好きでした! (2009.05.30 21:06:05)

Re:「ムー」「ムー一族」(05/28)   ひよこ さん
ジュリーのポスターに向かってジュリーっと叫ぶのはムーシリーズではなく、その前の水曜劇場の寺内貫太郎です。ムーシリーズはお手伝い役の金田さんです。かねだじゃなくてかねたですって間違われると必ず訂正して、郷ひろみさん演じる次男坊が大好きな役でした。 (2022.05.24 13:13:56)

Re[1]:「ムー」「ムー一族」(05/28)   gamzatti さん
ひよこさんへ
訂正ありがとうございました! そうだったか! ごちゃまぜに覚えてしまってました。
トランプマンみたいのが出てくる、あれも寺内貫太郎? もう自分の記憶が信用できない!!
(2022.06.25 16:16:12)


© Rakuten Group, Inc.